« 耐暑訓練?【角田山】 | トップページ | 久々の【谷川岳】 »

2018年7月19日 (木)

FlowerWatching【八方】

梅雨も明け夏本番、たまには北アの雰囲気を楽しみたいね・・・と。
とは言うものの、ハードな山歩きも段々辛く思えるようになったメンバー
最小限の共通項目は〈高山植物〉鑑賞です。

ハイシーズンで3連休、八方ゴンドラは激混みで順番待ちが必定と想定。
始めから黒菱林道終点parkingを目指します。
八方の麓から高度差760m 距離≒9キロの急カーブ急峻な道を一気に!!

目標は特に定めていない我らです。
この日の目的は<高山植物観賞>そして<北ア展望>

7月15日(日) sun

同行 M子さん K藤さん T石さん 相方 ジィ~ジ 計 5名

行程 黒菱第3リフト~八方池山荘~八方池~ 上の樺 扇雪渓手前 (往復)

Kimg6397                 黒菱平 鎌池

ニッコウキスゲ、コバイケイソウ オニシモツケ・・タカネバラも 乱舞。

この日の目的はあくまで高山植物の観賞。

グラートクワッドリフトに乗り継いで八方池山荘へ向かいます。
麓からの八方アルペンラインと合流するので観光客含め大賑わい。

観光客の皆さんよりのんびりとキョロキョロしながら進みます。eye eye

Am 09:20 八方池山荘  (標高1830m)

 P1050402 P1050403
( 写真 左 ヤナギラン  写真 右 テガタチドリ  ) ※ 拡大

見られる場所を問わずヤナギランの淡紫に魅かれるジィ~ジです。

高山植物観賞には自然研究路を辿ります。

 Kimg6406 Kimg6407
( 写真 左 エゾシオガマ  写真 右 オオコメツツジ  ) ※ 拡大

Kimg6420                              ミヤマトウキ

ミヤマトウキ、正に‘花火’に似たり。

 P1050405 P1050406
( 写真 左 オオカラマツ  写真 右 イワシモツケ  ) ※ 拡大

 P1050407 P1050420
( 写真 左 キバナノカワラマツバ  写真 右 ミヤマクワガタ  ) ※ 拡大

 P1050415 P1050418
( 写真 左 クルマユリ  写真 右 トキソウ  ) ※ 拡大

 P1050419_2 P1050421
( 写真 左 キンコウカ タカネナデシコ  写真 右 ハッポウタカネセンブリ  ) ※ 

ハッポウタカネセンブリは北ア・八方尾根の固有種でタカネセンブリの蛇紋岩変異。
濃い色の斑点が見られます。

 P1050422 P1050425
( 写真 左 イブキジャコウソウ  写真 右 コゴメグサ  ) ※ 拡大

 P1050424 P1050426
( 写真 左 ミヤマママコナ  写真 右 コバイケイソウ  ) ※ 拡大

 P1050427 P1050429
( 写真 左 ハッポウタイゲキ  写真 右 ユキワリソウ  ) ※ 拡大

※ ユキワリソウは新潟角田山 弥彦山などで知られていますが正式には
オオミスミソウで、このサクラソウ科の花が学名ではユキワリソウ

P10504371             白馬三山  (白馬鑓 杓子 白馬 )

P1050442             オヤマソバと白馬鑓ヶ岳

雲間から頭を出す白馬三山、空が殊更青い様に思われます。

 P1050434 P1050441
( 写真 左 ムシトリスミレン  写真 右 ハクサンチドリ  ) ※ 拡大

P1050439             息ケルン (標高2005m)

丸山ケルンまで大小6個のケルンが設置されています。

Kimg6440         八方池へ続く人の波 ※ 拡大

 P1050440 P1050444
( 写真 左 タテヤマリンドウ  写真 右 ミヤマミミナグサ  ) ※ 拡大

 P1050445 Kimg6416
( 写真 左 ハッポウウスユキソウ  写真 右 シモツケソウ  ) ※ 拡大

P1050449            八方池 天狗の大下りから不帰Ⅰ峰Ⅱ峰

白馬経由で2度晴天の下、不帰キレット走破したこと頭を過るジィ~ジです。

【唐松岳】は日帰り、山頂小屋宿泊、そして縦走時を含め今まで10数回は登頂。

 P1050450 P1050451
( 写真 左 ホソバツメクサ  写真 右 ミヤマムラサキ  ) ※ 拡大

Kimg6459              扇雪渓に向かって 下の樺

この辺りは様々な形状のダケカンバ(岳樺)の樹林帯。
今回は扇雪渓の少し手前 上の樺をこの日の山頂としてUターン。

Kimg6466                 五竜・鹿島槍方向 ミヤマダイモンジソウ

生憎、五竜岳・鹿島槍ヶ岳方面は朝のうちから雲で覆われスッキリしない。

 P1050431 P1050452
( 写真 左 ミヤマアヅマギク  写真 右 ウサギギク  ) ※ 拡大

Kimg6469           大勢のハイカーで賑わう八方池(標高2060m)

夏山はお昼を過ぎるころから雲が湧き出す可能性大なり。

のんびりとベンチに腰を下ろし湖面に映る逆さ白馬の雄姿を楽しむ我らです。

 Kimg6472 Kimg6477
( 写真 左 チングルマ  写真 右 チダケサシ  ) ※ 拡大

 Kimg6480 Kimg6454
( 写真 左 オニアザミ  写真 右 ワレモコウ  ) ※ 拡大

Kimg6478                八方ケルン(標高2035m)

八方ケルンは人面に似たり!!

下山も色とりどりの花々を愛でながら自然研究路を立ち止まりながら下ります。

Kimg6479                自然研究路 眼下に白馬村

Pm 02;45 八方池山荘(標高1830m)

此処からリフトを2本乗り継いで黒菱へ戻ります。

Kimg6483                黒菱第3リフト

黒菱parkingがズンズンと近くに迫ります。

北ア2000m超えと言っても盛夏の砌 暑くて汗びっしょり。
shoeを履き替え、carに乗り込むや否や、エアコンをMax。
帰路、郷の湯立ち寄り矢鱈と熱い温泉に浸かります。
( 2本のリフトと八方の4つの温泉共通利用券セット¥1,520)
温泉入浴後、汗を拭きとり暫く涼めば心底スッキリ シャキーン 最高~!!

帰りの車中は四十をとっくに過ぎた四十雀があの花この花と、花 花 花・・・
話が途切れることが有りません。 高山植物の競艶充分堪能した我らです。
曲がりなりにも健康で歩けることに感謝です。願わくばもう暫く、現状維持。

途中 北陸道米山SA 休憩立寄り、Pm 07:23 新潟黒埼IC。
又の機会を約してお別れです。

※ 他に見られた花
オオバギボウシ カライトソウ クガイソウ ヤマブキショウマ クロトウヒレン
ホソバノキソチドリ ミヤマウイキョウ ゴゼンタチバナ コイワカガミ オミナエシ
タカネイブキボウフウ シロバナニガナ イワイチョウ ハクサンシャジン
ワタスゲ マイヅルソウ タテヤマウツボクサ etc etc この日70種程確認。

                     058-30 

|

« 耐暑訓練?【角田山】 | トップページ | 久々の【谷川岳】 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
いつもありがとうございます。
今回はあくまでのんびりと北アの雰囲気を味わいながら
花鑑賞が目的だったので、唐松岳に到達できる時間的
余裕もありませんでした。
ユックリ歩けば沢山の種類の花々誰でも見つかると思いますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年7月27日 (金) 10:09

今回は、唐松登頂せず?
何度も登っておられるから、どうでもいいのかな?
しかし花が多いですね~
私なら見つけることが出来ないでしょうけど。

投稿: もうぞう | 2018年7月26日 (木) 19:15

かあちゃんさま
行ってこられましたか!?良かったでしょう。
アクセスも良いので新雪期、残雪期も含め10回以上
訪ねましたが何度歩いても飽きません。
縦走良し、唐松岳の往復も良し、途中で止めても良し
天気が良ければたっぷり楽しめますネ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年7月23日 (月) 13:33

 おはようございます。
私も昨日、念願かなって行ってきましたよ。
 お花の数と、北アルプスの絶景に見惚れて足が進みませんでした。

投稿: かあちゃん | 2018年7月23日 (月) 08:01

らるご さま
お立ち寄りcommentありがとうございます。
残雪期から新雪期まで唐松岳も何回か歩きましたが、
今回はあくまで花鑑賞と展望が目的だったので、
目的達成と言うところでしょうか(笑)
今回も沢山の種類の花が見られLuckyでした。
近頃年を取った所為か?ガンガンと歩くことが減ってきました。
それでも山は楽しめればいいのだからと(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年7月21日 (土) 15:31

おはようございます

今年は酷暑続きで参ってます(>_<)
それにしても八方はいいですね!
私どもも、数年前黒菱第3リフトから行きました♪
確かに激混みゴンドラよりスイスイでいいですね。
扇雪渓まで行かれたのですねhappy01
高山植物と白馬三山素敵すぎます!!
ここは本当にたくさんの高山植物の宝庫。
70種類以上も咲いていたのですか@@
私は敗退唐松岳でお花だけが救いでしたcoldsweats01
また輝ジィ~ジさまのレポでたくさんのお花を楽しませていただきました。
私は山の頂上を目指さなくても、こういうトレッキングが理想ですconfident
また行きたいなあ!!

投稿: らるご | 2018年7月21日 (土) 09:13

500系 冬男さま
お立ち寄りcomment多謝です。
体調不良その後のお具合如何でしょう?お大事になさってください。

運動神経鈍い小生、スキーのシーズンには羨ましく
思っています。
スキーヤーの邪魔をしないよう残雪期にこのコースは
何度か歩きましたが・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年7月20日 (金) 11:22

雪ん子さま
commentありがとうございます。
毎日暑い日が続きますね。
無理して体調崩されませぬようお互い気をつけたいものです。

今回は久しぶりに遠出をして花を楽しんできました。
火打の天狗の庭も候補だったのですが、又の機会に。

雪ん子さんのお庭一度は訪ねてみたく思っているのですが・・・
その節はよろしく。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年7月20日 (金) 11:17

今季スキーは病に負け0滑走に終わったが昨年迄はこの八方尾根 隣の遠見尾根はマイゲレンデ?でした。
八方スキーの最上部八方池山荘から黒菱へそして北尾根スカイラインは大好きなコースです。雪が消え花畑化した八方紀行を楽しませていただきました。

投稿: 500系 冬男 | 2018年7月20日 (金) 09:42

おはようございます。
久しぶりに・・・コメントします。

輝ジィ~ジさま、今年も精力的に登られていますね。
たくさんのお花を楽しませていただきました。
ありがとうございました。 

猛暑酷暑が続きます、お互いに無事に厳しい夏を乗り切りましょうね。
もっとも輝ジィ~ジさまはお元気だから、そんな心配は無用!でしょうかhappy01

投稿: 雪ん子 | 2018年7月20日 (金) 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/66953557

この記事へのトラックバック一覧です: FlowerWatching【八方】:

« 耐暑訓練?【角田山】 | トップページ | 久々の【谷川岳】 »