« バッタリ出会い楽しかった【安達太良山】 | トップページ | ルーティンではないけれど【角田山】 »

2017年10月24日 (火)

新しい出会いも【屏風岳】

本来であれば、爽やかな秋空が広がる10月なれど、思いの他、愚図ついた日も
続く今年、たまたま予報は悪くないので久々に山形方面を目指します。

10月14日(土) sun

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

目的の‘蔵王’が近づくに連れ、周辺の峰々にはガスが湧き出してきて・・・
【刈田岳(1758m)】【熊野岳(1841m)】の間にあるエメラルドグリーンの
水を蓄えた‘御釜’方面を目指そうか?それとも歩いたことの無い南蔵王山塊
【屏風岳(1817m)】【不忘山(1705m)】
を目指そうか?と登山口刈田峠で
逡巡する我らです。 ※ 2人だけ気紛れ登山 目的もいい加減。

‘御釜’周辺はガスが罹っているだろうし、勿論 過去に歩いたことが有るし・・
結局、ガスや観光客を避け歩いたことの無い処を目指すことに決定。

Am 10:05 旧刈田峠登山口

Kimg3523             南蔵王登山コース案内板   ※ 拡大

丁度歩き始めようとしていた時、単独行の女性と遭遇。
相方 「今日はどちらまで行かれるんですか?」と声を掛けます。
女性 「今日は午後に予定があるので行けるところまで」

この界隈は何度も歩いておられる様子。
案内がてら、暫くご一緒願う我らです。

道すがらお聞きすれば、寒河江にお住まい(準 地元?)で周辺に詳しい。

木道を下って行くとチシマザサの茂る鞍部に左 刈田峠避難小屋の標識あり。

トドマツの樹林帯からハイマツの尾根道を少し登れは‘前山’

Am 10:38 前山

周りは相変わらずガス ガス ガス 展望は×

‘前山’から緩い稜線を前進 前進。

Kimg3529          杉が峰方面も白組(白いガス)

Am 10:57ー11:05 杉ヶ峰(1745.3m)

Kimg3530          杉ヶ峰

‘前山’まで0.7k 刈田岳まで3.0k 芝草平 1.0k 硯石9.0kと表記。

振り返れば一面の雲海 【熊野岳(1841m)】の山頂部が突出。
(これまたあまり見られない景色かも)

Kimg3532          雲海の彼方に熊野岳 モデル単独行Tさん

いく手にはその先の風景を遮る如く【屏風岳】【南屏風岳】がどっしりと横たわり
その下に拡がる湿原 池塘群が芝草平との事。

これ以上、先まで一緒願うには申し訳ないので、電話番号 名前を交換して
来春 新潟【角田山】ユキワリソウを見に来て貰うことを約して、マイペースで
行って貰います。 その若い世代の女性はTさんと言う方でたまたま新潟市にも
縁が有り、話も弾んだのです。

Kimg3534        杉ヶ峰から芝草平へ下る

Am 11:24 芝草平入口

          Kimg3537               芝草平

6月から7月にかけて広い湿原にはキンコウカの群生が見られる由。

Kimg3541          芝草平

Kimg3542         芝草平から屏風岳に向かって

草紅葉の中には幾つも池塘が点在しています。

芝草平からはガレ・ガラ場の登りが待ってます。
勾配が緩い所為か?尚更速度が上がらない感じ!!
周囲はトドマツの樹林帯で囲まれています。
途中、左に【烏帽子岳】への分岐を確認しながら先へ向かいます。
小高いピークを通り過ぎて瞬く右方向へ進んだ台地状の場所が山頂。

Pm 00:00-00:35 屏風岳山頂

Kimg3543         屏風岳

山頂から先、右へ折れて灌木の道を進めば【南屏風岳】その先は【不忘山】
CTで≒1時間。されど帰りの時間も有るのでここでこの日の目的地とします。

丁度、お昼時間、二人ずれの若い男性、小さい子も混ざったファミリー
途中まで一緒願った件の単独行女性Tさん・・・我々を含んで10人ほどがお昼休み。
Tさんもこの日は午後から用事があるのでここから折り返すとの事。

ジィ~ジと相方、珈琲を飲みながら簡単なお昼を採ります。

Kimg3545                    屏風岳

【屏風岳】山頂には一等三角点が設置されています。
時折、晴れ間が覗くこともあるものの直ぐにガスに覆われ、すっきり晴れ間無し。

下山は往路を忠実に辿ります。

Kimg3546          秋はナナカマド

青空に赤いナナカマドの実が映えます。

芝草平へは大・小の岩がゴロゴロしたガレ場の道が続きます。

Kimg3551               ガレ・ガラ場の登山道

Kimg3553_2          芝草平と杉ヶ峰 

Pm 01:40-01:43 杉ヶ峰

Kimg3554         杉ヶ峰

Kimg3556               気になる赤い実 SOS 

この~実 何の実? 気に~なる実 ~notenote

イチイ(一位)かな?

Kimg3558               赤く染まった楓

 

Kimg3559               木道

少しばかり登り返せば登山口

Pm 02:30 旧 刈田峠登山口

登山口から歩いてきた方向を振り返り、確認します。

Kimg3561          屏風岳 不忘山

残念ながらヤッパリ峰々はガスで覆われスッキリ感は有りません。
結果的にはアップダウンの繰り返しで往路・復路とも要した時間は同じ!!

【不忘山】はザレ地の高山的雰囲気と風衝地で高山植物も多く、おまけに
展望も良いらしい。
今回は様子も有る程度把握できたので、来年の初夏に再訪を期すジィ~ジです。

                090(093)-29

おまけ その1

蔵王エコーライン車窓からの紅葉風景 (帰路)

Kimg3570

Kimg3574

Kimg3578

Kimg3582

終盤を迎えた紅葉、ほぼ今年の見納め? 
赤々と燃え、見ごたえあり満足感味わえたジィ~ジ。

エコーラインを下り上ノ山 バイパスから一路。新潟に向ってcar dash

おまけ その2

飯豊町は道の駅飯豊に立ち寄り、地場野菜を購入し序に?小腹を満たします。
短絡思考のジィ~ジ 山形=いも煮 & 米沢牛 食欲が優先
Kimg3583

Kimg3585            米沢牛の塩焼き牛刺し

一応 山形へ来た雰囲気と食欲は満たされたジィ~ジです。

始めて歩いた山域、新しき出会いも有り、見事な紅葉も、最後に食欲も
正に身心満たされ充足感溢れるジィ~ジです。

小国町から県境、6時過ぎで既に釣瓶落とし、すっかり暗闇に包まれた街道を
家路に向かってひた走るジィ~ジです。car dash dash

|

« バッタリ出会い楽しかった【安達太良山】 | トップページ | ルーティンではないけれど【角田山】 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

つっちさま
レポアップ遅くなり失礼いたしました。
その節はお世話になりありがとうございました。
お蔭さまで喧嘩もせず、楽しい山歩きが出来て感謝です。(笑)
来年花の時期に不忘山まで歩いてみたく思っています。

3月末または4月始め、角田山は雪割草とカタクリで
染まります。
是非 ご一家お揃いでお出で頂きますようお待ち申し上げます。
拙 駄ブログまたお立ち寄りください。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年10月25日 (水) 15:28

こんばんわ
登場させていただき、ありがとうございます☺

楽しいお話をうかがい、正に理想のご夫婦で、単身赴任の旦那にも、こんな新潟のご夫婦に会ったんだよー、と早速教えました😆(このブログのことも)
定年後は(まだ先ですが😅)お二人のように、時にはケンカしながら(⁉)いろんな山に登るのが夢です✨

角田山、花がいっぱいのいい山ですね🗻
またお会いできる日を、楽しみにしております🎶

それにしても、多趣味でいらっしゃいますね🙌私も見習わなくちゃp(^-^)q

投稿: つっち | 2017年10月24日 (火) 22:44

もうぞうさま
こんばんは~
この方、たまたま新潟に縁が有るので来年はきっと
角田山へ来られることでしょう。
私より二回り以上、若い世代の女性です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年10月24日 (火) 19:31

新しい出会いですか~
素晴らしいな~
私だったら、その場で終わり。
来年の角田が楽しみですね。

投稿: もうぞう | 2017年10月24日 (火) 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/65956898

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい出会いも【屏風岳】:

« バッタリ出会い楽しかった【安達太良山】 | トップページ | ルーティンではないけれど【角田山】 »