« (上堰潟公園)+【下権現堂山】 | トップページ | 雨のち晴れ【三ノ峠山】 »

2020年11月20日 (金)

今年の10月締めは【浅草岳】

予報も良さそうだし、まだ紅葉も間に合うかな?
久しぶりに向かう先は、【浅草岳】です。
新型コロナウイルスに翻弄されている今年も残り2か月。
時は容赦なく流れていきます。

10月31日(土)☀

行先 【浅草岳(1585.5m)】

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 ネズモチ平🅿~桜曽根登山口~嘉平与ボッチ~山頂 (往復)

記録 10月末日紅葉には少し遅すぎ?今季初めての新雪
Am 07:50 ネズモチ平🅿
紅葉最盛期は過ぎた所為?思いのほか車の台数は少ない。(20数台?)
群馬ナンバーの単独女性から「〇〇のHさんですよね」と声を掛けらます。
SNSを通しての山の知り合い群馬のOさんです。
彼女は橅曽根から山頂をめざし、我等は桜曽根から山頂を目指します。

20201031-202011-002
桜曽根登山口に向かって林道を

10数年前?20年前?林道終点の桜曽根登山口まで車の侵入可能だったけど
現在は30分強のアルバイトが必要です。
ブナ曽根登山口を左手に見て林道前進、
20分ほどで2000年 6月 遭難救助隊4名の雪崩遭難碑 (合掌)。

桜曽根登山口の手前で単独行の男性から声を掛けられます。
「Hです。Hさんですよね」。男性は魚沼の超人 山の達人Hさん。
今は亡き山友 まことさんのお通夜以来の再会です。
時間はまだ8時25分 既に登頂を終えて下山です。(相変わらず凄いッ)

Am 08:30 桜曽根登山口

20201031-202011-006
桜曽根登山口スタート
20201031-202011-008
ツキヨタケがびっしり
食用ヒラタケであれば大歓迎なれどツキヨタケ 勿論手は出しません。

桜曽根登山口から落ち葉の絨毯踏みしめ歩くこと≒30分。
落ち葉の上に今季最初の白い雪が確認されます。今季最初!!
20201031-202011-011
新雪

新雪に足を取られぬようゆっくりと前進、行く手に🅿で見かけたご夫妻。
暫し立ち話をします。
(山は始めてまだ間も無いとの事、十日町市在でジィ~ジより遥かにお若い)
此処から先は行く手左側は切れ落ちたへつり道で雪も付着して要注意。
十日町市のからの御夫婦は嘉平与ボッチ手前で撤退されたようです。

Am 10:00 嘉平与ボッチ (1487.7m)
20201031-202011-013
嘉平与ボッチ手前にて
20201031-202011-015
前山を眺める相方
新雪の嵩は少しずつ増していきます。
木道の上に付着した新雪、転倒躓き要注意です。
眼前には【鬼ヶ面山】から登り上げる[前山(1568m)]
ブナ曽根からの合流点を過ぎれば滑り易い木道を進みます。
20201031-202011-018
前山過ぎて
(神経鈍いお馬鹿なジィ~ジ、冷たい風吹く中、まだ半そで)
山頂手前で登山口で出会った群馬の若い女性(Oさん)と再び遭遇、
彼女下山は桜曽根にする由。一寸立ち話。

Am 11:05ー11:30 浅草岳山頂
山頂には数人の姿、そして入叶津コースへの広場にも数人の姿が見られます。
山頂を通り抜ける冷たい風に晒され流石にジィ~ジも長袖一枚羽織ります。

20201031-202011-021
山頂の石祠
20201031-202011-022
長袖シャツ一枚羽織る
20201031-202011-026
田子倉湖 ※ 拡大

お昼にはまだ少し間があるものの小腹を満たし早々に往路を下山です。
20201031-202011-030
前山に向かって往路を下山

眼前に堂々と聳える名峰【守門岳】が目に飛び込んできます。
そして前方に(嘉平与ボッチ)が待ち受けています。
20201031-202011-032
嘉平与ボッチ

Pm 00:08-00:18 嘉平与ボッチ
天気も少し落ち着いてきた様なのでゆっくりと展望を愉しみながら休憩。
20201031-202011-033
会越の山並み ※ 拡大

晴れ間も少し広がり【燧ケ岳】【会津朝日岳】更に【越後三山etc etc

20201031-202011-038
紅葉と守門岳 ※ 拡大
20201031-202011-039
雪も解けて
20201031-202011-042
紅葉 
20201031-202011-047
赤く染まる(散り紅葉) 

“散り紅葉”美しい日本語の調べを感じます。
Pm 01:55 浅草の鐘
20201031-202011-048
浅草の鐘
皇太子ご成婚記念の鐘(※ 皇太子は今上天皇)

登山口の<桜曽根>から浅草林道をゆっくりと下ります。
途中の流れ落ちる沢水で靴を洗ったりのんびりと下ります。

Pm 02:34 ネズモチ平駐車場
20201031-202011-050
ネズモチ平P

水洗トイレ設置の100台以上も置ける大駐車場も僅か10台程度。
殆んどの登山者は既に下山。

20201031-202011-051
帰路 本沢沿いの紅葉


30年近く昔、初めての【浅草岳】で緞帳のような鮮やかな紅葉に感動。
余りにも美しくその年の10月には3度ほど通い詰めたジィ~ジです。
今回は時期的にも紅葉は既に終盤も過ぎ、過っての感動を得ることは
出来なかったものの、真っ赤に敷き詰められた“散り紅葉”は印象的。
眼下の(田子倉湖)始め【鬼が面山】から会越の山々の大展望。
更に新雪は正直想定外で一寸\(◎o◎)/!そして出会いも数々、
思い出に残る日となったと思うジィ~ジです。

只見線大白川駅付近で運転は相方にお任せ、隣でうつらうつら
うたた寝を決め込みながら岐路に着きます。

        ジィ~ジ 085-2020

|

« (上堰潟公園)+【下権現堂山】 | トップページ | 雨のち晴れ【三ノ峠山】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
此の日は想定外の雪で滑る不安が有ってそれなりに
気を付けてゆっくりと登りました。
もう暫く自分のペースで山歩きを楽しむつもりですが
極端に脚力が落ちたこと実感しています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年11月24日 (火) 18:34

先日の角田山がウソのように、体調万全?
まだまだ山を楽しめますね。
また登山記を期待しています。

投稿: もうぞう | 2020年11月24日 (火) 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (上堰潟公園)+【下権現堂山】 | トップページ | 雨のち晴れ【三ノ峠山】 »