2022年4月21日 (木)

遊んでばかり【坂戸山・六万騎山】

日頃、閑を持て余しているジィ~ジ。
認知症対策?として少額費用で済む宿泊情報をcheckするのが近頃の楽しみ。
今回見つけたのは<魚沼連泊プレミアムキャンペーン>です。4月28日期限
内容は魚沼市独自のコロナ支援事業
宿泊¥1,000割引 地域クーポン¥1,000 計¥2,000 お得
※連泊の場合は3,000割引 地域クーポン3,000 計6,000お得
使っとく新潟県民割引 宿泊費半額(5,000限度)クーポン2,000 併用可
宿泊料が¥10,000の場合 県+魚沼=¥6,000off クーポン¥3,000付帯
差引¥1,000で泊れる勘定  
別の宿で連泊の場合 EX 実質支払い¥10,000でクーポン¥10,000 差引0
利用しない手は有りません。 今回は一泊ですが・・

日ごろ懇意にしている長岡のT中夫妻と一緒に泊まります。

長岡T中夫妻は昼過ぎまで【三ノ峠山】山頂直下(友遊小屋)の冬季用
薪ストーブの片づけ作業などで忙しく3時過ぎに迎えに行く予定。

我が家は特別用事もないので今の時期に咲く花でも見ようかと・・・

4月9日(土)☀
行先 長岡雪国植物園 詳細⇒コチラ
同行 相方 ジィ~ジ 計2人
Am 11:25-Pm 02:30
県外ナンバー車も数多く見られ🅿は満車状態で誘導員大わらわ。

171
案内路 ※拡大
184_20220420130601
ザゼンソウ ※拡大
カタクリ ユキワリソウ ミズバショウ ショウジョウバカマ 他他
丘陵帯を彼方此方歩き回り、ベンチに腰掛け【守門岳】を眺めながらランチ。
お昼を挟んで3時間強春の花々鑑賞で歩き回った我等です。

予定通りの時間でT中家へ迎えに行き二人を乗せて今宵の宿へ💨💨
宿はが付くほど部屋もトイレも素晴らしく綺麗。
夕食も食べきれないほど多種類の料理が並びます。

翌日です。
ユックリと腹いっぱい朝食を食べて、のんびり休んで精算。
勿論、お天気は良いし「どこへ行こう?」
とどのつまり向かう先は戦国山城 六日町地区のシンボル。

4月10日(日)☀
行先 【坂戸山】
同行 長岡T中夫妻 相方 ジィ~ジ 計4名
行程 薬師尾根コース~山頂 (往復)
記録 残雪は4合目の少し先から少々、イワウチワも咲き出す。
   これでもかと言う程の階段の連続。先回は3年前の大晦日
Am 10:05 鳥坂神社
途中には様々姿が掘られた石仏が点々と。
更に山城の遺構を示す標柱など色々。そして合目標識も
364
石仏 ※拡大
367
階段登山道 ※拡大
人気の一座、常連の地元勢に加え、大勢の登山者で賑わっています。
残雪もあるものの無論、ツボ足歩行で問題無し。

最後の急なスチール階段を登り上げれば富士権現を祀るお堂に到着。

Am 11:34-Pm 00:14 山頂(富士権現)
お堂の脇で少し強い陽射しを避けて腰を下ろし小腹を満たし休憩。
376
山頂から八海山展望 ※拡大

379
イワウチワと魚沼盆地 ※拡大
下山時には今年最初のイワウチワもすっかり開いています。
魚沼盆地の一部ではまだ残雪も見られます。

Pm 02:05 鳥坂神社

時間もまだ早いので序でにもう一座立ち寄り。
行先 【六万騎山】
行程 登山口~山頂(往復)
記碌 下越地区では見られない紫のイカリソウは未だ。カラフルなユキワリソウ
   更にカタクリ咲き始め、コシノコバイモ数多く\(◎o◎)/!
Pm 02:30 登山口
出がけに様子を見たときは、登山口と近くの🅿も満車状態だったけれど
お昼もとっくに過ぎている時間のお陰?何とか登山口下の🅿に駐車。
386
カタクリ&コシノコバイモのコラボ ※拡大

Pm 02:55-03:00 山頂
たかが標高320mの低山 そして此の日は【坂戸山】に次いで二座目
少々軽く見ていた所為か?直登の階段登山道は思いのほか辛い!! 
391
世界平和を祈念してT中さん ※拡大

Pm 03:17 登山口 
帰りも春の妖精たちをじっくりと眺めながら下山です。

帰路、魚沼地域クーポン利用でジィ~ジお気に入りの[鶴齢]Get。
一般道利用して長岡に向かう我等です。
天気も味方してくれ2日間タップリ遊んだジィ~ジです。
腰が痛い 膝が動かないと言いながらも、出かけられることを
改めて有難いと思うジィ~ジです。

             ジィ~ジ 030-2022

| | | コメント (4)

2022年3月30日 (水)

セツブンソウそしてユキワリソウ

地勢上そして季節などの諸条件によって山野で見たい花、見られる花は
限られているようです。
今回はジィ~ジが住まいする越後新潟では多分見られない季節限定花。
早春に芽生え節分の頃から咲き出すので名づけられた節分草
日本固有種でキンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。
晩春には地上部を枯らし休眠 スプリングエフェメラル 春の妖精
花言葉は「微笑み」「光輝」。

3月17日(木)☀
長岡の山友T中夫妻、Y田さんをお誘いして途中まで一般道を利用
そして豊田・飯山ICから上信越道更埴JCT経由長野道で更埴ICまで。
この日の行先は千曲市の戸倉宿キティパークです。
🅿からジグザグに歩いて約20分。大勢の見物客の姿が見られます。
早速、山の斜面一帯には目的のセツブンソウが一面に広がって居ます。

017_20220330095601
018_20220330095601
021_20220330095601
セツブンソウ ※拡大

白い花弁に見られるのは実は萼片で2列に切られている黄色が花弁です。

千曲市の群生地は戸倉宿キティパーク地区倉科地区の二カ所。
地元の愛好会のご努力で見事に管理保護されています。
通路脇に植栽された紫陽花の足元に害虫駆除と猪・鹿除け対策で
木酢液の袋が無数に括られています。ご苦労様有難い事です。

セツブンソウは日本固有種で関東から中国地方で見られ、千曲市の群生地は
東日本の北限に当たると言われているようです。

昨年は長野市の山友U野夫妻に案内してもらい山道を倉科地区も
散策しながら見物。今年は春の日差しを浴びながらのんびりキティパークで
小腹を満たし倉科地区はパスです。

此の日の予定はもう一つ。
新潟松之山温泉の隣、松代町にあるドイツ人建築家カールベンクスさんの
事務所がある古民家カッフェ 『渋い』です。 詳細⇒コチラ
閉店間近な時間にギリギリ到着。丁度カールさんにもお会いでき色々お話を
伺うことも出来てラッキー。カッフェラテも美味。良きひと時を過ごせ満足。
023_20220330095601
カフェラテ ※拡大
カール夫妻は新潟県十日町市松代に移住され26年。
失われゆく古民家の再生をライフワークに、その様子は
NHKBS3で四季それぞれ定期的に1時間半放映されています。

カール・ベンクス(Karl Bengs)  HP⇒コチラ
東京始め大都市からの移住者の方も豪雪の過疎地も活性化。

この日は時間に余裕が無くカールさんが手がけられた古民家集落、更に
星峠・棚田・美人林・芝峠・・・改めて近日中に訪ねる予定の我等です。
松之山温泉も良いなぁ~

この日の予定を終え、十日町市から川西経由で長岡へ向かいます。
長岡のT中さんの家でまたの再会を約しお別れ、帰途に着きます。

  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

翌々日です。天気は下り坂に・・・
2,3年前?数年前?からSNSを通してしばしば目にするユキワリソウの里へ。
昨年に引き続き、今年もその時期が到来。  行先は 妙法寺 HPは⇒コチラ
家を出る頃から今にも降りそうな空模様。

3月19日(土) ☁/☔
行先 【妙法寺】
同行 相方 ジィ~ジ 計2人
行程 妙法寺~六万部~久田城址~六万部~村岡城址~妙法寺
記録 時折小雨もぱらつき肝心のユキワリソウは首を垂れて寒そう
Am 10:55 妙法寺本堂
苔むした石段を登り『黒門』からまっすぐ『本堂』へ。
024_20220330115601
妙法寺本堂 ※拡大
由緒ある名刹 法王山 日蓮宗本山村田 妙法寺 厳かな雰囲気漂っています。
本堂の御前で合掌礼拝 心ばかしのお賽銭も納めてスタートです。
本堂の回廊下を潜り抜けスタート。
時折パラパラと小雨が降ったりやんだり。
風も少し冷たいので雨具の上着を羽織って歩きます。
足もとには芽吹いたばかりのショウジョウバカマキクザキイチゲも寒そう。
ゆるい傾斜の軟かな道を進みます。

Am 11:10~11:15 六万部
少し小高い伝説の地 日蓮上人が佐渡へ配流され途中歩かれた道。
周辺にはグルリと薄い青や白、ピンクがかった多彩なユキワリソウの株が
見られるものの寒さと雨滴を浴びて下を向いて閉じてます。

Am 11:45-11:55 久田城址

035_20220330115601
久田城址にて記念の一枚
ほぼ真下には日本海。山城の雰囲気覚えます。
源氏と平家が戦った時代の山城と言われています。
お天気が良ければ寝ころびたいような気持の良いspot。

046_20220330115601
ユキワリソウ ※拡大
小雨も小止みになり薄っすらと陽射しが差し込めば花弁も開き出します。
ピンクの小さな蕾のカタクリも開花の準備中。

途中の道端にはキツネノカミソリの青々した株も群生。
お盆のころには一帯をオレンジ色に染めると思われ、その時期には又!!

周遊路の村岡城址への途中から戻ります。
眼下には🅿と山門が見られます。

Pm 00:48 妙法寺三門(赤門)
051_20220330115601
妙法寺三門 ※拡大
左には東方を守る持國天、右には北方を守護する毘沙門天の仏神像
色鮮やかに彩色されています。


寺領で歴史を彷彿、そしてユキワリソウを始め季節の花々が楽しめる
美味しさが二度ある様な地。歩くことが出来る間は何歳になっても楽しめ
更に勉強になる地。これからもきっと何度も。と思うジィ~ジです。
この日は出かける時から空模様が芳しくなかったのでユキワリソウ始め
花々の様子は予想通りで雰囲気は味わうことが出来たので良し。

    ほぼほぼ散歩に近いけれど  ジィ~ジ 020-2022

| | | コメント (2)

2021年11月27日 (土)

覚え書き+【角田山】

幾らも暇時間があるのに生来の怠け者のジィ~ジ。
日記なぞは三日と続かず、とは言え非日常の出来事程度は
記録しておきたい・・・と。

11月13日(土)☀
8月の盂蘭盆の頃は感染者数も多く、県外往来は自粛。
新型coronavirus感染者数も少し落ち着いてきたので県外(お隣)往復。

3年前に亡くなった長兄の墓参りに故郷富山市の長兄宅へ。
1人で暮らす義姉と相方と3人で菩提寺と、市営墓地の墓所で墓参り。
墓参りを終えて、気分転換に少し足を伸ばして太閤山ランドへ・・・
園内で周遊電車に乗ったりして白く輝く立山連峰を展望。
帰路、近くのフレンチレストランでランチを愉しみ長兄宅。
4時少し前に又の再会を約して流杉スマートICから一路、新潟へ💨
高速道の運転は半分以上相方。三条から新幹線側道利用して運転手交代。
7時からは駅南の飲食店でSNSを通しての若い男女との飲み会参加。
飲食店の前で再び相方に車を託します。
馬鹿飲みしたわけではないけれど、二次会参加で結局帰宅は曜日が変わる頃。

11月14日(日)☀
朝7時から自治会の公園清掃(草刈り)参加。
8時過ぎに相方と二人で10数年通っている信州須坂市のリンゴ園へ・・・
急ぐ旅では無し、そして経費節約で前日走ったばかりの新幹線側道から三条見附
更に長岡バイパスから小千谷市十日町市津南町経由一般道で信州へ
好天の日曜日何時もながら小布施は大賑わいで渋滞。

漸くお昼頃に山の手にある須坂のリンゴ園に到着。
殆どの常連来園者は午前中にもぎ取っていたらしく、園主一家や手伝いの数人の
女衆は休憩中、我が家は送り手配を済ませ、自宅や親せき依頼分のもぎ取り開始。
農協にも集荷せず、所謂観光農園でもなく親子三代にわたって減農薬栽培で
育てているリンゴも信州全体、今年は遅霜被害で全体的に出来も良くなく、更に
収穫量も極端に少ない由。
それでも特大ビニール袋 7袋(はね出し品含む)購入。車のトランクと後部座席に
どうにか積み込んで帰路につきます。
帰りも当然一般道、折角なので十日町で少し早めの夕食 ヘギ蕎麦 食べ、
長岡の義妹宅に依頼されたリンゴを下ろして帰宅。


11月18日(木)☀
2,3日愚図つき気味の日が続き、久しぶりに晴れ間が見れたのでゆっくりと
行先 
同行 相方 ジィ~ジ 計2人
行程 浦浜コース~山頂 (往復)【角田山】
記録 例年8月キツネノカミソリ開花時期には下山路として利用する«浦浜コース»
   往路に利用するのは何年振りだろう? 
   木々の枝枝はすっかり落葉進み、枝越し遙かにに穏やかな日本海。
Am 11:10 浦浜コース登山口
流石に今の時期、🅿は閑散、我が家だけ。
登山口周辺に野葡萄、そして烏瓜が有った筈と言う相方の希望に沿って・・
結果的には確認できず。
笹藪生い茂り藪っぽいかなり急な足場の悪い階段登山道からスタート。

002_20211127103601
足場が不揃いな急な階段登山道 ※ 拡大
Am 11:23 休憩所
急登を登り上げればベンチが残る休憩所。

004_20211127103601
真っ赤なガマズミの実 ※ 拡大

此の先、歩き易い勾配の稜線歩きとなります。少し急な処には階段設置。

Pm 00:03 旧吾妻屋跡
階段登山道を一登りすれば昔は吾妻屋が有り、現在はベンチだけが残る休憩spot。
此の先、少し登れば«五ケ峠コース»との合流point。
さらに前進すれば«灯台コース»にも合流。

朽ち果てた<三望小屋>周辺は未だ色づいた木々が残っています。
009_20211127103601
残紅葉 ※ 拡大
後ろから«灯台コース»から登ってきたという若い女性に道を譲ります。

Pm 00:38-00:26 山頂小屋(健養亭)
011_20211127103601
ダルマストーブ ※ 拡大
小屋には常連のT川氏がストーブに火を点け我等を待ち受けて居ます。
簡単なお昼を採りながらいつもとおり、他愛のない雑談かわします。
やがて薪を背負って常連のS井さんも到着。休む間もなく鋸で適度の長さに切断。
(休みもしない働き者です ありがたや ありがたや)

のんびりひと時を過ごし、挨拶交わして往路を戻る我等です。
013_20211127103601
落葉 ※ 拡大

Pm 01:53 浦浜コース分岐
此処で«五ケ峠コース»と別れます。
膝に溜が利かないジィ~ジ、下りは登りに近い時間を要します。

018_20211127103601
眼下に浦浜集落 ※ 拡大

登りの時は意外に勾配が緩いなと思っていた登山道も、下りでは思いは別。

殆ど風もなく穏やかで寒さも覚えない好日です。

Pm 02:44 浦浜登山口
笹藪生い茂るひっそりとした登山口に到着。

結構通っている【角田山】でもあまり利用しない«浦浜コース» 久しぶり感大。
適度な温かさに炊かれている小屋のストーブは此の時期にはやっぱり有難い。
樹々の梢はすっかり丸坊主なれど、お陰で日本海の様子も散見。
真っ赤に沢山の実をつけたガマズミ、そしてひっそりとトリカブトの花。
最期の紅葉・・・やっぱり〈山歩き〉は楽しい。

      ジィ~ジ 【角田山】 031-2021

                       103-2021

11月19日(金)☀
ここ2,3年ジィ~ジの脚力低下加速で一緒に山を歩くことが出来なくったものの
4半世紀以上に亘り北海道や 北ア 飯豊  越後の山々 他 彼方此方をの山々を共にした
岳友O屋夫妻と久々に我が家の近くの中華食堂でランチ。
lunchを終えて、我が家で久しぶりにteatime。
お互いの近況や昔話に話題は途切れなし。
「朋有り遠方より来る 亦楽しからずや」 ※さして遠方では無いけれど。

| | | コメント (6)

2021年8月 5日 (木)

花と涼味満喫【笙ヶ岳】

例年7月に入ると歩きたいと意欲をそそられる<山>が幾座か!!
その要因は多種類多彩な高山植物鑑賞と、遅くまで残る残雪の雪渓歩きで
涼味を楽しむことが出来るから・・
勿論晴れれば展望も言うことがありません。

7月24日(土)☀

行先 【笙ヶ岳(1635.1m)】

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 吹浦口登山口~みはらし台~清水大神~とよ~河原宿~鳥海湖分岐
   ~三峰~二峰~笙ヶ岳 (往復)

記事 4時過ぎに我が家を出て、7時15分頃に大平山荘先の10数台の🚗 🚙が
   停めれる🅿はほぼ満車状態、地元の方の車が脇に寄せてくれたのでどうにか
   駐車スペース確保。生憎時折ガスが発生して展望はイマイチの感あるも
   多色の高山植物そして雪渓歩きは涼しくて気分爽快。
Am07:45 吹浦口登山口
コンクリートの石段を登り、其処から先はジグザグに小砂利混じりの石畳状の路を
40分少々汗を流しながら登り切れば<みはらし台>に到着。

Am 08:25-08:30 みはらし台
生憎周辺にはガスが湧き、展望は叶いません。
それでもここから先はなだらかな見通しの良い草原歩きに変わります。

2021-7-30-1992021-7-30-200 
( 写真左 チョウカイアザミ  写真右 ニッコウキスゲ ) ※ 拡大
一日花のニッコウキスゲが色鮮やか 

Am 08:50 清水大神
大小の池塘が幾つも点在しています。

Am 09:33 とよ

2021-7-30-204
とよ
今年は雨がここ暫く降っていない所為か?流れが見られません。
石畳が敷かれたような道を辿ります。

Am 09:35 河原宿
2021-7-30-207
河原宿周辺 ※ 拡大
例年、この周辺には7月末頃までは雪渓が残り涼しさ味わえます。

Am 09:41-09:45 鳥海湖分岐
ここから鳥海湖までは1キロ この辺りから周辺はお花畑が広がります。
2021-7-30-2122021-7-30-213
( 写真左 アオノツガザクラ  写真右 チングルマ ) ※ 拡大
花が終わり果穂になった無数のチングルマも風に揺れています
2021-7-30-2142021-7-30-216 
( 写真左 ウサギギク  写真右 ハクサンシャジン ) ※ 拡大
一番目立つのはハクサンシャジン 兎に角 滅茶多い!!
2021-7-30-2192021-7-30-220 
( 写真左 シロバナトウチソウ  写真右 ハクサンフウロ ) ※ 拡大
2021-7-30-2212021-7-30-233 
( 写真左 トウゲブキ  写真右 ハクサンイチゲ ) ※ 拡大

2021-7-30-224
笙ヶ岳Ⅱ峰
ゆったりとⅢ峰、そしてⅡ峰 残雪と多種類の高山植物に彩られ・・
2021-7-30-2392021-7-30-245 
( 写真左 クルマユリ  写真右 ヒナザクラ ) ※ 拡大
山頂の手前Ⅱ峰の鞍部附近には東北の代表花の一花ヒナザクラの群落。

Am 11:00ー11:42 笙ヶ岳山頂

2021-7-30-235
笙ヶ岳山頂
たまには記念の証拠写真 周辺は少しガスって涼しい風が心地よい。
山頂には地元の常連さんはじめ10数人の姿が見られます。
生憎ガスが湧き展望は愉しむことが出来ないものの涼しくて快適。
のんびりゆっくり空腹を満たす少し早めのランチタイムと洒落ます。
周りにはハクサンイチゲを筆頭にミヤマトウキ ハクサンシャクナゲ タテヤマリンドウ
そしてギボウシ イワイチョウ etc etc 正に三昧!!

帰りを急ぐ用も無し足元の色とりどりの花々を見ながら休み休み下山。

2021-7-30-241
ガスっていなければ・・・
(山裾まで広がるニッコウキスゲの群生群落思うようには撮れません)

2021-7-30-253
鳥海山新山の欠片?ほんの少し
ホンの瞬間、ポッ ポッと雨滴が当たるも雨具を着ける要は有りません。
たら れば なれど晴れていれば【鳥海山】がしっかりとみられるのですが・・・

2021-7-30-258
雪渓横断
2021-7-30-261
雪渓を愉しんで
多種類の花々、立ち止まり立ち止まり歩が進みません。
2021-7-30-2652021-7-30-267








   
 
 
( 写真左 イワオトギリ  写真右 ヤマハハコ ) ※ 拡大
毎回この一帯のヤマハハコの群落は見事。一見の価値あり。

2021-7-30-271
みはらし台手前

一部決壊場所も見られるすり減ったコンクリート登山道の腋にも花は多種類。
ツルアリドウシ フジバカマ キバナノアマナ シロバナアマナ オヤマリンドウ 

Pm 02:45 吹浦口登山口
足場が少々宜しくない登山道、些か痛めている膝に負担が掛かり
以前とは脚力も相当落ちたこと実感しながらも何と登山口に戻ります。


今までこのコースは概ねこの時期に10回以上は歩いて、凡その花の状態そして
残雪の雪渓歩きは其れほど変わらないものの何度歩いても歩いても飽きない
我が家にとってはお気に入りコースの一つ。加齢と痛めている膝で段々所要時間も
掛かるようになってきたけれど、願わくば来年も!!
日本海東北道 R7 未だ明るいうちに無事帰宅。
            ジィ~ジ 069-2021

| | | コメント (4)

2021年8月 1日 (日)

【天神山城址~石瀬峠】翌日は【八方池】

先日【秋田駒ケ岳】へ行った際、温泉民宿で出された夕食の一品。
生姜と茗荷を併せたミズの漬物。さっぱりとして酒のあてにも最適。
我が家でも真似をしようと山の幸ミズを少々頂こうかな・・・と。

7月19日(月)☀ 

行先 【石瀬峠】周辺

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 岩室丸小山公園~天神山城址~石瀬峠周辺 (往復)

記録 暑さを避け、朝の涼しい間に一仕事 でもやっぱり暑かった。
Am 08:55 丸小山公園🅿
公園を横ぎって、だらだらとして登り辛い旧岩室村の水道施設を目指して・・

2021-7-30-010
木漏れ日受けながら ※ 拡大
2021-7-30-011
強烈な匂いを発しながらヤマユリ ※ 拡大
深い空堀跡など下げられたロープも頼りとして何とか前進。

Am 09:45 天神山城址(本丸跡)
2021-7-30-013
天神山城本丸跡 ※ 拡大
一寸休憩して水分補給してから【多宝山】を目指して進みます。

Am 10:05ー10:30 石瀬峠周辺
2021-7-30-015
石瀬峠 ※ 拡大
目的の山菜ミズの群生地でミズを持参のナイフでなるべく太目の茎を
選別しながら根元の上でカット。
根っこ毎、引き抜けば翌年から再生は不可能。ナイフ使用が必須。
ミズは油いためやみそ汁にも利用できる有難い山菜。

この日の目的を果たして往路を戻ります。
2021-7-30-017
空堀跡
Am 11:45 岩室丸小山公園
2021-7-30-019
岩室丸小山公園

お昼前に一仕事を終えた我等です。

健康維持の運動を兼ねて、更に夕餉の一品の足しに山菜ゲット。
近くにこんな便利で有難い山が有ることに幸せを感ずるジィ~ジです。
夕餉の晩酌が楽しみです。

         067-2021

  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

昨年から山歩きに興味を持ち、ここ何回か一緒に近郊の山を歩いた
相方の一回り程、年が離れた若い山友さんにもっと山を愉しんで欲しい。
その為には、アルプスの眺めを手軽に見てもらうことが一番?
向かう先は白馬村 お天気も良さそうで一安心。

7月20日(火)☀

行先 【八方池】

同行 A田さん S藤さん 相方 ジィ~ジ 計 4名

行程 黒菱P⇒(第3ペアリフト)⇒黒菱平⇒(グラートクワッドリフト)⇒
   八方池~石神井ケルン~第ケルン~八方池ケルン~八方池 (往復)

記事 目的の八方池でのんびりゆっくり白馬三山の稜線に罹っていた雲も切れ、【
   三山から<不帰の嶮> 【唐松岳】そして【五竜岳】 【鹿島槍ヶ岳】そして
   <戸隠連峰>から<頚城山塊>の大展望。そしてアルペンムードも
   チョッピリ味わいい、足元の色とりどりの高山植物も・・・
   お二人のビギナーも楽しんで貰えたかな?更なる山歩きの意欲向上期待。
2021-7-30-073
黒菱平鎌池湿原 ※ 拡大
白馬村から和田野の森へ、其処から9キロ 標高差760mの黒菱林道を🚗 💨
カフェテリア黒菱の前に設けられている🅿に車を止めます。標高1500m 
靴を履き替え黒菱第3ペアリフトへ向かいます。
リフトの足元に乱れ咲く花々を眺めながら黒菱平に到着 標高1680m 

黒菱平の先に広がる鎌池湿原には終盤近いコバイケイソウ
そしてまだまだ元気なニッコウキスゲ
ここでグラートクワッドリフトに乗り換えリフト終点へ。 標高1840m 

ここからは岩混じりの登山道を歩き始めます。

Am 09:20 八方池山荘
本格的な山装備をした登山者からカジュアルな服装の男女、様々なスタイル。
2021-7-30-0752021-7-30-076
( 写真左 イワシモツケ  写真右 タテヤマウツボクサ )  ※ 拡大

同行のお二人には今までの山とは異なる風景。
お手軽にアルプスの雰囲気を味わえる所為か?かなり賑わっています。

大勢の方が休んでいる石神井ケルン、そして第2ケルン・・・
第2ケルン息(やすむ)ケルン2005m この辺りから少し急登に。
2021-7-30-078
第二ケルン ※ 拡大
この夏場の時期にはありがち山並みからガスが湧き出し・・

Am 10::15 八方ケルン
2021-7-30-079
八方ケルン
2021-7-30-080
2021-7-30-084 
( 写真左 イブキジャコウソウ  写真右 クモマミミナグサ ) ※ 拡大

2021-7-30-086
八方池俯瞰
2021-7-30-089
2021-7-30-093
( 写真左 チシマギキョウ  写真右 ユキワリソウ ) ※ 拡大
ユキワリソウ久しぶりに確認のジィ~ジです。

Am 10:45-Pm 00:40 八方池
同行のお二人は岩混じりの登山道歩きの経験は殆ど無いものの年齢的にも若く
何ら問題在りません。
(時間も早いのでもう少し先の扇雪渓へ足を伸ばすことも考えたものの
 展望を愉しみながら今回は目的の八方池を最終と決めます。)

時間的に谷あいからはガスが湧き出す時間?白馬三山の山一帯にガス。
2021-7-30-094
八方池にはさざ波も
2021-7-30-101
中学生の修学旅行
元気な中学生の賑やかな声に元気も貰える様な気がします。
2021-7-30-104
逆さ白馬三山、不帰の嶮 ※ 拡大
想定通り、八方池の湖面は鏡面の様になり逆さ白馬三山不帰の嶮 
目視では白馬山頂の小屋も確認出来ます。

池のほとりのbenchに腰を下ろし、大展望を心行くまで堪能。
小腹も満たされ、池の周りから下山の開始です。
2021-7-30-109
雪渓
同行のお二人には夏場の雪渓歩きは始めての経験。
ほんの少しだけど涼しくていい思い出になったかも。

2021-7-30-1112021-7-30-112 
( 写真左 アズマギク  写真右 キバナコマノツメ ) ※ 拡大
2021-7-30-1131627869923864
( 写真左 ハッポウウスユキソウ  写真右 ハッポウセンブリ ) ※ 拡大
他にもイワイチョウ タテヤマリンドウ ヨツバシオガマ チングルマetc
枚挙に暇ない程の高山植物の数々。八方尾根は花盛り!!

2021-7-30-121
Beautiful!! ※ 拡大
眼を転ずれば百名山 【五竜岳】 【鹿島槍ヶ岳】 そして名峰【爺ヶ岳】ど~ん

2021-7-30-1221627641987217 
( 写真左 キンコウカ  写真右 ヤマルリソウ ) ※ 拡大

Pm 01:50 八方池山荘
2021-7-30-126
売店でソフトクリーム
2021-7-30-127
そよ風受けながらリフト

最期に夏の代表?高山の花
2021-7-30-1182021-7-30-128
( 写真左 コバイケイソウ  写真右 ニッコウキスゲ )  ※ 拡大

リフトを2本乗り継いでカフェテリア黒菱🅿へ戻ります。
汗ばんだシャツを着替え、靴を履き替え、ジィ~ジの運転で黒菱林道を下ります。


昨年から山歩きを始めた相方の友達お二人にも今回は夏のアルプスの
一端を感じて貰え、色とりどり鮮やかな高山植物も観察鑑賞。
幸いお天気も良く、大展望も満喫。益々山歩きに意欲を沸かして
欲しいと願うジィ~ジでっす。
今回は時間的にも短く余裕綽綽。機会があれば次回は丸山ケルン?

     ジィ~ジ 068-2021

| | | コメント (2)

2021年7月26日 (月)

チングルマ コマクサ+角館

早朝3時少し過ぎに🚗 💨 行き交う車も少なく・・・スイスイと。
向かう先はR7を新潟から山形に向かい更に秋田へ、そして8時少し過ぎに
予定のアルパこまくさ🅿に到着。
靴を履き替えスタート準備に手間取り8時17分のバスには2,3分間に合わず。
結果的には8時49分発のバスで8合目へ向かう我等です。

20年ほど昔の紅葉時期に【秋田駒ケ岳】は山友と【八甲田山】 【栗駒山】
走破して経験はあるものの、当然乍ら«山»時期を変え、コースも変えれば
その様子は自ずから、また変わり、新鮮さも味わえます。

今回の最大目的は近年人気を博している通称<ムーミン谷>の様子と(花)鑑賞。

バスは約30分弱で終点の8合目登山口に到着です。

7月16日(金)☀

行先 【秋田駒ケ岳】

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 アルパこまくさ=秋田駒ケ岳8合目登山口~片倉展望台~阿彌陀池分岐
   ~男岳分岐~ムーミン谷~大焼砂分岐~大焼砂~横岳~焼森~
   秋田駒ケ岳8合目登山口=アルパこまくさ

記事 目的のチングルマ少し遅いかな?と思っていたけれど、花後の果穂と
   未だ盛りの群生、そして女王こまくさの大群生 花の宝庫 【秋田駒ケ岳】
Am 09:20 8合目登山口

2021718-024
8合目登山口
お天気は上々、絶好の登山日和。
勾配も緩く歩き易い登山道が続きます。早速 花々が目に入ります。

2021718-0262021718-028
( 写真左 ハクサンチドリ  写真右 オニアザミ ) ※ 拡大
2021718-0302021718-032
( 写真左 モミジカラマツ  写真右 アカネアオヤギソウ ) ※ 拡大

他にもマルバシモツケの白い色、エゾツツジの鮮やかな紅紫色・・etc etc
可憐な花々に目を奪われ遅々として進めない我等です。

Am 09:55 片倉山展望台
2021718-035
片倉山展望台から主峰男女岳 ※ 拡大

2021718-039
2021718-041
( 写真左 ミヤマダイコンソウ  写真右 ヤマハハコ ) ※ 拡大

2021718-040
往く手には乳頭山(烏帽子岳)も ※ 拡大
2021718-042
2021718-044
( 写真左 エゾツツジ  写真右 オノエラン ) ※ 拡大
相方は今年未だ見ていなかったオノエランが其処j彼処に見られ大満足。
2021718-0462021718-047
( 写真左 ニッコウキスゲ  写真右 コバイケイソウ ) ※ 拡大
2021718-0482021718-049
( 写真左 タテヤマリンドウ  写真右 ヨツバシオガマ ) ※ 拡大
2021718-050 2021718-051
( 写真左 ウサギギク  写真右 クロヅル ) ※ 拡大

Am 10:45-10:50 阿彌陀池 男岳分岐
2021718-053
阿弥陀池と避難小屋 ※ 拡大
2021718-055
秋田駒ケ岳主峰男女岳 ※ 拡大
今回は秋田駒ケ岳主峰 【男女岳(1637.1m)】は前回登頂しているのでパス。
今回の最大目的は«ムーミン谷»です。
2021718-056
ニッコウキスゲ乱舞 ※ 拡大
盛りのニッコウキスゲ【男岳(1627m)】の山裾に拡がり咲き乱れています。

足元には黄色くテカるミヤマキンポウゲも群生。
我等は【男岳】も先回登っているのでパス。
過っての<馬場の小径>は現在は<ムーミン谷> と呼ばれる標濃差約200mの
急な谷あい登山道を下ります。
小さな岩屑がゴロゴロして落石危険も大の登山道。
逆方向 前方から登ってくる登山者も多数。
膝が思うように動かないジィ~ジ、邪魔にならぬよう道を譲りながらユックリ。

2021718-061
ムーミン谷と小岳 ※ 拡大
2021718-063
エゾツツジとミヤマダイコンソウ ※ 拡大
鮮やかな紅紫と黄色のコラボはとてもカラフルです。
2021718-064
振り返り男岳 ※ 拡大
岩峰の【男岳】を振り返ればアルペンチックな感じ。
急勾配の登山度を下り谷へ降り切ると木道が敷かれています。

2021718-066
チングルマの果穂 ※ 拡大
目的のチングルマの果穂が風に揺れながら無数に広がって居ます。
2021718-069
主峰 男女岳 ※ 拡大
2021718-070
駒池 ※ 拡大
最低鞍部周辺は秋田駒ケ岳高山植物帯として記されています。

2021718-071
チングルマ ※ 拡大
2021718-072
ムシトリスミレ ※ 拡大
2021718-073
チングルマ ※ 拡大
<かたがり泉水>と記された標識の少し手前はまさにチングルマ

2021718-075
砂礫帯 ※ 拡大
2021718-076
木道敷かれたムーミン谷 ※ 拡大
2021718-077
畑の様なチングルマ ※ 拡大
見渡す限りまだまだ盛りのチングルマゾーン!! 圧巻です。

目的の<ムーミン谷> 最低鞍部の湿地帯でこれでもか!!これでもか!!と
何処までも広がるチングルマに酔いしれ、“🐻出没注意“の喚起標識が下げられた
低木樹林帯をほんの少し登り上げると、<大焼砂分岐(1364m)> 到着。
2021718-081
日本一深い湖 田沢湖も前方に ※ 拡大
2021718-083
大焼砂分岐 ※ 拡大
2021718-079
黑い砂礫には女王コマクサ ※ 拡大
周辺一帯には高山植物の女王 コマクサ が点々 点々 点々 数え切れません。

丁度 お昼を少し過ぎた時刻、空腹も覚え30~40分 お昼休みとします。
2021718-085
コマクサ点在限りなく ※ 拡大
2021718-087
ムーミン谷俯瞰 ※ 拡大
ユックリお昼を採り終え、8合目登山口へ周回下山の我等です。
火山砂礫の足場が沈むようなだらだら登りは存外きつく感じます。
Pm 01:25 大焼砂(1410m)
2021718-089
大焼砂 ※ 拡大
足場の不安定な褐色のザレザレの路は痛めている腰に負担が掛かります。
2021718-0902021718-091
( 写真左 ハクサンシャクナゲ  写真右 マルバシモツケ ) ※ 拡大

Pm 01:56 焼森(1550m)

2021718-093
小さなケルン焼森 ※ 拡大
この先、8合目登山口に向かって樹林帯の膝に優しくない岩混じりの路。
2021718-0942021718-095
( 写真左 イワブクロ  写真右 コミヤマハンショウヅル ) ※ 拡大

2021718-098
残雪も  ※ 拡大
Pm 02:50 8合目登山口
2021718-100
八合目登山口
初めての<ムーミン谷> ユックリとたっぷり花々鑑賞し終え、満足感で一杯。
8合目登山口バス停からPM03:15発のバスでアルパこまくさ へ。

2021718-102
夕餉の一部
この日の宿は、秋田駒ケ岳水沢温泉の温泉民宿。
宿泊料は極めてリーズナブルで夕食は豪華で温泉が特に良い。
2021718-101
田中陽さんのサイン ※ 拡大
偶然この温泉民宿、グレートトラバース3 秋田駒ケ岳で田中陽希氏が泊まった宿。
階段の側面壁に大きくサインが記されています。
この日の目的<ムーミン谷>は想像以上にチングルマの大群落。それも盛りの花と
花を終えたそよ風に揺れる果穂。そして黒い砂礫帯に限りなく点在する女王チングルマ
下りで膝に違和感を覚えるもそれに勝る感動を覚えるジィ~ジです。
来年も願わくばもう一度時期を変え歩きたいと意欲を沸かすジィ~ジです。
やっぱり一日でも長く山歩きを楽しみたいもの。

  ジィ~ジ 066-2021

 ~~~  ~~~  ~~~ ~~~ ~~~  ~~~  ~~~

7月17日(土)☀

朝目覚めればすぐにひと風呂 この温泉頗る泉質が良い。
帰りの駄賃?近郊の山へ立ち寄る時間はタップリ。
されど<ムーミン谷>の記憶が強烈で近くの【森吉山】【乳頭山】
一昨年登ったので、山への意欲は少々減退。
折角の機会なので帰り道に角館武家屋敷へ立ち寄り。
2021718-175
2021718-179
未だ時間も早く、更に新型corona蔓延の御時世?
観光客の姿は殆ど観られず気の毒なほど。

武家屋敷の佇まいや収集物、しっかりと見れば数時間は必要?
何処の屋敷にも古びた大木の枝垂れ桜が見られ、桜の時期には
更に素晴らしいだろうと容易に想像されます。

角館から秋田市、そして山形県へ🚗 💨 
鶴岡市で我が家にしては贅沢な高級回転すしでお昼を採ります。

身も心も満たされた二日間。夕方4時過ぎには無事帰宅。

| | | コメント (4)

2021年3月21日 (日)

覚書(セツブンソウ)&(ユキワリソウ他) 

昨年10月、信州長野在の20年来の岳友夫妻が春の【角田山】ユキワリソウ
コシノコバイモ見学に引き続き、【国上山】までセンブリの花目的で新潟へ。
今回は逆に我等が信州へ出かけます。
目的は越後ではまず見ることが出来ないセツブンソウの花見学です。

3月9日(火)☀

30年来の岳友O屋夫妻が我が家へ迎えに来てくれ、4人ででかけます。
北陸道から上信越道へ、天気は上々気分も高揚します。
頚城山塊の山並みがなんとも言われず美しい!!

20210309-001_20210321100901
新井PAから妙高・火打頚城連山 ※ 拡大

長野道更埴インターで一般道へ、待ち合わせの場所でU野夫妻と合流。
二台の車で千曲市の戸倉宿キティパークの一角、セツブンソウ群生地へ💨💨
平日とは言え、見学のハイシーズンの所為か我等も含め県外車も多数。

事前に下見までされた長野在のU野夫妻の案内で群生地にむかいます。

20210309-004
群生地案内板 ※ 拡大

20210309-010
セツブンソウ ※ 拡大
暖地では節分の頃に開花するので『セツブンソウ』と言われています。
花の咲いていないかぶは発芽から2~3年目の株とのこと。

20210309-013

20210309-016

20210309-017
群生 ※ 拡大

戸倉群生地のセツブンソウは長野県下最大級の広さ。

『セツブンソウはキンポウゲ科に属する多年草で日本の固有種で関東から中国地方に
かけて分布しているが、千曲市の戸倉 倉科は東日本の北限 蕾から一週間後に開花
約2~3週間のみ開花』
環境省は準絶滅危惧、長野県と千曲市は絶滅危惧種Ⅱ類指定。
花びらに見える白い部分は「がく」で内側の黄色の部分が花びら。
雄蕊は青色で雌蕊は紫色。
ジィ~ジと相方は10数年前、秩父の個人のお宅の庭に咲いている数株を
見たことがあるものの、こんな間近にそして真っ白に見えるような群生は
勿論、初めてのことで大感激です。

時間を掛けてユックリ、心行くまま散策しながら鑑賞して、引き続き車で30分近く
離れた倉科の集落の先の群生地も見学。


20210309-023
セツブンソウ ※ 拡大
この倉科地区の群生地は戸倉より少し狭いけれど、山の斜面一面に群生。
此処も周回できるように整備され、散歩がてらにも丁度いい感じ。


思う存分、腹いっぱい時期の花 セツブンソウ 鑑賞タイムを終えます。
時間的にも丁度お昼を少し回った時刻。
通りがかりの道の駅 あんずの里アグリパークでお昼を取りながら歓談。
20210309-025
アグリパーク
思い出話に花が咲き、恒例の【角田山】界隈の春の妖精watchingの打ち合わせ。

いまが盛りのセツブンソウを好天の下、たっぷり鑑賞、気心知れあった山友との
昔話にも花が咲き、気持ちの良い一日を過ごせたジィ~ジです。

     健康は有り難き哉

  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

此の日も好天、少し早めのお昼を終えて二人で出かけます。
陽気に誘われ、ユキワリソウ始め春の花々watching。
行先は角海峠から先から大きくカーブして角海トンネル上ピーク。

3月10日(水) ☀

行先 角海トンネル上ピーク

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 五ヶ峠~福井山~角海峠~角海トンネル上ピーク (往復)

記事 ユキワリソウは盛りを迎えカタクリも開花 予期せぬ出会いも
Pm 00:00 五ヶ峠登山口
登山口の🅿から【角田山】とは反対方向へ向かいます。
キクバオウレンの群生地からユキワリソウの群生地を目指します。
20210310-001
キクバオウレン ※ 拡大

非正規コースなれども現在は誰にも知られたエリアー。
所々に細紐が張られユキワリソウの保護もされています。
20210310-003

20210310-004

20210310-006
柔らかな陽射しを受けて ※ 拡大

優しい陽光を浴びながら気持ち良さそうに花弁を広げて・・・

Pm 00:27 福井山4等三角点
20210310-007
福井山三角点 ※ 拡大

20210310-008
ヤブツバキ ※ 拡大
20210310-011
キクザキイチゲ ※ 拡大
20210310-012
アヅマイチゲ ※ 拡大
20210310-013
ナニワズ ※ 拡大
昔昔、生計を立てる為の毒消し製造販売していた角海部落へ抜ける角海峠を越えて
暫く先を大きく右折して前進。
小さなアップダウンを繰り返して日本海側へ向かいます。(非正規コース)

暫くすると、後方から女性の話し声が近づいてきます。
我等に追いつき、見れば旧知のK埼山の会の皆さん(4人)です。
おまけに皆さん一緒では無く、単独のいっちゃんとバッタリした由。

20210310-014
K埼山の会の皆さんとバッタリ

20210310-015
陽射しを受けて ※ 拡大

Pm 01:55-02:00 角海トンネル上ピーク
20210310-016
此の日の目的地 ※ 拡大

この先は急に切れ落ちています。
此の日の目的はここまでです。
K埼山の会の皆さんはここで宴の開始です。
我等も誘われたものの一寸遠慮して二人で往路を戻り下山の開始です。
帰路も足元の花々を愉しみながらのんびりと戻ります。
20210310-018
キバナノアマナ ※ 拡大
20210310-020
カタクリも咲き始め ※ 拡大
20210310-023
角海峠 ※ 拡大
峠の先に見えるピークがこの日の目的地。沢を挟んで大きく湾曲しています。
足元の両側に咲き乱れる色とりどりのユキワリソウに目を奪われながら・・・
杉の樹林帯を下れば、眼下に<五ヶ峠登山口>です。

Pm 03:16 五ヶ峠登山口
20210310-025
この付近にあるはずだけど・・・
30台ほど駐車が出来る〈五ケ峠登山口〉の🅿。
登り初めは殆ど満車状態だった🅿も既に我が家の🚗を含め3台ほど。
帰路はそのまま道なりに下りR402越後シサイドライン利用して。


ユキワリソウは勿論、カタクリの開花も始まり、更にキバナノアマナ キクザキイチゲ・・
次から次と春の花々に目を奪われたジィ~ジです。
非正規ルートと言いながらも現在は多くのハイカーに知られたピーク。
全く予期せぬビックリ バッタリ出会いもあり、中身の濃い一日になったジィ~ジです。
車で30分程で山歩き、そして春の花々が思う存分に楽しめる新潟市は良い処。

         ジィ~ジ 022ー2021 

続きを読む "覚書(セツブンソウ)&(ユキワリソウ他)  "

| | | コメント (2)

2020年12月24日 (木)

晩秋の(京都)散策

3年ぶりの京都 今回はGotoトラベル利用です。
Gotoトラベルについては今の時期、賛否両論あるとは思うものの
我が家にとっては達者で歩ける内に超格安で出かけることが出来、
そしてそれなりにお国に対しても貢献しているかな?・・・と。
先般の函館・更に信州野沢温泉に続き、5回目の利用です。

京都は60年前以上の中学校の修学旅行が初めて、その後は高校時代の
親友が京都の大学へ進学したり、個人的には両親の納骨や観光行脚で
今まで延、30日以上くらいは滞在したことがあるも何度でも訪ねたい地。

12月8日(火)
ANA3172 新潟空港(09:40)  大阪伊丹空港(10:50)

20201208-004
機内より富士山 ※ 拡大

大阪伊丹空港から京都駅八条口まではリムジンバス≒50分 ¥1,340
八条口のホテルチェックインには間があるのでホテルに荷を預けて
歩いて近くの唯一平安時代の遺構が残る世界遺産 教王護国寺(東寺)へ

弘法大師(空海)が建立した真言宗の総本山 教王護国寺(東寺)
以前、如来 菩薩 明王立体曼荼羅五重塔が見たくて3度ほど。
今回は予定の時間の関係上、外から拝観するだけとします。
※ 五重塔は55m 木造建築では日本一の高さ 現在は5代目 寛永21年(1664)
  塔の芯柱は 大日如来 その周りを四尊の如来、八尊の菩薩が囲んでいます
20201208-00820201208-009
( 写真左 山門  写真右 五重塔 ) ※ 拡大
ホテルに戻りチェックイン。そして今回の最大の目的である 竹林の小径 へ。
今回は嵐山の名刹代表格天竜寺は何度か尋ねているのでパス。
目的は 竹林の小径 見学散策です。  竹林の小径コチラ

JR嵯峨嵐山駅からトロッコ電車乗り場の側道を約10分、更に源氏物語にも
記述ある野宮神社の少し手前から天竜寺北門を横目に大河内庭園までの
約400mの間の道の両側です。
20201208-014
天突く竹林
20201208-019
記念に一枚
20201208-01620201208-022
( 写真左 竹林の小径  写真右 竹林の小径 ) ※ 拡大
新型coronavirus感染拡大の現在、お隣の国始め外人さんの姿は勿論、
観光客も極めて疎らな状態です。
小径は密状態ではなく、勝手気ままにゆっくりと散策が出来ます。
道の両側に覆いかぶさるようにまっすぐ天を目指すがごとき竹林に
圧倒され、その奥域に静謐感も覚えます。
道を進めば落柿舎へも行けるようですが、竹林の小径大河内庭まで。
登り上げたところに大河内庭園(ジィ~ジは勿論初めて)詳細は⇒コチラ
入園料(抹茶付き¥1,000) 初めて且つ折角なので入園。

20201208-023
大乗閣

20201208-02620201208-028 
( 写真左 持仏堂  写真右 滴水庵 ) ※ 拡大
20201208-084 20201208-083
( 写真左 紅葉  写真右 大河内記念館 ) ※ 拡大
真っ赤に燃えた紅葉も随所に残っています。
70歳代半ば過ぎの我等には記憶に残る昭和の時代劇大スター
大河内傅次郎が34歳から30年かけて築堤した庭園。
比叡山から大文字山 嵐山 保津峡 を借景に、そして京都市内が一望。
「姓(シェイ)は丹下~ 名は(シャゼン)左膳~」で一世を風靡 
生涯出演本数は数百本 (笑点で木久扇が時折真似)
27歳の時の関東大震災で衝撃を受け、既に大スターになっていた34歳の時に
持仏堂をを造り撮影の合間に座禅・瞑想、其処から静寂を得て作庭に芸術性を
見出し亡くなる歳まで30年かけて創作に明け暮れたという。

知ったかぶりする気は毛頭ないものの、大河内庭園初めて知ったジィ~ジです。
※ 現在は 竹林の小径 大河内庭園 は京都観光のシンボルの一つとか

庭園散策の帰りは脇道から大堰川(桂川)沿いに嵐山のシンボル渡月橋へ・・
通りのお土産屋さんには修学旅行の女子高生の姿が散見されるも
例年の賑わい全く感じられません。
夕方近くになり、シャッターを下ろすお店も次から次。
20201208-09220201208-091
( 写真左 渡月橋  写真右 渡月橋橋柱 ) ※ 拡大
渡月橋歩く姿も数えられる程度。
かなり歩いて空腹も覚えたの少し早い夕食を取る我等です。
選んだお店は 嵐山 よしむら
此の日は御蕎麦ではなく隣の 松ヶ枝 で豆腐料理。
20201208-095 20201208-097
( 写真左 扁額 撫松  写真右 湯豆腐 ) ※ 拡大
お店の扁額は北大路魯山人直筆の“撫松” 
苔むした庭園と大堰川を望みながら蕎麦豆腐抹茶豆腐を味わう我等です。
食事を終えて夕闇迫る 渡月橋から商店街を通り竹林の小径
ライトアップされた様子を見たかったのだけれど調査不足?
今年は<中止> ~ 時間調整したはずだったのに がくッ。

再びJR嵯峨嵐山駅から京都駅へ戻る我等です。

 この日の歩数 21,253歩+数百歩? かなり歩いたなぁ~

  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

12月9日(水) ☀

今回の最大の目的は初日で達成したのでこの日は定番?京都観光
① 哲学の道から南禅寺まで
② 八坂の塔から清水寺

市バス一日利用券(600円)をフルに利用です。

「哲学の道」
1890(明治23)年に第1疏水と同時に琵琶湖疏水分線(びわこそすいぶんせん)完成
疏水分線は、第1・2疏水合流点の蹴上(けあげ)から南禅寺水路閣の上を通り
浄土寺橋(銀閣寺道交差点)までの全長3.3kmの疏水です。
このうちの若王子橋(にゃくおうじばし)から浄土寺橋までの疏水にそった小道、
約2kmが「哲学の道」と呼ばれています。沿道の春の桜並木はみごとで、
更に紅葉の秋も多くの観光客で賑わいます。

今回は まず銀閣寺道 浄土橋から慈照寺銀閣へ向かいます。
20201209-002
哲学の道
此処は五度目?六度目?訪ねているジィ~ジです。
銀閣 慈照寺   HP⇒コチラ    
20201209-007
20201209-012
慈照寺(銀閣寺)※ 拡大
 写真左 国宝 銀閣(観音殿)と 向月台 ・銀沙灘 
 写真右 湖面に逆さ銀閣
20201209-010
展望所からの銀閣寺俯瞰
パラパラと修学旅行?の男子高校生を見かけるもあとは殆ど観光客見かけません。
今まで数回訪ねて今回の様子は全く初めて。人影がまばらで\(◎o◎)/!。
それでもまだ紅葉が残る東山文化の片鱗そして簡素枯淡の世界を覚えます。
(拝観料 ¥500)

慈照寺銀閣の拝観を終えて、再び真っ赤なモミジが残る「哲学の道」を歩きます。
20201209-01420201209-018 
紅葉が残る「哲学の道」 ※ 拡大 
「哲学の道」沿い 次に立ち寄ったのは 紅葉で有名な 永観堂 禅林寺
先回は塀の外から紅葉を嘆賞、拝観は今回初めてのジィ~ジです。
 公式HP⇒コチラ
20201209-02120201209-025  
永観堂 ※ 拡大
写真右 唐門 天皇勅使が出入りする門 盛り砂を踏んで身を清め中へ
20201209-026
永観堂
「阿弥陀堂」に祀られているご本尊 首を左にかしげ振り向いておられる
みかえり阿弥陀の穏やかなほほえみは慈悲の形が具体的に表れています。
自分の意志とは関わらず合掌するジィ~ジです。
もみじの永観堂は全国的に有名で境内からお堂や回廊の目の前に迫ってくる
岩垣紅葉はここでしか見られません。
今回は紅葉のハイシーズンからは少し遅かった。(拝観料 ¥600)

若王子橋「哲学の道」を分けて南禅寺へ向かいます。
既にお昼も過ぎ歩き疲れて空腹感も覚えるものの周辺の有名豆腐料理店の
お昼は最低¥5,000以上、我慢して南禅寺三門へ向かいます。
 ※ 臨済宗大本山南禅寺 公式HP⇒コチラ
南禅寺三門(山門)
20201209-032
絶景かな 絶景かな
歌舞伎でも超有名な大泥棒 石川五右衛門が桜を眺め絶景かな絶景かな見得きる
過去、南禅寺は隣の水路閣を含め4,5回。今回は三門を外から拝観。

20201209-033
蹴上琵琶湖疎水 インクLine
蹴上のインクLine、以前相方と歩いた記憶が蘇ります。
空腹感を覚えながら京都市動物園(岡崎)からバスで八坂へ💨
漸く八坂で簡単なお昼を取って八坂から定番清水寺へむかいます。
20201209-035 20201209-036
( 写真左 八坂五重塔  写真右 三年坂 ) ※ 拡大
観光客の姿は見られるものの、すれ違いに袖が触れ合う程の混雑は無し。
八坂の五重塔の前ではリキシャのお兄さんたちが頑張っているものの
お客の姿は数えられる低度。
それでも音羽山清水寺、混雑は見られないけれど他の寺院とは大違い。
  ジィ~ジ 清水寺は今まで10回以上?   公式HP⇒コチラ
20201209-037
清水寺 ※ 拡大
拝観料は¥400
20201209-04020201209-042
「清水の舞台」も平成の大修理を完了。
20201209-044
清水寺全景 ※ 拡大
20201209-045
20201209-047
( 写真左 音羽の滝  写真右 甘み善哉 ) ※ 拡大
以前は飲むことが出来た「音羽の滝」 現在はコロナ対策で×
小腹満たしと紅葉鑑賞を愉しむべく茶店で善哉をオーダーする我等です。

参道でお決まりのお土産を購入して・・・(電子クーポン利用)
20201209-049
八坂へ向かって
こんな人出が少ない京都一の観光スポット、勿論今まで記憶にありません。

歩き疲れ少々ふらつきながら京都駅へ戻ります。ホテルは京都八条口です。

20201209-051
京都ステーション
相方の希望は3年前にも観たグラフィカルイルミネーション 詳細は⇒コチラ
中央階段4階から125段に15,000のLEDが散りばめられファンタスティックに彩り
20201209-056 20201209-059
ほかにもパターンは数種類。
帰りを急ぐわけでもない我ら光のページェントを愉しみます。

駅構内の名店街で電子クーポン利用して今宵の弁当を買ってホテルへ
この日の歩数 24,042歩+数百歩  クタクタ!!
  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

12月10日(木)☀

京都滞在3日目(最終日)
特に予定はないものの相方の希望は世界遺産 二条城・元離宮の見学です。
※ 相方は2度目 ジィ~ジは4度目 公式 HP⇒コチラ
20201210-001 20201210-002
( 写真左 東大手門  写真右 唐門 ) ※ 拡大
共に重要文化財指定。
東大手門は二条城の正門 1662(寛文2年)建築
唐門は二の丸御殿の正門 切妻作り 檜皮葺 屋根の前後に唐破風

20201210-00320201210-004
( 写真左 唐門  写真右 二の丸御殿 ) ※ 拡大
唐門には長寿を意味する 松竹梅に鶴 聖域を守護する 唐獅子 豪華絢爛
二の丸御殿は国宝 部屋数33 800畳 松鷹図を始め狩野派の障壁画で装飾
将軍の威厳を示す虎や豹 桜や四季折々の花
徳川初期から徳川最後の大政奉還 歴史が偲ばれます。
瓦や紋所は 葵の紋 の上から 菊の御紋 が被さっています。
20201210-006
二の丸庭園
本丸御殿は京都御所の桂宮御殿を移築(現在修理中)
伏見城から移された五重六階の天守閣は1750(寛延3年)落雷で焼失。
現在は石垣だけが残され本丸御殿や京都の町の景色が見られます。
20201210-00820201210-010 
( 写真左 東大手門  写真右 外堀と城壁 ) ※ 拡大
ユックリと2時間ほどかけて見学する我等です。

帰りの飛行機は夕方、時間はまだタップリ。バス券は使えるし今まで
行ったことのないところへ行こうとジィ~ジが提案。
只  思い付きで 北野天満宮 へ向かいます。
全国の天神様の総本社 北野天満宮  HP⇒コチラ
20201210-012
北野天満宮
20201210-01320201210-014
境内には天神様のお使い牛の置物が多数。
行き当たりばったりで出かけたけれど事前調査しておけば良かったと後悔。

遅いお昼はJR京都伊勢丹11Fフロア。
ジィ~ジはカフェラテ付きビーフシチューを注文。
20201210-01520201210-017
( 写真左 カフェラテ  写真右 京都タワー ) ※ 拡大
可愛い猫ちゃん 崩したくありません。
3日間の京都 京都のシンボルの一つ 折角なので京都タワー

駅構内の名店街で電子クーポン残りを全部利用して弁当とお土産Get。

ANA1661 大阪伊丹空港(17:25)  新潟空港(18:25)

新潟は御湿り程度の小雨が降った?🅿は少し濡れています。
3日間の駐車料¥2,400支払 暗闇の路を我が家に向かって💨

我が家に戻り、お疲れ~ 乾杯して 京都の弁当。 


この日の歩数12,609歩+数百歩

京都3日間の旅、何とか毎日歩いたけれど、これから先も
歩くことが出来るのだろうか?加齢による体力・特に脚力の
低下が気になるジィ~ジです。
訪ねるたびに何か新発見が見られるので歩ける間はできれば何度でも
訪ねたいと欲も出てきます。
それにしてもGotoトラベル利用は格安で旅ができるなぁ~ 

| | | コメント (4)

2020年12月 4日 (金)

メモ( ..)φメモメモ 温泉 リンゴ 山

日頃、暇を持て余しているのに、生来の怠け者のジィ~ジ、
一向に次のアクションが起きないだらしなさに我ながら情けないと
思いつつ、何かの時の為に、思い出し思い出し、頭の訓練兼ねながら
日記代わりの記録・備忘録です。

11月17日(火)☀

GoToトラベル 地域割引 クーポン 諸々利用して
信州 野沢温泉へ    ※ GoToトラベルは先月の函館に引き続き

同行長岡 T中夫妻 相方 ジィ~ジ 計4名

野沢温泉は30年ほど前の現役時代に社内旅行で一度。

お天気は良いし、checkinにはタップリ時間があるので信越トレイルの
何処か1セクションでも歩こうか・・・と
セクション04 仏が峰~関田峠を目指すも 関田峠の手前で冬季閉鎖
然らば先へ行ってみようかと
セクション05 関田峠~伏野峠を目指します。
ところが伏野峠も手前で冬季閉鎖で通行止め。
お天気は小春日和の上天気。
仕方が無いので閉鎖ゲートに車を駐車して3~40分峠に向かって
お昼近間になったので、志賀高原の山々を眺めながらランチタイム。

2時半過ぎに観光協会で予約のチケット購入。
¥5,000⇒¥10,000の金券×二人分 我が家の支払い ¥10,000

3時少し前にホテルチェックイン。
ホテルから4人分で¥9,000の新潟長野富山で二日間限定で使える地域クーポン。
¥2,250/一人

20201117-001
20201117-002

旅館、この日のお品書き
旅館代 GoToトラベルで35%ダウン。 15,000×0.65=9,750/一人
    観光協会で5,000⇒10,000 アルコール代別途なれどほぼチャラ
    別途 地域クーポン2,250/一人 15%
    つまり≒¥3,000/一人で¥15,000の旅館に宿泊できた勘定。

料理はいずれも美味しく満足。
内湯に入り、外湯巡りも2カ所。湯温熱し!
食べて飲んで喋って贅沢な一日を過ごした我等です。

11月18日(水)☀
朝から温泉にのんびり入浴。
ユックリと朝食を取り終えてチェックアウト。
車を旅館の駐車場に置いたまま。温泉街の裏山にある古峯神社まで散策
ジグザグに歩くこと30分程。ブナの落ち葉と見事なブナ林の一角に
20201118-001
野沢温泉古峯神社
登山靴では無く革靴、更にストックも使わないので意外と草臥れ感が!!

お昼少し前に、小布施経由で須坂市へ🚗 💨
目的は20年近く通っている減農薬栽培のリンゴ園。
平日なので発送に忙しくリンゴ狩りが出来ないので箱買いと発送依頼。

二日間の予定を終えて、2台の車で一般道経由で一路越後へ向かいます。

 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

相方は若い山友女性と【角田山】
同じ山へ行くのもチト気が引けるジィ~ジ、単独で逆方向へ・・・

11月19日(木)☀

行先 【菩提寺山】

同行 無し  ジィ~ジ 単独

行程 石油の里ビジターセンター🅿⇒山頂 (往復)

記録 丘陵帯なので適度なアップダウンもあり落ち葉踏みしめ快適
Am 10:30 石油の里ビジターセンター
毎度のことながら広い駐車場には🚗 🚙 が何十台も・・・
靴を履きかえ登山口へ向かいます。

20201119-001
石油採掘遺構
周辺は江戸時代から平成8年(1996年)まで採油された日本屈指の油田
数々の遺構とその名残が地層からも窺われます。

歩き始めて20分程、前方から単独の妙齢な御婦人が・・
「あら~ お久しぶり おひとりですか? T子さんは?」
旧知のH野さんです。
京都生まれ、育ち 今でも京都の雰囲気を備えた女性です。
立ち止まり2,3分言葉を交わします。
20年ほど前は朝日連峰などご一緒したことが何かも・・・
近年は【角田山】や【多宝山】で時々お会いしたことが何回か。

コースの中間点付近にはテーブル・椅子が置かれた展望spot。
我が家の方向、更にその先には【角田山】【弥彦山】が蒲原平野の先に。

20201119-004
角田山 弥彦山 展望spot ※ 拡大
この先は少し下って登り返しの連続でそれなりに急登の箇所もあります。

20201119-005
階段と落ち葉
ポイント ポイントに山頂まで20分 10分と立札があります。
Pm 02:35-02:50 菩提寺山(248m)山頂
20201119-006
山頂
まだ真っ赤に残る山頂のモミジ、休憩のベンチには数組のハイカー。
ジィ~ジも腰を下ろし【菅名山塊】 川内山塊】の山並みを愉しみます。

下山は素直に往路を辿るジィ~ジです。

20201119-008
ポンピングタワー
Pm 03:40 石油の里ビジターセンター
20201119-009
登山口
道を隔てた先にある過っての石油王中野家の庭園で見られる見事なモミジ見物の
観光客も後を絶たず大勢の姿が見られます。


お天気の良い午後のひと時、適度な登り下りそして少し急な箇所も
気持のよい灌木体も、心地よい汗も掻いて気分も爽快なジィ~ジです。
適度な山歩きはジィ~ジにとって最高の健康法です。

    ジィ~ジ 090-2020 

| | | コメント (4)

2020年11月20日 (金)

今年の10月締めは【浅草岳】

予報も良さそうだし、まだ紅葉も間に合うかな?
久しぶりに向かう先は、【浅草岳】です。
新型コロナウイルスに翻弄されている今年も残り2か月。
時は容赦なく流れていきます。

10月31日(土)☀

行先 【浅草岳(1585.5m)】

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 ネズモチ平🅿~桜曽根登山口~嘉平与ボッチ~山頂 (往復)

記録 10月末日紅葉には少し遅すぎ?今季初めての新雪
Am 07:50 ネズモチ平🅿
紅葉最盛期は過ぎた所為?思いのほか車の台数は少ない。(20数台?)
群馬ナンバーの単独女性から「〇〇のHさんですよね」と声を掛けらます。
SNSを通しての山の知り合い群馬のOさんです。
彼女は橅曽根から山頂をめざし、我等は桜曽根から山頂を目指します。

20201031-202011-002
桜曽根登山口に向かって林道を

10数年前?20年前?林道終点の桜曽根登山口まで車の侵入可能だったけど
現在は30分強のアルバイトが必要です。
ブナ曽根登山口を左手に見て林道前進、
20分ほどで2000年 6月 遭難救助隊4名の雪崩遭難碑 (合掌)。

桜曽根登山口の手前で単独行の男性から声を掛けられます。
「Hです。Hさんですよね」。男性は魚沼の超人 山の達人Hさん。
今は亡き山友 まことさんのお通夜以来の再会です。
時間はまだ8時25分 既に登頂を終えて下山です。(相変わらず凄いッ)

Am 08:30 桜曽根登山口

20201031-202011-006
桜曽根登山口スタート
20201031-202011-008
ツキヨタケがびっしり
食用ヒラタケであれば大歓迎なれどツキヨタケ 勿論手は出しません。

桜曽根登山口から落ち葉の絨毯踏みしめ歩くこと≒30分。
落ち葉の上に今季最初の白い雪が確認されます。今季最初!!
20201031-202011-011
新雪

新雪に足を取られぬようゆっくりと前進、行く手に🅿で見かけたご夫妻。
暫し立ち話をします。
(山は始めてまだ間も無いとの事、十日町市在でジィ~ジより遥かにお若い)
此処から先は行く手左側は切れ落ちたへつり道で雪も付着して要注意。
十日町市のからの御夫婦は嘉平与ボッチ手前で撤退されたようです。

Am 10:00 嘉平与ボッチ (1487.7m)
20201031-202011-013
嘉平与ボッチ手前にて
20201031-202011-015
前山を眺める相方
新雪の嵩は少しずつ増していきます。
木道の上に付着した新雪、転倒躓き要注意です。
眼前には【鬼ヶ面山】から登り上げる[前山(1568m)]
ブナ曽根からの合流点を過ぎれば滑り易い木道を進みます。
20201031-202011-018
前山過ぎて
(神経鈍いお馬鹿なジィ~ジ、冷たい風吹く中、まだ半そで)
山頂手前で登山口で出会った群馬の若い女性(Oさん)と再び遭遇、
彼女下山は桜曽根にする由。一寸立ち話。

Am 11:05ー11:30 浅草岳山頂
山頂には数人の姿、そして入叶津コースへの広場にも数人の姿が見られます。
山頂を通り抜ける冷たい風に晒され流石にジィ~ジも長袖一枚羽織ります。

20201031-202011-021
山頂の石祠
20201031-202011-022
長袖シャツ一枚羽織る
20201031-202011-026
田子倉湖 ※ 拡大

お昼にはまだ少し間があるものの小腹を満たし早々に往路を下山です。
20201031-202011-030
前山に向かって往路を下山

眼前に堂々と聳える名峰【守門岳】が目に飛び込んできます。
そして前方に(嘉平与ボッチ)が待ち受けています。
20201031-202011-032
嘉平与ボッチ

Pm 00:08-00:18 嘉平与ボッチ
天気も少し落ち着いてきた様なのでゆっくりと展望を愉しみながら休憩。
20201031-202011-033
会越の山並み ※ 拡大

晴れ間も少し広がり【燧ケ岳】【会津朝日岳】更に【越後三山etc etc

20201031-202011-038
紅葉と守門岳 ※ 拡大
20201031-202011-039
雪も解けて
20201031-202011-042
紅葉 
20201031-202011-047
赤く染まる(散り紅葉) 

“散り紅葉”美しい日本語の調べを感じます。
Pm 01:55 浅草の鐘
20201031-202011-048
浅草の鐘
皇太子ご成婚記念の鐘(※ 皇太子は今上天皇)

登山口の<桜曽根>から浅草林道をゆっくりと下ります。
途中の流れ落ちる沢水で靴を洗ったりのんびりと下ります。

Pm 02:34 ネズモチ平駐車場
20201031-202011-050
ネズモチ平P

水洗トイレ設置の100台以上も置ける大駐車場も僅か10台程度。
殆んどの登山者は既に下山。

20201031-202011-051
帰路 本沢沿いの紅葉


30年近く昔、初めての【浅草岳】で緞帳のような鮮やかな紅葉に感動。
余りにも美しくその年の10月には3度ほど通い詰めたジィ~ジです。
今回は時期的にも紅葉は既に終盤も過ぎ、過っての感動を得ることは
出来なかったものの、真っ赤に敷き詰められた“散り紅葉”は印象的。
眼下の(田子倉湖)始め【鬼が面山】から会越の山々の大展望。
更に新雪は正直想定外で一寸\(◎o◎)/!そして出会いも数々、
思い出に残る日となったと思うジィ~ジです。

只見線大白川駅付近で運転は相方にお任せ、隣でうつらうつら
うたた寝を決め込みながら岐路に着きます。

        ジィ~ジ 085-2020

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧