« 今更ながらの覚書【角田山】 | トップページ | 山頂で待ち合わせ【角田山】NHK録画 »

2019年4月 2日 (火)

記録です。3月17日【角田山】

なまくらジィ~ジの駄ブログ 日記代わりの覚書なるも、今回のこころぐ”
リニュアルで大幅に操作方法が変わり、勉強不足の年寄りジィ~ジは理解が
出来ず新規記事のアップが思うように捗らず結果大渋滞。
特にメモも取っていないので記憶も乏しく曖昧になってきます。
頭の体操?思い起こしながら頑張ってみよう!!

3月17日(日) ☀

SNS通しての‘山友’F山女史企画の花見山行です。
行先は【角田山】

  • 集合   Am 09:00 角田浜Ⓟ トレ前
  • 参加   F山さん K瀬さん T中氏 T木氏 もう一人? 
          午後 Y本さん ジィ~ジ
  • 行程   宮前登山口~山頂~向陽観音~山頂~小浜登山口
                (ジィ~ジは別行動  此の入~山頂~観音平~宮前) 
Kimg8331
宮前登山口に向かって

F山女史御一行はR402に沿って20分強を要する宮前登山口へ向かいスタート。 
  ( ※我儘ジィ~ジはこの二日ほど前に行ってきたばかり、且つ一般道を
    歩くのが煩わしいので単独行動 )

Am 09:08 此の入登山口
皆さんを見送り、ジィ~ジは一人で此の入コースを目指します。暫く林道歩き。

Kimg8333
此の入沢
林道歩きを終えて、このポイントから 登りが始まります。
登り始めるや否や、早速 春の色彩豊かな花々が出迎えてくれます。

Kimg8335

Kimg8337
ユキワリソウやナニワズ

登山道の両側に咲き乱れる春の花々見ながら山頂を目指すジィ~ジです。
桜尾根コースと合流、隣の灯台尾根尾根コースを横目に観ながら・・・

Am 10:22 角田山山頂
Kimg8341
山頂グチャグチャ

F山女史御一行様は距離もあるのでまだ着かない事は必定。
ジィ~ジは宮前コース、湯の腰コースの合流Pointで待機することに!!

Am 10:26-11:02 合流Point待機
Kimg8342
待機場所
半袖シャツ一枚で少し冷たい風を受けながら40分弱、皆さんの到着を待ちます。
頭上には枝一杯に満開のマンサクが我らを歓迎してくれているように・・・

少々寒さを覚える頃に、御一行様は到着、そのまま一緒に向陽観音へGo

Am 11:10-Pm 00:05 観音平
Kimg8348
寛ぐハイカー
老若男女 大勢のハイカーの皆さんが思い思いに寛いでいます。
我等も敷物敷いてお昼を取りながら歓談します。
真っ白な雪を頂く飯豊連峰が目視されます。

暫くするとジィ~ジに📱 知り合いのY本さん(若い女性)からです。
丁度山頂に着いたとの報告です。
F山女史御一行様は下山の準備を始めます。
ジィ~ジは折角の連絡なのでY本さんを待ち、別行動で二人で下山することに・・

ジィ~ジとY本さんは山頂小屋にチョコッと顔をだし、常連さんに挨拶して数分で
小屋を後にして宮前コースを下ります。

Kimg8352

Kimg8353
Kimg8358

Kimg8360
山肌にユキワリソウガびっしり

Kimg8356


ユキワリソウやカタクリなど満腹になるほどの花を満喫しながら二人で下山です。

Pm 02:15 角田浜🅿

角田浜Ⓟへ到着したところ、既に小浜コースから下山していたF山女史御一行が
恰もジィ~ジを待っていたかのように又、再会。
山は同行しなかったけれどSNS山仲間のS井氏もわざわざ皆の前に!! 

Kimg8361
角田浜駐車場
我儘ジィ~ジの勝手な行動を大目に見てくれたF山女史に感謝です。
幸い爽やかな天気に恵まれ、雪割草はじめ春の花々をたっぷり堪能出来て
満足感溢れるジィ~ジです。
 
            ジィ~ジ 【角田山】 16-2019

                        025(026)-2019

|

« 今更ながらの覚書【角田山】 | トップページ | 山頂で待ち合わせ【角田山】NHK録画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
お早うございます。
従来通り貴comment入っていますよ。
NIFTYには困ったもんです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年4月 5日 (金) 09:44

おはようございます。
何度書き込んでも送ることが出来ません。
今度はどうでしょう?

投稿: もうぞう | 2019年4月 5日 (金) 07:09

Yさま
先日はご苦労様でした。
あの日はF山女史のお誘い山行だったのですが
ジィ~ジは始めからR402を歩くのが厭で別行動すると
言って有ったので全く問題有りませんので気にされなくて
OKですよ。
カタクリは少し早かったですが雪割草は最盛期に近く
天気も良い日で良かったですね。
また機会が有ればお付き合いください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年4月 3日 (水) 06:26

 こんばんは。
 この間は大変御世話になりました。

 せっかくのF女史さんの企画だったのですね、皆さんと
下山できなくてすみませんでした~。
Fさんにもごめんなさいとお伝えください。

 カタクリは終盤かなとも思うけど、今日しかも雪が
降りましたよね。もうしばらくカタクリを満喫できそう。

投稿: Y | 2019年4月 2日 (火) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今更ながらの覚書【角田山】 | トップページ | 山頂で待ち合わせ【角田山】NHK録画 »