« 日記代わりの覚書(アルビ+街歩き) | トップページ | 変更【一切経山⇒箕輪山】 »

2019年10月19日 (土)

天気晴朗【安達太良山】

55年前の10月10日。オリンピック東京大会が快晴の下、華やかに開催。
当時 ジィ~ジは大学3年生。
アルバイトの家庭教師などしながらそれなりの学生生活を満喫。

それにしても当日10月10日は全国的に素晴らしい快晴。
以降?10月10日は天候特異日 毎年晴れの確率が高い。

今年も例外ではなく、予報では☀マーク。

と言うことで、長岡在の岳友と秋山を満喫すべくお出かけです。
行先は隣県福島県の【安達太良山(1700m)】です。

10月10日(木) ☀

同行 長岡T中夫妻 T村さん K沢さん  相方 ジィ~ジ 計 6名

行程 沼尻登山口~船明神山~安達太良山~鉄山~湯の華採取場~沼尻登山口

記事 珍しい程の穏やかな日となるも紅葉は・・・

Am 07:45 沼尻スキー場 待ち合わせ。 
         T中さんグループの車と待ち合わせ  数分違いで合流。

Am 07:55 沼尻登山口 標高≒1130m

Kimg0367
登山届(入山届)を投入して

※ ジィ~ジは 【安達太良山 奥岳から塩沢温泉からそして沼尻からと
コースや時期を変え過去8回ほど。今回の沼尻コースは3度目

今回は登山口から左右2カ所有るrouteの右からスタート。
出発するや3分ほどで展望台。 “白糸の滝” 【吾妻連峰】 が目に入ります。

Kimg0370Kimg0379 
( 写真 左 オヤマリンドウ  写真 右 シラタマノキ ) ※ 拡大

始めは暫く灌木帯のなだらかな道を辿ります。

Am 08:34ー08:40 湯の華採取場分岐

Kimg0372
眼下に湯の華採取場
Kimg0373
一切経山 東吾妻山 西吾妻山(右より) ※ 拡大
 “湯の華採取場分岐” から先は、急登に変わり雰囲気も一変します。
樹木も灌木帯からハイマツ帯に交代、眼前には濃い灰色の水を蓄えた火口湖。
 “沼ノ平” の絶景が拡がります。
明治33年の爆発では硫黄採取従事者70人以上の犠牲者が、
そして平成9年(1997)にも硫化水素中毒で4名の死者を出した “沼ノ平”
爆裂火口は直径1㌔ 深さ150m.と言う。
噴火の壮絶さをまざまざと見せつけています。火星とか異星はこんな感じ?
むき出しの断崖、爆裂で残った巨大な岩 筆舌に尽くしがたし。

Kimg0377
沼ノ平火口を俯瞰
Kimg0375
立ち入り禁止地帯
 我等は “障子岩(1,501m.)” から 【船明神山】 を目指します。
Kimg0382
船明神山へ向かう仲間たち
通称(船明神池)から切り立つ岩峰の【船明神山】へAttack。

Kimg0383
船明神山は険しい
Am 10:25 船明神山山頂
【船明神山(1667m)】山頂には小さな石祠が安置されています。

【船明神山】から下り、“石筵コース” との合流点から山頂に向かいます。

混雑している“牛の背”から赤茶けた道を辿ります。

Kimg0389
山頂目前(乳首)
山頂の岩峰(乳首山)は大勢のハイカーで渋滞発生。 順番待って・・・

Am 11:10 安達太良山山頂(乳首山) 1699.7m.

Kimg0390
安達太良山山頂にて記念
下山ルートも梯子場で渋滞。順番待ち!!

Am 11:22 柱標

Kimg0393
安達太良山頂
“牛の背”から“馬の背”この周辺は毎度風が強い場所。
以前、耐風姿勢をとっても70㌔(当時)のジィ~ジも吹き飛ばされそうな事も。
されどこの日は有り難いことに精々3,4m程度の風。
風当たりの弱い場所で腰を下ろし、靴も脱いでランチタイムとします。

Am 11:33-Pm 00:17 ランチタイム
温かい飲み物、持参のお握りに持ち寄り手料理のおかずが順々に・・・
のんびり食事を楽しむ我らです。

“峰の辻”からMainerouteは上り下りのハイカーが蟻の様。

Kimg0394
蟻んこの様に大勢のハイカー
我がグループは “馬の背” から【鉄山(1670m.)】 を目指します。
その前に【矢筈森(1673m.)】も立ち寄り。

Kimg0400
鉄山に向かって
Pm 01:00 鉄山山頂 1709m.

【鉄山】から<鉄山避難小屋>に立ち寄ります。

Pm 01:20-01:30 鉄山避難小屋

頑丈な構造体と内部も綺麗な気持ちの良い避難小屋。
先には連峰の最高峰 【箕輪山(1728m.)】 の山頂も確認されます。

Kimg0404
鉄山避難小屋
此の先を5分ほどには(石楠花の塔)

Kimg0407
石楠花の塔
プロペラは昭和30年代にこの近くに墜落した自衛隊機の残骸。

Kimg0408
磐梯山と檜原湖と秋元湖
登山道は小石がゴロゴロするゴーロ道で少々歩き辛い。
爆裂の物凄さが随所に散見されます。

Kimg0412
同行の仲間たたち
膝を痛め、膝が曲がらなくなっているジィ~ジ、下りは苦手。
辛い下りが延々と続きます。

Pm 02:00 胎内岩
背中からザックを下ろし如何にか潜り抜けれる狭い空間。

Kimg0413
胎内潜り
Kimg0414
出産

Kimg0415
モニュメント?
硫黄川源流を目がけて下山。ザレ場の下りは辛い!!
Kimg0416
湯ノ華採取場に向かって
Pm03:10-03:20 作業小屋前(休憩)

源泉帯では若い男女が気持ち良さそうに入浴中。

Kimg0418
湯ノ華採取場作業小屋の前にて

Kimg0421
吹き零れる源泉

Kimg0424
白糸の滝
温泉の導管に沿って硫黄川を見下ろしながら登山口を目指します。

Pm 03:48 沼尻登山口

Kimg0425
無事下山
長岡T中さんグループ4名様は沼尻温泉 田村屋旅館に宿泊
わが家は残念ながら一寸夕方用があるのでお泊まりは出来ません。
天気は終日ドがつくほどの快晴で絶好の条件。
風も山頂で精々数m登山にはこれ以上の条件は有りません。
ただ、少し残念だったのは天気晴朗なれど期待していた紅葉が
イマイチ。 (表登山道側はマズマズの様相だったようだが)
2年まえの10月9日同コースの紅葉は ↓
Kimg3508
Kimg3505
2017 10/9
些か期待外れだった紅葉を除けば、絶好の登山日和、毎度のことながら
気心知れた山仲間との山歩き。
絶景を心ゆくまで堪能することができ、歩けることに改めて感謝です。
もう暫く体力脚力の現状維持が出来るよう願うジィ~ジです。
登山口で又の山歩きを約しお別れです。

帰路、柏屋の薄皮饅頭を購入して一路磐越道から我が家へ向かってGo

       ジィ~ジ 089(91)-2019


 

|

« 日記代わりの覚書(アルビ+街歩き) | トップページ | 変更【一切経山⇒箕輪山】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

かあちゃんさま
いつもお世話さまです。
智恵子抄で有名な安達太良山、コースを変え時期を変え
過去8回ほど訪ねている好きな山の一つ。
コースも幾つもあるので登山者で賑わっています。
時によっては吹き飛ばされるような風の強い日も
ありますが、この日は穏やかな天気で気持ちが良かった。
紅葉は今年遅れているだけでなく、葉が既に焼けて
期待イマイチ?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年10月23日 (水) 08:40

こんばんは。

噴火口は迫力がありますね、私だと逃げ腰になるかも。
ここは有名なだけあって渋滞ですか。
それでも行ってみたいな、、、

紅葉は今年はあんまりですよね?赤がはっきりしないというか。
里を歩いてても、あれ~??と感じます。

投稿: かあちゃん | 2019年10月22日 (火) 20:06

玉井人ひろた さま
comment多謝です。
安達太良山はコースを変え、時期を変え8回ほど
お邪魔している好きな一座です。
山頂の牛の背付近は風の通り道でいつも強烈な風が
吹いて居る事が多いですね。
更にガスれば道迷いが発生しやすい山容なので注意が
肝要です。
硫化水素も出ていますし、注意が必要ですね。
私も無理せず天気の良い日を選んでいます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年10月22日 (火) 17:46

安達太良山は、猪苗代町・二本松市・郡山市そして私が住む大玉村の4市村にまたがる山ですが、郡山市と猪苗代のコースは最も遭難が多い箇所です(毎年発生)。

天候に恵まれて幸いでしたね

投稿: 玉井人ひろた | 2019年10月22日 (火) 16:38

もうぞうさま
いつもお世話さまです。
安達太良山は新潟からもアクセスが良く何度行っても
飽きない好きな一座です。新潟の山と雰囲気が異なる
所為もあるのでしょう。
コースも幾つもあるのでそれも魅力です。

この日は特異日本当に爽やかな一日でした。
オリンピック10月開催にして欲しかった。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年10月20日 (日) 09:48

さすがに通でいらっしゃる。
知らない地名・山名がチラリ。
それにしても前回にも優るとも劣らない素晴らしい天気で、なによりでございましたね。
来年から名称が変わるらしいスポーツの日を、動かしたことが残念です。

投稿: もうぞう | 2019年10月19日 (土) 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日記代わりの覚書(アルビ+街歩き) | トップページ | 変更【一切経山⇒箕輪山】 »