« お天気があまり良くないのに・・ | トップページ | 目的の花を求め【菩提寺山】 »

2019年4月24日 (水)

この時期に新雪も【菱ヶ岳~五頭山】周回

NIFTY <こころぐ>の大リニュアルで、PC操作不勉強で知識不足のジィ~ジは
操作方法が大幅に変わり未だに難儀。
4月も終盤を迎えたのに未だ遅々として進まず。
薄れゆく記憶をたどたどしく思い出しながら・・・

4月(この日までアップ)
 3日(水) Pm 07:00~J2アルビレックスゲーム観戦 寒かった。
 4日(木) 大群生のカタクリが見たくて 【国上山・剣ヶ峰 砦】 
 6日(土) 思わぬ出会いも有った。 【角田山】 此の入~桜尾根
 7日(日) 白いカタクリ コシノコバイモ再度確認 【角田山】 小浜
11日(木) ニリンソウの様子確認と出会い【樋曽山】 に向かって 

そして20日もとっくに過ぎたのに今さら・・・・漸く10日前のレポ

4月13日(土) ☀

行先 【菱ヶ岳~五頭山】

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

記録
予報通り、一片の雲の欠片も無い山歩きには絶好の好天日。

Am 08:08 登山口 内の沢🅿
出発準備をする登山者、既にスタート済の登山者 車は10台弱。 
芽吹いた若葉が眩しい登山道の両側、ジグザグに高度を少しづつ⤴

Am 08:34 3合目
村杉温泉分岐(※現在 通行止め)

Am 08:46-08:50 4合目 菱見平

Kimg8655
4合目菱見平
4合目菱見平、山没慰霊塔 何時もの給水ポイントです。
5合目から6合目へとブナの林に囲まれた登山道を進みます。

Am 09:25-09:28 6合目

Kimg8656
6合目
6合目手前付近から足元には雪が見られるようになります。
此の先、7合目への杉端の急登 急崖 難所が待っています。
(※ 今の時期はまだ所々ロープが供えられた冬道)
細心最大の注意を払いながら両手も使い登り越します。

Kimg8657
難所 杉端が目前
高度差≒50mの壁状の急登、ロープや木々の枝を掴みながら一段一段。
Kimg8658
杉端クリアー
難所の杉端を無事クリアーすればアップダウンが続く稜線歩きが待っています。
二・三日前から降ったか?眩い白い新雪(春雪)が・・・長靴に心地よい
Kimg8660

山頂が見えてきた
Kimg8662
空が抜ける
9合目過ぎから山頂まではかなりキツイ傾斜が待ってます。
力を振り絞り山頂を目指すジィ~ジです。

Kimg8667
菱ヶ岳山頂は目前

Am 10:36-10:40 菱ヶ岳山頂
息切らしながら急登をクリアー【菱ヶ岳(973.5m)】山頂到着。
(※ 五頭山塊の最高峰)
暫し休憩一本取ります。
登山愛好家に人気の<飯豊連峰> どっか~ん と飛び込んできます。
息を整え山頂先のピークを目指します。

Kimg8671
981mピークPoint
此の先は 〈飯豊連峰〉 の大展望を眺めながらのトレックが続きます。

Kimg8676
飯豊連峰
Kimg8677
来し方を振り返る
振り返れば【菱ヶ岳】がかなり遠くに見えます。

Kimg8681
空は兎に角、濃い
時間もちょうど昼時に、なだらかな台地状の場所に腰を下ろす我らです。
空腹を覚えます。
Pm 00:05-00:35 ランチタイム
後方から二人連れ、暫くしたら前方から単独j行氏が我らの前を・・・・

Kimg8685
飯豊連峰眺めランチ 
簡単なランチを済ませ 【五頭山】 へ向かう我らです。
些か疲れも出てきているジィ~ジ、鞍部からの登り返しが辛い辛い。
最後の力?振り絞り、【五頭山(本峰)】の分岐に辿りつきます。
【五頭山(本峰)】は今回パス、‘前一ノ峰’へ向かいます。

Kimg8686
前一ノ峰と菱ヶ岳
Pm 01:15 前一ノ峰
Kimg8687
五頭山(本峰小倉)と飯豊連峰
※ 五頭山(小倉峰)】は正面のピーク。
‘二ノ峰’でも執拗に 〈飯豊連峰〉
  を眺め‘三ノ峰’へ向かいます。

Kimg8689
三ノ峰避難小屋
避難小屋はすっかり露出。
雪の‘三ノ峰’コースを転がらないように気をつけながら下るジィ~ジです。

Pm 02:07-02:12 七合目

Kimg8691
七合目
七合目付近から下は殆ど無雪状態。
道端では陽を受けて咲き誇るイワウチワがそこ彼処で見られます。

Kimg8693
イワウチワ
年寄り爺には転倒、躓きが最大注意点。
おまけにガタガタぼろぼろで医者通いの膝を庇いながらユックリと下山。
Pm 02:52 どんぐりの森登山口
Kimg8696
どんぐりの森登山口
残りアルバイトは登山口(内ノ沢)Ⓟへ下るのみ。
道端の花々眺めながら下ります。
Kimg8697
ミヤマカタバミ

Pm 03:06 内ノ沢登山口🅿
無事下山終了。

快晴の好日、おまけに想定外の真っ白な春雪、 〈飯豊連峰〉 の大展望を満喫
しながらの稜線歩き、以前より間違いなく脚力・体力の低下は否めないものの
七十路も半ばを越した我が身なれば、まぁそれなりに歩けた、頑張ったと達成感と
自己満足に浸ってもいいのかな・・・と。

    ジィ~ジ 【五頭山】 02-2019
             035(036)-2019

|

« お天気があまり良くないのに・・ | トップページ | 目的の花を求め【菩提寺山】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

冬男さま
お立ち寄りcomment多謝です。
雨の日のゴルフですか!! 気持ちが折れますね。
途中で止める訳にもいかないし・・
山登りは天気や具合によって途中撤退も有り、気が楽です。
尤も閑人の小生は空模様眺めて出かけるだけですから(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年4月26日 (金) 11:35

24日水曜日今年3回目のゴルフだったが出だしはプレーに影響が無い程の小雨だったがハーフを回る頃より本降り化し楽しみに来ているのに苦しみました。( ノД`)シクシク…
やっぱ ピーカンでなくちゃあ!!
それにしても中頃こんないい天気があったんだねえ。
日頃の行いの良さ!! ですかねえ。

投稿: 冬男 | 2019年4月26日 (金) 09:44

かあちゃんさま
いつもありがとうございます。
このコースは残雪期そして若い時は降雪期にもしばしば
行っていましたが、注意するところは杉端だけです。
只、折角なら飯豊連峰が望める好天の日がお薦めです。
この日から10日も過ぎているので、雪は随分融けたと
思いますよ。
是非 挑戦してみて下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年4月25日 (木) 10:00

 おはようございます。
 ここを予定しているので状況を知りたかったです、タイムリーな記事助かります。
かなり大変そうですね、私は怖くて厳しいかもしれない、もう少ししたら雪が融けて歩きやすくなるかしら?
 いつも凄いですね、尊敬しながら読ませていただいています。
 どうせ登るなら飯豊が綺麗に見える日に行きたいです。

投稿: かあちゃん | 2019年4月25日 (木) 07:40

田村さま
スパムcommentと判断されても受け取った本人が
認めれるようにすればいいのではと思います。
URLアドレス 玉井人ひろとさまからのcommentには
入っていますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年4月25日 (木) 07:32

田村さま
いつもありがとうございます。
この日は予期せぬ新雪も有り、空の青さとマッチ
素晴らしい登山日和となりました。
只、体力低下で正直かなり疲労感を覚えました。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019年4月25日 (木) 07:28

色々やっているうちに、スパムコメントと判断されないようにする方法が分かってきました。
まず名前を替えること。
一般的な名前がよろしいようです。

つぎにメールアドレスもちょっと長いアドレスに変えました。

そしてURLアドレスは記入しない。
とりあえずこれで届くようです。

投稿: 田村 | 2019年4月25日 (木) 07:22

ほんと抜けるような青空の下、素晴らしいですね。
この時期はあまり汗をかかないので、快調な山歩きが出来ますからね。

投稿: 田村 | 2019年4月25日 (木) 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お天気があまり良くないのに・・ | トップページ | 目的の花を求め【菩提寺山】 »