« 旬野菜と城山(栖吉城)歩き | トップページ | 新津丘陵【高立山】 »

2020年12月14日 (月)

日記?【角田山】+コンサート

日頃なまくらのジィ~ジにはさして変わりはないものの、
師走に入ると流石に相方は何かと多忙。
そんな訳でせめて家で邪魔にならぬよう一人で定番の場所へ・・・
途中のコンビニでお昼を調達してGo

12月2日(水)☀

行先 【角田山】

同行 ジィ~ジ 単独

行程 稲島登山口⇔山頂

記録 傾斜のキツイ階段登山道は膝に負担が掛かり難儀
Pm 00:02 稲島登山口
下山してくる皆さんと多数スライド。
歩き始めから腰がふらつき安定せず、膝も曲がらず上がりません。
ストックを頼りにゆっくりと一歩一歩 一段一段。。。

20201202-001
不動明王像

息を切らしながらどうにかこうにか七合目の手前まで到達。
苦しい時の神・仏頼み。不動明王に合掌です。

Pm 00:46 八合目

20201202-002
八合目 佐渡見spot
ベンチが置かれた八合目、眼下の日本海。生憎佐渡島はボヤ~っ
この先には最後の急登が待ち受けています。

Pm 00:51ー00:53 九合目 向陽観音
20201202-003
川内山塊 五頭山海 山頂部には雲

喘ぎあえぎ、何とか急登をクリアーすると観音堂の前で常連のH川氏と遭遇。
挨拶交わして暫し立ち話をしてから山頂へ向かいます。

Pm 01:00-01:32 山頂小屋(健養亭)
ダルマストーブには薪がくべられぬくぬくと心地よい。
小屋には常連のT川氏や顔見知りの御婦人たちも・・・
ジィ~ジは上がり框に腰を下ろし、コンビニ調達の調理パンと
持参のお湯で即席珈琲、簡単なお昼とします。
新型コロナウイルス感染拡大の現在、お互い密にならぬよう間隔開けて

簡単なお昼を終えて、往路を戻るジィ~ジです。
20201202-004
八合目に向かって
Pm 02:00 五合目
20201202-005
五合目地藏仏
五合目のお地蔵様にも合掌。笠ならぬツバ広帽子を被ったお地蔵様。
四合目椿谷の前後でも山頂を目指すトレーニング?空身の登山者と
何人もスライドします。

Pm 02:17 稲島登山口🅿
ふらふらしながらも転倒もせず、無事に下山。


10年ほど前は【角田山】と言えば、当たり前の如く“稲島コース”。
ところがここ2,3年前から体力低下と膝・腰痛で階段の急登が多い
このコースを敬遠するようになってきて所要時間も元気な頃と比べれば
倍近く掛かるようになってきて加齢と脚力の低下を痛感。
素直に現状を受け入れるべきとは思うものの、もう少し自分に鞭を打ち
奮い立たせたいとの思いも・・・ 最低でも現状維持を少しでも長く!!

     ジィ~ジ 【角田山】 35-2020

                  092-2020

  
  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  ~~~  

続いて翌日です。
相方は此の日も多忙、朝から外出です。

暇人ジィ~ジは電車に乗って一人で出かけます。

12月3日(木)☁

我が家からJR寺尾駅まで徒歩10分ほど、白山駅で下りてポツッと
降りそうな空模様を眺めながら会場まで
向かう先は りゅーとぴあ  新潟市民芸術文化会館コンサートホール。
目的は りゅーとぴあ 1コインコンサート
新型コロナウイルス感染拡大で翻弄された20年下半期3回目。

先回は10/21 新専属就任“オルガン” 演者 石丸由佳
そして 今回は 「超絶技巧の世界 “マリンバ”」
演者 塚越愼子(マリンバ) 志村和音(ピアノ)

入場時には新型coronavirus対応でマスクと検温、そして手指の消毒 
アンケート用紙にもしかの調査で連絡先記入徹底。

会場はほぼ満席状態。
演目は 剣の舞 ボレロ 他・・・ アンコール曲 トルコ行進曲
巾広い音色と素晴らしいマレットの技術(3本使用も)

タップリ1時間 夢見心地、柄になく酔いしれ感動したジィ~ジです。

  ※ 写真は当然NG

1コインでタップリ1時間楽しめるありがたい企画です。

コンサートが終わり新古町で余韻に浸りながらランチ。
帰りは古町から新潟のメイン通り柾谷小路、そして萬代橋から新潟駅まで・・
バスも利用せず訓練兼ねて歩いて帰るジィ~ジです。

忙しい相方には申し訳ないけれど久しぶりに気持ち良い充足感を
覚えた一日となったジィ~ジです。 

|

« 旬野菜と城山(栖吉城)歩き | トップページ | 新津丘陵【高立山】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
何時もありがとうございます。
もうぞうさんとは立場が異なる気楽な身分、
日々好きなことをして過ごしています。
もうぞうさんは御客がある限り辞めれないかもしれませんね。
ご苦労様です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年12月18日 (金) 08:42

なんと充実した日々をお過ごしですね。
山も遠ざかりコンサートも遠くなりにけりの、もうぞうです。

投稿: もうぞう | 2020年12月17日 (木) 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旬野菜と城山(栖吉城)歩き | トップページ | 新津丘陵【高立山】 »