« 【天神山城址~松ヶ岳城址】周回+覚書 | トップページ | 一度降った雪も【弥彦山】 »

2018年12月21日 (金)

雪がやってきた【五頭山】

年末はジィ~ジと異なり頼まれ仕事が舞い込み何かと多忙な相方。
なれど偶には息抜きも肝要。根を詰めればストレスも溜まるでしょう。
幸い空模様も良さそう。「久しぶりに【五頭山】でも行かない? 」相方。

12月16日(日) sun

目的の山 【五頭山】

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 どんぐりの森登山口~五頭山(前一ノ峰) 往復

劣化した我が家のcar スタッドレスタイヤでも辛うじて登山口手前parking
(以降 少々でも降れば沢下の内ノ沢parkingまで?)

登山口に向かって歩き始めるや否や、ニコニコ顔で
「お早うございます」 見れば顔見知りの新発田市在の大学生H君
既に下山してきた様子。 (若さは武器だ)

Am 09:00 どんぐりの森登山口

Kimg7715               どんぐりの森登山口

前日も多くの方が歩いたのかトレースはバッチリで問題ないものの
思いのほか、雪の量が多い様に思えるジィ~ジです。
今年最初の新雪の山!! 気持ち良い~

Kimg7717                  新雪踏んで

想像以上に積雪量が多い。摩耗したピン付長靴でも問題無し。

Am 09:47-09:52 七合目

Kimg7718                 七合目

水分補給兼て一服します。
登り始めの時より少しずつcloudが張り出してきた感じ。」

(大学生の H君 寒かったことだろうが凛とした展望楽しめた事だろう)

八合目から九合目と急登が続き、ここは頑張りどころ。

Kimg7720                木々の枝には綿のような雪が

前方から知り合いの Iさん が下山でスライド
「あら~ッ お久しぶり」 Iさん
「お久しぶり お天気が良いから・・・」 
相方

Am 10:30 三ノ峰

Kimg7723                 三ノ峰避難小屋

流石にまだ避難小屋は雪に埋もれては居ません。

一旦少し下って『二ノ峰』そしてまた下って急登を登り返し『一ノ峰』
目指して前進する我らです。

やがて眼前に観たかった【飯豊連峰】の全貌が一望の下に!!

Kimg7724              白銀に輝く飯豊連峰

『二ノ峰』からまた下り急登(短い)を乗り越して『一ノ峰』が目前に迫ります。

Kimg7726              一ノ峰

Kimg7728              菱ヶ岳

会越の山並みがどっしりと眺められます。少し右向けば眼前に【菱ヶ岳】
周りには樹木も無く、吹き曝しで長袖アンダーシャツ一枚のジィ~ジ、
汗ばんだ身体に容赦なく当たる風は我慢できないほど寒さ覚えます。
それでも痩せ我慢しながら目の前のピークを目指します。

Am 10:50-10:53 前一ノ峰

Kimg7729             前一ノ峰から飯豊連峰を眺める

この日は、 『前一ノ峰』を山頂として【五頭山本峰(小倉峰)】は目指しません。

(まだ本格的な積雪期ではないので『本峰』行っても展望は期待薄。)

此処から【飯豊連峰】の大展望を心ゆくまで眺め、Uターンです。

Kimg7730               遥かに弥彦山と角田山

越後蒲原平野の先には【弥彦山】~【角田山】 佐渡も目視できます。

『三ノ峰』の先で近所のKさん と交錯。
「こんにちは もう暫くしたらFちゃんとKさんも来るよ」 Kさん
「こんにちは~ 考えること皆同じネ!」と相方、 

Kimg7732               白い花が咲いたよう・・・

やがて八合目付近でFちゃんKさん と擦れ違います。
立ち止まって暫く会話を交わします。

Kimg7734              下山

山頂を目指す数多くの登山者と交錯、道を譲りながら下山。

Am 11:50 六合目

Kimg7735              寒暖計

六合目に備えられた温度計。0度~1度を指しています。
山頂と異なり、風が無い事、加えて高度が下がった事で寒さ感じず。

Pm 00:18 どんぐりの森登山口

Kimg7736                 登山口付近はぐちゃぐちゃ

今年最初の雪山 少しく薄らとcloudが張り出してきて真っ青な空と展望を
楽しむには1時間ほどスタートが遅れた?感じなれども、汚れ無い純白の
新雪を見て (これから又、雪山楽しめそう)と新たな想いを抱くジィ~ジです。

帰路、登山口から僅か30分ほど〔瓢湖〕へ飛来、越冬準備の白鳥さんの群れ
田圃に20数羽 何カ所も!! 今年も5~6000羽?

Kimg7737             食餌中の白鳥

満たされた気分で家路に向かうジィ~ジです。car dash dash dash

 ジィ~ジ【五頭山】 08-30 ※【菱ヶ岳~五頭山周回】2回含む

            092(93)-30

|

« 【天神山城址~松ヶ岳城址】周回+覚書 | トップページ | 一度降った雪も【弥彦山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

かあちゃんさま
いつもお世話さまです。
其方からでは少し遠いかもしれませんが、山歩きの時間は
それ程懸かりませんから是非天気の良い日にお出かけください。
飯豊連峰の展望できっと癒されると思いますよ。
大概トレースはしっかりつけられているので問題は
無いと思いますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年12月25日 (火) 14:59

 おはようございます。
五頭山、いいですね~。
行っちゃおうかな?と何度も頭をよぎる山ですが、遠いので今の所やめてます。
 そこから真っ白な飯豊が見てみたいです。

 今年の残雪期に五頭に行きました。来年も行けるかな・・

投稿: かあちゃん | 2018年12月25日 (火) 07:59

もうぞうさま
こんばんは~ MerryXmas
この日は山頂にたっぷりの積雪、快適でした。
明後日からの寒波襲来どれくらい降るのでしょう?
降りすぎても困るし降らないのも・・・
永年中高年の山歩きの会に所属していましたから、
それなりの知り合いはまだ何人か!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年12月24日 (月) 19:30

山頂付近は、なかなかの積雪ですね。
それにしてもお顔がひろいこと。さすがですね。

投稿: もうぞう | 2018年12月24日 (月) 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/67505844

この記事へのトラックバック一覧です: 雪がやってきた【五頭山】:

« 【天神山城址~松ヶ岳城址】周回+覚書 | トップページ | 一度降った雪も【弥彦山】 »