2018年12月15日 (土)

【天神山城址~松ヶ岳城址】周回+覚書

閑人ジィ~ジと異なり、相方は年末になると頼まれ仕事が舞い込み多忙。
愚図つく天気も輪をかけ、健康維持を兼ねた趣味の山歩きもままならぬこの頃。
そんな中、漸く少しの時間が空いた相方と気晴らしに近くへ出かける二人です。

その前に・・・・
12月8日(土)  
新潟市にも白いものがほんの少し   平成最後の年、初雪です。

Kimg7698                   初雪

屋根を見ると2,3センチ? 根雪にならねば良いのだが。

    ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:

新潟市街地は初雪もすっかり溶けて無雪状態。

12月10日(月) cloud

何時もの【角田山】を少し透り越して岩室へ car dash

新潟市の最高峰【多宝山】を目指したい気持ちもあるものの時間的制約が・・・

Am 10:10 岩室丸小山公園

Kimg7699                   遊具設置の丸小山公園

岩室の水道施設が設置されている場所までのダラダラ坂道は歩き辛い。

Kimg7700                     ツクバネ

4枚の葉を付けたツクバネ ※落実の際はクルクルと回転しながら落ちる。

20分程で一旦舗装された林道とクロスして[天神山城址登山口]へ。

戦国山城[天神山城]には敵の侵入を防ぐための空堀が大小7ヶ所。

物見台からは敵の進行状態が一目で見て取れます。

Kimg7703                        石塁

戦国時代往時を彷彿させてくれる石塁

Am 10:44-10:50 天神山城本丸跡 (234.5m)

Kimg7705           本丸跡から新潟蒲原平野を俯瞰

天神山城は‘天・地・人’ 越後新潟が生んだ偉人直江兼続公 弟の大国実頼
上杉家の会津への移封に伴い最後の城主。 ※以降 廃城

積雪は数センチ。  ※殆ど無いのに等しい。

本丸跡から先へ下って途中、新潟市最高峰【多宝山(633.8m)】を左に分け
我らは右へ向かいます。

Kimg7706

Kimg7707

戦国山城は急峻な地形を巧みに利用し、更に念入りに空堀等巡らせて有ります。

戦国時代には当然ながらステップは有りません。
袴を着け大小腰に差し如何ほど難儀かっただろう・・往時が偲ばれます。

Am 11:25-11:30 松ヶ岳城址 (174m)

Kimg7709                   松ヶ岳城址案内板

松ヶ岳城址は歴代小国氏の居城で天神山城の支城としての役割。

空堀 更に中段跡、そして岩室神社へ下ります。

Am 11:50 岩室神社

大正2年(1913)に岩室温泉地内に祀られていた五社を合祀して岩室神社。

岩室温泉の一角、そして冬妻(ひよつま)蛍で知られる岩室祓川沿いの道から
スタートの岩室丸小山公園parkingへ・・・・

戦国山城故、所々急な上り下りあるものの距離的にも短く山歩きの範疇には
入らないかもしれないものの、久しぶりに気持ちの良い汗を掻き、山歩きの
雰囲気を味わえたような・・・・

残り少ない今年、この後何回山歩きのチャンスが有るのだろう?

             091(92)-30

  ━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

相方と異なりジィ~ジは暇人。

12月12日(水) sun

ジィ~ジ所属する香香会 平成29年卒新潟県高齢者大学同期会の忘年会。
  ※ 現在は新潟シニアカレッジ

女性会員が出席しやすいよう、昼食会を兼ねた忘年会。
出席者22名。
ジィ~ジは勿論、地酒(鶴齢)を少々 bottle 

Kimg7714                     お昼の忘年会

忘年会はこの日で3回目、これから先何回?

閑人ジィ~ジは有難い身分に感謝です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

物忘れ?認知症?【角田山】+覚書

日頃、閑人を自称しているジィ~ジ。
毎日家で沈殿していれば頭に刺激も受けず痴呆リスクがUp!!
と言うことで第一第三水曜日は中高年対象の頭と身体を使う某サークルに参加。
更に、第四水曜日は新潟県高齢者大学(現シニアカレッジ)の29年卒業生有志の
定期茶話会、そして不定期ながら‘街歩き会’に出席。
他の日は大概一日中ボケ~っ
これでは行かん!! と天気の良い日には偶に健康維持で趣味の(山歩き)

12月1日(土) sun

所要で生まれ故郷の富山市へcar dash 

12月2日(日) sun

朝から天気が良く絶好の山日和だったけれど、故郷富山市からの帰りが遅く、
山へ行く支度も整えることが出来ず、飲み物と調理パンだけザックに詰めて
【角田山】へ shoe shoe shoe

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 Am 11:25 宮前登山口~Pm 00:50-01:30 観音平~山頂~
    Pm 02:35 宮前登山口

我が家を出てcar dash 10分足らず スマホを忘れたこと気づいたジィ~ジ
(家で充電中)   相方に「スマホ忘れて来た。」
相方 「私は持ってきたよ」 写真だけ撮ればいいのだから戻る必要も無い・・・

登山口に着いて直ぐ青い実を観たので(多分毒草のアオツヅラフジ)
ジィ~ジ 「スマホ貸して!!」
相方 「アレッ? 持ってきたはずだけど」 
結局、ザックの中にも見当たりません。 相方も思い違い?

歳を重ねた二人、物忘れ? 思い込み?はたまた認知症初期段階?
些かショックを覚えながら山頂を目指します。

最後の急登を登り上げ山頂には家族連れ、カップル、単独行・さまざまなハイカー
大凡100人以上、ジィ~ジと相方は向陽観音へ向かいます。

向陽観音前の台地にも昼寝をしているグループやお昼を終えて展望を楽しむ
ハイカーの皆さん30人以上?
穀倉地帯新潟平野の先には白銀を頂く【飯豊連峰】【朝日連峰】【月山】
雄姿が余すところなく望まれます。
写真撮影技術とセンスは乏しいものの何はともあれ、スマホを忘れたことが
悔やまれるジィ~ジです。  ガ ガ ガ ガ~ン。  sad

帰路 山頂小屋(健養亭)を覗くと顔見知りの常連N氏始め10人近い登山者。
宮前コース下山中には久しぶりに旧知のN澤さんと他に大勢の方とスライド。

我が家へ戻る途中、そら野テラス 立寄り夕餉の食材一部購入。

スマホ 忘れ。
単なる物忘れであればいいのだが二人ともこの先、念には念を入れ気を付けないと
反省を迫られるジィ~ジです。

         ジィ~ジ【角田山】 36-30

                          090(91)-30

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

12月3日(月) cloud

閑人ジィ~ジにしては珍しく夕方から街へ出ての食事会。
日頃お世話になっている方との年数回の恒例食事会。
男性3名 ご婦人(お姉さま)3名。 計6名

この日のMENU

前菜その1 ポルチー二茸と白菜、白いんげんの豆のリポリータ
前菜その2 真鱈白子のムニエル 酢橘の香りのプールプランソース
Kimg7688                     真鱈白子のムニエル

リゾット  小海老とマッシュルームのクリームリゾット

お肉料理  あがの姫牛と冬野菜の薪火グリル

Kimg7690                     あがの姫牛

パスタ やりいかとルッコラ、ブロッコリーのオイルソース

Kimg7691                            やりいかとルッコラ

ドルチェ  キャラメルムースとバニラアイス

Kimg7692                   バニラアイス

イタリアwineを楽しみ、世間話をしながらの薫陶を頂くジィ~ジです。

次回は新年あけて3月4日(予定)

帰り道が同じ方向、タクシーで大先輩をお送りして帰宅。

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

12月6日(木) cloud

天気が良ければ久しぶりに新潟市の最高峰【多宝山】辺りを歩こうかと・・
朝目覚め予報を観れば降雨可能性大 
閑人は天気次第予報が悪ければ中止延期が自由です。

予報に反し?昼前は降りそうにありません。
予定通り【多宝山】へ行けば良かったかな? 後の祭りです。

相方に促され、近くの〈寺尾中央公園〉へ足慣らしで散策です。

Kimg7694                      落ち葉の絨毯

Kimg7697                       寺尾中央公園

山ではダブルストックを利用するジィ~ジ、平場とアップダウンも有る公園の
散策は腰と膝が悪いジィ~ジには相当な負担を感じます。
大凡我が家を出てからグルグルあんな道、こんな道 公園も隅から隅まで・・・
山歩きより遥かに疲労感を覚えるジィ~ジです。≒2時間弱。

‘山’へ行けば良かった~ 
それでも松林の先の日本海を眺め樹木に囲まれた公園散策も
これはこれで良し!!
2時過ぎころから?予報通りrain  結果オーライ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月30日 (金)

日記代わりの覚書+【角田山】

歳を取っているものの、性格的に自分に甘く、だらしないジィ~ジ。
日記など始めても三日と持たないことは必定です。
記憶力にも当然ながら限界があるところから備忘録 メモとして思い出しながら・・

11月17日(土) cloud
午前中は雨が音を立てて降るも昼ごろから小降りにそして小止みになったので・・
相方と今年は4回目のアルビレックス新潟のホーム試合観戦。
明治安田生命J2 42節 最終戦  アルビレックス新潟VSレノファ山口
Kimg7650_2
               PM2:04 キックオフ
結果 0:2 で負け。 (ホームでそれも最終戦負けるかねェ~)
今季のアルビレックス新潟の象徴のような試合運び 
今季 15勝8分19敗 負け越し 16位/22チーム
来期に期待したいところなれど5億円ほど運営費減も有り、果たして・・・
J1復帰は至難の業かも。
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*: 
11月18日(日) sun
午前中、暇人ジィ~ジにしては珍しく新発田市菅谷 菅谷不動尊で野暮用有り。
お昼に要件が終了したので、足を伸ばし関川村経由で村上市へ car dash
何十年振りに村上城址(臥牛山)へ立ち寄りです。
歴代の村上藩主の居城。
Kimg7651                        舞鶴城天守跡
臥牛山(135m) 頂上 村上城は(舞鶴城)と呼称された。
Kimg7656                     村上市街地                                          
城址から眼下に村上市街地、その先には日本海と三面川、更に【下渡山】
Kimg7658                  石垣
10数年かけて現在も保存工事が行われています。
Kimg7660                    鷲ヶ巣山も左手奥には大朝日岳

途中、杉林の枝越しに朝日連峰 白銀の【大朝日岳】 
九十九折に下城してⓅへ戻ります。
帰路市内の酒店に立寄り、ジィ~ジの好きな清酒 〆張鶴 購入。
村上で一寸用足しをして、お酒を買ったので気分よく帰宅。happy01 car dash
.   。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:
空き時間が出来たので。このところ山歩きをしていない相方の足慣らし。
時間が無い時の良き場は【角田山】
11月19日(月) cloud
同行 相方 ジィ~ジ 計2人
行程 稲島登山口⇔山頂
Pm 01:10 稲島登山口
Kimg7661                      稲島登山口
Kimg7662                     西蒲区の田ばたと川内山塊
Pm 01:57-02:08 山頂
Kimg7666                      黄葉
Kimg7667                         重く被さる雲
もう暫くすれば雪山に変わることでしょう。
これから毎日のように重苦しそうな雲に包まれます。
Pm 02:48 稲島登山口
Kimg7668                     稲島登山口
息ばかり上がり、足が上がらず 訓練不足は否めないものの体力
脚力がた落ちで聊かショックのジィ~ジです。
もう少し頑張らねば・・・(反省)
             ジィ~ジ【角田山】 34-30
                           088(89)-30
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥
雪は降らないものの月曜日19日から連日の雨模様
趣味の山歩きも天気の良くない日には気乗りがしないので・・・
室内Trainingでもすればいいのだが 駄目駄目ジィ~ジ。
11月25日(日) sun
相方は例年今の時期には頼まれ仕事が有り、家を留守にします。
久し振りに天気も良いし、運動不足解消策として毎度毎度の【角田山】 

同行 なし (単独)
行程 此の入登山口⇒山頂⇒観音平⇒山頂⇒此の入登山口

Am 11:05 此の入登山口 Ⓟ 
Kimg7670                 桜尾根合流点の桜
Kimg7671_3                枝越しに越佐海峡
Kimg7672                        木洩れ日
Pm 00:25 角田山山頂     
Kimg7673_2                   角田山山頂
Pm 00:32-01:05 観音平
Kimg7674_2                 寛ぐハイカー観音平
 
Kimg7676_2                 朝日連峰~飯豊連峰

Kimg7678                飯豊連峰

白く輝く朝日連峰 飯豊連峰の展望を楽しみながら、腰を下ろし
一人でお昼とします。
ほぼ無風、陽射しも差し込み誠に気持ちの良い時間。

Pm 01:12-01:33 角田山山頂健養亭

小屋には常連N氏始め数人が休憩団欒中。
挨拶兼て暫し仲間入れをさせて貰うジィ~ジです。

下山は桜尾根を利用するつもりだったけど下山途中で電話が入り、
此の入コースの往復とするジィ~ジです。

Kimg7681                此の入沢

なだらかな此の入林道を下るジィ~ジです。

Pm 01:50 此の入登山口Ⓟ

時期的には珍しい程の快適な登山日和の日となったものの、相方には
外せない頼まれ仕事もあり、時間的制約もあり何時もの【角田山】
それでも家でダラダラばかりのジィ~ジには少しは運動になったかな?
此の先、天気の良い日が有れば久しぶりに【五頭山】辺りへ行こう。

  ジィ~ジ【角田山】 35-30

                 089(90)-30

 

 
 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

偶には散歩?目的は?

毎年毎年自分の健康状態の確認を自分なりに確かめる方法として、季節毎に咲く
山里の花の開花の確認することもその一つ。
「今年も元気で桜が見れたなぁ」 「今年のコバイケイソウは見事だなぁ」等々

この日の目的もそんな感じ!!

10月6日(土) sun

同行 Kさん Tさん Oさん 相方 ジィ~ジ 計5名

少々体調を崩しているKさん、無理はしないで敢えて山頂を目指すことは
しません。

行先は【弥彦山(634m)】

世代の異なる若いOさんとは登山口parkingで待ち合わせ。

ジィ~ジは毎度毎度のハーレム山歩きです。

好日の土曜日、老若男女 カップル 家族連れ グループ 単独常連さん・・・
大勢の登山者ハイカーで賑わっています。

Kimg7208                    木洩れ日を受けながら

下山してくる登山者から
「今日は鳥海山も見えますよ~」 

Kimg7209                       キバナアキギリ

折角の展望情報を貰いながらも、この日は山登りが目的ではありません。

我らはのんびりゆっくり山頂へ向かうものの5合目の奥の院遥拝所でUターン。
二礼四拍一礼御神廟に向かって参拝。

四合目の空き地でランチタイム。
山談義・山で見られる花談義 多くの登山者から?と見られたかも。

結局、山頂は目指さずこのまま下山です。

Kimg7210                  クサギ    (ピント合わず)

葉に触れると臭味が有り、仕方がないけれどネーミングが可哀想。
されど濃いピンクのガクに包まれた褐色の実は可愛い。

この日はもともと山歩きが目的では無く、この時期にしか見られない花の確認
9月末から3度目の確認です。
アケボノシュスラン(曙繻子蘭)

Kimg7207                       アケボノシュスラン

Kimg7211                     アケボノシュスラン

淡いピンクの色が朝方の空の色 曙 、葉の色と姿を織物の繻子に見立て。

~ン 莟は2,3日前の二度目の下見より膨らんではいるけれど開花には至らず。
開花は明日明日?
( ※ 相方の日記に依れば昨年は10月6日には開花していた)

この場所では10月初旬に毎年見られる可憐な花 アケボノシュスラン 
来年も又、10月初旬に慣例として元気で確認したいなぁ~と思うジィ~ジです。
花好きの同行の山仲間の皆さんと一緒に!!

※ 五頭山系では9月末頃に見られる。(今年は見られなかったけれど)

その後、相方とジィ~ジは執拗にアケボノシュスラン開花状況確認

10月12日(金) 夕方

 P1050649 P1050660

 P1050650 P1050654

 ※ 上記写真何れも拡大

今年の開花は昨年より一週間遅かったような感じを受ける相方とジィ~ジです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

ジィ~ジの覚書9月 2018

年明け早々の大豪雪に始まり、その後各地での集中豪雨、そして9月に入り早々
日本縦断数十年ぶりの巨大台風で甚大な被害を被った途端に震度7を記録する
北海道地震 正に災害列島日本と言っても過言では有りません。
被災された多くの皆さまには慰めの言葉も見つかりません。
此の先、無事平穏を祈るばかりです。

そんな折、9月最初なまくらジィ~ジの日記代わりの覚書です。

9月2日(日) sun
現在、富山市の介護病院に入院中のジィ~ジの年の離れた長兄の見舞いの為
更に連日、バスを利用して世話をしてくれている義姉の気晴らしをする目的で
故郷富山市へ向かいます。
「貴方は東尋坊へは行っていないんだよね。この先、機会が少なくなるから
序に行ってみない!?」
と相方。
北陸道を利用して一路 富山・金沢を通り越し福井を目指します。

Kimg6861                     名勝 東尋坊
朝7時半少し前に我が家を出発。お昼少し前に東尋坊に到着。
過って現役時代にすぐ手前のあわら(芦原)温泉は来たことがあるものの
柱状節理の大岸壁の東尋坊は初めてのジィ~ジです。 参考⇒コチラ
※ あわら温泉HPコチラ
Kimg6849_5                  東尋坊
柱状節理の断崖が見事。国の名勝 天然記念物
Kimg6857_3                        東尋坊
過っては投身自殺の名所と言う汚名も、今では一部進入禁止場所も。
日曜日で天気もsun 大勢の観顧客で賑わっています。
道筋の土産店飲食店も客の呼び込みに懸命。
※ 岩ガキ一個 1,800円 \(◎o◎)/!   購入せず。
ジィ~ジは初めての所為か?期待が大きかった所為か?
思いのほかスケールが小さく個人的には少々期待外れの感。
carに戻り、車内でお昼を取ります。
折角の機会、直ぐ近くの丸岡城に立ち寄ります。 
※ 現役時代に仕事の合間を見て一度見学したことあり。

Kimg6867                         丸岡城

福井震災で倒壊するまでは国宝 現在は国重要文化財 詳細⇒コチラ
日本一短い手紙 おせん泣かすな馬肥やせ でも つとに有名。

時間もたっぷり残っているのでそのまま 曹洞宗大本山永平寺へdash
曹洞宗大本山永平寺⇒コチラ
※ ジィ~ジ 永平寺二度目なれど前回時間が遅く拝観できず。

Kimg6870                         永平寺

Kimg6873_2                          永平寺

Kimg6875                           永平寺

Kimg6877                      永平寺 承陽殿

承陽殿は曹洞宗発祥 道元禅師の御真廟

Kimg6879             永平寺山門

修行僧雲水は入山と修行を終えて出る時と僅かに2回しか通ることが
許されないとの習わしが有る由。

七堂伽藍は山の傾斜を利用した急な階段の回廊で繋がれています。
広大な伽藍を周回して深山幽谷の永平寺を後にします。

土産物店で羽二重餅と胡麻豆腐を買い求め、一路 富山市へ戻ります。

長兄宅で泊まれば義姉が気を遣ので敢えて駅前のAホテルで宿泊です。

夕食は二人で富山の食材を肴に beer bottle  

程よい疲れを覚えながらホテルに戻り、入浴 sleepy sleepy

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
9月3日(月) sun

今回旅行の目的の一つは連日バスで病院通いして長兄の世話をして呉れている
義姉のせめてもの気分転換になればとの思いで立山室堂へbus
7時半長兄宅へ義姉を迎えに行きます。
仏間で亡き父母に合掌。
Am 08:40 立山駅ケーブル
Am 09:00 美女平
Kimg6886                                    車窓からの称名滝
Am 08:50 室堂ターミナル
Kimg6897_2                      立山(雄山)

草紅葉も始まった室堂を3人で散策です。
昭和29年ケーブルが美女平駅まで開通。
翌年バスが弘法小屋そして翌年天狗小屋、そして弥陀ヶ原から
室堂ターミナルへ・・・爾来 何十回も利用しているジィ~ジ。
今回は80才も半ばを過ぎた義姉の気分転換が目的。
山は登らず、みくりが池周辺まで散策と展望が主体です。 

Kimg6899                   岩の殿堂 剱岳
紅葉にはイマイチ早いものの晴天に恵まれ爽やかさ充分に味わえます。

Kimg6901                    奥大日岳

ジィ~ジの好きな奥大日岳、時期を変えコースを変え数回経験。

標高凡そ2600m 立山室堂展望と散策を終えて帰路につきます。

立山駅に着いてもまだお昼を少し回った程度、義姉の提案で先般TVでも
放映された大岩山日石寺の境内の茶屋金龍のそうめんでお昼としよう。
時間は1時過ぎ、店の前には順番待ちの長い行列が見られます。
( ※ 意外とそうめんは食時間が短い所為か回転が速い)

Kimg6911               そうめん 金龍 
順番待ちです。
店の中では‘おわら踊り’(想定外)
Kimg6916             おわら踊り
越中八尾 風の盆 おわら 男踊り女踊り

Kimg6920                      そうめん 白玉善哉
ジィ~ジ ん十年振り?の金龍そうめん 

そうめんも汁も上品でお代わりをしたく思うほど美味。
白玉善哉も白玉はモチモチ、餡は甘過ぎず、これまた美味。旨し!!
龍の口から滝が流れる不動尊で名高い大岩山、長兄の見舞いの為パス。
食事を終えて最後の大目的 入院中の長兄の様子を見に行きます。

介護病院でのリハビリを終えた長兄と7月以来の再会です。
ジィ~ジとは年が離れた父親代わり、そして学資までだしてくれた長兄。
既に90才を過ぎて骨折や加齢で車椅子生活。加えて耳が遠くなり
会話に不自由さを感じているものの記憶力はジィ~ジより遥かに良好。
談話コーナーで1時間ほど状況報告したり雑談交わします。
長居して疲れを残しても意味が無いので、義姉と一緒に病院を出ます。
義姉を長兄宅まで送り、帰りが遅くなるので家にあがらず義姉に挨拶し
わが家へ向かってcar dash
長兄の具合も見れたし、義姉も少しは気分転換できたかな?
そしてジィ~ジ初めての東尋坊・・・・
ジィ~ジと相方にとっては意味ある二日間となったような気が!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

また覚書き【角田山】+『村上市』+【三ノ峠山】

今回も毎度毎度?の【角田山】です。雪割草やカタクリの時期は・・・

同行は何時も世話になっている長岡市T中さんご夫妻 (お誘いして)

3月29日(水) sun

お天気も上々!!

コース 桜尾根⇒宮前

Am 09:40~Pm] 02:40

Kimg0329                      朝から陽射しを受けて

ノンビリ、ゆっくり花々眺めながら・・・・

平日でも桜尾根は県内外からの登山者多数でところどころ渋滞発生。

Kimg0336

山頂は大賑わい。
敷物を尻に、ゆったりとお昼を採る我らです。

大勢で賑わう山頂で、顔見知りの方も何人か!!
何と!角田では逢うことがほとんど皆無のO夫妻とお連れ様。
(O夫妻とは先日守門岳で一緒)

そして3年前谷川岳で知り合った大阪K女史にも
(前夜出発仮眠して角田へ、夜はテントで翌日は国上山予定の由)

遠路 越後へ!ありがとうございます。新潟ゆっくり楽しんでください。

一時間半以上も山頂で滞在して下山の開始です。

下りは登りはじめた時に挨拶した郡山のご夫妻も誘って宮前へ・・・

Kimg0337                   キクザキイチゲ

Kimg0339                             コシノカンアオイ

ギフチョウとも縁が深いコシノカンアオイ。

勿論、カタクリは当たり前!!

Kimg0349              カタクリ

Kimg0350              キクザキイチゲトコラボノカタクリ

Kimg0353                 山裾まで

Kimg0354              目一杯陽を受けて

一節には ユキワリソウは他の花に先駆け咲いて虫や蝶を呼び寄せ交配し、
一旦交配が完了すると、その後は開花状態のままで萎むことが無いとか

思う存分、春の妖精が咲き乱れる様を堪能して角田浜parkingへ戻ると

「じぃ~じさ~ん」と声を掛けられます。
聴き覚えがある声の主はSNS仲間のFさん。
彼女は【弥彦山】 “田ノ浦”コースからの帰りと言う。

それにしても平日にも拘らず大勢の知り合いの方々と会えた特異日(笑い)
【角田山】【弥彦山】 今が旬!!

    ジィ~ジ【角田山】 13-29

                    029-29.

  .:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

閑人ジィ~ジ、翌日もお出かけです。

3月30日(木) sun この日も少し寒いもののまずまずの好天。

所属する〔新潟県高齢者大学〕の有志12名で県北 村上市探訪

新潟駅からワンデイフリーパスを利用して。
目的は 『第18回城下町村上 町屋の人形さま巡り』

此の町おこし行事、ジィ~ジは10数年ぶり2度目

歴史ある約80軒の村上の町屋が保存する雛人形など約4千体の人形展示。

Kimg0365              大名行列も 

Kimg0370                保管が大変そう

Kimg0376

お茶など頂きながら次から次へと廻ります。

人形様だけでなく見所幾多有ります。

Kimg0363               昔懐かしい鍛冶屋

村上は木彫り堆朱でも知られています。(写真 省略)
樹下町では往時が偲ばれる箇所が数多くあり退屈しません。

 Kimg0372 Kimg0373
写真 左 九品仏   右 閻魔さま     ※ 拡大

今回は 人形様が主体。おしゃぎりはパスです。

そして 勿論 村上市の最大の売りは 鮭!!

Kimg0369               三面川の鮭

そして 地酒も 大洋盛 〆張鶴 も県内外で評判の銘酒

Kimg0368                歴史を感じさせる佇まい 

Kimg0367              鮭と酒

そして話題の!

Kimg0375               奥の細道 芭蕉と曾良が泊まった宿、井筒屋

お昼はbeer に刺身とはらこ。
駅前の小奇麗な喫茶店で皆でお茶して

帰りの電車はワイワイ言いながら地酒を少々。 

この日も一日、たっぷり遊んだ(学んだ)ジィ~ジです。

  ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

空を見上げれば好天と言えないもののrainの心配は無さそう

「今年はまだ行ってないし、赤いマンサクも観たいし行ってみよう」

急遽 簡単に出かける準備、相方と二人です。

3月31日(金) cloud

行先は【三ノ峠山(469m)】

Am 11:10 長岡市ファミリーランド 登山口Ⓟ

(雪も融けⓅ迄の進入問題なし、ノーマルタイヤでOK)

Kimg0379               長岡ファミリーランド

長岡市街地の先には長岡西山丘陵 この場所お気に入り!

登山道にはとけて汚れた圧雪が少々。

前方から木を切るチエンソーの音が聞こえてきます。

Kimg0383                 倒木の枝木

Pm 00:05-01:30 友遊小屋

Kimg0385                 友遊小屋

丁度 お昼時、小屋にはT中さん、K田さん Sさん k池さん達常連さん

T中さん、k田さんは倒木処理を始め登山道整備中の一服です。

ジィ~ジと相方、手伝いもしないけど小屋でユックリ休みます。

T中さん達は再び、登山道整備、ジィ~ジと相方は【三ノ峠山】へ向かいます。

Pm 01:38 三ノ峠山

Kimg0388               三ノ峠山山頂

T中さんが設置した積雪ゲージを確認すれば、積雪は70㎝強 74㎝?

Pm 02:00 観鋸台

Kimg0390              長岡市最高峰鋸山の展望台

この日は、ここで折り返しの我らです。

【三ノ峠山】 山頂の下で、作業を終えたT中さんが迎えて呉れます。

Kimg0392                春の花々確認しながら下山

Kimg0396               マンサク

目的の赤いマンサクは咲いているものの、今年は数も少なく上の方
(写真では少し無理?)

Kimg0381_3 Kimg0393
写真 左 ショウジョウバカマ   右 ユキワリソウ   ※拡大

Pm 03:15 ファミリーランド登山口Ⓟ

気持ちよく出迎えてくれた大事な友 T中さんとお別れ、

                     030-29

我らは久しぶりに相方の実家へ立ち寄り。
義父 義母 先祖を祀る仏壇。灯明を上げ合掌。

後はお互いにアルコール好き beer beer beer beer 止めどなく

帰りの運転は相方なので、遠慮なく楽しむジィ~ジです。

毎日毎日閑に任せ遊んでばかりのジィ~ジです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

健康維持目的【角田山】【五頭山】

日頃GYM通いなどで特別の機能維持・強化訓練などしていないジィ~ジ。
当然ながら加齢とともに体力(特に脚力)減退一途!
今更ながらの感が大、そして付け焼刃?
終日家でゴロゴロしてばかり、せめてたまには歩かねば!!(反省)

先ずは何時もの通り手近な【角田山】

1月27日(金) cloudsuncloudtyphoon rain

この日はソロのジィ~ジです。 “稲島コース”を選択。

Am 10:40 稲島登山口Ⓟ

歩き始めればすぐに稲島薬師堂

Dscn9284            稲島薬師堂と大杉

Dscn9286              下山してくる人 不動明王像前

七合目から八合目、九合目に掛けては足場の悪い急登が続きます。
八合目からは海峡を隔て佐渡の姿も垣間見られます。

Am 11:19-11:20 九合目 向陽観音

Dscn9288            蒲原平野の先には白く光る飯豊連峰

観音前広場からは、新潟平野を隔てた先に白く輝く“飯豊連峰”が望まれます。

この頃から、予報通り時折かなり強い風が吹き付けてきます。

Am 11:25-Pm 00:30 山頂小屋

小屋前周辺で積雪≒60㎝

Dscn9290              健養亭 

Dscn9293              焼き芋に餅

小屋には3グループ 16,7人
管理人のH氏始め、顔見知りの常連さんも数人。
常連N氏から豚肉たっぷりの焼きそば馳走になるジィ~ジです。(美味)
ストーブの火に温められながら、帰りを急ぐ身でもく、1時間以上も・・・

小屋を後にして下山の開始。

Dscn9294              記帳所 4℃ 

500m弱の山頂でこの時期に何と!摂氏4℃  異常?な暖かさ!!

Dscn9296            滑りそう

ステップが切られていないので膝に負担が掛ります。
凍結していれば相当危険度が高まりますが辛うじて気を付けながら・・

Dscn9297             旧 巻町と靄~ッと粟ヶ岳方面 

新潟平野は平らで広いなぁ~

Pm 00:55 五合目

Dscn9298              五合目お地蔵さまにもう暫くの無事息災祈念して

Dscn9299            四合目 大欅

【角田山】は誰でも登れる手頃な山、擦れ違い多数。

Pm 01:08 稲島登山口Ⓟ

Ⓟに着くころから、空を見上げれば今にも降りそうな塩梅。
靴を履き替え、車に乗り込みスタートするや否や同時に雨!

予報通り午後からは雨混じりの強風、間一髪濡れずにラッキー
(冬最中の季節に雪では無く雨 異常気象進行中?)

                          009-29

  ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

閑人なれば【角田山】だけでは少し消化不良?
一応 連荘のジィ~ジです。

1月28日(土) cloud

予報ではお昼ごろから徐々に好転?
予報を信じて今年は2度目の【五頭山】

同行 美女岳友2名 相方 ジィ~ジ 計4名

Am 08:02 菱ヶ岳登山口(内ノ沢)Ⓟ

車高が比較的低い我が家のcar P君。
有難いことに除雪されているものの、時折 腹を擦りながら無事parking

Dscn9301            既に20台以上のcar rvcar

土曜日・おまけに予報もまずまず 想うことは皆同じ? 

Am 08:22-08:25 どんぐりの森 三合目登山口

Dscn9304                 三ノ峰コース入口 3合目

Dscn9307             七合目手前

Dscn9308            八合目を越えて

Am 09:46 三ノ峰山頂

Dscn9309            雪が付くと綺麗

九合目手前付近から樹木に雪が付着して冬山の気配濃厚。

Dscn9310           小屋は入口まで掘られ利用可能

常連さんがきっと雪を掘ってくれたのでしょう。

Dscn9312               二ノ峰から一ノ峰に向かって

“一ノ峰”山頂 山頂の鐘も石仏も石碑も全て雪に埋もれています。

対峙する“菱ヶ岳”全く見る事も出来ません。

周りを囲むガスと雪で境界も定かでありません。
薄っすらと残るトレースを確認しながらカンジキ履かず、時折ズボッと
腰まで抜かったりしながら五頭山△点(小倉)を目指します。

“菱ヶ岳”分岐を分けて小さなアップダウンを繰り返し前進。

Am 10:33-10:35 五頭山三角点(小倉峰)

Dscn9316

Dscn9317           五頭山(小倉峰)

無論、この先にトレースなし。
“飯豊連峰”
展望は夢のまた夢。  視界数m。

雪庇 シュカブラなど自然が織りなす造形も見られずじまい。
静寂の中、我がトレースを頼りに戻ります。

Dscn9320              真っ白

左側は切れ落ちています。

Dscn9322              二ノ峰からの下り

Am 11:20-11:30 避難小屋

避難小屋は休憩中の男性2人。
我々も上がり框に腰を掛け珈琲 パンで小腹を満たし暫し休憩。

小さな狭い小屋、後続の登山者も多数。早々に小屋を出ます。

Dscn9323            三ノ峰から下山する仲間

山頂を目指す数多くの登山者とスライドします。
(飯豊連峰は見えないよ~)

Dscn9324            八合目付近から新潟平野俯瞰

Pm 00:25 どんぐりの森登山口

Dscn9327               三ノ峰コース登山口

Dscn9329           五頭山方向振り返る

Pm 00:40 菱ヶ岳登山口Ⓟ

Dscn9330             帰り支度の女性パーティ

今年2回目の【五頭山 天気の回復が遅れ?内心ちょっぴり期待した
“飯豊連峰”の展望は望む術、全く皆無となったものの、歩き辛い
深く抉られた雪道をツボ足で歩いたので、少しは足に刺激になったかな?

それなりに体力を使い、自己満足に浸るジィ~ジです。
※ 自分に甘いジィ~ジ 歩かないより歩いた方が少しは増し!!
(とは言いながらも体力維持にはまだまだ足りない?)

                                   010-29

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

偶には目先を変えて

雪よ降れ 雪よ降れ と心の片隅で祈って居たら、願い以上の雪ガ・・・・・
日本海から冷たい風が吹く新潟市は存外積雪量が少ないのですが
市街地でも珍しく30㎝強。

そんな中、趣味の“山歩き”では無く、絵画展鑑賞のジィ~ジです。

1月14日(土) snow / cloud

アークベル県民アマチュア絵画展鑑賞です。(入場無料) 詳細は⇒コチラ

回を重ねて今年は24回目とか

洋画部門・日本画部門 其々それなりの労作が展示されています。

Dscn9216               洋画大賞作品

Dscn9218            ジィ~ジ目が引かれた作品

Dscn9220            日本画大賞作品

新潟市は雪が積もっています。まさに冬最中!

Dscn9221             会場の中庭

Dscn9222

Dscn9223             この作品も目を奪われた

Rscn9226              喫茶コーナー

絵画展の作品を見終えて、大枚100円のチャリティで珈琲 ジュース
珈琲を啜りながら暫し余韻を楽しむジィ~ジです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

偶にはお出かけ・・

現役を離れて幾星霜のジィ~ジ。めっきり中心市街地へ機会も少なくなって・・
それでも5月から認知症遅延対策?として某高齢者の集いに参加。
社規・生活 健康 福祉 地域活動 etcの講座を受講 (2~3回/月)。
そんな中、この日はその集団の課外活動です。所謂 親睦懇親会です。。
(先月は飲み会) 久しぶりに新潟市の中心街へお出かけです。

9月21日(水) 
相方に会場までcarで送って貰う我が儘ジィ~ジです。

会場は ネルソンの庭。    ランチ会 参加者20数名。(7割女性)
大正年間に作られた県 副知事公舎を改修 3度目のジl~ジ

参加者の皆さんとは顔見知りになって約4か月。
料理(イタリアン)の出てくる間に話も弾みだします。

Dscn0002             前菜 (生ハム フルーツ 鮮魚のカルパッチョ)

ジィ~ジのmaineは肉としたので別途でグラス赤ワインをオーダー。

2品目 ズッキーニ入りフリッタータのチーズ焼き ウニ添え
(写真 省略)

3品目 スモークサーモンとアーリーレッドのトマトクリームソース スパゲッティいくら添え
(写真 省略)

そしてmaine
Dscn0003               鰆のソテー いろいろ野菜のヴァポーレ 香草ソース  
            (お向さんのオーダー)

Dscn0005            ジィ~ジのmaine 越の鶏の香草パン粉焼き トマトのロースト添え

Dscn0006_3                DESERT   ティラミスタルト

最後にセット飲み物はエスプレッソを頂くジィ~ジです。

今回のランチは途中で焼きたてのパンも数個腹に収めたので満腹状態。

参加者の皆さんと2時間程かけてのゆっくりランチ楽しんだジィ~ジです。

ランチ会を終えて折角久しぶりに出た中心街の様子が気になり
古町 万代島 東大通り 新潟駅まで歩いて見る事にしたジィ~ジ。

Dscn0007            古町通 人通り無し 閑散

日本海側唯一の政令指定都市 新潟市に人通り全くありません。
繁華街が駅周辺に移った感あるものの、それにしてもあまりの閑散さに落胆。

万代橋を渡り万代CITY周辺は古町より少し人出も多い。

それにしてもこれからの新潟市はどうなってくんだろう?

久し振りに中心市街地を訪れて新潟市の将来が少々気になるジィ~ジです。
地方都市の活性化対策を充実しないと若年世代層がますます離れて行くでしょう。

                         この項 (完)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

23 山歩き10月 まとめ

時は、既に晩秋を迎えたもののタイミングがずれたせいか?或いは集中豪雨
や酷暑などの気象的要因か?感動的な紅葉にはお目に掛れなかったジィ~ジ。

生涯 忘れることが出来ないだろう〈東日本大震災〉年も、残り僅か2か月に。
正に ‘光陰矢のごとし’を感じる今日この頃です。

そんな中、なまくら、ものぐさジィ~ジ 日記代わりの覚書 
へタレなジィ~ジ『山歩き』10月の纏めです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━

① ススキの穂に哀愁を覚えた『角田山』 10月7日(金) sun 記事は⇒コチラ

P1030872               風にそよぐススキの穂 角田山(山頂)
                  ※ 角田山 23-26

② 孫娘と一緒に山頂で豚汁 『石老山』 10月10日(月)sun 記事は⇒コチラ

P1030955                       石老山帰り道

③ 会山行の下見を兼て『高尾山』 10月11日(火)sun 記事は⇒コチラ

P1030972                     山頂は年中大混雑
  ※ たださえ混むのに予定は11月20日以降のもみじ祭り中 如何しよう?

④ 天空の【遠い飲みや】と、『編笠岳・権現岳』 登山口で待ち合わせ
   10月12日(水)sun~13日(木)sun    記事は⇒コチラ

P1040010                 遠い飲み屋  ジィ~ジでも青年小屋

P10400421                     権現岳山頂目指して

⑤ 来年度の下見を兼て『三本槍岳』10月18日(火)sun 記事は⇒コチラ

P1040115                 茶臼岳 朝日岳と那須の紅葉
※もう2,3日早ければ紅葉ジャストミート!!

⑥ 赤鬼氏企画会山行 『俎倉山』 10月21日(金)sun 記事は⇒コチラ

P1040133                 沢のヘツリ歩きとちょっぴり急登も

⑦ 今回も会山行 『苗場山』 10月23日(日)cloud 記事は⇒コチラ

P10401741              苗場山頂草紅葉と池塘の中、下山する仲間

⑧ 晴れ間狙って『浅間(前掛山』 10月29日(土)sun 記事は⇒コチラ

P1040187                      浅間山山頂が現れて
※どこまでも拡がる青空 吸い込まれそう

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━

10月は都合 8回 9日となったジィ~ジです。

ジィ~ジの23年 山歩き 累計 72回 74日

目標は80回 あと残り2か月間 何とかなるかな?何とか達成したいもの。

だけど72回の内、26回(36%)が『角田山』 中身が薄いなぁ~
もう少し、頑張らねば!!  

   

| | コメント (12) | トラックバック (0)