« アヅマシロガネソウ翌日はニリンソウ | トップページ | 花に癒され【三ノ峠山】 »

2020年4月11日 (土)

【角田山】翌日はハーレム【大平山】

運動不足解消・体調維持管理、終息の見えない感染病の気晴らし兼ねて
三密は直接関係のない?山歩きに出かける我が家です。
午前中に用事があった相方の帰宅を待って簡単にお昼を取り終え・・
行先は定番?恒例? 【角田山】 です。昼からでもOKなのです。

4月3日(金)☀

行先 【角田山】

同行 相方 ジィ~ジ 計二人

行程 宮前登山口~宮野平~山頂 (往復)

記事 陽を浴びてクルリクルリのカタクリとスミレが急速に!!
Pm 01:16 宮前コース登山口
昼からの所為か?平日の所為か?駐車スペースには車は数台のみ。

下山してくる登山者の方、二組ほどスライド。

20200403-005 20200403-006
( 写真左 ミズバショウ  写真右 ナガハシスミレ ) ※ 拡大
一寸立ち寄り、ミズバショウの開花状況確認 ・・2,3日後?
ユキワリソウは終わり掛け代ってスミレが範囲を拡大中。
20200403-009 20200403-010
( 写真左 ユキワリソウ  写真右 キクバオウレン  ) ※ 拡大
ユキワリソウ(オオミスミソウ)突然変異?花弁が多い。
オウレンは線香花火に似たり。

Pm 02:20-02:24 宮ノ平<6合目>

20200403-015
宮ノ平 4等三角点
我が家の決まり事。ここで必ず水分補給・一服timeを取ります。
この先、少し下って登り返し7合目からは痩せ尾根の急登が山頂へ。
20200403-018
反り返るカタクリ
20200403-022
カタクリ乱舞
最盛期から終盤を迎え始めたカタクリ、目一杯陽光を受けてクルリン。
登山道の両脇は春の妖精カタクリが終盤の競演。艶やかです。

Pm 03:00-03:17 山頂
20200403-024
山頂
流石に平日の3時過ぎ、行きかう登山者の姿も疎ら。
ベンチに腰を下ろし、tea time と洒落る我等です。
下山は往路を忠実に辿ります。年を取ると下りが怖い。

20200403-025
足元はカタクリ
20200403-026
20200403-028
( 写真左 キクザキイチゲ  写真右 コシノカンアオイ  ) ※ 拡大

次々に自己主張をする花々を愉しみながらのんびり下ります。

Pm  04;36 宮前登山口

20200403-029
宮前登山口
我等が花々を愉しみながら下山して登山口に着くか憑かない間に
後ろから人の気配が、振り返ればProfessorY原さん。
いつの間に我らのすぐ後ろに?
お聞きすれば単独で【国上山】からの三山縦走してきた由。
旧西蒲三山縦走【国上山~弥彦山~角田山】 ジィ~ジも過去7.8回は
三山縦走経験あるものの、多人数での歩きや仲間との歩きで単独行での
経験は皆無。ジィ~ジ一人であれば、きっと途中で弱音を吐いてリタイア?
その体力・脚力・気力に圧倒されるジィ~ジです。


今年は過去に例のない小雪の越後新潟。
春の花々も温かさに騙され?例年より2,3週間早い開花。
それでも流石にユキワリソウは勿論、紫色のカタクリも終盤。
とって代ってスミレの類が天下を迎えてきています。
時の流れが着実に行われていることを感じるジィ~ジです。

  ジィ~ジ 【角田山】12-2020
              026-2020



この日はジィ~ジにとって正にハーレムそのものの一日に!!
SNS仲間の山歩き、「初めまして。。。です」の仲間も。
参加者の皆さんはほぼほぼ倅 娘の年に近い若人たちばかり・・・

目的の一座は長岡市【大平山】です。

4月4日(土)☀

行先 【大平山】

同行 O野さん F山さん S木さん N澤さん W辺さん
   相方 ジィ~ジ 計7名

行程 登山口~カタクリ群生地~登山口⓶~健脚コース~山頂~
   健康コース~登山口⓶~登山口

記録 カタクリ群生 残雪の山並み展望 そしてスイーツ。
Am 09:27 登山口①
新型コロナウイルス感染防止で参加者は5台の車で分乗。
登山口①のバイオトイレはまだ閉鎖中。
20200404-001
花を見ながらスタート
O野さんに先導を依頼し、歩き始め最初にカタクリ群生地立ち寄り。
群生地と謡っているので期待していたけどイマイチ。
それより道端のカタクリが今が盛りと迎えてくれます。

2809
カタクリ満開 ※ 拡大
20200404-00220200404-007 
( 写真左 オオバキスミレ  写真右 イワナシ ) ※ 拡大
オオバキスミレが鮮やか!!イワナシひっそり!!

20200404-004
大きな標識
カタクリオオバキスミレが足元に・・・いい感じ。

Pm 10:00 登山口⓶ 
20200404-008
ため池の脇から
20200404-009
健脚コースの始まり
20200404-013
急な階段
何しろ〈健脚コース〉所々にロープも渡された急登もあります。
頑張って一登りすれば、やがて山頂に到達。
登山道が不明瞭でカタクリを踏みそうになるポイントもあります。

Am 11:15 大平山山頂
20200404-029
山頂標識 ※ 拡大

20200404-015
大平山山頂から ※ 拡大
お昼まではまだ少し間があるので数分先のビューポイントまで・・・。
20200404-018
五百山 鋸山 ※ 拡大
この日の【大平山】は(東山連峰)の端部で【五百山】方面へ縦走可能。

20200404-021
守門岳 右手に浅草岳 ※ 拡大
20200404-01920200404-020
( 写真左 オクチョウジサクラ  写真右 マンサク ) ※ 拡大

Am 11:33-Pm 00:53 大平山山頂
ランチタイムの始まり。
参加者の皆さんから次から次と手作り料理の数々。
そして・・・・・・スイーツ
20200404-02420200404-028
( 写真 手作りイチゴ大福 具だくさん豪華パンケーキ ) ※ 拡大
残雪の山並み、棚田や集落の原風景 贅沢の極みです。
ジィ~ジはハーレム状態 気分は最高!!
食べて眺めて喋って 気が付けば下山time。

途中で〈健脚コース〉を分けて〈健康コース〉を辿ります。
20200404-032
下山
ブナの大木が何本も見られ、途中には結構急な場所も・・
20200404-033
キクザキイチゲ ※ 拡大
2810
最後の難所
20200404-034
コロナ感染防止マスクをして
Pm 01:50 登山口① 
お疲れ様 登山口P到着です。
この日は帰りが皆、バラバラなのでここで解散。

ジィ~ジは岐路、立ち寄りは栃尾の何時もの油揚屋さん立ち寄り。
厚揚げと寄せ豆腐を購入。
更に相方の実家へ立ち寄り病床に伏せっている義弟のお見舞い。


年代の離れている若い世代、特に女性に囲まれてひなが一日
花と展望とスイーツを心行くまで堪能していろんな刺激も受けて
心持ち若返ったような気分に包まれたジィ~ジです。
年寄りジィ~ジの相手をしてくれる山友の皆さんに感謝です。
※ コロナ騒ぎさえなければどれほど!!

  ジィ~ジ 027-2020

|

« アヅマシロガネソウ翌日はニリンソウ | トップページ | 花に癒され【三ノ峠山】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

かあちゃんさま
こんばんは~
西蒲三山は優しいお二人のサポートで気持ちが
良かったことでしょう。
それにしてもS西氏の体力は凄い!!

長岡東山の端部、大平山は手頃で歩き易いですよ。
是非お試しください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年4月17日 (金) 21:30

私も西蒲三山の時は、逆ハーレムでしたよ(^-^ゞ ハーレムは楽しいですね!(笑)

大平山や他の栃尾の里山が気になってます。

投稿: かあちゃん | 2020年4月17日 (金) 21:12

一路さま
何時もありがとうございます。
大平山は長岡東山連峰の一番端の一座です。
かなりの熟達者であれば鋸山までの縦走も可能です。
三ノ峠山は是非歩いてみてください。
萱峠までとか鋸山までとかバリルートも多数。
友遊小屋にもお立ち寄りください。
きっと歓迎してくれますよ。
私の周りは何故か?世代の離れた若い美女が大勢。
若返りの気分を味わえます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年4月14日 (火) 09:26

輝ジィ~ジさん、大平山いい山ですね。
情けないけど長岡の山は鋸山しか分かりません。
三ノ峠山を始め少しづつ歩こうと思っています。

手作りイチゴ大福 具だくさん豪華パンケーキ…
その上、若い女性に囲まれオトコ冥利に尽きますね。

投稿: 一路 | 2020年4月14日 (火) 08:50

ニリンソウさま
お立ち寄りcommentありがとうございます。

菩提寺山 猿毛岳 角田山・・・新潟は昼からでも
出かけられ満足できる山が幾つも!!
有り難い事ですね。

私も大丈夫とは思うのですが、小屋は覗くだけにしています。
一日も早い終息を願っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年4月13日 (月) 19:13

こんにちは~

午後からでも出かける角田山近くていいですね
雪割草は早めに行ってもカタクリがまだ咲いてて
可愛く疲れも和みます。

山ならコロナも来ないだろう
そう思いたいこの頃です、でもやっぱり小屋に入って
蜜になるのを避けようと思ったりもするんですよ。

投稿: ニリンソウ | 2020年4月13日 (月) 16:54

玉井人ひろたさま
何時もありがとうございます。
越後のオーレンは殆ど、キクバオウレンです。
昨日12日角田山では終盤を迎えているようでした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年4月13日 (月) 09:21

もうぞうさま
世代の離れた若い皆さんの感性からは刺激を受けます。
何故か?周りは女性ばかりです。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年4月13日 (月) 09:19

我が家のにはのオーレンは、すでに開花し終わり緑の傘状になっています。
今年は花が少なかった気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2020年4月13日 (月) 08:55

テーブルは、イマイチですが、ランチスイーツは高級店に負けない。
それに景色も優っていますし。
ハーレム?ですな~

投稿: もうぞう | 2020年4月13日 (月) 08:39

FUJIKAZEさま
commentありがとうございます。
越後では一部の山を除いて大概の山でカタクリは見られます。
今日、12日でも角田山には結構残っていましたよ。
来年は是非、コチラまで足を伸ばしてください。
カタクリは花が咲くまで6,7年かかるようです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年4月12日 (日) 18:39

こんにちは!
カタクリ、綺麗ですねぇ。
角田山といい大平山といい、新潟県はカタクリの群生地が多くて羨ましいなぁ。
静岡県にもあることはあるのですが、ロープで囲まれて厳重に管理されていて、こんなに自由じゃあないんですよ。
また見に行きたいです。

投稿: FUJIKAZE | 2020年4月12日 (日) 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アヅマシロガネソウ翌日はニリンソウ | トップページ | 花に癒され【三ノ峠山】 »