« キツネノカミソリIN【角田山】花と展望【飯縄山】 | トップページ | ジィ~ジの覚書9月 2018 »

2018年8月31日 (金)

フラフラ・へろへろIN【角田山】【弥彦山】

近年の気象は異常と言わざるを得ない様な気がします。
あれほど連日の猛暑で全くrainが降らなかったのに(新潟県)ここ一週間以上
連日雨ばかり 
(幸い新潟市近郊では自然災害は殆ど発生していないのが唯一の救い?)
出かけることもままならず些かFrustration覚えるジィ~ジです。
遠出は出来ず雲の流れを眺めながら、濡れる事も覚悟?しながら出かけます。
8月29日(水) cloud
同行 相方 ジィ~ジ 計2人
行程 稲島登山口parking~山頂 (往復)
Am 11:20 稲島登山口Ⓟ
目的は運動不足解消キツリフネソウの開花状況確認です。
 
Kimg6822 Kimg6825
( 写真 左 ツユクサ  写真 右 ボタンヅル  ) ※ 拡大
登山口parkingには車はス台のみ。
時折ポツンsweat01と雨滴が当ります。 少しくらいなら我慢できるかも・・歩き始めます。
幸いその後は雨も降らず、顔見知りのK女史始め数人の方とスライドします。
湿度がほぼ100%? 
歩き始めて15分もしないのにジィ~ジのシャツはびしょ濡れで重くなっています。
汗っかきジィ~ジなれど異常とも思える程の汗。 sweat01 sweat01 sweat02
脱水症状?持参の水を飲んでも直ぐに汗汗汗に・・・
スタミナ奪われ足が全く前に進みません。一歩一歩また一歩一歩
Kimg6824                 5合目 水場
Pm 00:12-00:52 角田山山頂
夢遊病患者のようにふらふらしながら漸く山頂へ到着。
小屋の中からは丁度昼時賑やかな声が聞こえます。
小屋の中は暑そうなのでジィ~ジと相方は外のベンチで腰を下ろします。
ジィ~ジの顔を見て小屋の管理をしているH氏がわざわざ我々の所へ顔を出して
「久しぶりだね~」と暫し立ち話。
するとポツポツポツポツ雨が当り出し、結局小屋へ入り雨宿りを兼ねます。
小屋には知り合いのF女史ほか常連さんグループ数人。
暫くすると雨も降り止んで、時折涼しさ伴った風が吹き込んできます。
Kimg6826_2                          山頂標識
雨も降り止んだので往路を下山です。
 Kimg6827 Kimg6828
( 写真 左 タムラソウ  写真 右 ノブキ ) ※ 拡大
葉っぱには雨粒が載っています。
Kimg6829                5合目 笠地蔵
登山道は濡れているので滑らない様に慎重に下ります。(何しろ年寄りだから)
四合目 五合目付近では目的のキツリフネソウが見られるものの、探さねば
見つけられない程、極めて少ない感じ。 
Kimg6830                  キツリフネソウ
以前はそこらじゅうで見られたのに・・・なんでだろう? 少ない 少ない
色違い紫色のツリフネソウも見られません。
Pm 01:34 稲島登山口parking
Kimg6831                  稲島コースparking
結局 下山時も雨に当たられずラッキー 雨上がりで時折涼風もあり
往路と異なり辛さは感じなかったジィ~ジです。
それにしても往路は休み休みで一気に山頂へ到達できなかったジィ~ジ
かなりのショックを覚えるジィ~ジです。名実ともに爺?
素直に受け入れるべきか?叶わずとも少しは抵抗して頑張るべきか?
帰路は‘牛石清水’立寄り珈琲用に清水を汲んで我が家へ向かいます。
  ジィ~ジ【角田山】 27-30
                 067-30
    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。

予報では相変わらずの雨模様、起きてkらどうするか決めようと・・・
6時頃は案の定、音を立てて降る雨 それでも少しづつ小止みに。
7時前には何とか降り止んでいます。
晴れれば久しぶりに【五頭山】か【二王子岳】と願っていたのだけど
空模様はイマイチ芳しくありません。
前日は【角田山】 然らば【弥彦山】にしようかと・・・
降ったら途中で戻ろうと同行予定のTさんに連絡です。
8月30日(木) cloud 
同行 Tさん 相方 ジィ~ジ 計3名
行程 表参道登山口~山頂(弥彦神社奥の院) ピストン
 Kimg6832 Kimg6835
( 写真 左 ハグロソウ  写真 右 ハエドクソウ ) ※ 拡大

Am 09:20 弥彦山表参道登山口
Kimg6836_2                表参道登山口
天に向かって真っすぐに伸びる杉木立。
歩き始めて直ぐ前日と同じく、瞬く間にジィ~ジは汗しとど。
シャツは瞬く間にびっしょり
同時に二人に着いていくのがやっとフラフラ足が上りません。
何処かで休憩採ってくれないかなぁ~ 結局 胸の内わかって貰えず。
五合目山頂遥拝の鳥居で漸く給水休憩。
またまたがぶ飲みのジィ~ジです。
 Kimg6837 Kimg6839
( 写真 ツリガネニンジン  写真 右 ミズタマソウ ) ※ 拡大
ミズタマソウはその名の通り露を帯びてキラキラshine shine
七合目水場でまたまた喉を潤すジィ~ジです。

例年見られるアケボノシュスランの花株を探しながら登るTさんと相方。
花株は殆ど見られません。何故?どうして?
目的は‘花探し’ 2人は立ち止まり、又立ちどり探索。
ジィ~ジはヘロヘロ フラフラしながら上がらぬ足を一歩一歩。
Am 10:56 山頂 弥彦神社奥の院(御神廟)
Kimg6838                奥の院参拝
二拝四礼一拝 お賽銭投入して作法通り参拝です。
今にも降りそうな感じの空塩梅、即、下山とします。
 Kimg6840 Kimg6841
( 写真 左 ヤブラン  写真 右 タケニグサ ) ※ 拡大

ポケットも汗、スマホレンズも湿っています。
Kimg6842                   五合目

カメラレンズも湿っているものの山頂方面は白いガスで覆われています。
多分、小雨が混ざっていることでしょう。
Kimg6844                 眼下に茶屋

ジメジメとして風も当らずシャツが汗で重く不快さ募ります。
前日に引き続き不調感たっぷり味わったジィ~ジ。自信喪失!!
日頃の訓練不足、加えて加齢、体力・脚力低下に歯止めがかかりません。
次回は晴天の日にどこか登って調子を再確認してみよう。
無理する気は毛頭ないもののもう少し元気で歩ける事を願うジィ~ジです。
   ジィ~ジ【弥彦山】  04-30
                      068-30   
 

|

« キツネノカミソリIN【角田山】花と展望【飯縄山】 | トップページ | ジィ~ジの覚書9月 2018 »

」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
こんばんは~
体調がイマイチのご様子、お大事になさってください。
今年の格別の暑さが堪えたのでしょうか?
私は特別ジムなどへ行っているわけではないので、
々ふらふらしながらも何とか山歩きを続けているだけです。
でも日々キツク感じますよ。歳ですからねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年9月 3日 (月) 21:40

なんだかんだ言っても、大したものです。
お元気なればこそですから。
わたしの体調不良は、なかなかスッキリしません。

投稿: もうぞう | 2018年9月 2日 (日) 07:18

かあちゃんさま
こんばんは いつもありがとうございます。
稲島歩かれましたか!! キツリフネソウ今年は本当に
少ない様に思えます。どうしたんでしょう?
弥彦のアケボノシュスランも不思議なくらい少なくて・・
今日からまた少し涼しくなりましたが調子は戻るやら
戻らないやら 試にどこか行かねばです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年9月 1日 (土) 21:15

 私も稲島行きましたよ~。
確かにツリフネソウは今年は少ないです。
あと地元のアケボノシュスランも、株がとても少ない。
去年は多かったです。

 湿気が多くて風がないと、それだけでフラフラして足が前に進みませんよね。涼しいってだけで足の運びが違います。私も何度も休みながら登りました~~。

投稿: かあちゃん | 2018年9月 1日 (土) 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/67114940

この記事へのトラックバック一覧です: フラフラ・へろへろIN【角田山】【弥彦山】:

« キツネノカミソリIN【角田山】花と展望【飯縄山】 | トップページ | ジィ~ジの覚書9月 2018 »