« 三寒四温【角田山】 | トップページ | 恒例【角田山△点8カ所巡り】そして翌日も。 »

2017年3月23日 (木)

(新潟酒の陣)【菱ヶ岳~五頭山周回】【弥彦山裏参道】

新潟は知る人ぞ知る“地酒王国”今年もその時がやって来たのです。
県内には100弱の蔵元があり、90近い酒蔵が500種以上の地酒提供。
新潟淡麗 にいがた酒の陣2017  3月11日(土)12日(日)

関東及び近県から今年は二日間で13万人を超える入場者あり。
男女を問わず外人さんも大勢来場。

ジィ~ジは3月11日(土)参戦です。

Dscn9651         会場朱鷺メッセ入場するにも2~30分

17155223_715007128659556_4845081597                   内部の様子

17264282_715006981992904_6308963651                   試飲

17191219_715007041992898_2037278290                    カナダの青年マシュー  
何時の日か?故郷CANADAで日本酒販売の店を持ちたい!!

ジィ~ジは、30カ所以上の蔵元で100種類以上の試飲。
一寸飲み過ぎ?かなり酔いが回ってきたような・・・

2時間以上あれやこれや地酒を楽しんで、送り迎えは有難いことに相方です。
些か酩酊の様子でcarに乗り込むジィ~ジです。

公式HP⇒コチラ

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━

酔いが回るのも早いけど、醒めるのも早いジィ~ジ。

明けて 3月12日(日) sun

お天気もまずまずの予報、相方と二人で出かけます。

行先は【菱ヶ岳~五頭山周回】

parking到着、後続のcar rvcar 続々 広大な駐車場も瞬く間に満車状態に・・

殆どの登山者は【五頭山】へ、「菱ヶ岳」へ向かう登山者もそれなりに。

Am 07:53 登山口Ⓟ

Dscn9653            女性パーティに道を譲ってもらい

途中で一休みして冬道を前進です。

Am 09:20 6合目

Dscn9659            六合目

この先、少し下って最大の難所 杉端(杉鼻)が待ち構えています。

Dscn9662           難所クリアーまであと少し

両手も使い、難所の‹杉端›を滑落に注意しながらなんとかクリアー

Dscn9665             新雪の尾根歩き

‹杉端›から先は、広大なブナ林が拡がるアップダウン連続の稜線歩き。

Dscn9670           新雪がイッパイ

Am 10:47ー10:50 菱ヶ岳山頂

Dscn9673           菱ヶ岳山頂へ

Dscn9682              981mPeak

Dscn9686            まだまだ余裕の?ジィ~ジ

Dscn9690            飯豊連峰楽しみながらのアップダウン

ラッセル泥棒ではないけれど、ツボ足で歩く我らです。
ジィ~ジは時折、ズボッ!!

Dscn9699           新雪で真っ白、気持ち良い~  撮影相方

Dscn9706           雪山満喫

Dscn9709            青い空と枝に纏わる新雪

Dscn9712           五頭山が少し近づいてきて

Pm 00:00-00:30 ランチ

Dscn9713          トレース眺めながら簡単なお昼を採る我ら。

Dscn9715           五頭山へ最後の登り返し

Dscn9716           白い壁 飯豊連峰

Dscn9720           飯豊連峰

Pm 01:08 三叉路

ヘタレなジィ~ジと相方<小倉>はパスして“前一ノ峰”を目指します。

Dscn9726                前一ノ峰に向かって

Pm 01:14 前一ノ峰

Dscn9729           来し方を確認して 菱ヶ岳からの稜線

Pm 01:22 二ノ峰

Dscn9733              雪解け進みお地蔵さんの姿が

“三ノ峰”からどんぐりの森目指して下る我らです。

Dscn9736            仲良さそげな雪だるま

何方が置かれたのか?可愛い雪だるま

この辺りは既に雪解けも進んでいるように思えます。

Pm 02:35 どんぐりの森登山口

Dscn9737            三ノ峰コース 三合目

取り敢えず目的はcomplete、後はparkingへ戻るだけ。

Pm 02:52 登山口parking

Dscn9738            朝方の圧雪はすっかり溶けて

car rvcar の台数も朝とは大違い、随分減って・・・

ジィ~ジと相方、終始ワカンを着けず、ツボ足で歩いた所為か?或いは
加齢に依る仕業か?若干の疲労感も覚えます。

それでもこの年にして一応、このコースを歩き通せたことには大満足。
願わくば来年も、今頃の時期に歩きたいもの!!

これからも体力維持、健康維持に努めたいと思うジィ~ジです。

  ジィ~ジ【五頭山】  04-29

                          021-29

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;

天気もまずまず 連荘です。

目的は[春の花見]

同行 SNS岳友Kさん、相方 ジィ~ジ 計3名

【弥彦山】 “裏参道コース”は初めてと言うKさんを案内です。

Am 09:41 裏参道登山口

Dscn9740                  裏参道登山口

ZIGZAGに5,6分前進すれば、道端に白や青系統のユキワリソウが・・

Dscn9748                  光を浴びて ※ 拡大

Dscn9749              可憐  ※ 拡大

Dscn9753              白   ※ 拡大

17264561_716213008538968_2259135736                     ナニワズ  ※ 拡大

Dscn9755              白  ※ 拡大

Dscn9746             キクバオウレン 恰も線香花火の様と人は言う

能登見平を過ぎたあたりから足下には積雪が現れます。

山頂 奥の院で参拝、傍らのコンクリートのベンチに腰を掛けランチ。

17309675_716213151872287_2626151099                                           山頂標識

ユックリとお昼を楽しんだ後は、山頂から妻戸山に迂回下山して八枚沢コースへ。

Dscn9757               妻戸山はまだたっぷり圧雪が見られる。

Dscn9758              一寸ピンク系? ※ 拡大

17264783_716213075205628_2465014135                 八枚沢から対岸の急都を登る

“八枚沢”登山口まで下り、沢を渡ってお次は“雨乞山”の分岐目指して
登り返しです。

結構急な登りもユキワリソウの可憐な姿に力づけされます。
縦走路の分岐まで登り上げ、再び“能登見平”を目指します。

17264431_716213111872291_5502122362                  望佐の梨

“能登見平”からは越後の古刹西生寺に向かって下ります。
通称 “裏参道”です。

Dscn9761
Dscn9762               キクザキイチゲ  ※いずれも拡大

ひるさがりの陽射しを受けて、春の花々は目一杯の自己主張。

風も無く穏やかな一日、春の花を観賞のみならず、山頂周辺の残雪も
更に同じコースを避けて、少しだけバリエーションルートを歩いて・・・
何か少し得をしたような満足感が得られたジィ~ジです。

   ジィ~ジ【弥彦山(634m)】  03-29

                          022-29

|

« 三寒四温【角田山】 | トップページ | 恒例【角田山△点8カ所巡り】そして翌日も。 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

しゃくなげいろ さま
毎度お世話さまです。
雪の菱ヶ岳の981m峰はLocationが良いですよね。
貴殿が撮ればもっと素晴らしいと思いますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年3月28日 (火) 08:30

どれもこれも皆すてきな写真ばかりで見とれてしまいました。菱ヶ岳の981m峰の絵にわくわくしました。

投稿: しゃくなげいろ | 2017年3月28日 (火) 07:26

RWさま
昨年のGWは新潟でしたか!!
今年の佐渡も是非お楽しみください。
柏崎にも有りますが、県内蔵元百弱。
新潟地酒世界に広めて欲しいと願います。
貴記事後程、立ち寄らせて頂きますね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年3月25日 (土) 18:35

玉井人ひろたさま
いつもありがとうございます。
そうなんですよ。新雪が降ると表面的なので時折
ズボッと抜かったり、脱出に難儀したりまかり間違えれば
大怪我することもあり得ます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年3月25日 (土) 18:31

らるごさま
ありがとうございます。
新潟までご苦労様です。
天気も持ちそうでユックリ花を楽しみたいですね。
カタクリも咲きだしtimingが良いかもしれません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年3月25日 (土) 18:27

FUJIKAZEさま
いつもお世話さまです。
雪山は天気が良ければ通常とは異なる景色も見られ
間違いなく嵌ることでしょう。
歳を重ね段々しんどくなってきているんですが(笑)
新潟はもう暫く雪山遊びが出来ます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年3月25日 (土) 18:24

昨年GWに新潟港周辺の観光施設や北前船の豪商屋敷を訪問したので懐かしいです。今年GWは新潟港から佐渡1周(3泊4日)して小木港から柏崎に帰省する予定です。
新潟のお酒世界にますます羽ばたいてほいい!こちらの記事も千葉県利根川沿いに華開いた日本の発酵文化(お醤油特集)を紹介致しております。

投稿: RW | 2017年3月25日 (土) 11:31

気温が上がる今頃から、雪道のその‘ズボッ!’が危険だし、疲れるんでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2017年3月25日 (土) 08:07

こんばんは🌼

いつも素晴らしい雪山にため息の連続です!
飯豊連峰を楽しみながらアップダウンのお写真、雪の珍しい茨城県民は、こんな風景見たら失神しちゃうかもcoldsweats02
ジィ~ジさまと奥様の体力がすごすぎます!

里山は雪割草も咲き春ですねtulip
お友達からメールをいただきました。
日曜日、大事な時間を私どものためにありがとうございます。
お会いできますこととても楽しみにしておりますconfident

投稿: らるご | 2017年3月24日 (金) 23:19

こんばんは!
雪山満喫、本当に楽しそうですねぇ・・・。
私も写真の様な新雪に覆われた稜線という所を歩いてみたいものです。
きっと、最高に気持ち良いのでしょうねぇ・・・。

投稿: FUJIKAZE | 2017年3月24日 (金) 22:21

もうぞうさま
今晩は~
酒の陣はそれなりに成功しているのでは?と思っています。
もうぞうさんもぜひ、新潟の地酒の美味さ会得して下さい。
菱ヶ岳から五頭山これもお勧めですよ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年3月24日 (金) 19:47

いやいや、酒の話題から、雪山、春山と
見応え十分でした。
酒の陣は年々賑やかになっていきますね。
新潟と言えば、お米と酒。
その2大名産も地位が怪しくなってきていますから、ぜひ頑張って欲しいところです。

投稿: もうぞう | 2017年3月24日 (金) 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/65052863

この記事へのトラックバック一覧です: (新潟酒の陣)【菱ヶ岳~五頭山周回】【弥彦山裏参道】:

« 三寒四温【角田山】 | トップページ | 恒例【角田山△点8カ所巡り】そして翌日も。 »