« 今更ながらの覚書(京都・大阪) | トップページ | 10月ラストは【角田山】 »

2022年11月13日 (日)

【大力山】そして【菩提寺山】

お天気は問題無さそう。
扨てどこへ行こう?【角田山】【菩提寺山】は毎度毎度。
久し振りに魚沼へ行こう。
長岡の山友さんT中夫妻にも声を掛けます。

10月25日 (火) ☀
行先 【大力山】
同行 長岡T中夫妻 Y田さん 相方 ジィ~ジ 計5名
行程 山頂展望所から眺める【越後三山】には一部白いものが・・ 
記事 
㏂ 09:36 宝泉寺 登山口
歩き始めた登山道の脇には三十三観音が点々と安置されてます。
スタートから10分程で«秋葉神社»のお堂に到着。首を垂れてお参り。

歩き易い比較的勾配の緩やかな道が続きます。
送電鉄塔が建てられて居る小ピーク。

歩いて居る最中に一寸お宝も目に留まり。立ち止まり立ち止まり・・・
急ぐ旅でもなしお宝ゲットに集中。

山頂広場の吾妻屋への手前は少々長い傾斜のキツイ階段登山道と草原。

㏂ 10:45-10:57 吾妻屋
吾妻屋のベンチに腰を下ろし、間食を取りながら越後三山(ハ・ナ・コ)展望。
既に初冬【越後駒ケ岳】 【中の岳】の沢筋には白いものが目視されます。

189
魚沼盆地俯瞰 ※拡大
190_20221113152601
吾妻屋から越後三山ハナコ ※角田

㏂ 11:00 大力山山頂
小さな山頂標識の木札が新しく埋められています。

㏂ 11:10 黒禿の頭・板木城跡分岐。
今回は眼前の魚沼市の最高峰【黒禿の頭】へは向わず右折。
一旦下りの道が続きます。

201_20221113152601
振り返ればハ・ナ・コ ※拡大

ここでも途中立ち止まり立ち止まり。

鞍部からは登り返し、お昼の休憩point«板木城跡»を目指します。

㏘ 00:09-01:40 板木城址
敷物敷いて靴も脱ぎ、何時もの通り豪華な?お昼の宴。

下山は3カ所ほど戦国山城の遺構を偲ばせる深く切られた空堀跡。
現在は足場が切られ、鎖も下げられて安全策が施されています。

204
空堀下る ※拡大

お昼をのんびりと愉しんで下山時もところどころで立ち止まり
又、立ち止まり、お宝?採取。

通称?送電線尾根を辿って下ります。

㏘ 02:53 葎沢
下り切れば国道が目の前に・・
側道をのんびりとスタート地点の干溝集落のPエリアへ戻ります。


展望所の吾妻屋からは一日二日前の冷え込みで【越後駒ケ岳】【中の岳】
谷あいには白いッ筋が見られます。もう暫くすれば本格的な雪の季節が到来。
時の流れの速さを改めて知らされた思いがするジィ~ジです。
若い時から比べれば寒さに弱くなってきた感じがするものの手近な山でも
健康監理と精神的満足感がえられるよう雪山挑戦したく願うのです。

                  ジィ~ジ 079-2022

  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

趣味の教室へ出かける相方を送り、迎えに行くまでの時間つぶしと
健康監理を目的に手頃な里山へ向かうジィ~ジです。

10月27日 (木) ☀
行先 【菩提寺山
同行 ジィ~ジ 単独
行程 大沢森林公園~仏路峠~菩提寺山山頂 (往復)
記事 自分なりのペースで気持ち良く歩けたかな?ひんやり汗も掻かず
㏘ 01:30 大沢森林公園
広くなだらかな登山道。
すこしひんやりと空気で汗も掻かずに気持ち良く歩けます。

209
優しい階段登山道 ※拡大

肺機能の弱いジィ~ジなれど左程の急登も無く気持よく歩けます。

㏘ 02:06 ぶどう園コース分岐

㏘ 02:10-02:30 菩提寺山山頂
214_20221113155101
菩提寺山山頂 ※拡大
山頂は意外と登山者少なく一人二人の姿だけ。

眼前の山並みを眺め、、持参のお湯で即席珈琲で一服。
静かな山頂を愉しみます。

下りは素直に往路を戻ります。
登山口傍の小さな小さな石仏に合掌。

㏘ 03:06 大沢森林公園
Pは時間的に遅い所為か?いつも混んでいる様子がありません。


大汗を掻くこともない程の手軽な山歩きなれど、やっぱり歩き切れば
それなりの満足感が得られ気持ちは爽快に。
hardな山歩きは加齢と比例して出来なくなっるけれど、年相応に身体を
動かすこそとは必要。自分なりのペースなれど歩けることは有り難い。
相方を迎えに車のエンジンにキーを差し込むジィ~ジです。


        ジィ~ジ  【菩提寺山】 13-2022

                      080-2022

| |

« 今更ながらの覚書(京都・大阪) | トップページ | 10月ラストは【角田山】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
何時もありがとございます。
暇を持て余し散歩はあんまり好きでは無いので
なんとかあるける山に足が向きます。
ストックを使っても歩けることは有り難い。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2022年11月17日 (木) 08:25

日々鍛錬されてるから、いつまでも若々しくお元気ですね。
見習いたいところです。

投稿: もうぞう | 2022年11月16日 (水) 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今更ながらの覚書(京都・大阪) | トップページ | 10月ラストは【角田山】 »