« 古の里山」【国上山】 | トップページ | 春雪【越後(村松)白山】 »

2020年3月11日 (水)

今更レポは【角田山】+【猿毛岳】

日頃、暇人を自称している(実際に暇)ジィ~ジ。
ところが根っからいい年してぐうたらでなまくら性格が災い?
レポのアップが矢鱈と遅い。
そして今回も・・・一応 連荘です。

2月の最後の行先は定番・恒例【角田山】です。

2月29日(土) ☀

行先 【角田山】

同行 Tさん 相方 ジィ~ジ 計3名

行程 此ノ入沢コース~山頂~桜尾根コース~此ノ入沢登山口
Am 08:58 此ノ入沢林道🅿 
なだらかな林道をゆっくりとスタート。

Am 09:15 此ノ入沢登山口

20200229-003
此ノ入沢
幅2mほどの沢を渡って稜線にとりつきます。

この日も<此ノ入沢course>、<灯台course>の整備を20年以上に亘り
LifeworkにしているI田氏と遭遇。
いっつものように挨拶交わし、
フクジュソウ咲き出したよ」との情報ゲット。

20200229-006
登山道整備中のI田氏
彼の話の通り、暫く歩いた先に少し色づき始めたフクジュソウを確認。
そして黄色く目を惹く盛りのナニワズ(夏坊主)も・・・
20200229-007
ナニワズ
やがて<桜尾根course>と合流。
登りが有ったり平坦な道が続いたり、ふと目を転ずれば↓
20200229-008
灯台尾根と彼方の佐渡島
如月末日は越後ではまだ冬の季節前夜から明け方に淡雪。
20200229-009
春雪
Am 10:23-11:05 山頂小屋(健養亭)
20200229-010
山頂
ストーブが炊かれた小屋にはH川氏始め常連さん・・
上がり框に腰を掛け、簡単に小腹を満たす我等です。
下りは往路の途中 左へ<桜尾根course>で花鑑賞。
20200229-012 20200229-015
ユキワリソウ (オオミスミソウ) ※ 拡大
20200229-01820200229-019 

( 写真左 ユキワリソウ  写真右 オウレン ) ※拡大
お昼も過ぎ、花々は目一杯開いて陽射しを受け入れ嬉しそう。

Pm 00:17 桜尾根course登山口
20200229-022
角田岬灯台と佐渡島 ※拡大
春到来を目の当たりにしてくれる代表花ユキワリソウも4分咲き5分咲き?
穏やかな優しい日差しを気持ち良さそうに浴びて嬉しそう。
そして連日 登山道の整備や植生保護に尽力されているI田氏に感謝です。
          ジィ~ジ 【角田山】 07-2020

            014-2020


前日に引き続き好天。
令和2年も早や彌生を迎えます。
この日は以前から約束していた加茂市の【猿毛岳(326.7m)】
3月1日(日)☀

行先 加茂市 【猿毛岳】

同行 加茂市 加代子さん 長岡氏 T中夫妻 mimiさん Y田さん
   新潟市 相方 ジィ~ジ   合計7名

行程 猿毛岳登山口~山頂~第一展望台~第二展望台~分岐~沢course
   ~猿毛集落~猿毛岳登山口🅿

記事 加茂市在の加代子さんをピックアップして加茂川上流の狭い狭い
   日吉橋を渡り右折、登山口の🅿へ 既に長岡勢は待機。
   挨拶もそこそこにスタート準備。
20200301-001
記帳して ※ 拡大

Am 9:58 登山口
記帳してスタート
下山後には汚れた靴を洗う為、ブラシが何本も・・
豊富な沢水を取り入れる大きなタライ。
ストック杖も何本も・・ 正に至れり尽くせり
20200301-003
登山口
少し登れば大きな杉に囲まれた日吉神社 参拝終えて尾根に取付きます。
暫く歩くと青々とした見事な竹林に代わり、ここcourse最大の急登に。
肺機能の弱いジィ~ジは息が上がり些か辛い。
20200301-004
この先急登 ※拡大
竹林帯の急登を登り切れば一安心。
緩やかな気持ちの良い登山道が続きます。9-5 9-6 ガイド標識あり。

Am 10:50 猿毛岳山頂

20200301-007
猿毛岳山頂

この日の最大テーマは小屋で大鍋豚汁パーティ。

Am 10:53-Pm 1:53 猿毛小屋
小屋には田上町からと言う二人の御婦人。
こまめなT中さんが早速達磨ストーブに火をおこします。
20200301-012
達磨ストーブ囲んで
気心知れああったメンバー 「乾杯~」で宴の開始。
田上町在の二人の御婦人も加わり9名で宴会。
大鍋の熱々豚汁は材料の全ては加代子さん提供。
肉と一部を除いて野菜は全て自家栽培の由。
受け皿も10人分ほど用意して貰い感謝感謝です。
T中夫人 mimiさん Y田さんそして我が相方からも
手作り手料理が切れまなく出てきます。
20200301-013
Y田さん手作りイチゴサンド
生クリームもたっぷり美味です。
豚汁で腹いっぱいになってもスイーツは別腹?
参加者の皆は笑顔になります。

働きもののT中さんは食べ上げた豚汁の大鍋を奇麗に洗い流し。
小屋の鉞で薪を割ったり・・・・

お茶タイムからミニコンサートも加代子さんのハモニカと
mimiさんのオカリナコラボ・・・

猿毛小屋は加代子さんの今は亡きご主人まことさんが
2010年の冬季遭難死事故に端を発して中心になって手作りで
建てた山小屋。まことさんとの思い出がよみがえります。
あまりにも居心地よく、食べ物も沢山、3時間近い小屋での長逗留。
後片付けして小屋を出る我等です。

20200301-026
村松白山~粟ヶ岳 ※拡大
20200301-027
山頂の鐘 角田山~多宝山 ※ 拡大
下山は山頂から旧スキー場に向かって周回。
第一展望台 第二展望台と・・
天気はそこそこなれど雲が展望を阻害。
20200301-028
白山~粟ヶ岳 ※拡大
Pm 02:10 第二展望台

20200301-029
第二展望台
すっきり晴れていれば【飯豊連峰】から【朝日連峰】までも望遠可能。

20200301-030
下山
旧スキー場の遺構を時折目にしながら下山。

Pm 2:27 分岐
20200301-032
course案内板 ※ 拡大
我等は<沢course>から猿毛集落へ戻ります。

春の日差しを受けながらのんびりと沢沿いの道を下ります。

Pm 03:00 登山口🅿
小屋で腹いっぱい食べて笑って、ミニコンサート 別腹スイーツ 
下山途中で皆さんお宝ゲット(秘密)も。。。
天気にもメンバーにも恵まれ気持ちの良い一日を過ごせたジィ~ジです。

又の再会を約し、長岡グループの皆さんとお別れ、
ジィ~ジは加代子さん宅まで送り、家路につきます。
日が長くなりまだまだ明るいうちに我が家に無事到着。
  ジィ~ジ 【猿毛岳】01-2020

          015-2020

|

« 古の里山」【国上山】 | トップページ | 春雪【越後(村松)白山】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

かあちゃんさま
こんばんは~ いつもありがとうございます。
両日ともお天気に恵まれ、同行者に恵まれ楽しい時間を
過ごすことができました。
角田山は現在 カタクリも咲き出し盛りを迎えつつあります。
猿毛はまことさんのお陰でゆっくり休めますね。
この日は食べすぎてしまいました。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年3月12日 (木) 21:12

こんばんは。
どちらのお山も、皆さんと楽しそうですね。
角田は今頃、雪割草や、カタクリも咲いてきているでしょう、気がもめます。
猿毛岳も、まことさんに感謝し、暖かい小屋でゆっくり話をするのが楽しいひとときです。
ごちそうが多すぎて、腹いっぱいで帰りはつらそう(笑)

投稿: かあちゃん | 2020年3月12日 (木) 19:43

もうぞうさま
今晩は~ いつもお世話様です。
久しぶりの猿毛岳でした。
この先、また何回か?訪ねることになるかと思います。
もうぞうさんのお宅からも近いので機会を見つけて是非。
写真の手料理はごく一部でこのほかにも色々と。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年3月11日 (水) 21:37

猿毛岳、久しぶりですね。
しかもすごいご馳走!!ですこと。

投稿: もうぞう | 2020年3月11日 (水) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古の里山」【国上山】 | トップページ | 春雪【越後(村松)白山】 »