« ホームグランド?【角田山】 | トップページ | もうすぐ3月【弥彦山】 »

2017年2月26日 (日)

白銀と飯豊望遠【五頭山】

歳を取ると、とかく家に閉じこもり、TV番組を観たり、本を読んだり、変化の無い
日々を送りがちとなり、刺激を受ける機会にも事欠きます。
偶には若い人たちの手足纏いになるかもしれないけれど、衰え行く我が頭脳を
リフレッシュするには若き世代の方と接する事!
と言う事でSNSを通して知り合った息子・娘、或いは孫に近い世代の方々に
混ぜて貰いの“山”歩き参加のジィ~ジと相方です。

老化一直線進行中に暫し歯止めがかけられれば・・・・

2月22日 (水) cloudsun

若き世代の方たちは年寄り2人、気持ちよく受け入れてくれます。

目標 五頭山三ノ峰 出来れば 五頭山小倉

Am 08:05 五頭山 菱ヶ岳登山口℗
Am 08:20 登山口スタート

Dscn9439            殆ど初めて会う方ばかり (参加者の一部)

「よろしくお願いしま~す」 挨拶そこそこに、直ぐに打ち解けあいます。

Am 08:35 どんぐりの森登山口

Dscn9443               どんぐりの森 三ノ峰コース

雪山初めての女性参加者も有るので、ゆっくりと歩きます。

5合目で立ち休憩、銘々楽しみながらビスターリ ビスターリ

Am 09:40-09:50 七合目

都合で第一陣より2~30分遅くしたお二人ももう追いついて!

Dscn9446           七合目 ヒップそり

七合目から先は木々の枝に、海老の尻尾が見事に張り付いて冬山の風情

若き世代には今の時代スノーシューが主流!
気持の良い新雪 七合目前後から持参のスノーシューに履き替え楽しむ若人

Dscn9449            周囲は徐々に冬山の風情

風も無く穏やかな絶好の日和となります。

Dscn9451              振り返れば新潟平野  木々の枝には海老のシッポ

楽しみながら、話をしながら、深まる交流。
いつの間にか?以前から知り合っていたような雰囲気に・・・

Dscn9452               新雪モフモフ

Am-10:30-10:40 三ノ峰

Dscn9457            最奥に今回は行かない五ノ峰

五ノ峰山頂の鐘が目視されます。
Dscn9461              三ノ峰避難小屋 除雪のポーズS氏

三ノ峰山頂、ジィ~ジも持参の輪カンを付けます。

【五頭山】 今年は三度目にして漸く“飯豊連峰” が眼前に!

Dscn9464              白く輝く飯豊連峰の全貌

Dscn9465                        一ノ峰山頂にも何人かの登山者の姿が

前一ノ峰から五頭山小倉へ向かいます。

Dscn9471            目的の五頭山小倉の先には飯豊連峰が

Dscn9473            五頭本山(小倉)目前

16939242_1265435080218727_7415040_2           この日の最終点 小倉(飯豊と続いているが如く) F女史撮影借用

Am 11:20-11:32 五頭山小倉

Dscn9476              小倉から飯豊連峰望遠

16832187_1016908308411206_683548851                             記念の一枚 写真Sさん借用

目的の三角点小倉で記念撮影を終えて三ノ峰に向かって往路を下山。

Dscn9477           菱ヶ岳望みながら五頭山前一ノ峰へ下山

Dscn9478              氷柱下がる雪庇

Dscn9480            五頭山 名前の由来ピーク 

Pm 00:05-0050 三ノ峰 (ランチタイム)

避難小屋脇の風下で腰を下ろしランチタイムとします。
直ぐに【菱ヶ岳】から縦走してきた健脚Kさん(女性)も仲間入り。

ランチタイムと洒落ながら会話も弾みます。
年寄りジィ~ジと相方 若い人たちからエネルギーを分けて貰った感も大!

やがて下山の時刻が迫ってきます。

Dscn9486               新潟平野を俯瞰しながら下山

時間的に山頂を目指す大勢の登山者とスライドします。

新津丘陵の遥か彼方には弥彦・角田の山並みも目視できます。

Pm 01:08 六合目

Dscn9488              六合目 2℃ 暖かい~ッ

朝方から見れば、かなり雪も緩んできて滑る心配も解消?

Pm 01:30 どんぐりの森登山口

Dscn9490               どんぐりの森登山口 和気藹々

登山口ではSNS仲間のM氏がお出迎え!!

Dscn9491               登山口Ⓟへ向かって

Pm 01:42~ 登山口Ⓟ

Dscn9494                猪汁振舞うMさん

何と!何と! 山は同行できなかったMさん、それなのに門奈の為に
猪汁を作成、参加者全員に振舞ってぅれます。
勿論、美味そして腹に気持の良い暖かさが拡がります。
下山早々 有難いサプライズ!!

Dscn94951_2                解散式

暖かい汁を飲み干して、お誘いの計画を企画してくれたY氏の解散挨拶。

ジィ~ジと相方、高齢者二人を快く受け入れてくれた同行の皆さんに
心より感謝です。
沢山の刺激を貰って、心なし頭もリフレッシュできた感大なり!
最後に猪鍋のおまけのサプライズまでついて 素晴らしい日をありがとう。
                             (感謝)

【五頭山】 03-29

                       015-29

|

« ホームグランド?【角田山】 | トップページ | もうすぐ3月【弥彦山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

しゃくなげいろさま
お忙しい処、お立ち寄り多謝です。
今の時期、晴れれば五頭山は飯豊連峰の展望台ですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年3月 2日 (木) 07:56

おはようございます。雪の前一峰から見る飯豊連峰は別世界ですね。写真に見とれてしまいました。(^^)/

投稿: しゃくなげいろ | 2017年3月 2日 (木) 07:31

もうぞうさま
今晩は~
若き世代の方たちと交われば、矢張り気持ちも若返り
刺激が得られるのは間違いありません。
身体を使い、頭をリフレッシュして少しでも元気な日々を
送れればそれに勝るものありません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年2月27日 (月) 20:24

いやいや、これぞ若さの秘訣パート2?

投稿: もうぞう | 2017年2月27日 (月) 18:26

500系  冬男さま
いつもありがとうございます。
全く同感です。
偶にの機会ですからそれなりに受け入れて貰えますよね。
有り難いことです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年2月27日 (月) 15:37

若いグループに飛び込んでいく、それを快く受け入れてくれる、うれしい出来事ですね。
ヤングのエキスを頂戴してリフレッシュ出来る!!
私も、ゴルフ、スキー友は一回り以上の若衆だ。スキーグループのマドンナは40代で自分の娘程だが一緒に楽しんでくれる、又受け入れてくれる、ただオジンオジンで足を引っ張らない様努力してますが、、、。
趣味が合えば歳の差なんて、、、。

投稿: 500系  冬男 | 2017年2月27日 (月) 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/64939891

この記事へのトラックバック一覧です: 白銀と飯豊望遠【五頭山】:

« ホームグランド?【角田山】 | トップページ | もうすぐ3月【弥彦山】 »