« 歩ける間は【角田山】 | トップページ | 今回は此の花【角田山】 »

2019年8月30日 (金)

刺激をGet【角田山】

お盆過ぎの暑い最中17日、あまりの暑さにstaminaを奪われながらも
キツネノカミソリの開花状況を確認してから既に1週間経過。
多分、花はもう終わっているかも・・少しでも残っていて欲しい。
上越始め県内の各地から40代50代のジィ~ジと世代の異なる若き
岳友の皆さんが折角来てくれるのだから・・・

8月24日(土) ☀

同行 (妙高) W夫妻 (小千谷) M氏 (魚沼) Sさん (三条) Oさん
    (新潟) Fさん 相方 ジィ~ジ 計 8名

行程 巻ふるさと会館(浦浜登山口)~通称 ヨーロッパ松コース~山頂~
    向陽観音~山頂(ランチ)~浦浜コース~浦浜登山口

記事 Am 09:00 巻ふるさと会館Ⓟ
「初めまして~」 「久し振り~」 改めて自己紹介から始めます。
同好の士 すぐに打ち解けあいます。

Am 09:15 巻ふるさと会館スタート

Kimg9897
センニンソウ
登山口Ⓟの前面、山肌にはカラスウリセンニンソウの花が今、盛り。

“浦浜コース”から別れ、通称“ヨーロッパ松コース”に向かいます。
非公認コースは最初から急登の連続。

Kimg9898
急登の道が続く
もう花も終わってるかな?と思っていたところ、案に相違し、未だまだ沢山。
Lucky!! 折角 遠路来てくれているのだから・・・有り難い有り難い。

Kimg9901
道の両側に
Kimg9902
山肌に群生する様子を写真に

此の先、足場も無い急登の道が続きます。
何年も前からロープが張られていますが、ズルズル滑り気が抜けません。
それでも周りには目的の花 キツネノカミソリの群生が見られます。

Kimg9907

Kimg9910
キツネノカミソリ

急登をクリアー、尾根道へ出るも“小浜コース”まで意外と長い。

Kimg9913
ツリガネニンジン
灯台コース”合流点まで来れば山頂まで残り僅か!!
“五ケ浜コース”合流更に〈三宝平〉からアップダウウを繰り返し山頂へ・・

時間も早いので【角田山】山頂を通り越し〈向陽観音〉へ向かいます。

Am 11:30-11:55 向陽観音
残念ながら【鳥海山】はおろか【飯豊連峰】も展望叶わず (残念)

69898969_2623778090986407_36733438931322
観音堂の前で冷たいパピコ
同行のM氏からヒンヤリ冷たいパピコのPRESENT。
世代の異なる若い人たちと接するだけで沢山の刺激を受けるジィ~ジです。

Kimg9920
ハート♥ ♥ ♥

68542638_513216402765787_884541057259483
Yさん(右)&ジィ~ジ(左)
ジィ~ジも調子を合わせ、ノリノリ 。

Pm 00:02-01:05 角田山山頂

敷物敷いて車座になって和気藹藹ランチタイム。
山の話、料理の話、話は尽きません。
世代の異なる若き岳友から諸々インスパイア
ジィ~ジも一瞬若返ったような錯覚に陥ります。
お盆も過ぎて吹き抜ける風も心地よく、爽やかさ溢れ気持ちが良い!!

69395146_2363965877152202_71025741931908
お昼の宴

69392232_1730794920397317_57340146213086
下山時に記念の一枚 (Y氏撮影)

69271536_2512568605684141_46105742919126
下山

下山路は公認“浦浜コース”を辿ります。そよ風受けながら下山。
このコースはキツネノカミソリ鑑賞の定番コース。
花は終盤を迎えていますがまだまだ見応えあり大満足。
Kimg9927

Kimg9928
キツネノカミソリ

遥かに海岸線を望む旧吾妻屋で最後の大休憩。
話は尽きず20分ほど楽しい時間を過ごす我らです。

Kimg9930
ネーミングが可哀想なヘクソカズラ

此処から先は段差の酷い石段混ざりの登山道。
年寄りには注意を要する道です。
年を取ると必然的?に躓かないよう一歩一歩が慎重になってきます。

Pm 02:45 浦浜登山口(巻ふるさと会館)   
無事 花も満喫、山談義にも花が咲き、充実のひと時を過ごせた我らです。
遠路からの若き岳友の皆さん、帰りの時間もかかるのでまたの再会を約して
この日の散会とします。


目的の花が終わっているかも・・・と事前にお知らせはしていたものの幸い
まだしっかりと残っていて、暑さも一時程でもなくまずまずのCondition。
遠路から来て貰った甲斐も有ったかな!!とと思うジィ~ジです。
相方と二人所帯のジィ~ジにとって子供世代の山仲間と交わり、行動を共にし
山や花の話をしながら、世間話をすれば何かしらの刺激を受けるものです。
年寄扱いも特にせず、普通につき合ってくれる同行の諸氏に感謝感謝の
ジィ~ジです。願わくば又、今回の様な機会が有って欲しいもの・・・と。

   ジィ~ジ【角田山】 33-2019

               076(078)-2019

|

« 歩ける間は【角田山】 | トップページ | 今回は此の花【角田山】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

かあちゃん さま
いつもありがとうございます。そ
うなんですよ。遠路からわざわざ来て貰ったのですから
キツネノカミソリが残っていてLuckyでした。
ヨーロッパ松コースは急登の連続で距離も割と長い~。
若い皆さんはノリが良いですよね。
刺激を受けました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年9月 1日 (日) 19:33

皆さんと、楽しそう!(^^)

キツネは意外と長く咲いてますね、間に合ってよかった。
ヨーロッパ松コースは大変な所を歩くんですね、それでも皆さんと一緒に楽しそうです(^^)

投稿: かあちゃん | 2019年9月 1日 (日) 19:23

玉井人ひろたさま
commentありがとうございます。
角田山のキツネノカミソリは8月8日頃から
26,27日頃までは見られるようです。
意外と花期が長いようです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年8月31日 (土) 16:58

キツネノカミソリの開花、そちらのほうが早いんですね

投稿: 玉井人ひろた | 2019年8月31日 (土) 08:48

もうぞうさま
今年は2度目のヨーロッパ松。
自分の子供世代の方々と触れ合うと刺激とenergyが
得られるように思えます。
年寄りに着き合ってくれる山仲間に感謝です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年8月30日 (金) 19:45

ヨーロッパ松、懐かしいです。
もう登山口も忘れてしまったかも?
バラエティーに富んだ人たちで、楽しそうですね。

投稿: もうぞう | 2019年8月30日 (金) 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歩ける間は【角田山】 | トップページ | 今回は此の花【角田山】 »