« 今年も新雪が【角田山】 | トップページ | 晴れ間を利用して【角田山】 »

2017年12月 9日 (土)

【五頭山】雪化粧

直近の天気予報を基に、更に朝、目覚めて空模様を確認してからでも
日帰りで出かけられる300m弱から1400mほどの手頃な‘山’が幾座も
存在している新潟市は“山好き”には有難い土地柄とも言えます。

時の流れは待ったなし!!既に師走に入り、平成29年も残り僅かに

毎日が日曜日の気楽な身分なれば残された時間は勝手気ままに・・

そして今の時期には珍しくsun予報。朝食終えて早速出かけることに。

目的の‘山’は【五頭山(912.5m)】 自宅からcarで1時間弱。 

12月3日(日) sun

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

行程 どんぐりの森~五頭山本峰(小倉峰) ピストン

car rvcar 旧スキー場のⓅスペースまで入れるものの既に満車状態
辛うじて少し雪の積もった場所に乗り入れます。

Am 08:52 どんぐりの森登山口

Kimg4011             階段状の急登

登山口から4合目までは歩き始めにしてはそれなりの急登。
肺機能の弱いジィ~ジは直ぐに息が切れます。

Am 09:38 7合目

Kimg4012             7合目は目前

【五頭山】は大勢の登山者が登る手頃な一座。トレースはバッチリと。

Am 10:17 三ノ峰

Kimg4016        三ノ峰

眼前に白銀の飯豊連峰が飛び込んできます。

Kimg4018             避難小屋

小屋前の除雪をする常連さんと利用される登山者。

Am 10:29 二ノ峰

Kimg4019        二ノ峰

冬道は二ノ峰へ直登です。
赤いおべべを纏ったお地蔵さまと飯豊連峰。

Am 10:41 前一ノ峰

Kimg4026        前一ノ峰

飯豊連峰 【大日岳】【飯豊本山】【門内岳】・・・各頂にはcloud 
それでも全貌は概ね把握できるので満足感有ります。

飯豊連峰の右手には名峰【磐梯山】も目視・確認できます。
目を転ずれば会津【燧ケ岳】も目に入る好天日。

前方から見覚えのある若い二人のハンサムな男性が・・
スノーシューをGetして履き初めに来たと言う、SNS山友のS氏K氏です。
暫し立ち話。 殆ど倅の年代若さを羨ましく思うジィ~ジです。

(年寄りジィ~ジは今更スノーシューも無理なので次回はカンジキ持参?)

Kimg4031        来し方 前一ノ峰を振り返る

Am 10:57-11:20 五頭山本峰(五頭山三角点)小倉峰

Kimg4032             三角点 

この標識荷上げ設置に協力した日が思い出されます。

雪の上に敷物敷いて簡単なお昼を採ります。
珈琲も飲んで身体を温めます。

シャツ一枚のジィ~ジ、身体が冷えないうちに下山の開始です。

Kimg4038            前一ノ峰に向かって下山開始

積雪は1m位?積雪量がまだ少ないので所々藪ッぽい。

Kimg4044             前一ノ峰に向かう相方

Am 11:30 前一ノ峰

Kimg4046        飯豊連峰展望を楽しむ登山者

此処でも知り合いのN夫妻と遭遇。
「お久しぶり」と挨拶交わします。

Kimg4048        新潟平野の先には【角田山~弥彦山】

Kimg4052        最奥には【二王子岳】【鉾ヶ岳】

Am 11;52 三ノ峰避難小屋

Kimg4054            蒲鉾型避難小屋

暫くすればすっぽりと雪の中に埋まる事でしょう。

Kimg4055             ブナ林を下山

未だ時間も早く山頂を目指す登山者が後絶たず。
岳友のK女史にも遭遇。
「あら~ッ 久し振り」 暫し近況語り合います。

Pm 01:00 どんぐりの森登山口。

Kimg4056            登山口

下山している最中から快晴の空にも徐々にcloudが張り出してきます。
日本海側の冬場は天気が不安定。
それでもこの日は丁度良い時間に登ってこれたので大いに満足。

ジィ~ジ【五頭山】11-29 ※ 菱ヶ岳~五頭山縦走含む

Ⓟで再び、SNS山友 S氏 K氏と遭遇。
五ノ峰経由で旧 スキー場経由で下山して来たもの藪が
酷かったとのこと。(※ 五ノ峰から下山しなくて良かった)

                  102(106)-29

年内にもう一度来れるかな?と思いを抱きつつ・・・

帰路、立寄りは(ゆうきふれあいの里) 地場産の青物購入。

|

« 今年も新雪が【角田山】 | トップページ | 晴れ間を利用して【角田山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

RWさま
いつもお世話さまです。感謝
冬本番を迎え、本当に寒さが堪える連日となりました。
年を取ると風邪も中々治りが間々ならず、気をつけねばと
思っています。
RWさまは現役世代なので暇人の小生とは異なり
ご多忙化と存じます。
くれぐれもご無理なさらず日々お過ごしくださいますよう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年12月13日 (水) 10:38

飯豊連峰はもう真っ白なのでしょうね。今日は本当に夕方から風が厳しくなって冷えてきました。お風邪など召されませんように!あっという間に師走第1週も終わりが近づき、慌ただしいままに年賀状書きや大掃除に突入しそうな予感が・・。

投稿: RW | 2017年12月11日 (月) 21:11

もうぞうさま
こんばんは~
この日は良い日に恵まれました。
五頭山、今年は今回で11回目でした。
駐車場まで車が入れる間にまた行きたいと願っております。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年12月 9日 (土) 19:55

素晴らしい日に行かれましたね。
Wonderful。
五頭山、今年だけで、10回目くらいでしょうか?

投稿: もうぞう | 2017年12月 9日 (土) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/66138726

この記事へのトラックバック一覧です: 【五頭山】雪化粧:

« 今年も新雪が【角田山】 | トップページ | 晴れ間を利用して【角田山】 »