« グルリップ【菱ヶ岳~五頭山】 | トップページ | 故郷の山【立山】にて遊ぶ »

2017年9月30日 (土)

急遽行先変更【小野子山~十二ヶ岳】

当たり前なれど、なかなか思うように行かぬがこの世の倣い?
そんなことがしばしばあるものです。

そしてこの日も・・・
前日の天気予報でも悪くはなかったのにdown

予定では安直にロープウェイ利用‘天神尾根’経由ピストンで【谷川岳】

9月21日(木) cloudsun

同行 T中夫妻 T橋夫妻 O氏 mimiさん 相方 ジィ~ジ 計8名

長岡市で待合せ、2台の車で関越道を走ります。
目的地が近づくころから上空には重そうな雲が充満、時折ポツリsweat02
関越トンネルを越えれば青空が広がるだろうと淡い期待を抱きながら
谷川SAで状況確認、様子を観ながら善後策打ち合わせ。
雨は降っていないものの目的の山頂付近は越後の方から厚く濃い雲が
流れ込んできています。急遽 行先を再検討。

相談の結果、晴れ間が広がっている方にある“山”を目指すことに!!

あれやこれやと候補地を出し合って 結局 【小野子山】に決定。
(ヘタレジィ~ジは未踏の一座です)

Am 08:56 小野子山林道登山口(赤芝登山口)

Kimg3144                               案内板

暫くは作業道の簡易舗装もされた緩い歩き辛い道を進みます。
登山口から840m進んで傾斜のきつい登山道に分け入ります。

Kimg3148               徐々に傾斜が増して

山頂まで1610mと記されています。

周囲の檜(植林?)の幹には鹿害を防ぐためか緩い紐が巻かれています。

 Kimg3149 Kimg3151
( 写真 左 サラシナショウマ  写真 右 ヤマハッカ?  )

Kimg3153               アズマレイジンソウ  ※ 写真 手振れで色飛び

越後では見たことが無いアズマレイジンソウ (多分)

そして正規の登山道から右手へほんの少し右手へ分け入ると姉妹つつじ
過っては2本あり、今は小さいのが残ったというゴヨウツツジ。

Am 09:58-10:05 ゴヨウツツジ

目通り1.3m 樹高 5.8m 樹齢数百年(3~500年)
ゴヨウツツジは所謂シロヤシオと呼ばれます。 
※ 現在日本でも目通りは使用しなくなり胸位置 ≒130㎝弱で計測

Kimg3150               ゴヨウツツジ

ネットが回され根元の幹は保護されています。

登山道は快適な尾根道となりなります。
やがてクリアーすれば、この日の変更された目的 【小野小山】山頂

Am 10:20-10:45 小野子山(1208.3m)山頂

Kimg3155           方位盤

Kimg3156           赤城山連山

谷川岳方面は案の定、雲に覆われその姿は見えません。

急ぐ旅でも無し、ゆっくりと大休憩。とは言え昼食には些か早すぎ。
隣の【中ノ岳】を目指して勾配のキツイ道を下ります。

Kimg3160               分岐標識

高山村へ下る分岐から再び急勾配の道を登り返し。

Kimg3161                  オレンジ色のキノコ マスタケ

※ 帰宅後、キノコ通のK氏からマスタケだろうと連絡。
耳たぶくらいの固さの幼菌であれば天麩羅や和え物に利用可との事。

Am 11:32-Pm 01:10 中ノ岳

Kimg3162           中ノ岳山頂到着

丁度 お昼間近な時間、敷物広げ靴も脱いで車座でランチタイムに。
我らの他に登山者は見られません。(占拠状態)
毎度のことながら食べきれないほどの年季の入った手料理が
所狭しと並べられ、順番に回ってきます。

かなり急な道を転ばぬよう下り切れば再び登り返しが待ってます。

【十二ヶ岳】山頂への道は二手に分かれています。

“男坂” “女坂” 我々は傾斜がきつく距離が短い“男坂”から挑戦。

Kimg3166               男坂 女坂 分岐

Pm 01:30-01:50 十二ヶ岳山頂

ぐんま百名山の中でも展望の山として知られているようです。

勿論 【赤城山】や指呼の間に対峙する【榛名山】。

Kimg3169          榛名山山塊
【浅間山】山頂は雲が被さっていますが、遥か【草津白根山】
“志賀高原”
 【根子岳】【四阿山)】 ・・・etc etc

Kimg3170          四阿山方面

Kimg3174            初めての山 記念に一枚

執拗に“谷川山塊”を眺むれば相変わらず山腹まで雲が覆っています。

下りは“女坂”を選択、“男坂”より楽なれど、そこそこの勾配があり膝に負担が・・・

Kimg3175                女坂のとりつきに小さな石祠

Kimg3177               アキチョウジ ピント合わず色飛び

Kimg3179               見た目より急な登山道

途中に作業道が何本か走っているものの標識が有りません。
登山道をそのまま小野子山林道を目指して下ります。

Pm 02:42 小野子山林道

Kimg3181               待ち受ける長い林道

完全舗装された小野子林道は全長≒11㌔ 曲がりくねりアップダウン有
【小野子山】【中ノ岳】と極端に離れたりしながら1台の車をデポした
場所まで数キロ(5㌔?)、道路の上に沢山落ちているシバクリを拾いながら
長い長い道程を歩きます。

Kimg3182           林道途中からの小野子山 中岳 十二ヶ岳

Pm 04:00 赤芝登山口

長い長い林道歩きも漸く終わり。車に乗り込みホッと一息。

改めて車窓から来し方を眺めます。
三つの山は離れているのでそれなりのアップダウンが見て採れます。

Kimg3184          左から小野子山 中ノ岳 十二ヶ岳

目的 【谷川岳とはかなり異なった雰囲気の“山歩き”となったものの
それなりの味わいを感じ結果はオーライ。
臨機応変に対処対応できる山仲間との山行は楽しい哉。

関越道水上ICより高速道に乗ります。

同行の諸氏も空腹を覚え、関越道谷川SAに立ち寄り、銘々好きなものを
オーダー夕食替わりで腹を満たします。

“山”を歩き、展望を楽しみ食欲も満たす。
良き半日を過ごせたことに感謝のジィ~ジです。

           085(87)-29

|

« グルリップ【菱ヶ岳~五頭山】 | トップページ | 故郷の山【立山】にて遊ぶ »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

RWさま
こんばんは~ 
何時もご丁寧にありがとう存じます。
上州武尊山へお出かけになられたとか、お元気で何よりです。
私も上州武尊山は時期を変えコースを変え7.8回は
歩いていますが、寄る年波の所為?ここ4,5年は
ご無沙汰しています。
老け込むつもりはありませんが困ったものです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年10月 3日 (火) 19:47

先日、上州武尊山に単独行登山をしてその後は水上温泉諏訪教へ、谷川岳の雄姿をまじかに見ることができました。

投稿: RW | 2017年10月 3日 (火) 07:13

もうぞうさま
私も未踏の山は数知れません。
谷川岳楽しんできてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年10月 2日 (月) 21:20

小野子山、初めて目にしました。輝さまでも未踏だったとはビックリです。
谷川岳の予定ありです。

投稿: もうぞう | 2017年10月 2日 (月) 17:55

山の風さま
お久しぶりです。
お元気で回復された様に思います。
お立ちよりcommentありがとうございます。

この山域は2度も経験がおありとか、またお近くの
楽な山から始められれば体調が良くなるかもしれません。
是非 御初めに!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年10月 1日 (日) 04:44

こんばんは。
久々のコメですsweat02。日々変わらず山に向かう姿勢に驚きと飽くなき探求心に脱帽と羨望の心持ちで拝見しています。小野子山、十二ケ岳。二度行きましたが、記憶は呑んだ事beerとローカル線?の駅の近くにある温泉に入った事しかありませんcoldsweats01
近頃、痴呆とも仲良くなり混沌とした我が頭ですが、もう一度山歩きがしたいと、気持ちだけは前を見ています。confident
街歩きならぬ山歩きができれば(無理でしょうが)と思っていますthink

投稿: 山の風 | 2017年9月30日 (土) 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/65848671

この記事へのトラックバック一覧です: 急遽行先変更【小野子山~十二ヶ岳】:

« グルリップ【菱ヶ岳~五頭山】 | トップページ | 故郷の山【立山】にて遊ぶ »