« 日記?【角田山】+コンサート | トップページ | 晩秋の(京都)散策 »

2020年12月18日 (金)

新津丘陵【高立山】

師走に入り何かと気ぜわしく、更にスカッと晴れる日も少なく、
標高の高い山には積雪もあり、容易に出かけることもままならず、
その結果、近郊の里山がメインとなりつつある我が家のある日。

12月6日(日)☀

行先 【高立山(275.8m)】

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 大沢森林公園~ろう火峰~山頂~堰堤コース~大沢森林公園

記事 この日もバッタリ出会いが、いつもの【角田山】とは少し異なる雰囲気。
Am 09:05 大沢森林公園登山口

20201206-001
大沢森林公園つり橋
森林公園の入口のつり橋からスタート。
公園の中にはテントが一張り、朝餉の用意をしている様子。
スタートは公園の突き当り左手。ロープが張られた階段急登。
のっけから急登、それでもそんなに長くは無いのでちょっと我慢。
20201206-002
急登の階段
緩やかなアップダウンのある稜線を少しずつ高度を上げていきます。

通称 ろう火連尾根 を進み、 ろう火峰(281m)   ※ 新津丘陵最高峰 
少し先へ進めばT字路。右へ進み、径は下りとなります。
20201206-004
知り合いが作ったベンチ
下り切ればまたまた道は左右に分かれます。右へ行けば 大平山
目的の山頂へは左へ進路を取ります。また少し短い急登もあります。

Am 10:05-10:25 山頂休憩小屋

20201206-005
山頂
山頂からは【五頭山塊】    【菅名山塊】などの展望できます。
休憩小屋を一寸お借りして持参のお湯で即席珈琲と甘味で一息つきます。
ダルマストーブや薪も用意されてますが我等だけなので利用はしません。

20201206-006
山頂

一息ついたので小屋を出て下山の開始したところで見たようなお顔。
「Hさん~久しぶり」と声を掛けられます。
「I上さん?」と相方。
30年ほど前からの知り合い、冬山も一緒に歩いたI上さんです。
なんと!!御年84歳になられたとか。
顔はつやつや、ふっくっらでとてもとても80過ぎには見えません。
暫し立ち止まって旧交を温めます。
お昼は用意していないし、昼から用事がある相方、長居はできずお別れです。

下山は❝堰堤コース❞を選択。
するとすぐ先で近所のK松埼さんと遭遇。
「あら~っ こんなところで!!」 【角田山】では殆ど毎度遭遇。
「山頂にI上さんがいるよ」とジィ~ジ。

今頃の時期は歩ける山域がかなり絞られる?バッタリ出会いもそれなりに。

下山路の❝堰堤コース❞は往路の❝ろう火連尾根❞の隣の稜線でなだらか
最期だけチョッピリ傾斜は急になります。

Am 11:30 大沢公園森林公園
20201206-007
菩提寺山へのルート確認する相方
午後からまた用事がある相方、早々に我が家へ戻る我等です。

手軽に行ける新津丘陵帯、適度なアップダウンやコースも多々。
時間の足りない時や運動不足解消にはもってこいの有り難い山域。
此の時期には知り合いの方ともバッタリ出会いする確率が高い。
此のところ多忙の相方もチョッピリ気晴らし出来たかも。

   ジィ~ジ 093-2020

|

« 日記?【角田山】+コンサート | トップページ | 晩秋の(京都)散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
高立山は山頂に休憩小屋があるし、コースも多々で
毎日登っている人もいますのでそれなりに登山者は
あると思いますよ。
冬はストーブの火を求め意外に混んでいることが多々。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年12月22日 (火) 09:03

今年の春でしたか、このルートを歩きました。
雪が舞って寒かった思い出があります。
どちらかというと登山者は少なめでしょうかね~

投稿: もうぞう | 2020年12月21日 (月) 17:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日記?【角田山】+コンサート | トップページ | 晩秋の(京都)散策 »