« 小屋で年忘れ【三ノ峠山】&一人で【角田山】 | トップページ | 年の初めは手近な三座 »

2016年12月31日 (土)

28年〆は定番?【角田山】

午前中は晴れると言う予報を基に、朝食終えて相方と我が家を出ます。
早々に行って戻るには手っ取り早い【角田山】 

ジィ~ジ 「どこのコースにする?」
相方 「早く帰りたいので(宮前)」

当然?ながら反論出来ないジィ~ジ 即、了承です。 “宮前コース”決定。

12月29日(木) cloudsun

Am 09:09 宮前登山口

平坦な道を先ずは“越前浜発祥の地”を目指し、次は“宮ノ平△点”へ。
ヘタレなジィ~ジは息を切らしながらも相方の後ろを頑張ります。

Am 09:47 宮ノ平△点

Dscn9046              六合目宮ノ平

約40分歩いたし休憩POINT。水で喉を潤します。小休止乱れた息を整えます。

沖合いから押し寄せる白波のように、冷たい風が間を置いて肌を刺します。
暑がり屋のジィ~ジでも思いのほか寒さを覚えます。

一旦、少し下ってから登り返しが始まります。
Dscn9048              山頂へ向かって

七合目から九合目にかけてザイルがたらされた急登の痩せ尾根。
幸い雪も見られず、凍結もしていません。(凍結すると一寸要注意箇所)

Am 10:18-10:36 山頂小屋

Dscn9050Dscn9051             ストーブの残り火で部屋は暖められ

この時点で山頂、並びに小屋には我ら二人のみ。
先行者が利用したのか?達磨ストーブには残り火がチロチロと消え残り
部屋には温もりも残っています。

暫くすると“稲島コース”からの単独行女史が到着。
続いて次から次と山頂到着者の姿が見られます。

ジィ~ジと相方は即席珈琲を啜り菓子パンで小腹を満たします。

折角なので“稲島コース” 九合目 向陽観音まで行って見る事に・・・

山頂を目指す常連さん始め数人の登山者とスライドします。

Am 10:42-10:45 向陽観音

Dscn9053                二王子岳方面には白くモクモクした雲

米どころ新潟平野に雪は全く見当たりません。
【飯豊連峰】
の展望も望むこと叶わないので往路を下山することに・・・

大晦日間近にも拘わらず全く雪の気配有りません。

ジィ~ジと相方、山頂広場 長者原から“宮前コース”下山です。

Dscn9054               南無観世音菩薩

Dscn9056                痩せ尾根の急登を下る

幸い凍結していないので気を付けて下れば特に問題なし。

葉っぱを落とした落葉樹林帯からは今の時期、樹幹から海岸線が望めます。

Dscn9057               眼下に角田浜集落

薄っすらと佐渡島も目視されます。

Dscn9058              お疲れ様

Am 11:50 宮前コース登山口
Dscn9059             ネズミモチ

28年 結局締めくくりは【角田山】 

結局 ジィ~ジの山歩き 今年も丁度30%は【角田山】 
何時ものことながら近くて便利な有難い山。

もう今更、鬼が笑うことは無いと思うけれど、来る新しい年もきっと一番
世話になるんだろうなぁ~と思うジィ~ジです。

お昼を少し過ぎ、帰路スパーに立ちお寄り買い物して帰宅するや
予報通り雪ならぬ雨がシトシトと・・・・

丁度 良い時間に帰って来たなぁ~(ラッキー)

     ジィ~ジ【角田山】  34-28  

                            109(112)

今年もジィ~ジの駄ブログにお立ち寄り、励ましのコメントを頂戴したり
多くの方々からお世話になり感謝感謝です。

新年も無理せず自分なりに残された人生楽しむ所存です。
来る年もよろしくお付き合い願えれば幸いです。

そして皆様 お揃いで良き年をお迎えくださいますよう。               

|

« 小屋で年忘れ【三ノ峠山】&一人で【角田山】 | トップページ | 年の初めは手近な三座 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお付き合いの程!
角田山 34回で終わりでした。何となく35回の方が
格好良かったような(笑)
今年も角田がMaineになると思われます。
またお目に掛れる日を楽しみに。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年1月 1日 (日) 19:20

おめでとうございます。
昨年は初めてお目にかかれて光栄でした。
今年もなにかとよろしくお願いいたします。
角田山、34回ですか?相変わらずすごいですね。

投稿: もうぞう | 2017年1月 1日 (日) 19:09

こころぐ郁美さま
いつもいつもありがとうございます。
今年も大変お世話になりました。
皆さまお揃いで良き年をお迎えくださいね。
来る年もどうぞよろしくお付き合いください。
歳を顧みず自分なりに頑張る所存です。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年12月31日 (土) 17:38

ヽ(´▽`)/頑張るじぃじ様

今年もありがとうございました。
良きお年が舞い降りてきますように(*^▽^*)

投稿: こころぐ郁美 | 2016年12月31日 (土) 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/64699233

この記事へのトラックバック一覧です: 28年〆は定番?【角田山】:

« 小屋で年忘れ【三ノ峠山】&一人で【角田山】 | トップページ | 年の初めは手近な三座 »