« 有難き一座、【角田山】 | トップページ | 〔山の幸〕+今年最初の【二王子岳】 »

2018年4月30日 (月)

周回【大谷山~鳴沢峰~菅名岳】

ここ数年、今頃の時期になると歩いて見たく思わされるコース。
今年も例年に倣って? 

4月21日(土) sun

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 小山田~通称花見山~大谷山~鳴沢峰~菅名岳~(丸山尾根)~小山田

Am  小山田parking

Kimg5572                小山田 エドヒガンザクラ古木

250本と言われるエドヒガンザクラの花も今年の急激な暑さで開花が早まり
既に葉桜と変わりつつ・・・

Kimg5575                シラネアオイ

※ 何年か前に何方かが植栽され現在に至ったと思われる。
多分 自生のシラネアオイはこの山域では見られないと思われます。

Kimg5576               花は終わっていても空は抜けるような青空

ピークに建てられている鉄塔(二基)の巡視路に沿って先へ進みます。

Kimg5577               花ワサビ

途中で一仕事 ハナワサビ採取です。

小さな岩稜の中に鎮座する‘山の神’に合掌して前進。
数回通っている道なれど、「こんなに急だったっけ?」
アキレス腱が伸びるような気がするジィ~ジです。
登り切れば少し勾配も緩くなって三角点と鐘が下げられた山頂に到着。
【大谷山(648.9m)】 です。
Am 10:00 大谷山

Kimg5579                  大谷山

前方には三角錐のように聳える【鳴沢峰(880m)】
視界もパッと拡がり、眼下に阿賀野川 そして【菱ヶ岳】から飯豊連峰

足下にはイワウチワの花が春を謳歌しています。

Kimg5583                イワウチワ

登山道は一旦下りとなり、所々に名残の残雪が現れてきます。

Am 10:30 鹿返道

Kimg5585                鹿返道

<鹿返道>は咲き花温泉・馬下保養センターからの登山道との合流POINT。

Kimg5586               タムシバ

芳香を放つタムシバはジィ~ジのお気に入りの一花。

<鹿返道>からは更に下りとなり最低鞍部からの登り返しが待っています。
その高度差は250m強。年々キツク感じられるようになります。

所々にお助けロープが張られた足場の悪い急登を息を切らしながら登ります。
途中、五葉尾根コースの分岐も過ぎて・・・
登り上げれば【鳴沢峰(880m)】

Am 11:22-11:37 鳴沢峰山頂

Kimg5589                鳴沢峰山頂

Kimg5590         阿賀野川を挟んで宝珠山と菱ヶ岳 二王子岳~飯豊連峰

雪上に尻当て敷いて水分補給、そして小腹を満たします。
眼前には雄大な‘飯豊連峰’の大パノラマが目に飛び込んできます。
眼下には大河 阿賀野川、対岸には五頭山塊最高峰【菱ヶ岳】

正にVIEWPOINT Beautiful 
誰も居ない山頂を占拠して暫し景観を楽しみ更にその先を目指します。

次の目的【菅名岳(909m)】へ向かう我らです。
程よく残る残雪歩行が快適に感じます。 小さなアップダウンを繰り返し前進。

Kimg5596                菅名岳は目前に

吹き抜ける微風が心地よさを与えて呉れます。
残雪歩行は痛めている膝にも優しく思えるジィ~ジです。

Pm 00:19-00:55 菅名岳山頂

Kimg5600                     菅名岳山頂

つい先日まで雪に埋もれていた山頂の鐘もすっかり姿を現して・・・

【大蔵山】からの縦走者、或いは【菅名岳】ピストンの登山者。
丁度 お昼時、大勢の登山者グループの寛いでいる姿が見られます。

ジィ~ジと相方も腰を下ろし、展望を楽しみながら簡単なお昼を採ります。

Kimg5599         飯豊連峰 ※左端は二王子岳

下山は丸山尾根を辿ります。山頂から9合目までは急傾斜。
痛めている膝には負担が掛ります。
縦横無尽に張り出しているブナの根に引っかからぬよう気を付けながら下山

勿論、このコースも今が盛りのイワウチワが登山道の両脇で見られます。

Kimg5605               イワウチワロード

7合目付近で20数名の仙台からと言う団体さんと擦れ違います。
中にはそれなりに苦しそうな顔をされている方も見受けられます。

Kimg5609                丸山尾根下山

Kimg5612                ブナの巨木

車の回収が有るので、<寒九の水>で名高い<どっぱら清水>へ下らず
そのまま丸山尾根を下ります。

少しなだらかな道を進めば4合目の標識。
4合目の標識からはロープが張られた急な長い階段が始まります。

Kimg5613                急勾配の階段

Kimg5614                階段終了

Pm 02:40 階段終了(スタート) 3合目

地獄の階段600段 顔晴(ガンバレ) 言い得て妙!!

堰堤の鉄橋を渡れば舗装された林道へ出ます。
林道に沿って途中 ブナ清水 の標識が下がっている水場で水を汲みます。
大凡15分程の林道歩きでスタート地点の小山田parkingへ出ます。

折角なので相方はヤマニンジンの新芽とイラクサを少々Get。

帰路、序に五泉市のチューリップ祭り立寄り。
色姿取り取りのチューリップを楽しみます。

Kimg5619

Kimg5620
       五泉市チューリップ祭り

チューリップの先にはこの日歩いてきた山並みを望むことが出来ます。

天気に恵まれ、お気に入りのコースを歩き、帰りにはチューリップ鑑賞。
更にその後で、新津美術館立寄り大観と近代美術巨匠展鑑賞。
一日フルに楽しみ満足感溢れるジィ~ジです。

                    037-30

|

« 有難き一座、【角田山】 | トップページ | 〔山の幸〕+今年最初の【二王子岳】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

らるごさま
お久しぶり commentありがとうございます。
鳴沢峰は正に咲花温泉から登る山でその先に菅名岳が有るんです。
天気が良いと遮るものが無いので展望が実に素晴らしい山
なのですよ。
シラネアオイは本来あの地域では自生するとは思えませんから
多分何方かが植栽されたのでは?と。
それにしてはかなり拡がっていますが(笑)
ユックリ歩けば楽しみ一杯の良いコースだと思っています。
周回できるのも魅力の一つです。
お近くで有ればお誘いできるのですが・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年5月 5日 (土) 14:04

もうぞうさま
五泉のチューリップ初めて観たんですよ。
このコースはお勧めですよ。来年是非お試しください。
チューリップの写真は歩いてきた山をどうしても入れたくて(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年5月 5日 (土) 13:57

おはようございます

鳴沢峰、菅名岳は私どもが宿泊した咲花温泉の近くにある有名な山ですね!
宿に地図がありじーっと見ていたのです(^-^;
アップダウンもものともせず、輝ジィ~ジさまのすごい馬力にいつも感心いたします!
きれいなシラネアオイは植栽されたお花でしたか。
飯豊連峰やゆったり流れる阿賀野川が素敵ですね!!
最後の地獄の階段、ひざが痛くなりそうですsweat01
私だったら敗退確定!の山行。そのあとのイベントもこなし、びっくりです!

投稿: らるご | 2018年5月 5日 (土) 07:59

この時期、山から下りてチューリップも見事ですね。
写真も見事です。
ただあえて言わせてもらえば、ここの畑は、鉄塔が邪魔なんですよね。

投稿: もうぞう | 2018年4月30日 (月) 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/66662269

この記事へのトラックバック一覧です: 周回【大谷山~鳴沢峰~菅名岳】:

« 有難き一座、【角田山】 | トップページ | 〔山の幸〕+今年最初の【二王子岳】 »