« 定番はコースを変えて【角田山】 | トップページ | 2月最初は【三ノ峠山】 »

2018年2月 5日 (月)

同じコースでも【角田山】

ここ数日間、頼まれ仕事で家を留守にして“山歩き”出来なかった相方。
久し振りに運動不足、そしてストレス解消目的で出かけます。

行先は何時もながらお手軽に【角田山】

1月28日(日) cloud

同行 相方 ジィ~ジ 計2名
行程 ホタルの里コース(往復)

Am 10:51 ホタルの里コース登山口

Kimg4401              小笹が煩い急階段続く登山口

雪解けで少々グチャグチャの杉で覆われた登山道を・・・
20数分歩けば骨組みだけが残った東屋

Kimg4402_2            スケルトン状吾妻屋

Kimg4403       目的の山頂が見えてきた

Am 11:24 平沢三角点

三角点ピークから一旦下り‘山の神コース’そして登り返し
山頂へ向かいます。

山頂手前の急登は毎度のことながら息が切れるジィ~ジです。
ハァ~ハァ~ ふぅ~ふう~ (苦しい)

Pm 00:07-00:31 山頂避難小屋

山頂避難小屋には顔見知りの常連さんが数名。
二人だけの菓子パンと即席珈琲の超簡単なランチ?
常連N氏から熱々焼きたてのウインナーからプレゼント(美味し)

Kimg4406             サツマイモと餅

達磨ストーブの蓋上には網が乗せられ餅とサツマイモ

小腹も満たされ、往路を下山すべく小屋を後にする我らです。

Kimg4407             ツエルトを張って

途中で追い越した女性3人グループ、小屋へ入ってこなかった訳が判明。
(これはこれで楽しいことでしょう)

急登の坂を転倒しないよう気配りしながら下ります。

Pm 00:45 五倫コース合流POINT

此処まで下れば、残りは然程危ない場所も有りません。

Kimg4410             枝越しに多宝山

新潟市の最高峰 【多宝山】 ピラミダル姿よく見られます。

Pm 01:30 福壽山 平成院

Kimg4411             朱塗りの柱

Pm 01:33 ホタルの里コース登山口

毎度同じコースなれど、運動不足解消で相方も満足気!!

  ジィ~ジ【角田山】 04-30 

             007-30

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

【角田山】 今年は未だ一度も登っていないと言うTさんをお誘いして
途中ピックアップしてcar dash
数あるコースも今の時期はparkingの関係で必然的に限定され、この日も
先回と同じく‘ホタルの里コース’。

1月30日(火) sun

同行 Tさん 相方 ジィ~ジ 計3名

行程 ホタルの里登山口⇒山頂⇒向陽観音⇒山頂⇒ホタルの里

Am 10:37 ホタルの里登山口

Am 10:41 福壽山平成院

Kimg4414             福壽山平成院

堂内には遠藤実さん寄進台湾檜で彫られた十一面観音立像。

前日からこの日早朝まで降り続いた雪で梢には重そうな塊となって

Kimg4416             新雪がモフモフと

同じコースでも二日前と随分雰囲気が異なります。
モフモフの新雪と積雪量も随分増えています。

Kimg4417               山頂への急登

見上げれば青空も拡がって清々しささえ覚えます。

Pm 00:12-00:34 山頂小屋

小屋には常連さんが3名。
ストーブで暖を取りながら3人で簡単なお昼を採り、早々に下山です。
小屋を出て記帳所の寒暖計を見れば、≒-4℃

Kimg4421             ≒-4度

Pm 00:45ー00:51 向陽観音

Tさんの要望で向陽観音堂へ足を延ばします。
観音堂で頭を垂れ合掌礼拝。

観音堂前広場から蒲原平野を俯瞰します。

Kimg4423_2         一面、雪で覆われた新潟平野

観音堂前から‘稲島’へ細いトレースが点けられています。
我らは再び山頂へ戻ります。

Pm 00:59 角田山山頂

Kimg4424             積雪大凡80㎝

今年は例年よりも雪が深い感じがするジィ~ジです。

山頂から直ぐに激下り、‘五倫石コース’‘山の神コース’それぞれの
分岐点を横目に下山する我らです。

Pm 02:06 ホタルの里登山口

Kimg4425             登山口は目前

今回もまたまた同じコースになったものの、2日目と全く異なる新雪と
時折覗くこの時期珍しい青空、更に同行者も有り気分も新たな感じ!!

清新な気分に浸る我らです。

   ジィ~ジ 【角田山】 05-30

               008-30

帰宅して一風呂浴びて着替えして、相方の運転でお出かけのジィ~ジ。
年寄りジィ~ジなれど30代40代の男女の若人5人に誘われ
参加者各自持ち寄りの珍しい銘酒持寄りの会に参加。
題して ’18 日本酒持寄り飲み会
ローストビーフにチーズ 手作り料理も持込み 
それなりにレアな銘酒の利き酒の宴。'

Kimg4437        各自持ち寄りの銘酒

Kimg4430             鮨 ローストビーフ チーズ 他にも色々

ユックリとそれぞれの酒の特徴 感想を言い合いながら楽しみます。
何れも芳醇な香りとともに味わい深い銘酒ばかり・・・・

酒の話、山の話 酔いが回るにつれちょっぴり下ネタ話も。

全員ほろ酔い気分に浸りながら月の光を浴びながら二次会の会場
目指して歩きます。

二次会は山友が経営している駅前のバーへ出向きます。

Kimg4440             二次会で笑い転げるRちゃん。

年寄りジィ~ジは午前様にならぬようタクシーで帰宅。
(男性2人は駅前ホテルで宿泊したそうな)

旨い酒と若人諸君から沢山の刺激を貰ったジィ~ジです。
気分よく、心満たされた一日 ありがたや ありがたや (感謝)。

|

« 定番はコースを変えて【角田山】 | トップページ | 2月最初は【三ノ峠山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
いつもありがとうございます。
残り少ない人生、日々健康を願いつつ、精一杯楽しめればと
願っています。
他人と接していないと益々呆けそうで・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年2月 6日 (火) 09:19

なんと中1日おいて、同コースとは、さすがにビックリ!!
さらに豪華な料理で舌鼓とは、これまた素晴らしいですね。

投稿: もうぞう | 2018年2月 6日 (火) 08:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/66359823

この記事へのトラックバック一覧です: 同じコースでも【角田山】:

« 定番はコースを変えて【角田山】 | トップページ | 2月最初は【三ノ峠山】 »