« 花の佐渡【アオネバ渓谷】 | トップページ | 新緑眩い【五頭山】 »

2017年5月26日 (金)

山からの恵み+何時もの【山】

今頃の時期になれば、一度は出掛けねばとの思いが・・・沸沸と
それは山からお恵みを頂戴する事。今年もその時が!!

5月12日(金) sun

場所 新潟県某所

Kimg1100           ワラビ

Kimg1103            ミツバツチグリと蕨

 Kimg1104 Kimg1108
( 写真 左 タニウツギ   写真 右 ウラシマソウ ) ※ 拡大

 Kimg1109 Kimg1111
( 写真 左 ネマガリダケ  写真 右 ミズ ウワバミソウ ) ※ 拡大

Kimg1113              収穫の一部 

Kimg1114             収穫の一部

この日の収穫 
ワラビ⇒トートバック3袋 ネマガリダケ 独活 ミズ キノメ 
大収穫 帰路 相方の身内や知り合いに分けて帰宅。
それでも後処理が大変だ!! 
(ジィ~ジは蕨の頭をとる事、ミズの葉を落とすこと程度)

山には時期ごとにお恵みがたっぷり、有難いことです。
色んな料理に利用できるだけでなく美味!
料理や晩酌の肴に化け重宝します。 ご馳走様!!

この日は山へ入ったけれど、登山ではないのでカウントから除外。

  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

天気は良さそうだけれど、遠出の予定も有りません。

5月14日(日) sun

二人だけの簡単な朝食を終えて、何時もの場所へ向かいます。
改まって何処かの“山”へ行く予定も無く、何時もの【角田山】
久し振りに“宮前コース”から登るつもりが既にⓅは満車状態。
急遽予定変更して“此ノ入コース”からスタートです。

同行 相方 ジィ~ジ 計2人

Am 09:10 此ノ入登山口

Kimg1116            朝日を浴びながら

相変わらず道端に咲く花々を眺めながらユックリ歩く二人です。

以下、歩きながら目に入った花々の一部です。

 Kimg1120 Kimg1121
( 写真 左 ウマノアシガタ 写真 右 オドリコソウ) ※ 拡大

 Kimg1122 Kimg1124
( 写真 左 ホタルカズラ  写真 右 エビネ ) ※ 拡大

エビネはjustmeet!?

 Kimg1125 Kimg1133
( 写真 左 ハルカラマツ 写真 右 ツクバネウツギ ) ※ 拡大

Kimg1132                ハルユキノシタ

Kimg1137             ラショウモンカズラに見送られ

 Kimg1138 Kimg1140
( 写真 左 キンラン 写真 右 クルマムグラ ) ※ 拡大

キンランがも直ぐ咲き出すように見受けられます。

Am 10:24-11:05 角田山山頂広場

Kimg1142          山頂広場

山頂広場に着くや!!
「T子さ~ん」と声がかかります。
声のする方を向けば、20年来の岳友T夫妻です。
久し振りなので、脇に腰を下ろし暫しお互いの近況報告です。

広場にはグループを始め、ファミリー 大勢の人たちが寛いでいます。

“灯台コース”から登ったと言うT夫妻、“此ノ入コース”は久しく
歩いていないと言うT夫人の意向で、4人で“此ノ入コース”を下ります。

Kimg1145            ハナウド

Pm 00:09 此ノ入登山口

Kimg1146             此ノ入林道行く

T家も特に急ぐ用事が無いようなので、帰りには近くの
ぎゃらりー 浜つばき  さんに立寄り、切り絵の展示作品見てから
旨い珈琲とケーキを口にしながらあれやこれやの四方山話。

トレーニング代わりの山歩きで少々体力を使い、暫くぶりに
気持ちが通い合う友人夫妻との語らい・・・旨い珈琲にCake
心地良い半日過ごせ、満足感に浸るジィ~ジです。

  ジィ~ジ【角田山】 21-29

                                    045-29      

|

« 花の佐渡【アオネバ渓谷】 | トップページ | 新緑眩い【五頭山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
こんばんは~
相方決して若くは有りませんが、泣いて喜ぶかもしれませんよ(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年5月30日 (火) 20:04

奥さまは、お若いからなのか?鍛えた身体故のスマートさなのか?
まさに山ガール風で、絵になりますね~
失礼しました。

投稿: もうぞう | 2017年5月30日 (火) 18:58

RWさま
今晩は いつもありがとうございます。
時間はたっぷりある暇な身分、この頃は山からのお恵みを
頂くことに精を出しています。
お蔭さまで晩酌が捗ります。(笑)
それにしても季節の移ろい感じますねぇ~ 
時の流れの速い事!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年5月28日 (日) 21:25

新潟県某所はまさに生命力真っ盛りという感じですね!平地では、もう晩春からいよい紫陽花・菖蒲・あやめが咲き誇る梅雨入りを迎えますね~

投稿: RW | 2017年5月28日 (日) 05:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/65323550

この記事へのトラックバック一覧です: 山からの恵み+何時もの【山】:

« 花の佐渡【アオネバ渓谷】 | トップページ | 新緑眩い【五頭山】 »