« 一仕事終えて【弥彦山】 | トップページ | 何はともあれ【角田山】 »

2017年9月 1日 (金)

【五頭山】 今年29年は8回目

毎年 毎年のことながら時期が来れば、今年はどうだろう?・・・と
恒例行事の如く出かける‘山’が何座か有るのです。
そして今年もその時が到来。

目的の‘山’【五頭山】 ※ ジィ~ジにとっては今年8回目。

8月27日(日) sun

お天気がそこそこ良いし、まだ8月 夏山シーズンなので大概、
北ア始め遠方へ出かけ、Ⓟは多分空いているだろうと・・・
ところが旧 スキー場のⓅはほぼ満車状態。辛うじて空地にⓅ

Am 07:30 旧スキー場Ⓟ

同行 Nさん Kさん 相方 ジィ~ジ 計4名

Kさんとはparkingで待ち合わせ。

Am 07:40 三ノ峰コース どんぐりの森登山口

この日の目的は、毎年この時期に咲く【五頭山】の花探索。
① ミヤマウズラ ② ジンバイソウ ③ アケボノシュスラン

“三ノ峰コース” どんぐりの森登山口からスタートです。

直後にYさんと遭遇。挨拶交わします。

Kimg2859               ブナ林を行く

6合目手前付近で早速 目的のジンバイソウ発見。

Kimg2863           ジンバイソウ

ジンバイソウ(神拝草) ブナ林域の樹林下に群生する多年生地生ラン

そしてそのすぐ先の道端には目的の一つ またまた確認。
ミヤマウズラです。

 Kimg2866 Kimg2867
( 写真 左 ミヤマウズラ  写真 右 ミヤマウズラ ) ※ 拡大

ミヤマウズラ(深山鶉) ラン科 シュスラン属
鳥が翼を広げたような形をした薄いピンク色の小が、一方向に偏って咲く

勿論、他にも色々見られますが例として↓

 Kimg2870 Kimg2872
( 写真 左 ホツツジ  写真 右 ツクバネソウ ) ※ 拡大

花々に見惚れ、遅々として歩が進まない我らです。それでも漸く
三ノ峰に到着。避難小屋で給水タイムを取りさらに前進。

Kimg2873         二王子岳の後方に飯豊連峰

飯豊連峰の峰々の頭には鉾ヶ岳 朳差岳を除いて雲が・・・

Am 09:43 一ノ峰

Kimg2874        五頭山一ノ峰

Am 09:52-10:53 前一ノ峰

Kimg2875_2         小倉峰へ向かうひとたち ※ 拡大

此処で【菱ヶ岳】から縦走・周回してきた顔見知りの女性と遭遇
道中アケボノシュスランが咲いていた?確認したところ、
まだ早いようで一株も見られなかったとの事。
目的の花が見られないならあっさり前進を諦める我らです。
(※ ジィ~ジは弥彦でアケボノシュスラン見れたし)

前一ノ峰をこの日の山頂として、敷物敷き腰を下ろします。

Kimg2877         前一ノ峰で大休憩

目の前を大勢の人が通り過ぎて行きます。
小倉峰へ向かう人、【菱ヶ岳】から下山してくる人 様々です。

「ジィ~ジさんですよね」 と、【菱ヶ岳】から周回の女性から声を
掛けれます。
「私R・Nです」 SNSを通しての知り合いです。新しい出会いに感謝。

ノンビリ ゆったり 展望も楽しみ、往路を下山です。

Am 10:57 三ノ峰

Kimg2878              三ノ峰

再び道端の花々に目を遣りながら時間を掛けて下ります。

Am 11:30  7合目 長助清水

相方含め同行の女史3名 何十回も【五頭山】を歩いているのに
<長助清水>へ立ち寄ったことが無い由。

急ぐ旅でも無し、皆で訪ねてみることに・・・
案内標識から僅か2分程で目的地到着。

Kimg2879              長助清水

沢水では無く、山腹から冷たい清冽な水が滔々と流れ落ちています。
同行の女史 口々に 「美味しい~」

<長助清水>から7合目へ戻ると旧知のT氏と遭遇。
一緒に再び6合目周辺の花々を愛でながら下山です。

Kimg2880              下山風景

Pm 00:25 どんぐりの森登山口

Kimg2881              登山口到着

昼の陽射しが降り注ぐ登山口に無事到着。

朝からたっぷり特に花を楽しみながらでもまだお昼時。
車で一時間足らず走れば手頃な山歩きができる新潟は
恵まれているなぁと改めて思うジィ~ジです。

‘山’では花が見られ、展望が楽しめ、そして出会いも
だから歩けるうちは歩きたい!!

下山後は安価な地場野菜を購入して自宅へ向かうジィ~ジです。

                 078-29 

|

« 一仕事終えて【弥彦山】 | トップページ | 何はともあれ【角田山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

RWさま
お早うございます。いつもありがとうございます。(多謝)
五頭山は二王子岳程では無いですが、飯豊連峰の大展望台です。
二王子岳の1/2程度の時間で登れる手頃な山です。
機会が有れば是非お越しください。
私もおかげさまで何とか健康で平々凡々の日々を送らせて貰い
感謝しています。
それにしても月日の流れの速さに今更ながら・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年9月 6日 (水) 09:34

FUJIKAZE さま
お早うございます。いつもありがとうございます。
奥様の具合も一段落されそうとのこと、何よりと存じます。
春日山今年も再訪されるとのこと、有り難いことです。
赤倉もその時は紅葉が始まっていると思いますので
越後の秋をたっぷりと堪能なさってください。
上越市は謙信公の愛刀を購入しようと所有者と
話し合いしているようですが折り合いがつかいようですね。
五頭山も弥彦も角田も金北山の対岸になります。
金北山も花の多い良い山ですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年9月 6日 (水) 09:28

ニ王子山は登りましたが、五頭山行きそびれて入る山です。目の前の雄大な飯豊連峰を眺めてみたいです。健康・平凡な日々を送れることが一番ですね。秋の涼しさ、そろそろヒガンバナやお月さまレポートが入ってくる季節となりました。

投稿: RW | 2017年9月 6日 (水) 09:27

まことさま
お早うございます。
全く同感です。
人や花との出会いを求めて山を歩いています。
五頭山の長助清水は20数年ぶりに立ち寄りましたが、
7合目標識から僅か2分程度でこんなに近かった?と。(笑)
立山縦走された由、お元気そうで何よりでした。
わが家はタナカさん夫妻と燕岳だったんですよ。
10日の夜 楽しみにしています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年9月 6日 (水) 09:19

こんばんは!
昨日、NHKの「にっぽん百名山」で、佐渡の「金北山」をやっていましたが、「五頭山」って、ちょうど対岸になるんでしょうか?
新潟は貴重な高山植物の花が咲く素敵な山が沢山あって良いですね。

女房の治療も一段落しそうなので、今年も10月の中頃に上越へ行くことにしました。
去年は雨に祟られましたからね。
春日山城址に再チャレンジです。
今回、泊まりは妙高高原の赤倉温泉の予定です。
さすがに妙高山には登れませんが、気分だけでも味わおうと思っています。


投稿: FUJIKAZE | 2017年9月 5日 (火) 21:53

山歩きは花始め人との出会い等々いろんな出会いがありいいですね!
長介清水はまだ飲んだ事はないので機会があったら美味しい水飲みたいと思いました。

私は昨日今年最遠の山、30年振り?室堂から後立山(雄山-別山)の馬蹄形縦走をして来ました。

10日の日、私も山談義を楽しみにしています・・・

投稿: まこと | 2017年9月 5日 (火) 21:49

もうぞうさま
もうぞうさんとの違いは現役を離れて、10年以上
要するに暇人なのですよ。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年9月 3日 (日) 09:36

五頭山だけでも8回目ですか~
すごいな~
そのバイタリティはどこから来るのでしょう?

投稿: もうぞう | 2017年9月 3日 (日) 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/65728686

この記事へのトラックバック一覧です: 【五頭山】 今年29年は8回目:

« 一仕事終えて【弥彦山】 | トップページ | 何はともあれ【角田山】 »