« 晩秋?【守門岳】 | トップページ | 新潟彼方此方、そして【角田山】 »

2018年10月29日 (月)

ゆっくり歩けば発見も【国上山】

天気も良さそうなので気心知れた山仲間の二人を誘って近くの里山へdash

10月18日(木) sun

行先 【国上山(313m)】

同行 Kさん Tさん 相方 ジィ~ジ 計4名

行程 酒呑童子神社~木洩れ日広場~稚児道~蛇崩~国上山~
    国上寺~稚児道~木洩れ日広場~酒呑童子神社

Am 11:00 酒呑童子神社

Kimg7428                      酒呑童子神社隣接五重塔

‘縁結びの神様’が祀られています。

良寛禅師に因んだ<良寛てまりの湯>の隣接 登山口parkingからゆっくりとスタート。

木漏れ日の道から木漏れ日広場、そしてちご道へ向かいます。

Kimg7429 Kimg7430
( 写真 左 モミジハグマ  写真 右 クルマバハグマ ) ※ 拡大

稚児道から少々下り気味に前進。

分岐から蛇崩へは少し急登の道が続きます。

Kimg7431                     良寛さまも歩いた

今まで数回は歩いたことのある道なれど、今回このコースで初めて数多くの
センブリを発見。これは想定外 花好きな同行の皆さんの足が止まります。

Kimg7438 Kimg7439
( 写真 左 センブリ  写真 右 センボンヤリ ) ※ 拡大

秋の陽射しを受けながら、其処にも此処にもセンブリが・・・
花が少なくなった今の時期、一際目を惹きます。

凝灰岩の岩が露出する蛇崩手前で松茸刈のおじさんと遭遇。
(時期的に終わりとの事なれど一本の松茸を見せてくれます)

剣ヶ峰へ続く、西蒲三山縦走路を横目に我らは山頂へ向かいます。

Pm 01:08-01:50 国上山山頂

Kimg7440                     国上山山頂

優しい柔らかな秋の陽射しを受けながら山頂ベンチに腰を下ろしのんびりと
遅めのお昼を採る我らです。

山頂には銀色に揺れる箒のようなススキの穂が一面に広がっています。
その向こうには日本海が拡がります。

Kimg7450                     国上寺目指して下山

Pm 02:14 国上山

Kimg7453                   古刹 国上寺

越後新潟最古のお寺 国上寺

林道に沿った稚児道から木漏れ日広場に向かって帰る我らです。

Pm 02:50 酒呑童子神社

そして帰路、またまた執拗に弥彦山山麓アケボノシュスランのその後の確認。
(まだ咲いている花株が多数)

Kimg7456                     アケボノシュスラン

年相応?のんびりと里山を歩けば思わぬ発見が有ったり、疲れも覚えず
それなりの運動効果も?自分に都合の良い解釈で自己満足。
これはこれで良いのかも・・・と。     

                       080(81)-30

|

« 晩秋?【守門岳】 | トップページ | 新潟彼方此方、そして【角田山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
お早うございます。
このコースは歩き甲斐もそこそこ手軽でお薦めかと・・・
此の五重の塔も年を重ね、近頃風格出てきた?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年10月30日 (火) 09:00

かあちゃんさま
お早うございます。
いつもありがとうございます。
昨年は弥彦裏参道へセンブリ探しに行きましたが、既に
終わっていました。
今年は国上山で想定外で沢山のセンブリ見られ\(◎o◎)/!。
国上山で松刈する人に逢うとは思っても居ませんでした。
松茸何年も口にしてません。土瓶蒸し恋しい~(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年10月30日 (火) 08:58

ここの塔、こうしてみるとなかなか立派なものですね。
今度行ったら撮影してみましょう。

投稿: もうぞう | 2018年10月30日 (火) 07:14

 こんばんは。
 センブリ、無事見つけられましたね。
毎年あんなに咲いてましたっけ?今年が特にすごいのかなあ・・
 松茸狩りのおじさんって、加茂の方?この前遭遇しました。
本当に松茸あるんですね。探してみたいけど素人なので・・食べてみたい!

投稿: かあちゃん | 2018年10月29日 (月) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/67324246

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくり歩けば発見も【国上山】:

« 晩秋?【守門岳】 | トップページ | 新潟彼方此方、そして【角田山】 »