« 展望期待【倉手山】 | トップページ | ( ..)φメモメモ【猿毛岳】そして日記 »

2020年6月23日 (火)

今更覚書【天神山城址】【猿毛岳】

特別多忙な日々を送っている訳では無いもの生来怠け者?
今更なれど薄れゆく記憶を紐解きながら・・・

前日は新潟とは反対に見られる飯豊連峰展望の山【倉手山】
記録は→コチラ

そして この日はゆっくりと近場を散策。

6月7日(日)☀

行先 【天神山城跡~松岳山城址】

同行 O野さん 相方 ジィ~ジ 計3名

行程 岩室丸小山公園~天神山城址~松岳山城址~岩室丸小山公園

記録 のんびり足元の花々楽しみながら戦国時代を偲んで
Am 09:00 岩室丸小山公園登山口

20200607-001
登山口案内標識 ※ 拡大
何時もどのように計測したのか?・・・と。

20200607-002
新型coronavirus注意書き ※ 拡大

20200607-003
物見台 ※ 拡大
攻めくる敵の様子が一望の下。ロケーション選定が的確と感心。

20200607-004
瓢箪池 ※ 拡大
水場の確保と武者溜まりの跡。
戦国往時を偲ばせる 土塁 石塁 深く抉られた空堀・・・

Am 09:42-09:48 天神山城址
20200607-006
天神山城本丸跡 ※ 拡大
天・地・人 戦国ロマン偲ばれるロケーション。
新潟米どころ蒲原平野を俯瞰しながら対峙する山並み展望。

急な空堀を越えて【多宝山】を左に分け、我等はまっすぐ前進。

足元には蕾状態のイチヤクソウ、そしてサイハイランなど・・・
ユックリ ゆっくり 周りを愉しみながらのんびりと長い階段下り・・

20200607-008 20200607-009
( 写真左 ノイバラ  写真右 キンギンボク )  ※ 拡大
20200607-01120200607-012 
( 写真左 イワガラミ  写真右 ウメガサソウ ) ※ 拡大
此処のイワガラミは珍しく地べたに張っています。
ウメガサソウ少々元気がありません。

休憩は【松岳山城址】。敷物しいてコーヒーブレイク。
常連さん?二人 三人通り過ぎて行かれます。
のんびり時を過ごして前進周回。
【松岳山城】過っては【天神山城】の支城
(中段・腰曲輪)など遺構も観られます。ジグザグに下れば・・

Am 11:42 岩室神社
20200607-013
岩室神社

岩室温泉の温泉臭を嗅ぎながら道なりに進めば・・・
キャッチボールに興ずる若人たち 岩室丸小山公園

Am 11:50 岩室丸小山公園🅿


時折吹き付ける心地よい風を受けながらののんびり山歩き。
戦国時代を彷彿させてくれる遺構の数々、そして足元の花々
緑色が濃くなった新潟平野、そして新津丘陵から川内山塊の山並み
散歩に毛?が生えた程度の山歩きなれど気分爽快のジィ~ジです。

 ジィ~ジ 048-2020


♪~ 夏が来れば思い出す~ ではないけれど例年の決まり事?
此の時期はどうしても見に行きたい花が有るのです。
それは面白い形と色したウリノキノハナなのです。
行先は加茂市【猿毛岳】です。
山頂に小屋を建てた加茂市の故まことさんの奥さん加代子さん宅へ

6月10日(水)☀

行先 【猿毛岳】

同行 K藤さん T石さん 加代子さん 相方 ジィ~ジ 計5名

行程 登山口~日吉神社~山頂~(沢course)~(猿毛集落)~登山口

記録 オーバーに言えば全山ウリノキノハナ!!
Am 10:03 登山口
歩き始めに登山者人数を記入して・・・
20200610-002
登山口
ジャブジャブ流れる沢水と靴洗いブラシ、トイレ 杖ストック 。
至れり尽くせりとは正にこのような状態。

20200610-004
ハナウドと日吉社 ※ 拡大
日吉社の先からは直ぐに目的の花 ウリノキの花 そこ彼処
花に目を奪われ、おなじ花なのに立ち止まり立ち止まり
20200610-006
ウリノキの花 ※ 拡大
毎年見に来ているけど何回見ても奇麗で面白い花

白い6枚の花弁がクルリッと巻き上がり黄色い12本の葯が花柱を
囲み、ウリに似た3~5裂に裂けた大きな葉っぱ。
通常の花とは趣を異にする面白い目立つ花です。

20200610-008
かぐや姫load

このコース最大の難所? 急登が続きます。
今年生まれ皮を着けた竹も今では親と同じ太さになってます。
蹴っ飛ばされた筍もところどころに散乱。

かぐや姫loadが終われば周りにはブナの大木。
緩いアップダウンが続きます。

通常は40分程度のところ、2倍近い時間をかけてゆったり花鑑賞。

Am 11:20-Pm 01:35 山頂小屋
20200610-012
山頂
【猿毛岳(3326.7m)】山頂小屋前のベンチには一組の御夫婦。
どこかで見たお顔!!旧知のS西夫妻です。

2011年6月に故まことさんが中心になり建てた山小屋。
ダルマストーブの周りの腰掛に座りまったりtimeともぐもぐtime。
話しに花が咲き、腹具合も満腹状態。
20200610-013
小屋前から粟ヶ岳 越後白山天望
小屋の前で故まことさんの形見のハモニカで加代子さんが演奏。
音楽的才能が高い加代子さんのハモニカ演奏は故まことさんを凌駕?

折角の機会なので下山は周遊コースを選択。
20200610-015
小屋を後にして下山開始
第一展望台 飯豊連峰も望める第二展望台(少し靄~ッ)
下山周遊コースもウリノキの花が沢山見られ足が止まります。
20200610-021

3620

何時までも観飽きません(笑)
ユックリ、ユックリ 沢コースを辿り下山する我等です。

20200610-02320200610-025 
( 写真左 ウツギ  写真右 キツリフネ ) ※ 拡大

♪ ♪~ 卯の花が匂う~ 夏は来ぬ 卯の花=ウツギ
キツリフネ今年は初見。

20200610-027
ヤマボウシとウリノキの花のコラボレーション
沢沿いに下りながら夕餉の食材として密生しているミズを少々カット。
猿毛集落の中に切られた道を下れば登り初めの登山口に。

Pm 03:05 登山口

20200610-028
至れり尽くせりの登山口
備え付けのブラシを借用して汚れた靴を洗います。
関係各位に感謝です。地元で大事にされている様子が分かります。

加代子さんをお宅まで送り、我等は新潟へ戻ります。


毎年見ても観飽きないウリノキの花、今年もハイシーズンに鑑賞。
気心知れた山友とのんびり山歩き。健康あっての物種。
来年もまた見に来たいなぁ~と想うジィ~ジです。
      ジィ~ジ 049-2020

|

« 展望期待【倉手山】 | トップページ | ( ..)φメモメモ【猿毛岳】そして日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

かあちゃんさま
こんばんは~
今年もウリノキの花を見に行きました。
加代子さんのハモニカは故まことさんの形見ですが
今ではすっかり彼女になじんでいます。
ハモニカの音色は優しく、テクニックも加わりましたね。

ウメガサソウ イチヤクソウ 今年も何とか見れました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年6月25日 (木) 21:02

こんばんは!

ウリノハナ、とても綺麗に撮れてますね。
これはぶらぶらするのでうまく撮れないのです。
加代子さんのハーモニカ、初めて聴かせていただきました。
猿毛の名物?です。(失礼な言葉だったら申し訳ありません)
素晴らしい演奏でしたo(^o^)o

ウメガサソウもイチヤクソウも今年はまだ見てません、見ないで終わりそうです。

投稿: かあちゃん | 2020年6月25日 (木) 20:51

もうぞうさま
こんばんは~
見たことおありですか?
これがウリノキの花です。
毎年見に行っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年6月25日 (木) 20:06

へ~これがウリノキの花でしたか?見たことはある気がしますが、知りませんでした。
勉強になります。

投稿: もうぞう | 2020年6月25日 (木) 19:17

一路さま
何時もありがとうございます。
ウリノキの花は何と言っても猿毛岳ですよ。
今年も沢山花を付けましたね。
歩ける間は毎年見に行きたいと願っています。
猿毛は至れり尽くせりの素晴らしい山だと思っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年6月24日 (水) 18:28

輝ジィ~ジさん、猿毛岳にようこそです。

今年も猿毛岳の売り、ウリノキがいっぱい咲きましたね。
どこでもありますが、猿毛岳に特別多くあるような気がします。
カールの可愛いウリノキ大好き!

ウリノキが終わると、猿毛岳はこれはという花ありません。

投稿: 一路 | 2020年6月24日 (水) 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 展望期待【倉手山】 | トップページ | ( ..)φメモメモ【猿毛岳】そして日記 »