« 【菩提寺山】そして【弥彦山】 | トップページ | 予定変更して志賀高原へ »

2020年8月16日 (日)

大南蛮煙管IN【多宝山】

生憎、ジィ~ジは持ち合わせていないものの、日本には当たり前ながら
感性が豊かな人は数知れず居られます。。
殊更、花々の和名には成る程と思わされることもしばしばあります。
今回もそんな例のひとつ 〈オオナンバンギセル(大南蛮煙管)〉を求め、
新潟市の最高峰【多宝山】へ向かいます。

※16C中頃、ポルトガル スペインからの渡来人を当時は
 南蛮人と呼び、彼らが使っていた煙管(パイプ)に形状が似ている

8月2日(日)☀

行先 【多宝山】

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 石瀬神社登山口~石瀬峠~多宝山~大平園地 (往復)

記録 過去の記録と同様、この時期には目的のオオナンバンギセル多数確認、
   併せて多数の花をつけたヤマユリやツリガネニンジンなども・・
Am 09:48 石瀬神社登山口

20200802-001
石瀬神社登山口
此の時期は季節的に若干、藪状態となっています。
朝露を纏った草原、ズボンの裾を濡らしながら10数分ジグザグに・・

Am 10:00 石瀬峠
弥彦スカイラインの駐車スペースに車が数台びっしり。
ショートカットしてここから登る方も多いようだ。

此処から山頂へ向かって稜線歩きがスタート。

20200802-00320200802-004
( 写真左 シロヨメナ?  写真右 モミジハグマ? ) ※ 拡大

アップダウンを繰り返しながら汗水流し山頂へ向かいます。
山頂手前は大木のブナが林立。

20200802-005
山頂目前

Am 11:18-11:40 多宝山山頂

山頂には6,7人の女性グループが休憩中。
汗でびっしょり濡れ重くなったシャツを絞り、別のシャツに着替え。
ベンチに座り水分補給と小腹を満たします。
前方【弥彦山】方面から向かってくる方々も何人か!!
たまたま山友のT石さんもその一人。我等の顔を見て
「Hさ~ん ナンバンギセルあったし、ヤマユリも凄いよ」

一服し終わった我等も、此の日の目的 オオナンバンギセル探索に!!
新潟市最高峰【多宝山からスカイラインに向かって下っていくと、即。

20200802-012
20200802-015 
オオナンバンギセル(大南蛮煙管) ※ 拡大
4205

4207
※ 拡大
オオナンバンギセル=ハマウツボ科ナンバンギセル属の一年草
ススキなどイネ科の単子葉植物の根に寄生。
紅紫の花冠裂片の縁には細かな鋸歯状(ナンバンギセルとの相違点)

正に言い得て妙!! 姿形状・大きさはマドロスパイプに似たり

命名さっれた学者に敬意を表したく思うジィ~ジです。

ユックリ じっくり オオナンバンギセルを愉しんだジィ~ジは
skylineを越えて“大平園地”へ向かいます。
道端には花芽を多数つけたヤマユリがこれでもかこれでもかと何本も!!
4208

20200802-008_20200816103601
ヤマユリ ※ 拡大

20200802-016
familyで賑わう大平園地東屋

420920200802-013
( 写真左 ボタンヅル  写真右 クルマユリ ) ※ 拡大

他にもツリガネニンジンも咲き出して見られます。

たっぷりと盛りの花々を堪能した我等は再び【多宝山】に向かって下山です。

20200802-010
振り返り弥彦山展望
アップダウンそして台地上の尾根を下っていきます。
“石瀬峠”から“石瀬神社登山口”の藪状態の道端にもキツリフネソウや
ハグロソウなどの花が見られます。
4210
ハグロソウ

Pm 02:28 石瀬神社登山口

この場所は樹林帯のお陰で車も直接陽が当たらないので、焼け付く暑さには
ならないので気分的にも助かります。


今年も一寸変わった花 オオナンバンギセルを始め多数の花房で
頭が重そうなヤマユリの大群、ボタンに似ている葉っぱから名づけられた
ボタンツルクルマユリやツリガネニンジン・・・
花々の和名は「なるほどなぁ~」と思わされる、日本人の知性と
感性の高さを改めて認識させられたジィ~ジです。

           ジィ~ジ【多宝山】06-20020

                      064-2020

|

« 【菩提寺山】そして【弥彦山】 | トップページ | 予定変更して志賀高原へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
車でskylineの大平園地近くのスペースに駐車。
skylineの途中から多宝山への登山道を2,3分で
道端ですぐに見付けられますよ。
目に付くので見落とすことはまずありませ¥。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年8月17日 (月) 11:51

なんとスゴい花(植物)があるものですね~それも身近な弥彦山付近で。
見てみたいけど、暑さに負けてしまいます。
それに私では、発見できる可能性は、低いよな~

投稿: もうぞう | 2020年8月17日 (月) 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【菩提寺山】そして【弥彦山】 | トップページ | 予定変更して志賀高原へ »