« 今年もこの時期が【大蔵山~菅名岳】 | トップページ | 開花は既に【角田山】、【弥彦山】 »

2018年3月27日 (火)

初めての国訪問 タイ

現役を離れて既に10年以上。日々ダラダラと過ごしている身なれば
時折 所謂ボケるのでは?と言う感覚にとらわれる事があります。
偶には刺激を得ないとその恐怖心に苛まれそう・・・

と言うことでホーチミンから4年ぶりにタイの歴史伝統文化の一端を
知りたくて格安ツアーに参加です。 ※あと1年でパスポート切り替え

行先は 天使の都 バンコク アユタヤ4日間

3月14日(水)~3月17日(土)

3月14日(水)
新潟空港 14:00~16:40上海浦東国際空港~乗り継ぎ~20:40
~00:55バンコク スワンナブーム空港 HOTEL到着深夜

Kimg4849             上海浦東空港ターミナル

上海は3度目のジィ~ジです。

3月15日(木) 
暑さと人いきれでムンムンとしています。
深夜便でほとんど眠れなかったジィ~ジ 眠い 眠い。

Kimg4850              スワンナブーム国際空港

※世界一の広ささの飛行場との事。真夜中も眠らない。

兎に角、朝食までは眠らねばsleepy sleepy

この日の予定 バンコク市内観光
午前 エメラルド寺院(ワット・プラ・ケオ) 王宮(グランドパレス)
昼食 飲茶
午後 暁の寺院(ワットアルン)
夕食 タイ古式舞踊鑑賞「タイ料理」

Kimg4858        チャオプラヤー川を遡り「王宮エリア」を目指します。

P1050298         巨大な高層建築が続々と

ワット・プラケオ/王宮

Kimg4866

Kimg4872

P1050320

Kimg4877

P1050327

Kimg4879
ワット・プラケオはタイ王室の守護寺院で唯一僧侶のいない寺院として有名

本堂にエメラルド色の仏像が祀られているところから【エメラルド寺院】と呼称。
日本とは全く異なる金ぴかの建築様式なれど、ち密さは\(◎o◎)/!です。

チャックリー宮殿はタイとヨーロッパの建築が混合した色鮮やかな建築様式。
               ↓

P1050333               王宮

見所満載なるも暑さと(35℃)とお隣の大国からの観光客が多く、騒々しさで辟易。

ランチは円卓を囲んで・・・

Kimg4889                ランチは飲茶 お味はマズマズ

午後からは・・・チャオプラヤー川の対岸 再び川船に乗って

ワット・アルン(暁の寺院)

P1050304         ワット・アルン ※ タイ語で暁の寺

シンボルの大仏塔はヒンドゥ―教の影響 夜にはライトアップ

Kimg4891

Kimg4894

Kimg4898

Kimg4900

再び対岸に亘ってワット・ポー

P1050355           涅槃仏

Kimg4910         アユタヤ時代の創建と言われる全長46メートルの黄金の涅槃仏

Kimg4911              釈迦仏の足の裏には仏教の世界観を現す108の図

P1050356                    壁画P1050364

Kimg4917

観光名所見学を終えて貸し切りバスで夕食会場へ向かいます。

Kimg4925                   新旧混在

Kimg4932                 タイ料理 味?イマイチかなぁ?

夕食はタイ古式舞踊を観賞しながら・・・
(最後は観光客も飛び入りで)

Kimg4939

Kimg4948_2

夕食後、オプションで名高きニューハーフショーかタイ古式マッサージ
イマイチ興味の無いジィ~ジは古式マッサージをchoice。
1時間コース500バーツ 1バーツ≒3.5円 身体が活性化した感じ。

3月16日(金)

今回ジィ~ジが一番見たかったのが世界遺産 アユタヤ遺跡
1350年ウートン王によって開かれたアユタヤ王朝、35代の王が君臨
1767年ビルマ軍に侵攻され崩壊
日本のほぼ室町時代 過っては日本人も数千人が居住の日本人町も。

観光客は多いものの前日とは大違い 某大国の賑やかさは殆どありません。

先ずは遺跡から少し離れたバンパイン宮殿(タイ王朝夏の宮殿)

Kimg4954         バンコクと比べ2度ほど気温が低いとか (避暑地)

Kimg4956                   バンパイン宮殿 その②

1632年アユタヤ王朝26代プラサート・トーンが創建。
一時廃墟となるがチヤクリ王朝ラマ4世と5世に依って再興 夏の離宮として利用

Kimg4967_2              水辺には雷魚に似たような魚や馬鹿でかいスッポン

Kimg4969_2              タイの国花 ゴールデンシャワー

※ 藤に似た黄色の蔓性の花。

ランチはビュフェスタイル (品数豊富 タイラーメンも 味は普通?)

そしてジィ~ジ、今回一番の目的 アユタヤ遺跡

Kimg4970          アユタヤ遺跡模型

ワット・プラ・ラームKimg4971        煉瓦技術で建てられた仏堂遺構

Kimg4975              壮大な寺院遺構が残されています。

Kimg4976              ワット・プラ・マハタート

菩提樹の根に包み込まれた仏像。
アユタヤ王朝時代には45mのクメール様式の黄金の仏像が有ったがビルマ軍の
侵攻で破壊されたと言う。1656年遺跡の発掘調査で地下から様々な
黄金仏や宝飾品が発掘され現在は国立博物館に展示。

Kimg4980         切り取られた仏頭

29回に亘るビルマ軍の侵攻で全ての仏頭が切り落とされ哀れな石仏。

ワット・プラ・シー・サンペットKimg5001               記念に一枚

1491年アユタヤ最大規模の寺院跡 
歴代の3人の王の遺骨を納めたスリランカ様式の3基の仏塔が残る。

Kimg5006

そして予定に組み込まれている象乗り体験。

Kimg5016              結構目線が高く

※ 乗り心地は然程良くは無かった。

更に涅槃仏(全長28メートル)の寝釈迦仏の実が残るワット・ロカヤ・スター

Kimg5019         涅槃仏

夕食はホテルレストランで「タイスキ」

Kimg5023               ホテルのロビーで楽器を奏でるお嬢さん

Kimg5024              夕食は「タイスキ」  ※ お味は普通?

3月17日(土)

01:55 バンコクスワンナブーム国際空港~上海浦東国際空港~
乗り継ぎ~09:30空路新潟へ~13:00新潟空港Kimg5026_2               バンコックの空港は正に不夜城。

またもや、お隣の某大国からの観光客で大賑わい
バク買の後始末で巨大キャリーバックに圧し掛かり施錠する姿多数。

タイは通常自分の家では料理を作らず殆ど毎日屋台で外食らしい。
様々な形の高層建築、一方ではバラック状態の高床式住居生活
米は年三回収穫できるし川で魚は釣れるし果物は豊富。
勤労意欲はかなり低いらしい。
一方 高級車も多く、ラッシュ時は高速道が大渋滞。
2日や3日で理解するなぞ到底不可能なれど間違いなく得るところも大。

今回は格安ツアーに付、行き帰り共に上海乗り継ぎの深夜便、
そして現地では平地とは言え、丸二日かなりの距離数を歩き、
年寄りの所為か?結構疲労感を覚えたものの、異国の文化・歴史
風俗の一端に触れ、衰え行く脳細胞にはそれなりの刺激が得られた?と
自己満足に浸りながら出来るならば、次回も東南アジアのどこか?
ユックリ下調べして出掛けたく、思いを馳せるジィ~ジです。

|

« 今年もこの時期が【大蔵山~菅名岳】 | トップページ | 開花は既に【角田山】、【弥彦山】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

らるごさま
お早うございます。comment多謝。
角田山はユキワリソウとカタクリ満開の今日この頃ですよ。
またお出でになりませんか!?
今回は少々寒い新潟から35℃のバンコクへ(笑)
タイ王朝と仏教文化、そして隣の大国の観光客が殆ど居ない
アユタヤ遺跡、やはり自分お目で見ると刺激になりますね。
是非折を見てお出かけお勧めします。
今回はツアーなので現地の味付けとは少し異なる様で
然程辛いとか食べれないとか、そんなことは有りませんでしたよ。
寧ろ屋台の現地料理?食べなかったことが悔やまれます。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年3月30日 (金) 10:24

おはようございます

輝ジィ~ジ様、いつも雪山にいらっしゃるかと思ったらいきなりタイでびっくりいたしましたo(*^▽^*)o
たまには海外いいですねnote
タイはやはりアユタヤ遺跡に行ってみたいです。
バンコクに比べて気温も若干低く、喧噪もないのも魅力ですね。
タイは料理に香辛料も多く使い、和食党の自分は食べ物が心配ですが大丈夫でしょうか?
像の乗り心地は??なのですねsweat01
一度行ってみたいタイですconfident

投稿: らるご | 2018年3月30日 (金) 08:10

マコママさま
こんばんは
拙・駄ブログにお立ち寄りcommentありがとうございます。
山は勿論ですが、たまの海外旅行も目先が変わって良いもんですね。
年寄りジィ~ジの相方(バァ~バ)嬉しくてひっくり返るかも(笑)
残された少ない人生、精一杯楽しみたく願っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年3月27日 (火) 20:36

初めまして。
 いつも山登りと綺麗な山野草の花々を拝見させて頂いておりますが、まぁ、お山を下りてご夫妻で海外へ・・・。私たちは中国しか行ったことがございませんので、興味深く拝見致しました。
いつもお山のお写真では後ろ姿しか見られなかった奥様は美人さまでいらっしゃいますね。
 私の海外旅行は病のため2010年で終わり、パスポートも切れてしました。
どうぞ行けるうちにどんどんお出かけくださいませ。

投稿: マコママ | 2018年3月27日 (火) 20:27

もうぞうさま
こんばんは~
身近な国タイも実は初めてでしたが、やっぱり実際
行ってみるもんですねぇ~
忘れないうちにパスポート最後の書き換えしなくては(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年3月27日 (火) 20:06

いやいやすごいですな~
久々の海外編。
「山」はお休みでも、満足満足って、伝わってきます。

投稿: もうぞう | 2018年3月27日 (火) 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/66537153

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての国訪問 タイ:

« 今年もこの時期が【大蔵山~菅名岳】 | トップページ | 開花は既に【角田山】、【弥彦山】 »