« フラフラ・へろへろIN【角田山】【弥彦山】 | トップページ | 新潟散策彼方此方(沼垂) »

2018年9月 8日 (土)

ジィ~ジの覚書9月 2018

年明け早々の大豪雪に始まり、その後各地での集中豪雨、そして9月に入り早々
日本縦断数十年ぶりの巨大台風で甚大な被害を被った途端に震度7を記録する
北海道地震 正に災害列島日本と言っても過言では有りません。
被災された多くの皆さまには慰めの言葉も見つかりません。
此の先、無事平穏を祈るばかりです。

そんな折、9月最初なまくらジィ~ジの日記代わりの覚書です。

9月2日(日) sun
現在、富山市の介護病院に入院中のジィ~ジの年の離れた長兄の見舞いの為
更に連日、バスを利用して世話をしてくれている義姉の気晴らしをする目的で
故郷富山市へ向かいます。
「貴方は東尋坊へは行っていないんだよね。この先、機会が少なくなるから
序に行ってみない!?」
と相方。
北陸道を利用して一路 富山・金沢を通り越し福井を目指します。

Kimg6861                     名勝 東尋坊
朝7時半少し前に我が家を出発。お昼少し前に東尋坊に到着。
過って現役時代にすぐ手前のあわら(芦原)温泉は来たことがあるものの
柱状節理の大岸壁の東尋坊は初めてのジィ~ジです。 参考⇒コチラ
※ あわら温泉HPコチラ
Kimg6849_5                  東尋坊
柱状節理の断崖が見事。国の名勝 天然記念物
Kimg6857_3                        東尋坊
過っては投身自殺の名所と言う汚名も、今では一部進入禁止場所も。
日曜日で天気もsun 大勢の観顧客で賑わっています。
道筋の土産店飲食店も客の呼び込みに懸命。
※ 岩ガキ一個 1,800円 \(◎o◎)/!   購入せず。
ジィ~ジは初めての所為か?期待が大きかった所為か?
思いのほかスケールが小さく個人的には少々期待外れの感。
carに戻り、車内でお昼を取ります。
折角の機会、直ぐ近くの丸岡城に立ち寄ります。 
※ 現役時代に仕事の合間を見て一度見学したことあり。

Kimg6867                         丸岡城

福井震災で倒壊するまでは国宝 現在は国重要文化財 詳細⇒コチラ
日本一短い手紙 おせん泣かすな馬肥やせ でも つとに有名。

時間もたっぷり残っているのでそのまま 曹洞宗大本山永平寺へdash
曹洞宗大本山永平寺⇒コチラ
※ ジィ~ジ 永平寺二度目なれど前回時間が遅く拝観できず。

Kimg6870                         永平寺

Kimg6873_2                          永平寺

Kimg6875                           永平寺

Kimg6877                      永平寺 承陽殿

承陽殿は曹洞宗発祥 道元禅師の御真廟

Kimg6879             永平寺山門

修行僧雲水は入山と修行を終えて出る時と僅かに2回しか通ることが
許されないとの習わしが有る由。

七堂伽藍は山の傾斜を利用した急な階段の回廊で繋がれています。
広大な伽藍を周回して深山幽谷の永平寺を後にします。

土産物店で羽二重餅と胡麻豆腐を買い求め、一路 富山市へ戻ります。

長兄宅で泊まれば義姉が気を遣ので敢えて駅前のAホテルで宿泊です。

夕食は二人で富山の食材を肴に beer bottle  

程よい疲れを覚えながらホテルに戻り、入浴 sleepy sleepy

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
9月3日(月) sun

今回旅行の目的の一つは連日バスで病院通いして長兄の世話をして呉れている
義姉のせめてもの気分転換になればとの思いで立山室堂へbus
7時半長兄宅へ義姉を迎えに行きます。
仏間で亡き父母に合掌。
Am 08:40 立山駅ケーブル
Am 09:00 美女平
Kimg6886                                    車窓からの称名滝
Am 08:50 室堂ターミナル
Kimg6897_2                      立山(雄山)

草紅葉も始まった室堂を3人で散策です。
昭和29年ケーブルが美女平駅まで開通。
翌年バスが弘法小屋そして翌年天狗小屋、そして弥陀ヶ原から
室堂ターミナルへ・・・爾来 何十回も利用しているジィ~ジ。
今回は80才も半ばを過ぎた義姉の気分転換が目的。
山は登らず、みくりが池周辺まで散策と展望が主体です。 

Kimg6899                   岩の殿堂 剱岳
紅葉にはイマイチ早いものの晴天に恵まれ爽やかさ充分に味わえます。

Kimg6901                    奥大日岳

ジィ~ジの好きな奥大日岳、時期を変えコースを変え数回経験。

標高凡そ2600m 立山室堂展望と散策を終えて帰路につきます。

立山駅に着いてもまだお昼を少し回った程度、義姉の提案で先般TVでも
放映された大岩山日石寺の境内の茶屋金龍のそうめんでお昼としよう。
時間は1時過ぎ、店の前には順番待ちの長い行列が見られます。
( ※ 意外とそうめんは食時間が短い所為か回転が速い)

Kimg6911               そうめん 金龍 
順番待ちです。
店の中では‘おわら踊り’(想定外)
Kimg6916             おわら踊り
越中八尾 風の盆 おわら 男踊り女踊り

Kimg6920                      そうめん 白玉善哉
ジィ~ジ ん十年振り?の金龍そうめん 

そうめんも汁も上品でお代わりをしたく思うほど美味。
白玉善哉も白玉はモチモチ、餡は甘過ぎず、これまた美味。旨し!!
龍の口から滝が流れる不動尊で名高い大岩山、長兄の見舞いの為パス。
食事を終えて最後の大目的 入院中の長兄の様子を見に行きます。

介護病院でのリハビリを終えた長兄と7月以来の再会です。
ジィ~ジとは年が離れた父親代わり、そして学資までだしてくれた長兄。
既に90才を過ぎて骨折や加齢で車椅子生活。加えて耳が遠くなり
会話に不自由さを感じているものの記憶力はジィ~ジより遥かに良好。
談話コーナーで1時間ほど状況報告したり雑談交わします。
長居して疲れを残しても意味が無いので、義姉と一緒に病院を出ます。
義姉を長兄宅まで送り、帰りが遅くなるので家にあがらず義姉に挨拶し
わが家へ向かってcar dash
長兄の具合も見れたし、義姉も少しは気分転換できたかな?
そしてジィ~ジ初めての東尋坊・・・・
ジィ~ジと相方にとっては意味ある二日間となったような気が!!

|

« フラフラ・へろへろIN【角田山】【弥彦山】 | トップページ | 新潟散策彼方此方(沼垂) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

mikkoさま
こんにちは~ commentありがとうございます。
弥彦山でしたか??\(◎o◎)/!
タイミングが合わず残念至極。
天気が良いと角田か弥彦が定番?なんですが・・・
気が早いですが来年3月末頃是非角田山へお出で下さいますよう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年9月19日 (水) 08:32

こんばんは。ご無沙汰しております。
9月2日に弥彦山におじゃましました。
ジィ~ジさんにバッタリ出来るかな?
と期待しながら歩いていましたが・・・
富山にいらしたのですね。
お兄様も喜ばれた事でしょう。
角田山も弥彦山も素敵な山ですので
またオオミスミソウが咲く頃に再訪したいと思います。

投稿: mikko | 2018年9月18日 (火) 01:07

かあちゃんさま
こんばんは~ いつもありがとうございます。
私にとって歳の離れた兄は親代わりでしたからねぇ~
体力は低下していますが頭は私よりしっかりしているんです。

義姉も久しぶりの室堂弥陀ヶ原で喜んでくれました。

大野は少し離れているのでまた日を改めて!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年9月11日 (火) 20:28

 お兄様のお見舞いに行かれたのですね。
お顔を見たいですよね。

 そういえば私、去年東尋坊に行ったのでした。
(物忘れが激しくて・・)丸岡城に行かないで、越前大野城に行きました。

 お義姉様との立山・・そのお気遣いを私も見習わないとけないです。お義姉様も素晴らしい景色が見られて、気分転換になったでしょうね。

投稿: かあちゃん | 2018年9月11日 (火) 19:32

もうぞうさま
こんばんは
久し振りの遠出でしたが幸い?相方が高速運転好きだし
上手なので助かります。
一人では運転もきつくなってきていますので(笑)
知らないところ、行っていないところ、矢張り行けば
新発見もあるし得るところ多いですよ。
わが家はコツコツと溜めるほどの原資もありません。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年9月 9日 (日) 21:04

東尋坊はまだ行ったことがありません。むろん永平寺も。
室堂は5回ほどありますが・・・
先が知れているのに、なかなか出かけること叶わず。それぞれの人生、仕方ないですね。
もっともコツコツと貯めるのが趣味の人もおいでですからね~

投稿: もうぞう | 2018年9月 9日 (日) 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/67144008

この記事へのトラックバック一覧です: ジィ~ジの覚書9月 2018:

« フラフラ・へろへろIN【角田山】【弥彦山】 | トップページ | 新潟散策彼方此方(沼垂) »