« 今更レポ[長岡東山] | トップページ | ぐうたら爺の覚書 »

2020年5月19日 (火)

思い出し 覚書

只でさえ、だらしのないジィ~ジ。
5月に入り身の回りに大きな出来事があり、漸く少し落ち着いたので
思い出しながら日記代わりの覚書です。
5月のはじめは例年僅か2,3日で落花する貴重なヤマシャク確認。

5月2日(土)☀

行先 【角田山】

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 此ノ入沢登山口⇔山頂

記事 極端な少雪の今年も例年同じ時期に見ることが出来た。
   ほぼ毎日、登山道整備をしているI田氏は
   「雪が多かろうと少なかろうと毎年5月2日だよ」
Am 11:18 此ノ入沢登山口
スタートして暫く案の定I田氏と遭遇。挨拶交わし立ち話。

20200502-003 20200502-017
( 写真左 ハルユキノシタ  写真右 ホウチャクソウ ) ※ 拡大

そしてこの日の最大の目的ヤマシャクの確認。
I田氏の言の通り今年もこの日にしっかりと見ることが出来た我等です。

20200502-027

20200502-028
ヤマシャク ※ 確認
絹の様な繊細で高貴感漂う白いふっくらとした花弁。
3本の赤みを帯びた雌蕊に先端が黄色の雄蕊が何本も囲んでいます。
未だ固い蕾の株も一株、花芽もつけていない株、落花間際の株・・・
総数10株近く確認。
立ち止まり心行くまで眺める我等です。

<桜尾根course>合流ポイントから<灯台尾根course>を脇目に
山頂を目指して前進です。

Pm 00:45-01:20 角田山山頂

20200502-018
5月晴れの山頂
エドヒガンザクラの古木の下のベンチに腰掛け簡単なランチ。
お天気が良く爽やかこの上なし。
20200502-020
サクラ ※ 拡大
ユックリと休憩して往路を下山。
広い山頂には点々と離れて何人もの登山者が見られます。
帰りも立ち止まり立ち止まり足元の«花»を見ながら下山。
20200502-021 20200502-022
( 写真左 ラショウモンカズラ  写真右 キジムシロ? ) ※ 拡大

下山路で赤いシャツを着て動かない男性を確認。
旧知の写真愛好家のK岡氏です。
熱心にヤマシャクの花を撮影中。
自信作を我等に見せてくれます。やっぱりデジイチは映りも違う!!
帰りを急ぐわけでも無し、一緒にヤマシャクを観察しながら情報交換。
長話をしてお別れ、我等は下山。

ラショウモンカズラが丁度、最盛期?そこかしこで見られます。
キジムシロ?しっかり根元を見ていないのでミツバツチグリ?イマイチ?
20200502-02620200502-031
( 写真左 アイヅシモツケ  写真右 エビネ ) ※ 拡大
10数株確認されたエビネはI田氏の植栽に拠ります。

20200502-032
ウマノアシガタ ※ 拡大
道端で光を浴びながらテカリを放つ黄色い花は毒草ウマノアシガタ。

Pm 03:00 此ノ入沢登山口
R402越後七浦シーサイドラインはせめてドライブで憂さ晴らし?
行きかう車が多数見られます。

新型コロナウイルスと言う、全く想像も出来なかった今年のGW
自分なりの防衛をしながら今年も時期限定の花ヤマシャクを確認。
個人的には「今年も観れて良かった」と思うジィ~ジです。
毎度の事ながら【角田山】は“花”の山、近くて便利な有り難い山。

  ジィ~ジ【角田山】 15-2020

               039-2020

|

« 今更レポ[長岡東山] | トップページ | ぐうたら爺の覚書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZE さま
commentありがとうございます。
ヤマシャクは上品で高貴な感じがする花ですが
開花期は2,3日の儚さ、貴重です。
幸い盗掘はされておらず毎年同じ場所で見ることが
出来るんです。
来年も5月1日か2日です。

ユキワリソウは根がそれほど深くないので盗掘はしばしば。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年5月23日 (土) 17:42

こんにちは!
ヤマシャクヤクなんていう花があるんですねぇ。
すぐにググってみましたが、深山に自生する野生のシャクヤクだとか。
一度見てみたいものです。
しかし、楽天市場でもかなり高値で取引されていました。
盗掘されそうで心配ですね。

投稿: FUJIKAZE | 2020年5月23日 (土) 17:12

もうぞうさま
こんばんは~
花の名前など私も到底覚えるにも限度があります。
新しく覚えたつもりでもすぐに忘れます。
そんな程度ですよ。
貴殿はカメラやPC、更に世情に通じておられるではありませんか。
私の頭は笊ですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年5月21日 (木) 21:28

いつも花が豊富で羨ましいです。
どうも元来、花が嫌いではないのでしょうけど、覚える気が無いのか?
だめですね~
ま~それも個性というものですか?

投稿: もうぞう | 2020年5月21日 (木) 19:12

かあちゃんさま
何時もありがとうございます。
このコースは20年以上前から連日登山道整備をしている
池田さんと言う方が色々昔を偲んで植栽しておられるので
多種類の花が見られるのです。
林道脇のユキワリソウやアケボノシュスランなども・・
彼のポリシーは80歳過ぎて山に登れなくなっても
林道脇でユキワリソウが眺められればHappy!!

ナツエビネでは無く、普通のエビネです。
blog後で教えて!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年5月20日 (水) 19:30

こんばんは。

この前、私も初めて此の入沢に下りてみました。
お花の多さ、登ってくる人の多さにびっくり!
良いコースなんですね(^o^)

ナツエビネを初めてみましたが、沢山咲いてるからびっくりしました。

ブログ、他の所で試してます(^_^;)

投稿: かあちゃん | 2020年5月20日 (水) 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今更レポ[長岡東山] | トップページ | ぐうたら爺の覚書 »