« 花も眺めも【角田山】 | トップページ | 【弥彦山】そして(妙法寺) »

2020年3月19日 (木)

春の妖精と健康維持対策?

お天気も良いし、日も長くなってきたので花を見に行こうか!!
お昼を済ませそそくさと出かける準備っをする我等です。
行先は【角田山】『五ヶ峠登山口』から反対【樋曽山】に向かって

3月12日(木)☀

行先 【角田山山塊】

同行 相方 ジィ~ジ 計二人

行程 五ヶ峠~福井山~角海峠~支尾根先端 (往復)
記事 道端は今を盛りとするユキワリソウ、そしてカタクリも開花
Pm 01:25 五ヶ峠

20200312-001
シロキツネノサカヅキモドキ ※ 拡大

登山口脇の朽ち木にしばしばみられるソロキツネノサカズキモドキ
足場の悪いヌッルヌルっとしたうす暗い杉の急登を登り切れば、
足元は一面のキクバオウレンの大群落が広がります。
その先には一面にユキワリソウの大きな株が其処彼処に点在します。
海側に張り出した支尾根には色とりどりの花の楽園が見られます。
※過って10数年前までは<秘密の花園>と呼ばれていたことも・・・

20200312-005 20200312-006

20200312-00720200312-009 
ユキワリソウ(オオミスミソウ) ※ 上記写真全て拡大

通称西蒲三山【角田山~弥彦山~国上山】縦走路の一部を歩きます。

あっちふらふらこっちふらふら花々を求めて彷徨い歩き

Pm 02:13 角海峠
20200312-016
角海峠

我は前方の【樋曽山】へは出向かず、角海峠の先に延びる支尾根を辿ります。
日本海に向かって伸びる尾根は小さなピークが3つほど・・・
足元にはユキワリソウの大きな株が点在。
20200312-027 20200312-028
ユキワリソウ  ※ 拡大

<Spring ephemeral> 春本番を迎える美しき妖精たち
    ↓      ↓      ↓      ↓      ↓
20200312-024 20200312-029
( 写真左 カタクリ  写真右 ミチノクエンゴサク ) ※ 拡大
20200312-035 20200312-040
( 写真左 アヅマイチゲ  写真右 キクザキイチゲ ) ※ 拡大
※ 葉の形状 蕊(しべ)の形状が全く異なります。
アヅマイチゲはこの周辺では滅多に見られないかも。

Pm 15:05-15:10 支尾根先端

20200312-038
どっしりと横たわる【角田山】 ※ 拡大
波打ち際には浦浜集落の🅿も見られます。
このピーク先端から先は急崖 踏み跡もありません。
この日はここで引き返し・・・
20200312-034 20200312-043
( 写真左 ナニワズ  写真右 キクバオウレン ) ※ 拡大

Pm 15:49 角海峠
20200312-053
角海峠  ※ 拡大
上記写真の前方に見られるピークまで歩いたことになります。
三山縦走路、足元の花々を見ながら戻ります。
目を上に向ければ木々の梢に・・・
2469 2470
( 写真左 アブラチャン  写真右 オクチョウジザクラ ) ※ 拡大
20200312-055
福井山四等三角点

20200312-056
コシノコバイモ(越之小貝母) ※ 拡大
Pm 04:25 五ヶ峠
20200312-057
夕日を浴びる五ヶ峠

この日の予定終了です。 この日の顔見知りの方2名遭遇。

空模様を眺めてからの出発。春の花々は御昼頃からが全開し競演開始。
静かな山歩き、そして腹一杯になるほど花々を満喫、所要時間も丁度
3時間と体調・健康維持には適度な時間?
心身ともに満足感一杯のジィ~ジです。

          ジィ~ジ 018-2020

  … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
 
幸い前日に続いて好天。
特段の用事もない相方とジィ~ジ。前日に続いて気楽にお出かけ。
行先はまたまた【国上山】です。 
目的の一つはコシノコバイモ探索。

3月13日(金)☀

行先 【国上山】

同行 相方 ジィ~ジ 計 二人

行程 酒呑童子神社~朝日山展望台~国上山~蛇崩~ちご道~分岐~
   こもれび広場~酒吞童子神社

記事 少し冷たい風が吹き、汗っかきジィ~ジでもあまり汗かかず
   今回は先回2月24日 レポ⇒こちら の逆回り
Am 10:33 酒呑童子神社
こもれび広場への分岐を右に見て朝日山展望台に向かいます。
20200313-001
スミレ ※ 拡大
足元には春を代表するスミレが見られるように・・・
展望ポイントからは日本一の大河信濃川の分流 大河津分水。

20200313-002
世紀の大事業大河津分水が滔々
一旦車道を跨いで朝日山公園から古刹国上寺を目指します。

Am 10:51 国上山登山口

20200313-003
国上山登山口 ※ 拡大

途中、登山道整備中 擬木で階段状にステップが切られています。
20200313-004
擬木材料
Am 11:15ー11:18 国上山山頂

20200313-006
国上山山頂
山頂は日本海から吹き付ける風が意外と強く、更にお昼にはまだ早いので
一服してすぐに前進です。

20200313-007
コシノカンアオイ

20200313-008
蛇崩れから【弥彦山】
簡単なお昼はちご道の一角にある休憩用ベンチ。
出来合い調理パンっとインスタントコーヒー 

常連さん?何人か我らの前を通り過ぎていきます。
この日もスプリングエフェメラルを愉しみます。
20200313-00920200313-012 
( 写真左 カタクリ  写真右 ショウジョウバカマ ) ※ 拡大
20200313-014 20200313-015
( 写真左 コシノコバイモ  写真右 キクザキイチゲ ) ※ 拡大

このルートは特に白 青のキクザキイチゲの群生が目立ちます。
目的の一つ コシノコバイモ も何株か?確認。

ちご道分岐からこもれび広場に向かう我等です。
Pm 00:47 こもれび広場



20200313-017
木漏れ日広場
Pm 00:56 酒呑童子神社
20200313-019
酒吞童子神社

13日の金曜日 欧米では忌み嫌う日?
新形コロナウイルスの感染拡大で相場も大暴落。
気晴らしの山歩きはコロナウイルスには罹らない?
ランチタイムを含んで凡そ2時間半。
年寄りの健康対策にはほどほど適度な時間?
(自己満足)
このコースは毎度の時計逆回りの方が自分に向いている感。

         ジィ~ジ019-2020 

|

« 花も眺めも【角田山】 | トップページ | 【弥彦山】そして(妙法寺) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

かあちゃんさま
何時もありがとうございます。
新型コロナウイルスで世界中が混乱していますが
多分今のところ山までは波及しないと思っていますし
願っています。

アヅマイチゲは偶然でしたが、見つけようとしても
なかなか見つからないと思います。
三山縦走路の一部この辺りは花が豊富で歩き易い良い径。

近いうちに国上のカタクリも見に行かねば!!
忙しい 忙しい (笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年3月23日 (月) 08:30

こんばんは。
コロナウイルスの影響か、家族づれが多く見られますね。
アズマイチゲは今まで気付かなかったかも、、
樋曽、福井はゆっくり花を見て、いつまでも歩いていたくなる素敵なコースですよね。

国上のコシノコバイモは私も楽しみにしています。
剣ヶ峰が有名だけど、稚児道のカタクリも素敵だなと思います。

投稿: かあちゃん | 2020年3月22日 (日) 18:28

もうぞうさま
いつもお世話様です。
お忙しいようですね。今が花の盛りですよ。
新形コロナも山までは来ないだろうと・・・

我が家のユキワリソウやキクザキイチゲ 春蘭などは
咲き始めていますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020年3月22日 (日) 10:22

良い季節になりましたね。
春の妖精たちが咲き誇っています。
今年はパスかな?

そうそう我が家の庭の妖精たちは、ゆっくりしているようで、まだ蕾です。

投稿: もうぞう | 2020年3月21日 (土) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花も眺めも【角田山】 | トップページ | 【弥彦山】そして(妙法寺) »