« 2024年5月 | トップページ

2024年6月

2024年6月11日 (火)

脚力維持対策?【角田山】

元旦に発生した能登半島地震の影響で、古家の我が家も液状化現象の影響で
被害発生、我慢して住めない程ではないけれど床が不陸状態で5月初旬から
基礎嵩上げやアンダーピニング施工で作業中、留守にするわけにも行かず
この日も午前中は相方、そして昼からはジィ~ジ一人で出かけます。
向う先は当然のように家から一番近い【角田山】です。

6月1日(土)☀
行先 【角田山】
同行 ジィ~ジ 単独
行程 稲島登山口P~五合目(地蔵尊)~向陽観音~山頂 (往復)
記事 段差不揃いの急な階段登山道は曲らぬ膝には優しくない。
㏘ 01:18 稲島登山口
登山口の🅿 車内でお握りを頬張りスター準備。
稲島薬師堂に首を垂れ合掌して登山道を前進。
«椿谷»を過ぎて大欅の前からは階段登山道の始まり。

㏘ 01:40ー01:42 五合目(地蔵尊)
加齢で歩幅が狭くなりコンクリート打設された階段登山道は歩き辛い。
我慢して何とか五合目に到着。
達者な頃は休憩なしで山頂まで歩き通せたけれど年老いた現在は休み休み。

Pxl_20240601_044023363
五合目地蔵尊  ※拡大

ここから先は急登なのでジグザグに切られた急で足場不揃い階段登山道。
息を切らしながら山頂に向かって一歩一歩・・・

途中で下山してくる顔見知りのT桑さんとスライド。
立ち止り昔話など暫し語り合い。

㏘ 02:18 向陽観音堂
殆どの登山者が下山したのか、人影は疎らです。

10日ほど前までは水鏡の様相を呈していた新潟平野の田んぼもすっかり
苗も育ち色合いも淡い緑に変ってきています。

Pxl_20240601_051931538
田圃は少し淡い緑色に  ※拡大


㏘ 02:29-02:32 角田山山頂
いつも賑わう山頂も数人程度の姿しか見られません。
山頂標識をぐるりと回り、再び«向陽観音堂へ向います。»

㏘ 02:41-02:59 向陽観音堂
1人で暫くボケーッとベンチに腰かけひと時過ごします。
展望は山並みに雲がかかりイマイチ状態。

何時までものんびり長居も出来ません。往路を下ります。

Pxl_20240601_055939565
下山開始  ※拡大

再び、苛酷なキツイ階段登山道を慎重に下ります。
日が長くなってきたので時々、山頂を目指す達者な方とすれ違います。

㏘ 03:45 稲島登山口
四合目まで下れば、ダラダラとした坂道に変ります。
脚の置き場が特別に無いのでこれはこれで歩き辛い。
(昔は何でもなかったのに・・・膝に負担がかかります)
なんとか無事に下山でき殷島薬師堂に合掌礼拝のジィ~ジです。

登山口の広い駐車場はガラガラ 10台程度。


家から一番近い【角田山】最初に登った時から数えれば既に凡そ半世紀も昔。
当時 【角田山】稲島コースが家からも一番近くおまけに幾多のコースの中でも
距離的に一番短く、ほぼ定番だったけれど6,7年前からは此の入沢コース、宮前コース
五ケ峠コース、五倫石コース、ホタルの里コースと段々変ってきた感じを受ける現在。
思うように曲がらぬ膝に負担がかかるけれ脚力・維持訓練にはたまにはいいかも。

  ジィ~ジ   【角田山】  12-2024

                042-2024 

| | | コメント (0)

2024年6月 7日 (金)

連荘【角田山】& 【高立山~菩提寺山】

毎日が日曜日で暇はたっぷりのジィ~ジ。
残り少ない人生をなるべく健康で過ごしたい。
寝たきりにはなりたくないとの思いからお天気が良ければ
散歩代わりに近郊の山を歩いて体力維持に努めて居ます。
とは言ううものの・・・
遠出も段々億劫になってきたのでこの日も一番近い【角田山】です。

5月25日(土)☀
行先 【角田山】
同行 相方 ジィ~ジ 計2人
行程 五倫石登山口~ホタルの里コース合流~角田山山頂(往復)
記事 支尾根そして主稜線山頂への階段登山道は息が切れます。
㏂ 08:43 五倫石登山口🅿
歩きだしはなだらか、やがて“ホタルの里コース”合流迄の手前は
急登で段差不揃いのロープが張られた階段登山道。
急登なのでジグザグに道はつけられているけど結構きつい。

Pxl_20240525_000932086
急登階段の始まり  ※拡大

息を切らしながらも頑張ります。

㏂ 09:22ー09:25 ほたるの里コース合流点
主稜線に合流。休憩用の腰掛に腰を下ろし水分補給。
此の先、山頂に向かって長い急な階段登山道が待ってます。
達者な頃とは事なり、一気に登り上げることは出来ず、
休憩はしないものの、途中で立ち止り息を整えないと前進できず。

㏂ 09:45-10:07 角田山山頂
何時もは賑わう山頂なれど、この日は時間がまだ早い所為か疎ら。
午後には別の用があるので、お茶を飲んで暫く休み即、下山です。

Pxl_20240525_011358478
勾配きつく長い階段登山道  ※拡大

㏂ 10:25ー10:27 ほたるの里コース合流
ここから再び、往路の階段登山道の始まり。

㏂ 11:00 五倫石登山口🅿

足場の悪いドが付くほどの急な階段登山道は思うように動かない膝には
負担がかかりきついけど、年寄なので大事にしてばかりいても萎えるだけ?
少しは刺激を与えた方が良いかな?試行錯誤が続くジィ~ジです。

       ジィ~ジ  【角田山】 11-2024

                     040ー2024
付)
家に戻り一風呂浴びて汗を流し、簡単なお昼を採ってまたお出かけです。
向う先はデンカ ビッグスワン

Pxl_20240525_061537417
アルビレックスサポーター  ※拡大

PM4:00 キックオフ アルビレック新潟VSアビスパ福岡
何時も乍ら応援は素晴らしい Jリーグでも1,2?
この試合 勝ちと予想していたけど1:2で敗戦。
晩酌は少しほろ苦かった!!

  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

80歳も過ぎた年寄りジィ~ジ。
自分なりのふらふっらヘロヘロ山歩きなれど老骨に鞭打ち晴れれば
近くの山々歩き体力維持に努める日々。
昨日に続いて形の上では連荘です。

5月26日(日)☀
行先 【高立山~菩提寺山】
同行 相方 ジィ~ジ 計2人
行程 大沢森林公園 堰堤コース~ろう火峰~高立山山頂~表登山道~
   代官沢コース~雷コース~仏路峠~菩提寺山山頂~大沢公園コース
   ~登山口🅿
記事 緩急混ざったこのコースは変化もあるので近年お気に入り。。
㏂ 09:53 堰堤コース登山口
スタートから低山とは言え、急登の階段登山道がスタート。
息切らしながらも頑張るジィ~ジです。

㏂ 10:35-10:37 ろう火峰
秋葉丘陵帯の最高峰。ここで小休止。
ここからは一旦下りでそのあと暫く平坦な路になります。
目的の山頂手前はロープが張られた急登の道。

㏂ 10:53-11:07 高立山
吹き出たあせも山頂の樹林隊を吹き抜ける風で一瞬にしてひんやり感。
時間も早いのでお昼は隣の【菩提寺山】で採ることに・・
暫し休憩して再び歩き始めます。

少し勾配がキツイ表山道をユックリと下り始める我が家です。
暫くすると前方からこの山の主の様な存在S西夫妻が登ってきて
我等に声をかけてくれ暫し立ち話。長年にわたる知り合いです。

我等は見事な孟宗竹の竹林拡がる中の登山道から左折して沢を目指します。

Pxl_20240526_022706927
竹林  ※拡大

㏂ 11:30 代官沢
代官沢へ下り切れば一跨ぎ出来そうな狭い沢。
蛇行しているので10回ほど渡渉です。

わが家は途中で酒の肴に少々、山の幸を頂戴します。
ここでも同じ目的の顔見知りの女性一人遭遇。

最期の沢を跨げば一旦林道。そこから暫く遡上して再び山道へ・・
“雷コース”呼ばれる少々急な山道が待ち受けています。

登り上げれば“大沢公園コース”に合流。

㏘ 00:28 仏路峠
石仏に合掌。首を垂れます。

㏘ 00:30-01:07 菩提寺山

Pxl_20240526_033004983
菩提寺山山頂  ※拡大

日曜日のお昼時、山頂には世代を超えた大勢のハイカーの姿が見られます。

わが家もゆっくりと腰を下ろしランチタイムとします。
そよ風が心地よさを運んでくれます。

下山は足にも優しい“大沢公園コース”

㏘ 01:13 ブドウ園コース分岐
ここからの道は雨上がりでも泥濘にならない快適な道。
勾配も緩やかなプロムナードです。

㏘ 01:47 大沢森林公園登山口

㏘ 01:49 🅿


残された人生は短いかもしれないけれど、曲がりなりにも毎日好き勝手に
行動できることは真に幸せだとつくづく思える昨今。
願わくば現在の状態が今しばらく続くことのみ願うジィ~ジです。

 
       ジィ~ジ  【高立山】  03-2024
            【菩提寺山】  08-2024
            【高立山~菩提寺山】  02-2024

                    041-2024

                 

| | | コメント (2)

2024年6月 2日 (日)

ヒメサユリIN【高城城址~袴腰山】

時期が到来すれば必ず見に行かねば‥と思わせる花の一つ。
新潟県・福島県・山形県の一部の山域でしか見ることが出来ないと
なれば尚更の事。淡いピンクのユリ科の植物 ヒメサユリです。
以前は6月に入ってから【粟ヶ岳】で鑑賞するのが常だったけれど
加齢で膝が思うように動かず脚力も落ちたのでここ数年は三条市下田の
森町~【高城城址(370m)】までの通称“ヒメサユリの小径”
鑑賞することが多くなってきた。

5月19日(日)☀
行先 【高城城址~袴越山】
同行 相方 ジィ~ジ 計2人
行程 ヒメサユリの小径~長善寺~たらさわのへつり~高城城址~空堀
   ~心臓破りの坂~袴腰銀座~とどめの坂~袴越山山頂
記事 近年、鹿害?猿害 獣害が顕著になってきて対策も大変そう。
   【袴越山(526m)】まで足を伸ばし【粟ヶ岳】見ながら昼食。
㏂ 09:50 ヒメサユリの小径
イベント会場で協力維持費(¥200)を支払いスタート。

㏂ 09:53 長禅寺
初代城主 長尾豊景と二代景久の位牌が安置されてます。

舗装された林道の途中から山道に入り 下がりの松 そして一の坂・・・
目的のヒメサユリが丁度盛りの様子で見られます。
獣害でかなりの被害がある様なれどそこそこの数の花株が見られます。

Pxl_20240519_011030621
ヒメサユリ  ※拡大

三脚を立て撮影するカメラマンの方も大勢見られます。
害獣除けで機械音も流されています。

はじめの眺め 二の坂 中の眺め・・・見晴らし尾根を辿ります。

Pxl_20240519_012317710
雪解け進む守門岳  ※拡大

㏂ 10:38 たら沢のへつり
この周辺は以前からヒメシャガの群生地として知られた場所なれど
今年は思いのほか少ない感じ。
そして今年も多く見られるのはウゴツクバネウツギが其処彼処。

Pxl_20240519_014702573
ウゴツクバネウツギ  ※拡大

戦国山城の雰囲気を今に残す一帯。深く切られた空堀を登り返します。

㏂ 11:05-11:12 高城城址
老若・男女 ファミリー グループ 大勢の皆さんが【守門岳】方向眺めながら
思い思いに心地よい陽ざしを受けながら休憩・歓談中 。

お昼を採るには少し間があるし、折角なので【袴越山(526m)】を目指すことに。 

先ずは深く抉られた空堀を下って・・・
暫く進むと狭い稜線はザレ場の足場の悪い急峻な道に変わります。
息が切れ、足が思うように上がりません。
㏂ 11:22 心臓破りの坂
なんとか頑張ってクリアすると少しなだらかで歩き易い道に変わります。

㏂ 11:35 袴腰銀座
憩いの松 見越の松と記された標識も見られます。
やがてまた又、道は急登に変ります。

㏂ 11:49 とどめの坂
誰が名付けた?まさにが着く急登の道が待ち受けています。

㏘ 00:02-00:48 袴越山山頂
丁度、お昼に山頂到着です。

Pxl_20240519_034240782
指呼の粟ヶ岳  ※拡大

山頂には標識と成功の鐘が置かれています。
達者な頃は雪深い真冬を除いて何度も何度も歩いた【粟ヶ岳】
ここ2,3年は眺める山に変ってしまい時の移ろい感じます。

山頂周辺は真っ赤な花をつけたヤマツツジが沢山見られます。

気持ち良さそうに脇では昼寝をしている御仁もおられます。

簡単なお昼も終わったので往路を戻ります。
只 只ひたすら躓かないように慎重に足を運びます。

深い空堀を登り上げれば【高城城址】です。

㏘ 01:35-01:50 高城城址
殆どの方は既に下山したのか人影は随分減っています。
それでも登ってくる人の姿も何人も見られます。
休憩小屋の脇には【高城城址】の由来が記されています。

下山時は勿論、目的のヒメサユリを心行くまで眺めながら
立ち止り立ち止まり往路を下ります。

Pxl_20240519_053400128
ヒメサユリ  ※拡大

そして名峰【守門岳】の雄姿を愉しみ乍ら・・・

相方は記憶を辿りながら最後にひっそりと足元に咲くヒメハギを確認。

㏘ 03:00 長善寺

㏘ 03:02 ヒメサユリの小径イベント広場🅿
広い駐車場も朝とは異なり車の台数は数えられる程に・・


今年も清楚で可憐なヒメサユリをたっぷりと楽しめ、更に少し急峻な
道が続く【袴腰山】まで歩くことが出来て満足。
【粟ヶ岳】そして【守門岳】の眺めもしっかりと満喫。
願わくば来年も現在の体調・脚力維持したいもの。

                      ジィ~ジ  039-2024

| | | コメント (4)

« 2024年5月 | トップページ