« ふらり徘徊【天神山城】+【五色沼】他 | トップページ | 信州の岳友【国上山】へ »

2020年10月30日 (金)

Enjoy[函館]

現役をretireしてからは自由時間がたっぷり。
学生時代から現在まで住まいする新潟市からは北の大地北海道へはカーフェリーが
頗る便利。時期によってはかなり割安な期間もあり【大雪山】を中心に
趣味の«山歩き»を通して10回ほど新潟~小樽航路(苫小牧航路)を利用。
[利尻山]或いは知床【羅臼岳】等々 所謂 道北 道央 道東は少々足を踏み入れ、
【羊蹄山】も二度、その際、NIKKA余市工場或いはニセコ周辺まで 🚗 💨
と言うことで道南[函館]は今まで未訪。

今回は久々の新幹線利用«山登り»ではなく観光目的でお初の[函館]探訪です。

えきねっと お先にトクだ値スペシャル利用
(一か月前に日にちを決めて予約すれば新幹線料金が1/2)
因みに今回の新幹線料金
新潟~(上越新幹線)~大宮~(東北・北海道新幹線)~新函館北斗
2人分 10,120+22,260=32,380×2(往復)=64,760

宿泊は GoToトラベル利用 温泉付きホテル・朝食 連泊。
地域クーポンを含めて規定料金の半額 1/2

今回の楽しみと目的は 
① 函館の夜景
② 五稜郭
③ 函館朝市
      函館市内元町ベイエリア散策 etc etc

10月13日(火) ☀

20201013-016
マスクをした怪しい男 新函館北斗駅

やっぱり新幹線は早い!! 7時過ぎに家を出て上越新幹線大宮駅で乗り換え、
東北・北海道新幹線青函トンネルを越えれば1時半過ぎには新函館北斗到着。

ホテルのcheck inには間があるので函館駅前から市内元町ベイエリア周遊バス。
途中で下車して近辺散策です。

20201013-023
CM撮影にも利用される八幡坂
20201013-024
旧イギリス領事館

20201013-027
日本最古のコンクリート電柱 ※ 拡大
あちこち歩き回り 旧茶屋亭 で一服 teatime とします。
20201013-02920201013-045 
( 写真左 旧茶屋亭の前で  写真右 オーダーは抹茶 ) ※ 拡大
※この日の数日前、東京に住む大學1年の孫娘が函館へ観光旅行Lineでお勧めのお店

20201013-04820201013-049 
( 写真左 ベイエリア赤レンガ倉庫群  写真右 明治館 ) ※ 拡大
時間はたっぷり見学見物は翌日以降にします。

開港通りをあるいて駅に向かい、ホテルでcheckin。

夕闇が迫る頃、目的の一つ ① 函館の夜景 駅前からバスに乗車
 バス代 駅前から函館山まで 片道400  ロープウェイ 往復 1,500

20201013-054
函館夜景 ロープウエイも映って ※ 拡大

20201013-056
函館夜景  ※ 拡大

新型コロナvirusはどこ吹く風? 修学旅行生やカップル 密・密・密 
少し寒さを覚えるものの期待していた通りで、一見の価値大と思うジィ~ジです。

キラキラ輝く夜景を楽しんで帰路のバス車内で2人のお嬢さんの会話が耳に・・
「あそこのお店美味しんだよねぇ~また行きたいわぁ~」それを聞いたジィ~ジ。
駅に着いてから少し戻ってそのお店へ・・・この日の夕食です。
20201013-06820201013-070 
 うに むらかみ 函館駅前店 HPは⇒コチラ PR頼まれた訳ではありません。

聞き耳立ててた訳ではないけれどとても流石に美味 大満足。
何れもお洒落で味もgood。

ホテルに戻り、ゆったりと温泉入浴。 💤 💤 💤 

10月14日(水)☀

連泊のホテル、朝食は提携している朝市の食堂・土産物店も利用できます。
有名な朝市の様子も観たいのでホテルを出て向かいます。
20201014-001
函館朝市

20201014-002 20201014-004
( 写真左 朝食の一部  写真右 フェースシールドした赤ちゃんヒグマ ) ※ 拡大

20201014-007
カニ 魚介 ※ 拡大

どのお店も観光客でそこそこ賑わっています。
お土産にタラバカニを実家へ送る手配している女子高生も!!

20201014-00620201014-005
( 写真左 マンホール蓋  写真右 マンホール蓋 ) ※ 拡大
※ 観光都市 マンホール鋳物にも工夫が凝らされてます。

お土産とか買い物は翌日に回し、朝市の店舗を眺めながら一旦ホテルへ戻ります。

この日の楽しみは[五稜郭]見学です。

函館市内バス 一日フリー乗車券(¥800)を購入して出発。
まずは[五稜郭]の全貌が見られる五稜郭タワー)へ。

20201014-013
五稜郭タワーから俯瞰 ※ 拡大

20201014-016
五稜郭タワーから函館山 ※ 拡大
左手には海の沖合に津軽半島も望遠されます。

20201014-024
土方歳三と記念撮影

20201014-02620201014-028
( 写真左 五稜郭入口  写真右 石垣上段の返し ) ※ 拡大

戊辰の役で一時は蝦夷全島制圧し、仮政権を樹立した 榎本武揚と過っての
新選組副長土方歳三が新政府軍と戦った場所。
近代日本の礎にもなる壮大なロマンを覚えます。

1850年代幕末に西洋からの知識を取り入れた星形の近代城郭を
取り入れ築城した日本人の優れた知恵に感動します。

20201014-029
函館奉行所 ※ 拡大

20201014-031
函館のランドマーク五稜郭タワー 

念願の[五稜郭]訪ね歩け満足感一杯のジィ~ジです。

1854年(嘉永7年)3月 江戸幕府日米和親条約を締結。
伊豆下田箱館(当時)の二港を開港 鎖国政策に終止符。
その結果多くの欧米人が来日居住し幾多の教会宗教施設も造られた。

時間もまだまだたっぷり 、バスも乗り放題。折角なので湯の川温泉先にある
修道院 トラピスチヌ修道院を見学することに・・・

20201014-037
大天使聖ミカエル像 ※ 拡大

20201014-038 20201014-040
( 写真左 聖母マリア像  写真右 聖テレジアの像  ) ※ 拡大

20201014-039
中庭

20201014-042
修道院前にて記念
売店コーナーで
20201014-04720201014-048 
( 写真左 修道女の衣装  写真右 修道女の一日 ) ※ 拡大

ジィ~ジは一応、門徒なれど異国の宗教であれ、厳かな雰囲気に包まれ
凛として厳粛な気分を味わいます。

丁度バスが到着したので函館の駅に戻り少し遅い昼食は函館ラーメン
食後 休憩の為、一旦ホテルへ戻ります。

もう二度と来る機会が殆んど無いと思われるので夕闇迫るころの
夜景はどんな感じ?前日より早めの景色を見るため再び函館山へ・・

20201014-053
函館山

前日同様、大勢の観光客や修学旅行生で密状態
時刻は5時を過ぎたばかりで徐々に明かりが燈りだす頃。
20201014-059
20201014-061
( 写真左 明かり燈り始める函館 写真右 夜景見物 ) ※拡大

夜景を見て感動したのか?修学旅行の女子高生たち。
口々に 「ヤバイよ ヤバイよ」 今どきの表現は面白い。

二晩に亘って[函館]の夜景を楽しんだ我ら再びバスで駅まで戻ります。

夕食はホテルの受付嬢が推薦してくれた地元の飲み屋さん <魚さんこ> 。

20201014-118
イカ刺し ※ 拡大

地元の見たことも無い魚も色々 そして名物の烏賊刺し。
先ほどまで泳いでいた烏賊が余すところなく捌かれ皿上に!!

吸盤つけた足に醤油をたれると刺激を受けて瞬間、踊りだします。
烏賊の耳も肝もそして目玉も・・
店員さんが旨い食べ方も教えてくれます。
二泊目、[函館]最後の夜を愉しみます。
新鮮な魚や揚げ物 ビールに地元のお酒どれも美味。
たまたまコロナ対策でシートで仕切られた隣の席に札幌から
湯の川温泉泊りで酒と魚を愉しみに来たという若い二人の美女と
酔ったふりをして会話も楽しんで新潟のPRもするジィ~ジです。

勘定をすると最後に味がたっぷり染込んアラ汁のサービス。
※ もしもジィ~ジが函館に住んでいたら2回/週は通うかも
ほろ酔い加減でホテルへ戻り、暫く休んでまたまた前夜に続き温泉入浴。

最後の[函館]の夜も更けていきます。 💤 💤 💤

10月15日(木)☀

今回の旅行最後の朝を迎えます。
朝食はホテルでビュッフェ 
地元の魚 海産物はじめ内容も多々 どれも矢鱈と旨い。

とうとう[函館]滞在最終日。
帰りの新幹線は3時過ぎ、まだまだ時間はタップリあります。
大まかな市内の場所・距離感も掴めたのでホテルのチェックアウトを終え
またまた朝市 元町ベイエリア 二十間坂方面まで歩き回り見物したり
お土産を買ったり、最後の[函館]の半日を過ごします。

20201015-001
朝市 イカ釣り ※ 拡大
   
釣り上げたイカはその場で刺身にしてくれます。

ジィ~ジと相方は高価なカニ(蟹)さんは眺めるだけ。
すこし高級な出汁昆布を購入。

朝市の店舗を後に元町ベイエリアへ向かいます。

金森赤レンガ倉庫には北海道定番そして函館限定を謳った土産物屋さんが
修学旅行生の姿も数多く見られます。
20201015-004
赤レンガ倉庫 ベイエリア

20201015-005
高田屋嘉兵衛関連建屋
※ 高田屋嘉兵衛 参考⇒コチラ

お土産を少し買い求め、時間がたっぷりあるので開港通りを函館山方面に向かって
歩いてみます。

20201015-006
ニ十間坂と市内電車 ※ 拡大

ユックリと楽しみながら駅まで戻ります。
駅舎で遅めのお昼を取って、又お土産と夕食の名物弁当購入。
20201014-010
JR函館駅

20201015-009
新函館北斗駅 新幹線

20201015-010
新幹線車窓からの【岩手山】

東北・北海道新幹線も大宮上越新幹線に乗り換え、新潟へ戻ります。
新潟駅に到着して越後線に乗り換え、無事帰宅それも10時前。

新幹線切符を一か月前に予約したのに、結果的に3日間とも好天。
ラッキーこの上なし。今回楽しみにしていた目的は全て達成。
珍しく喧嘩言い争いも無く初めての青函トンネル通過と久々の新幹線。
交通費も宿泊費も通常の≒1/2で財布にも優しく全てがお得。
病で寝込めば何処へも行けません。元気で歩ける内にあちこち
出かけたいと新たな意欲が湧くジィ~ジです。
それにしてもこのところ遊んでばかり!!

|

« ふらり徘徊【天神山城】+【五色沼】他 | トップページ | 信州の岳友【国上山】へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
今晩は~
お忙しいところ恐縮です。
北の大地北海道は10回位訪ねていますが、函館は今回が
始めてだったので、夜景も念願の五稜郭も堪能できて
満足一杯の旅でした。
新幹線も宿もコロナ騒ぎの施策を利用。
貧乏我が家はフルに利用です。
コロナは気になりますがどうしようもありませんから・・
たまたま函館は殆どいないようですが・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年11月19日 (木) 21:27

東北北海道新幹線は、スピードを感じます。
3年?ほど前に行きましたから。
でもコロナ感染が下火の頃で、良かったですね。

投稿: もうぞう | 2020年11月19日 (木) 18:45

FUJIKAZEさま
comment有難うございます。
函館は青春時代の想い出が沢山ある場所なんですね。
住んでいれば何かと大変かもしれませんが、物見遊山で
出かけるには魅力あふれる地ですね。
今回見落としたところ、(大沼 松前地区・・)含め
更に居酒屋さんともう一度行きたいと思っていますが
何しろ齢明日明日80のジィ~ジですから・・・(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年11月 3日 (火) 06:20

こんばんは!
函館は、昔むかし・・・もう37~8年くらい前、大きな船に乗っていた頃、毎年入港して休養してました。
函館に入るのが楽しみでしたよ。
函館山に朝市に五稜郭、懐かしいな。
今は新幹線で行けるんですねぇ・・・。
私もリタイアしたら行こうっと。

輝ジィ~ジさんって、ダンディでカッコウ良いですねぇ・・・。

投稿: FUJIKAZE | 2020年11月 2日 (月) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふらり徘徊【天神山城】+【五色沼】他 | トップページ | 信州の岳友【国上山】へ »