« 実益兼て【三ノ峠山】 | トップページ | φ(..)メモメモ 覚書き »

2019年6月23日 (日)

本番【天神山城~松岳山】花と強風【平標山】

(趣味の山歩きを通して) 新しいお友達が増えればいいね。
登山や山の花を一緒に楽しめればいいね!1年越しの計画を実行する相方です。
勿論、ジィ~ジにも異論はなく、出来る限りの協力は惜しみません。
(協力は片道30分程度の運転位?) 肝心の‘山’では頼りにならないかも・・・

6月13日(木) ☀

本番当日。幸い天気は文句のつけようがない程の好天。
集合時間の9時半前には長岡市 五泉市 加茂市 新潟市秋葉区 各地から
岩室丸小山公園登山口に既に集結。 (予定より30分ほど前 年寄りの証拠?)
本番を迎えたこの日、敢えて下見と逆コースを選択する相方とジィ~ジです。

行先 【天神城山~松岳山】

行程 岩室丸小山公園~天神山城~分岐~松岳山~岩室丸小山公園

同行 長岡G T中夫妻 mimiさん 加茂G 加代子さん 一路氏 
    五泉G F氏 ニリンソウさん(秋葉区) Aさん (秋葉区) 
    新潟G Kさん(新発田市) Tさん 相方 ジィ~ジ   
                                    計12名

Kimg9270
集合時間30分前に全員集合

記録 
お互い始めの方も多数、まずは輪を組んで簡単な自己紹介から始めます。

Am 09:35 岩室丸小山公園登山口Ⓟ

今回の言い出しっぺの相方が先導で、ジィ~ジはラスト(殿)を務めます。
ユックリペースで爽やかな樹林帯を吹き抜けるそよ風を受けながら前進。
道端に何か(花)を見つける度に立ち止まり、しゃがんで確認する我らです。
男女を問わず皆さん〈花〉好き人間ばかり、〈花〉を通して即 打ち解けます。
    (和気藹藹) 
Kimg9271 Kimg9275
( 写真 左 イチヤクソウ  写真 右 イワガラミ ) ※ 拡大

加茂からの加代子さん 一路氏はホームグランドが【猿毛岳】
五泉 新潟秋葉区からの F氏 ニリンソウさん Aさん のホームグランドは【菩提寺山・高立山】
長岡 T中夫妻 mimiさん ホームグランドは【三ノ峠山】
新潟 Kさん(新発田市) ホームグランドは【大峰山】
・と言うことで、堀切 空堀・ 石塁・土塁 物見台跡など戦国山城の面影残すこのコースには馴染が少ないようで新鮮味が感じられたらしく 「良かったなぁ~」と思うジィ~ジです。

所々にロープも張られた深く抉られたトリッキーな堀切・空堀 など要注意の場もあるものの、距離的は短くのんびりと楽しみながら歩けます。
【天神山城】で小休止、蒲原平野越しに【菩提寺山】 川内山塊を確認。
「あそこの山は何だっけ?」Aさん 「あれは【棒掛山だ」 とF氏。
皆さん山座同定にも余念が有りません。
新潟市の最高峰【多宝山】を左に分け、我らは右【松岳山】へ向かいます。

Am 11:35-Pm 00:50 松岳山

Kimg9281
お昼の宴(一部)
【松岳山】 【天神山城】 支城 砦として眼下の敵の動向は一望の下。
お昼のおかずが次から次と回り、山談義に花が咲きます。 <侃々諤々>  。
お昼時間をたっぷりとっても下りは30分も掛りません。

下山は麓の‘岩室神社’を目指します。
‘岩室神社’に着と奇特な皆さんはお賽銭をたっぷり納め参拝。

※ 近くの祓川はこれからの時期 冬妻(ひよつま)ホタルが乱舞

‘岩室温泉’湯の香が鼻腔をくすぐり公園登山用Ⓟへ、(僅か2百数十m。)

Pm 01:15 岩室丸小山公園

Kimg9283
スタート地点
参加の皆さん、既に何十年に亘る知己の雰囲気。
皆で最後の挨拶を交わし、またの機会を約して散会です。

 ※この日の 記録 ニリンソウさん ⇒  コチラ 
 ※この日の 記録 一路氏 ⇒ コチラ
丁度1年前、加茂の【猿毛岳】その山頂にある(猿毛小屋)で兼ねてより相方が
ブログフアンのニリンソウさん に遭遇し色々と山の花を教えて貰ったことが縁で
相方がお礼の意味を含め今回企画。天気も味方し目的達成 ジィ~ジも満足満足。
(猿毛小屋)を立てた故まことさんを感ずるジィ~ジです。

          ジィ~ジ 057(058)-2019

同好の士が集った前日の【天神山城~松岳山城】も目的達成。
次回に繋ぎたく思うジィ~ジと相方です。
そして翌日 この日も 好天 山日和です。
一応 連荘 ジィ~ジと相方、久しぶりに少し遠出の〈山歩き〉です。

6月14日(金) ☀ 🌀

行先 【平標山】

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 元橋 登山口Ⓟ~巨大鉄塔~松手山~平標山~平標 山の家~登山口~
    林道~登山口う回路~登山口Ⓟ

記録 関越道事故?塩沢・石内ICで通行止R17で湯沢から三国に向かって登山口へ

Am 07:30 元橋 平標山登山口🅿

平日にも拘らず関東方面 群馬 埼玉 東京などの車が多数。既に出発済み。

Kimg9285
花の山 平標山
舗装された林道を 【松手山】 登山口へ・・・
登山口からはジグザグに階段登山道が伸びています。
Kimg9287Kimg9288 
( 写真 左 アカモノ  写真 右 タニウツギ ) ※ 拡大
道端には足元にも目の横にも鮮やかな花々が目に飛び込んできます。

Am 08;30ー08:35 巨大鉄塔
Kimg9289
巨大鉄塔
巨大鉄塔の先には名峰 【苗場山】 が姿・形よく望遠出来ます。最初の休憩です。
再び歩き始めれば登りが待ちうけています。

Am 09:10-09:15 松手山
【松手山】からは稜線漫歩、気持ち良く歩けるものの風が強くなってなってきます。

Kimg9290 Kimg9292


 







 

 



( 写真 左 マイヅルソウ  写真 右 ツマトリソウ ) ※ 拡大
Kimg9293 Kimg9298





 

 

 

 

 

 

( 写真 左 コシジオウレン  写真 右 ヨツバシオガマ ) ※拡大

Am 09:56 8合目

Kimg9295
8合目
この稜線は谷川山系の風の通り道なれど、滅法強い風が吹き付けて・・
強風で前進速度は極端に落ちています。

Kimg9299
振り返れば 苗場山
Kimg9303
ハクサンイチゲ群落
今年もハクサンイチゲの群生を見ることができたジィ~ジです。
Kimg9304
イチゲとキジムシロ

Line_1561258391925

暫し、しゃがみ込んでハクサンイチゲの群生を堪能します。
時折、耐風姿勢を取りながら山頂を目指すも強風と格闘、遅々として進めず。
山頂が近くに見えるのに中々着かない・・・矢鱈遠く感ずるジィ~ジです。

Am 10:50ー10:53 平標山山頂

Kimg9310
平標山山頂標識
強風の為、山頂には【仙ノ倉山】へ行き交う登山者のみ。山頂では休めません。
強風でstaminaが失われ【仙ノ倉山】へは向かう気力は皆無。
されど折角来たのだから‘花’の情況は見てみたい・・・と階段下りて

Kimg9311 Kimg9312 
( 写真 左 ハクサンコザクラ  写真 右 ミネズオウ ) ※ 拡大

Kimg9313 Kimg9318
( 写真 左 チングルマ  写真 右 タテヤマリンドウ ) ※ 拡大

立って居られないほどの強風、写真も旨く撮れません。早々に退散。

Kimg9317
仙ノ倉山方向
厚く重い雲が強風を伴い押し寄せています。
山頂まで戻り、下山は<平標山の家>経由とすることに。

Kimg9319
石楠花
往路も下山路も盛りは過ぎてはいるものの石楠花が其処彼処に。

Kimg9320
階段登山道
遥か眼下に<平標山の家>も確認。強風を伴うガスが渦巻いています。

Kimg9321 Kimg9323 
( 写真 左 ミヤマシキミ  写真 右 イワカガミ ) ※ 拡大
イワカガミの色が矢鱈と濃いピンクで\(◎o◎)/!。

Am 11:53-Pm 00:46 平標山の家

Kimg9325
平標山の家
冷たい旨い水がじゃんじゃん出ます。
(※ 20年近く前、【三国山~谷川岳】縦走の折り、一度泊まったことあり)
小屋前のベンチに腰を下ろしゆっくりとお昼を採ります。
風も少し落ち着き、気温も陽射しが出てきて高めに・・気持ち良い~
Kimg9327
群馬県境僚船trail ※ 拡大
群馬・新潟・長野の県境を結ぶ100キロの国内最長Longtrail。
<山の家>の側面に貼られています。

Kimg9328
仙ノ倉山方向
再び陽射しも出てさしもの強風も少し止んできた様子。
ユックリとお昼も済ませ、下山の開始です。

Kimg9330 Kimg9331
( 写真 左 オオナルコユリ  写真 右 ユキザサ ) ※ 拡大

急登の登山道をジグザグに下ります。
樹林層も変わり最後は落葉松林に・・・
小屋へ荷揚げをする歩荷さん(男女)とスライド。
「30キロくらいなので軽いですよ」 男性歩荷氏。

Kimg9336
歩荷さん
Pm 01:40-01:45 旧 登山口

Kimg9337
旧 登山口

(20年ほど昔はここまで車が入れ、以降も暫くは沢沿いの空き地に駐車可)
現在は登山口から元橋Ⓟまでは長い長い林道歩きのアルバイトを要します。
別荘地の手前から登山口Ⓟへのう回路がつけられています。
Kimg9339
清流
う回路は沢沿いにつけられています。沢音を聞きながら歩きます。
Kimg9341
ササバギンラン
道端にササバギンランの大きな株が・・・
別荘地と並行し別荘を横目に歩けばすぐに登山口Ⓟ。

Pm 02:40 元橋 平標山登山口🅿

Kimg9342
登山口駐車場

スタート時より車の台数は激減、殆どの登山者は既に下山の様です。
靴を履き替え、汗ばんだシャツを着替え帰宅の準備。 駐車料金¥600
R17から関越道湯沢ICへ、一路新潟へ向かうジィ~ジです。

‘花’の山 ‘谷川山系’の山としての【平標山】【仙ノ倉山】とセットになったり
【三国山】から【谷川への縦走、そして残雪期 紅葉時 新雪期 等々
年寄り故に今まで20回以上は歩いているものの健康管理・体力維持に努め
歩く速度は遅くなるばかりなれど山好き人には人気の一座。ジィ~ジも例外では
無くお気に入りの一座。願わくば来年も訪ねてみたいと思うジィ~ジです。
                         058(059)-2019

|

« 実益兼て【三ノ峠山】 | トップページ | φ(..)メモメモ 覚書き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

一路 さま
先回の※で多分・・・と思っていました。
この日の平標山は何時もに増して風が強く飛ばされそうな程。
私もお気に入りの一座です。
昨日 田中さんから二分からの守門のお誘いは受けていたのですがカミさんがヒメサユリが見たくて鬼ヶ面へ行こうと前から決めていたので同行出来ませんでした。
バッタリ出会いででしたか\(◎o◎)/!
三ノ峠山は楽なので是非訪ねてみて下さい。
久し振りの鬼ヶ面、結構きつく感じました。
ヒメサユリは粟ヶ岳に多分勝てない感じ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年6月27日 (木) 09:25

平標山ですね。
お気に入りの山で毎年のように登っていました。
特に、ハクサンイチゲ、ハクサンコザクラ、ハクサンチドリのハクサン3姉妹が好きです。
今年は残念ながら行きそびれました。

昨日、守門岳でタナカさんにバッタリしました。
鬼が面山もいかったでしょうね。

前回、名前を書かず申し訳ございませんでした。
?がオレです。

投稿: 一路 | 2019年6月27日 (木) 08:54

かあちゃんさま
いつもありがとうございます。
お蔭さまで天気も良く例の目的も達成でき良き日と
なりました。
年寄り集団ですがそれぞれ個性が違いそれはそれで面白い(笑)
又 機会を作ってみたく思いました。

平標山はそれなりに歩き甲斐もあり花の山、ここは絶対に
お薦めですよ。
次から次へと花が変わります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年6月26日 (水) 05:04

 皆さん有名な方ばかり(笑) 知らない会じゃない気がします。良い日になったみたいですね、輝さま御夫妻のエスコートのおかげですね。

 平標は未踏です、お花畑ですねえ。
ここも行きたいです。
あちこち行きたいけど、顔色見てゴマすって、疲れました。で、少々ぶーたれておりました(笑)
ありがとうございます。

投稿: かあちゃん | 2019年6月25日 (火) 22:16

もうぞうさま
いつもお世話様
年は取っても山を、そして花などを通して
新しい知り合いは思いのほか増えていきます。
勿論、大昔の知り合いで段々体力問題も含め疎遠に
なる知り合いも出てきています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年6月24日 (月) 08:34

これくらいの歳になると(失礼)、友達は減っていくものですが、どうしてまだまだ増えていく様子。
努力あればこそかも知れませんが、素晴らしいことですね。

投稿: もうぞう | 2019年6月24日 (月) 07:47

ニリンソウさま
その節はありがとうございました。
山歩きとしては軽すぎたかもしれませんが、
ホームグランドとはかなり雰囲気も異なる山だったかと思います。
登山者も少なく大人数でも迷惑になるような事も無く
偶には良いもんだと思います。
又 皆さんとご一緒に足元の花々眺めながら歩く機会が
有ればいいですね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年6月24日 (月) 07:35

ニリンソウさま
commentありがとうございます。
平標山は人並み?に昔から好きな一座。
花の時期、残雪期 新雪時期 時には縦走も兼て何度も
通った山ですが、この日は10mを越す風でユックリ花も
見ることができない状態。
来年も自分なりのペースで歩ければと願っていますが・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年6月24日 (月) 07:29

13日はありがとうございました。
加代子さんと電車でと思ってたところ
一路さんも行ってくれる、Fさん、Aさんもいいかなってなり大勢で迷惑じゃないかなと思ったりしたのでしたが
集合場所へ行ってみて
そちら様も次々と楽しいお仲間が集ってくれて
これは楽しい歩きができると安心しました。

楽しませるために下見もされていたのでしたね
菩提寺山より小さい山と思っていましたので
天神山城址、松岳山への変化に富んだ登山道は少々
戸惑いながらも楽しめました。

昼の宴にもびっくりするほどのご馳走の数々
いつもあんなかね・・Aさんとその後も話題にします
山歩きを趣味として良かったとつくづく思った一日でした。

投稿: ニリンソウ | 2019年6月23日 (日) 23:18

平標山でしたか、いい山ですね。
ハクサンイチゲ、ハクサンコザクラ、ハクサンシャクナゲ
が見れる今頃がいいようですね。

昔は毎年必ず訪ねたのでしたが
最近はきつく感じてしまってご無沙汰でした。
一番に気の合うお二人の山歩きはいいですね。

投稿: ニリンソウ | 2019年6月23日 (日) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実益兼て【三ノ峠山】 | トップページ | φ(..)メモメモ 覚書き »