« 覚書 日々滔々 | トップページ | また覚書き【角田山】+『村上市』+【三ノ峠山】 »

2017年4月 6日 (木)

好条件【守門岳】+何時もの【角田山】

前日は雪割草を始め、春爛漫を謳い始めた【角田山】 そして翌日は
この時期、県外からも大勢の登山者、スキーヤー ボーダーが訪れる山
越後の名峰【守門岳】です。

残雪(偶には新雪も)が無類の美を作り上げるので飽きることも無く
毎年のように訪れるお気に入りの一座です。

3月25日(土) sun

同行 長岡T中さんグループ8名 新潟 O夫妻 ジィ~ジ、相方 12名

Am 07:18 二分 除雪最終地点

Kimg0256                二分 除雪最終POINT

結構速い時間なのに、県外車も多数。 
(※ この時期は駐車に手古摺るので早めの現地が望ましい。)

トレースは明瞭、特に問題ありません。一寸急登を乗り越して・・

Am 08:15 休憩

Kimg0261             小一時間歩いたので休憩一本

新雪モフモフ 気持ち良い~ッ

Kimg0266             目的の白い山

Kimg0267            寄生木が沢山 取付かれた本体はやがて筋弱

Am 09:08 保久礼小屋

Kimg0268              屋根の雪はバウムクーヘンもどき

一寸、休憩して前進開始です。

キビタキ小屋は完全に雪に埋もれたまま、今年は遅くまで雪が残っている?

Kimg0275             大分 先が見えてきたような

思いのほかここから先が長く辛く思えるジィ~ジなのです。

Kimg0278            広大な雪原

歩行スピードがこの辺りから鈍るヘタレジィ~ジです。
天候悪くガスが発生すれば方向性を見失う危険性大と思われます。

Kimg0281                 中津又岳の雪庇

Am 10:58-Pm 00:05 守門大岳山頂

Kimg0283               守門大岳山頂から青雲・袴守門岳の雪庇 ※ 拡大

Kimg0286             守門大岳にて これ以上あまり前へ出たくありません

Kimg0288                 定番?雪のテーブルでのランチタイム

この時期には過去10回近く訪れているジィ~ジが驚くほどの無風。
平らな吹き曝しの山頂、大概今の時期は冷風が吹き荒ぶ筈!

この日は【守門大岳(1432m)】の山頂でユックリとランチタイム。
こんな好日、過去に経験ありません。(何時も寒風で山頂滞在2,3分)

一時間も山頂でランチタイムを楽しんで下山です。

Kimg0289                   このLocationが好き

Pm 00:55-01:10 保九礼小屋

Kimg0292             小屋脇にて大休憩

途中から往路と異なり、誰も歩いていない沢コースを選択。

 Kimg0294 Kimg0297
写真 左 コロコロ雪がタイヤ状に 右 仲間の皆さん   ※ 拡大

Kimg0298              守門大岳は遥か彼方に

Pm 02:33 高倉?

 Kimg0300_2  Kimg0301_2
写真 左 春迎える川面  右 秀峰気高き守門岳  ※ 拡大

Pm 02:35 除雪最終POINT Ⓟ

思い出に残る名峰 守門岳、又と無いような好日に気心知れた良き仲間と
これに勝る贅沢有りや?と満足感に浸るジィ~ジです。

願わくば、f来年も歩きたいと (歳で無理かな?)

                 027-29

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

前日は残雪堪能の雪山、そして明けて翌日は春の花観賞です。

3月26日(日) sun

この日はブログを通しての知り合いRさん (茨城県在住)の来県です。
前日は咲花温泉に宿泊された由。(新潟県にとっては有難いこと)

燕市在住のブログ友達とMさんと待ち合わせ、【角田山】案内です。

Am 09:30 角田浜parking

幸いお天気も崩れる心配全くなし。

案内コースは“桜尾根コース”~“灯台コース”

挨拶もそこそこに早速登山口から歩き始めます。

陽もあがり、早々に白や紫系統のユキワリソウが足下に・・・

Kimg0304                    遠来のお客さん

Kimg0306                陽射しを浴びて

Kimg0307                笹林床の中にも沢山

Kimg0308                  薄紫

Kimg0310                 所々で渋滞発生

山裾までユキワリソウやカタクリが斜面全体に拡がっています。

生憎、ジィ~ジと相方は昼過ぎに用事が有るので途中で
燕のMさんに全てをお任せ、ジィ~ジと相方、同行岳友女性は
“此の入コース”から下ります。

Kimg0315                   福寿草

 Kimg0317 Kimg0318
写真 左 アラゲヒョウタンボク  右 スイカズラ   ※ 拡大

 Kimg0319 Kimg0323
写真 左 ショウジョウバカマ  右 キクザキイチゲ

 Kimg0324 Kimg0326
写真 左 ネコメソウ  右 キブシ

Kimg0327               ユキワリソウ(オオミスミソウ)

勿論、カタクリやほかの花々も堪能できたジィ~ジです。

只、折角遠来のお客さまを最後までご案内できず少々心苦しさ覚えます。
出来れば、また来年お越しいただければ・・・と願って止みません。

夏には海水浴客で賑わう(角田浜)  波間を隔て先には

Kimg0328         白い頂きがクッキリ、佐渡、金北山
 

ジィ~ジ【角田山】 山頂を踏まなかったのでカウント外。

                        028-29

|

« 覚書 日々滔々 | トップページ | また覚書き【角田山】+『村上市』+【三ノ峠山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

RW さま
お立ち寄りありがとうございます。
貴レポ立ち寄らせて頂きますね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年4月10日 (月) 18:21

長岡市最高峰は鋸山の展望台なのですね!初めて知りました!小生も今丁度、長岡特集の記事を公開しておりますので是非とも御覧になってみて下さい。

投稿: RW | 2017年4月10日 (月) 07:11

らるごさま
お早うございます。
お立ち寄りcomment恐縮です。
先日は遠路、新潟までお越しいただきお疲れ様でした。
幸いお天気も花もまずまずだったかなと思いますが、
折角のところ所用で中途でお別れすることになり
あいすみませんでした。
これに懲りずまたのお越しを願っています。
お気遣いも頂きありがとうございました。
またの機会を楽しみに致しております。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年4月 9日 (日) 08:00

こんばんは

先日はお忙しいところ、角田山にご一緒してくださいましてありがとうございましたconfident
輝ジィ~ジさまにお会いできるなんて、夢のようでしたshine
たくさんのお花を教えてくださいまして感謝の気持ちでいっぱいです。
1日お天気に恵まれ、お花は見ごろで、よい思い出が出来ました。
また、素晴らしい新潟に訪問できる日を楽しみに頑張ります
o(*^▽^*)o
前日の守門岳、あんな雪山を登られて、翌日は角田山をすたすたと@@
やはり鍛え方が違いますねsign03
今後とも宜しくお願いいたします^^

投稿: らるご | 2017年4月 8日 (土) 18:28

もうぞうさま
今晩は~いつもお世話さまです。
守門岳今年は遅くまで残雪が残っています。
お忙しいでしょうが、是非お出かけになって下さい。
きっと素晴らしい写真も撮れ満足されると思います。
とっくに古希を過ぎたジィ~ジでも行けるのですから・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年4月 7日 (金) 19:50

守門大岳、素晴らしいな~
この時期に行ってみたいと思いながら、ついつい・・・

投稿: もうぞう | 2017年4月 7日 (金) 19:29

ハルさま
お立ち寄りcommentありがとうございます。
歳は取っても、角田山・弥彦山・五頭山程度であれば
ご案内出来ますから是非!
Rさんには途中で失礼してしまい申し訳なったと。
日帰り圏内ですからお待ちしています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年4月 7日 (金) 09:01

私がノーマルタイヤで諦めた角田山を、Rさんが訪れていてビックリでした。しかも軽自動車で。
新しい出会いに、ジィ~ジさんも嬉しかったのではないですか?私もそのうち行きますからねー。その時は宜しくお願い致します。

投稿: ハル | 2017年4月 6日 (木) 22:50

FUJIKAZEさま
今晩は~ いつもお世話さまです。
山頂でのビールは格別ですよ。
但し、ほんの少量ですから(笑) この山頂で小便は
一寸無理ですが、下って林の中へ入れば処理できます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年4月 6日 (木) 22:07

こんばんは!
雪の中で冷たいビールって、躰が芯から冷えそうな・・・。
小便が近くならないですか?

投稿: FUJIKAZE | 2017年4月 6日 (木) 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/65104489

この記事へのトラックバック一覧です: 好条件【守門岳】+何時もの【角田山】:

« 覚書 日々滔々 | トップページ | また覚書き【角田山】+『村上市』+【三ノ峠山】 »