« 年初め‘初詣で’&【多宝山】 | トップページ | 故人を偲び【猿毛岳】【護摩堂山】 »

2018年1月 9日 (火)

新春2座目は定番?

新潟=雪 snow 雪のイメージが強いと思われる越後新潟です。
されど佐渡・粟島を除き海岸線だけで331キロとかなりの距離が有り
その結果、場所によっては積雪量もかなり異なります。
ジィ~ジが住まいする県都新潟市では平野部に積雪見られません。
(※近郊の山々にはそれなりに雪が見られます)
年が改まってからもスカッと晴れる日は無いものの連日比較的穏やか
二日から三日朝まで娘一家が里帰りしていて接待役の相方は多忙。

1月4日(木) cloudsun

娘一家も三日には帰京、平常に戻った我が家、相方も漸く初登り。
新年が故に、【弥彦山】と思うものの通常の表参道コースは倒木と
登山道の一部決壊で神社と村では原則 登山禁止の標識設置
年末に行ってきたし、指示や依頼には従うべきでは・・・と

と言う事で相方最初の‘山歩き’は定番【角田山】にします。

選択行程 五倫石コース⇒山頂⇒(ホタルの里コース)⇒山の神コース

Am 09:36 五倫石登山口parking

Ⓟ迄 carの乗り入れ可。

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

粉を塗し敷き詰めたような道も少しずつ雪道に・・・

Kimg4248             ちょっぴり新雪が被さった

先行する相方は通常ペース?ジィ~ジは矢鱈足が上がらず息切れ
既に下山してくる登山者グループも見られます。
‘ホタルの里コース’合流手前の急登息が切れ苦しいジィ~ジです。

( ※ 動悸では無く肺機能が弱いので息切れかと思ってます。)

Kimg4250             青空も拡がり出して

青空広がるもジィ~ジは、アへ~アへ~ 

Am 10:22-10:57 山頂 避難小屋(健養亭)

歩き足りないと言う相方は一人で(三望平)へ、ジィ~ジは即 小屋へ。
「ジィ~ジさん~」小屋には知り合いのT女史が一人。
其処へまた一人、灯台コースからと言うお互い知り合いのS女史。
ストーブの火で温められた小屋で暫し歓談。
二人の女性は用事があると言う事で暫くして小屋を出ます。

直ぐその後に顔見知りの4人パーティ、そしてK山の会の皆さん14人
小屋は途端に賑やかになります。
やがて相方も(三望平)から戻ってきて入室。
ジィ~ジはK山の会の いっちゃんに一寸用事が有るので声を掛けます。
いっちゃんから手作り伊達巻やお菓子を頂戴します。

更に常連のお二人が到着。 Kimg4253             取り換えられた達磨ストーブ

Kimg4254        K山の会の皆さん

小屋も混雑してきたので、ジィ~ジと相方、皆さんに挨拶して退出です。

Kimg4256        小屋の外で休む登山者も

Am 11:04-11:04 向陽観音前広場

Kimg4257         靄~ッ 展望はイマイチ

残念ながらガスが立ち込め展望は得ることができません。
再び 山頂へ戻ります。

Am 11:12-11:15 山頂

 Kimg4259 Kimg4260_2
( 写真 左 積雪40㎝  写真 右 鏡餅の様な屋根の雪 )

積雪ゲージを見れば≒40㎝を示しています。
小屋の屋根波板には重ね餅の様に雪が積もっています。

Kimg4261                     ジィ~ジお気に入り 彼岸桜の古木

登りでは激しかった息切れも漸く収まり通常に戻った感のジィ~ジ。
山頂への急登を転倒しないよう気を付けながら下ります。

Am 11:25-11:30 五倫石コース合流POINT

 Kimg4263_2 Kimg4264
( 写真 左 山頂直下の急登  写真 右 知り合いの美女二名 )

合流POINTでも旧知の美女2名と遭遇。暫し立ち話。
ル・レクチエの馳走に預かるジィ~ジと相方です。

二人の美女とお別れし(ホタルの里コース)を辿り下山です。

Am 11:43 (山の神コース)分岐

Kimg4266               ホタルの里 山の神 分岐

Am 11:55-11:57 山の神

 Kimg4269 Kimg4270
( 写真 右 小さな石祠 山の神 写真 右 榊のフォルム )

Pm 00:01 山の神参拝鳥居

Kimg4271                  山の神参拝鳥居

Pm 00:03 五倫石コース登山口Ⓟ

Ⓟには6.7台のcar rvcar が停まっています。

相方にとっては今年最初の山歩きの終了です。

年が明けたばかりと言う、特別な要因があったものの大勢の
顔見知りの方々と遭遇し皆さんのお元気な姿を拝見し、
改めて今年も達者で山歩きをしたいものと願うジィ~ジです。

  ジィ~ジ【角田山】  01-30

                    002-30

|

« 年初め‘初詣で’&【多宝山】 | トップページ | 故人を偲び【猿毛岳】【護摩堂山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

お江戸のリッツさま
ありがとうございます。
今日の新潟は珍しいほどの快晴ですが明日から一寸出かけるので
今日は家で沈殿中です。(笑)
ドカ雪には参りましたがこんな程度ではまだ負けて居れません。
大丈夫ですよ(笑)
もう暫くすれば立春(気が早いかな)
角田山のユキワリソウ咲くころお会いできること楽しみに
致しております。
ご連絡お待ちしています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年1月15日 (月) 11:05

今日は!
ジィ~ジ様

雪かきでお疲れのところ返信ありがとうございます。

雪も重いし、ドカ雪なので、雪かきや雪おろしは大仕事ですね。
疲れをためませんように…

この春も元気なジィ~ジ様や奥様と
お目にかかる日を楽しみにしております。

またご連絡させてください。
                
           お江戸のリッツより


投稿: お江戸のリッツ | 2018年1月15日 (月) 10:12

お江戸のリッツ さま
こんばんは~ 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
雪の降らない新潟市は今年は大変なことになっています。
ジィ~ジも昨日今日二日間家の周りの除雪に大わらわ
くたくたに疲れました。
何しろ70㎝越え、新潟市では想定外なので除雪体制も
整わず、町中どこへいいても大渋滞。
2,3キロ行くのに1時間以上。
東区もきっと大騒ぎでしょう。
今年も自分なりに老骨に鞭打ち頑張る所存ですので
どうぞよろしくお願い申し上げます。
そして今年もどうぞ角田山へお出で下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年1月13日 (土) 20:53

ジィ~ジ様

今晩は!


寒中お見舞い申し上げます。

いつもブログを楽しく拝見しております。


新年早々2座登られているお二人に刺激され

冬眠中の私も山に行きたくなりました。

春になったら、また角田山でお会いできたら…と
思っております。


ところで新潟市内の大雪…

テレビのニュースですと、すごいことになっていますね。


東区にある私の実家の妹から

雪かきでくたびれた…と連絡がありました。


ジィ~ジ様のご自宅やご近所は大丈夫でしょうか?


                お江戸のリッツ


投稿: お江戸のリッツ | 2018年1月13日 (土) 19:00

もうぞうさま
こんばんは~
医学的には解りませんが、私は息切れは激しいのですが
ドキドキとか心臓が締め付けられるような気配は感じません。
他人様と比較しても息の吐き方比較で、劣っているのは
自分で自覚しています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年1月11日 (木) 19:52

「動悸はありませんか?」って医師から聞かれますが、動悸ってよく分かりません。

投稿: もうぞう | 2018年1月11日 (木) 19:08

FUJIKAZE さま
鋳物ダルマストーブの取り換えはいずれも
常連さんグループ人力に依ります。
多分2分割にはなっていると思いますが、あとは蓋などが
取りはずし可能かと思います。
私は肺機能が弱いし、力不足ですが、ほぼ毎日登っている
常連さんたちには途轍もない力持ちが何人もいますから(笑)
信仰の山で見かける石像なども全て人力によるものです。
新田次郎の著書強力伝は殆どフィクションでは有りません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018年1月10日 (水) 09:37

こんばんは!
不思議なんですが、取り替えた達磨ストーブって、誰がどうやって山頂避難小屋まで運び上げるのですか?
見るからに重そうですが。
輝ジィ~ジさんが、息を切らせて登るような山なのに・・・。
取り替えた古いストーブもどうやって下ろすのですか?
教えて下さい。

投稿: FUJIKAZE | 2018年1月 9日 (火) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/66255789

この記事へのトラックバック一覧です: 新春2座目は定番?:

« 年初め‘初詣で’&【多宝山】 | トップページ | 故人を偲び【猿毛岳】【護摩堂山】 »