« 今年は7回目【五頭山】 | トップページ | 馴染の名山【平標山】 »

2017年6月19日 (月)

二転三転して関東の‘山’へ

好天の予報が続き、年寄りの我が身なれば、意を決して暫くぶりの
“飯豊連峰”【朳差岳(1636.4M)を予定して荷物をパッキング

出発前夜に予報を確認すると少し悪い方に変化down
SNSの情報でも空模様は芳しくなく、雹も降るほど寒かった由。

急遽 相方は同行予定のO夫人と連絡を取り合い、予定を変更。
天気予報を信じて関越県境【平標山(1984M)】で花見をすることに。

同行 O夫妻 N女史 M女史 相方 ジィ~ジ 計 6名

6月12日(月) rain ⇒sun

予報に反し?湯沢方面も曇天 一面に湿気を含んだガスが充満。
R17 登山口の元橋に着くと、既にcar rvcarが2~30台以上。
ガスは霧雨に変わり、暫く待機するも、降り止む気配全くなし。

閑人我ら、天気の悪い日にまで無理して出かける必要無し。
関東の天気をチェックして群馬県に向かいます。

R17 三国街道~苗場~法師温泉~猿ヶ京温泉~水上
~月夜野~沼田市へ  carrvcar 2台連ねて走ります。

最終的に向かった行先は【戸神山(771.5M)】

Am 09:40 戸神山登山口

Kimg1575            戸神山登山口

相方とジィ~ジは二度目なれば相方が登山口で説明。
(※ 同行の皆さんはもう少しハードな山が主体)

登山口の虚空蔵尊から暫く林道に沿って進みます。

 Kimg1576 Kimg1577
( 写真 左 コアジサイ  写真 右 ノハラショウブ ) ※ 拡大

途中から標識を元に鉱山跡経由で山頂へ向かいます。

Kimg1580              可愛いリスのお出迎え

Kimg1581              エゴの花ビラ舞い散る下を

鉱山跡のコースは岩稜帯。(紫水晶採掘していたらしい)
低山の割には雰囲気がガラリと変わってちょっぴりアルペンムードに

Kimg1582                           ↓    ↓

Kimg1584             岩稜帯をガシガシと

あんまりバカにならない急な岩稜帯が山頂まで続きます。

山頂まであと10分とか 表示も有ります。

Kimg1585            ?の木

越後新潟では見慣れない?白い鈴なりの花を付けた木は?

Am 10:30-11:25 戸神山山頂

Kimg1589

Kimg1588          赤城高原遠望

【上州武尊山】【子持山】【赤城山】そして眼前の【三峰山】
遥かに【浅間山】 etc

低山なれど展望は360度 グルリップ。
同行のメンバーの皆さんも日頃見慣れない景観に
興味を示してくれている様子。
ユックリと展望を楽しみながら早めのランチで寛ぎます。

山頂直下には前日【白毛門山】へ行ってきたと言う男性二人連れ。

更に館林からと言う、男女数人のパーティも到着。

あまり広くない山頂も賑わい始めます。

一時間程の山頂滞在で、我らは下山することに、岩稜帯の途中から
林道コースを利用して下ります。

 Kimg1590 Kimg1593
( 写真 左 ママコナ  写真 右 ヤマタツナミソウ ) ※ 拡大

Kimg1594            動かないお猿さん

この山には数体の木彫りの動物が・・・遊び心が癒しを与えて呉れます。

下山してもまだ帰るには時間もたっぷりあります。
折角の機会、天狗伝説で有名な近くの迦葉山龍華院弥勒寺

公式HP⇒コチラ

お借り面、お返し面で堂内には数えきれない天狗面。
日本一の大天狗面も・・・

Kimg1596           お借り面

Kimg1597              お返し面

登山靴は既に脱いでいるのでスニーカーで様子見がてらに
登って見る事に・・・
ところがどっこい、思いのほか急登が続きます。

Kimg1598            ブナ林

深山幽谷の風情が感じられます。

Kimg1600            和尚台

胎内潜りも出来る聳え立つ白い大きな岩は高さ60mに達すると言う。
(鎖もついているが一般登山者は巻道利用を推奨)

Kimg1602           和尚台 胎内潜り

同行のK子さん、鎖を伝って胎内潜りへ・・・

山頂から下山してきた夫婦ずれの奥さん。
「この先の岩場が怖かった~」

この先、山頂まで30分足らずと思われるものの、空身の我らは
ここでこの日は終わりとします。

【迦葉山(1332.4M)】 登山マップは⇒コチラ

【迦葉山(1332.4M)】からその先【尼ヶ禿山(1460 M)】
繋がります。

Kimg1603           中雀門

予定変更して関東の“山” この日の山歩きはこれにて終了。

国道R17三国街道を利用して再び湯沢ICまで往路とは逆に走行
朝方とは異なり越後も既に雨は上がっています。

再三の予定変更、暇人我らなればの特権か?

                 055-29

 

 

|

« 今年は7回目【五頭山】 | トップページ | 馴染の名山【平標山】 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
いつもありがとうございます。
今回は天気予報に翻弄されてしまいました。
晴れ間を探して意固地になったりして(笑)
雨の山はイマイチ乗れません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年6月23日 (金) 18:19

当初の計画は残念でしたが、山の情報がたくさんインプットされているので、機転が利きますね。

投稿: もうぞう | 2017年6月23日 (金) 07:19

のりこさま
お立ち寄りcomment頂戴ありがとうございます。
私は2度目でしたが、他のメンバーは初めてでした。
貴女がお気に入りの山であることは、存じ上げていました。

迦葉山の和尚台は経験おありでしょうか?
以前は参拝しただけで、今回初めて少し歩いてみました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年6月20日 (火) 18:06

「戸神山」へ行かれましたか!
数年前に会山行で実施するのに当り、1年に時期を少し替えて3回行きました。
色々と地元の方とのつながりも出来て、動物も可愛くて、手頃で好きな山です。

投稿: のりこ | 2017年6月20日 (火) 04:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/65430401

この記事へのトラックバック一覧です: 二転三転して関東の‘山’へ:

« 今年は7回目【五頭山】 | トップページ | 馴染の名山【平標山】 »