« 今回は此の花【角田山】 | トップページ | 目先を変えて【糸魚川八十八箇所巡り】 »

2019年9月 6日 (金)

目的叶わず【角田山】

或る方のブログ記事にツリフネソウが咲き出した写真がUp
それでは我等も見に行かねば・・・と。 向かう先は定番 【角田山】

月31日(土) ☀

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 五倫石登山口Ⓟ⇒山頂⇒ほたるの里コース⇔山の神⇒五倫石登山口

記録 登山口Ⓟで支度をしていたら常連のT川氏の車が・・・
    彼はいつも“山の神コース”から登ると言う。
    我らは往路は“五倫石コース”から復路に“山の神コース”を利用。

Am 10:02 五輪石登山口

Kimg9954
五倫石登山口

Kimg9955
ノブキ
期待していた ツリフネソウ キツリフネソウ 全く見つかりません。
登山路脇には二人で見るも見つかりません。
Am 10:35-10:39 ホタルの里コース合流点

急登の階段状の登山道息を切らしながら登り、ヘロヘロ状態。
水分補給登息を整え休憩
此処から先には山頂へのキツイ傾斜の登りが待ってます。

Am 10:53-11::25 山頂

何とかかんとか激登りをクリアーして道が緩やかになれば山頂です。
汗を拭き、シャツを着替え 木陰のベンチで座り、珈琲飲んで小腹も満たします。
暫くすると常連T川氏も到着。 (“山の神コース”の方が距離長い)
暫し 山談義に花が咲きます。

Kimg9958
山頂

息も整い、腹も満たされたので〈向陽観音〉まで足を伸ばす我らです。

Am 11:37-11:47 向陽観音

Kimg9959
向陽観音前広場で寛ぐハイカー
眼下の平野に拡がる田圃は黄金色。
残念ながら少しは期待していた展望はとどのつまり思いは叶わず。
それでも極端な暑さも峠を越して爽やかさを覚えます。
観音堂の前で常連のH川氏と遭遇。挨拶交わして一寸情報交換。

下山路は “ホタルの里コース” を下ります。

Kimg9960
急坂下山
Pm 00:45 山の神分岐

Kimg9961
山の神分岐

此処から左折 途中少し急な傾斜もある道を 山の神 に向かっ下ります。
目的の花、このコースではもともとあんまり見られない?
見られるのは盛りを過ぎた ミヤマウズラ が其処にも此処にも!! 


Kimg9962
オクモミジバハグマ
Pm 01:02 山の神

Kimg9964
山の神
虚空蔵尊を祀る〈山の神〉に両手を合わせ、頭を垂れるジィ~ジです。
Pm 01:08 五倫石コース登山口

〈山の神〉の鳥居の前の林道へ出れば、直ぐに“五倫石コース”登山口Ⓟ


目的の ツリフネソウ キツリフネソウ は共に見れず、目的叶わずとなるも、
終日家でゴロゴロ無為な時間を過ごすよりは、体調管理 運動不足解消には
それなりの効果が有ったかな!!と思うジィ~ジです。(強がり?)
それでも目的の(花)は近日、間違いなく見られることでしょう。

   ジィ~ジ【角田山】 35-2019

             078(080)-2019

|

« 今回は此の花【角田山】 | トップページ | 目先を変えて【糸魚川八十八箇所巡り】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

かあちゃんさま
いつもありがとうございます。
毎度毎度の角田山です。
ツリフネソウは確かに稲島でしょうね。
今回は解っていながらも敢えて(笑)五倫石、ジィ~ジは
へそ曲がりなんですよ。
8日(日)暑いので朝の内に五ケ峠から(笑)
角田ばっかし・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年9月 9日 (月) 10:10

こんばんは。
頻繁に登られてますね~、凄い、そして羨ましい限りです(^^)

ツリフネソウといえば、稲島のイメージ、、今年は猿毛で早々と見たかな?

今日は角田と思ったけど行けなかった~、でも暑くてどっちみち無理でしたf(^_^;)

投稿: かあちゃん | 2019年9月 8日 (日) 20:06

もうぞうさま
今晩は~
いつもお世話さまです。
毎度代わり映えの無い角田山の記事にcomment多謝です。
ツリフネソウ今頃咲き出していると思いますが
釣り船に似た形の花なのですよ。
黄色はキツリフネソウです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年9月 7日 (土) 20:56

おはようございます。
目的の花を見つけられないとは、珍しい事ですね。
私なんかいつものことですけど。
そもそもツリフネソウ自体の記憶が、曖昧です。

投稿: もうぞう | 2019年9月 7日 (土) 07:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今回は此の花【角田山】 | トップページ | 目先を変えて【糸魚川八十八箇所巡り】 »