« プチ忘年会【大峰山】そして【角田山】 | トップページ | 28年〆は定番?【角田山】 »

2016年12月28日 (水)

小屋で年忘れ【三ノ峠山】&一人で【角田山】

年の瀬、平成28年も残り僅か、幾許も有りません。
時節がら気の置けない山仲間との年忘れ会です。

会場は長岡 東山の一角【三ノ峠山】 山頂手前の“友遊小屋”

メンバー 
加茂 【猿毛岳】山頂“猿毛小屋”まことさん夫妻、mimiさん
“友遊小屋”田中夫妻 そして新潟 Tさん 相方 ジィ~ジ

12月23日(金)~24日(土) rain

Pm 02:15 東山ファミリーランド 三ノ峠山 萱峠登山口parking

時期的に雪の越後がイメージされるのに、しょぼしょぼと小雨混じりです。
雨具の上着を羽織って歩き始める我らです。

道すがらヒラタケなど採取しながらのんびりと歩きます。

九十九折の道を4か所ほど超えれば小屋は目前。

Dscn8965           ガス立ち込め対面する南蛮山見えず

Pm 03:00-   友遊小屋

Dscn8970              薪をくべて

早速 達磨ストーブに薪をくべ点火。
続いて寝床兼用にマットを敷いて、そしてその上にテーブルセット。
小まめにテキパキ動く、田中さん (ジィ~ジはボケーッと見てるだけ)

暫くするとmimiさん到着。そしてその後にまことさん夫妻も到着。

Pm 04:10ー年忘れ会開始
部屋も暖まり、愈々 年忘れ会の開始に先立ち、記念の一枚。
Xmas eve 前日なのでサンタさんの帽子を被って (一人例外有り)

Dscn8975              宴の始まり

今年は沢山笑いましょう。

今年も元気で歩くことが出来て良かったネ  ワッハッハ happy01
今年も残りあと僅か 嫌なことは忘れよう  ワッハッハ happy01
新年も良いことイッパイ有るように ワッハッハ happy01
来年もあっちこっちの山登りたいね ワッハッハ happy01
何でもいいから笑おうよ ワッハッハ happy01

腹の底から大きな声を出して(笑)ます。 健康維持には笑いが必須。

「乾杯~」 

Dscn8981             テーブルに乗り切らない各自持ち寄りの手料理

銘々持ち寄りの年季が入った自慢の手料理が所狭しと次から次と・・・
beer beer bottle bottle wine wine (ジィ~ジもぐびぐび)

飲んでt飲んで、食べて食べて、喋って喋って  宴は盛り上がります。

Img_2_m                         まことさん写真借用

飲み過ぎ?食べ過ぎ?喋りすぎ? 暫し一服して音楽会 合奏合唱タイム。

いつの間にか?夜の帳が下りてきて、Xmaseveeveなれば蝋燭の明かりで。

Dscn8990              mimiさんまことさんのハモニカ合奏

宴は続き、いつの間にか?何と!9時も過ぎて。。。。

まことさんは良い気分?でお休みモード。
ジィ~ジは田中さんと再びdrinktimeとします。飲み直しです。

Pm 11:00 就寝準備

ソロ~ッと就寝時間となります。

Dscn9003              皆に気配り 一晩中ポカポカ

寝袋出して其々自分の寝場所を確認。
田中さんはストーブに自分たちで割った薪で部屋を暖めるに余念無し。

Dscn9004              夜が更け行く長岡市街地

小屋のテラスからは年の瀬の長岡市街地の灯りが見られます。

日が変わりそうな時間に皆 静かに sleepy sleepy

12月24日(土) cloudsun

夜中 何回もストーブに薪を補充してくれた田中さん。(感謝)

参加の皆さん気持よく目覚めます。

寝袋片付けテーブルを出して朝食を取ります。
朝食終えて一服して、田中夫人のお点前でお茶を頂きます。

まことさん夫妻は用事が有るので、お帰り、我らとは別行動です。
来年の雪山案内お願いしてお別れです。「良き年お迎えくださいネ!」

残った皆で【三ノ峠山】から『観鋸台』『コハ清水』に向かって歩きます。

Am 09:35 友遊小屋

Dscn9006

Dscn9011             ヒラタケ採取

Am 10:15 観鋸台

Dscn9012              観鋸台

長岡市の最高峰【鋸山(765.1m)】は少し白いものが見られます。

Dscn9013             時折、青空が広がり

Dscn9014             食べごろのヒラタケ

ヒラタケ・ナメコを目ざとく見つける田中さん。次から次と刈り取り。
沢山収穫したので、小屋へ戻ることに!

Am 11:20 三ノ峠山

Dscn9016              三ノ峠山山頂(458.6m)

Dscn9017                 ジィ~ジの好きなLocation

日本一の長江 信濃川(越後なのに)が横たわる長岡市

Dscn9018              前日は見えなかった南蛮山

手にはズシリと重いキノコ入りポリ袋。

Am 11:25-Pm 00:12 友遊小屋

Dscn9019             友遊小屋

特段の用も無い我ら、小屋でユックリとランチタイム

Dscn9020              銘々収穫物ぶら下げて

Pm 00:47 三ノ峠山 萱峠登山口parking

Dscn9023              出発点へ戻る

殆ど丸二日、心行くまで年忘れを楽しんだ我らです。良き仲間に感謝です。

「今年も色々お世話様 来年もよろしくね 良き年を」・・・

田中さん夫妻 mimiさんとお別れです。

長岡バイパスから一路我が家へ向かうジィ~ジです。

“猿毛小屋”まことさんおレポ⇒コチラ

                          107(110)

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜...★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。

翌日です。

12月25日(日) cloudraincloud

頼まれ仕事で相方は終日お出かけ。(ジィ~ジと異なり忙しい)
閑人ジィ~ジは年末の掃除や片づけも手を付けず(年賀状だけは完了)

予報はそんなに悪くはなかったのに朝から時折ぱらついたり。
知り合いのレポを見ると【角田山】山頂周辺には若干の積雪が見られます。

我が儘ジィ~ジ、雨は嫌だけど雪であれば(霙は×)・・・
出かけようかな 止めようかな 一人で逡巡 時間は過ぎゆくばかり。

とどのつまり一人で出かけることに【角田山】

11時すぎ、我が家を出て途中コンビニでお握りと調理パンを買い求めます。

Am 11:50 稲島コース 登山口Ⓟ

相変わらず第一Ⓟはほぼ満車状態で賑わっています。
(小屋利用できるかなぁ?)

歩き出して暫くするとポツンポツンと小雨が頭に落ちてきます。

Dscn9032             稲島コースは階段が多い

傘差して登る先行者、既に下山してくるグループ、すれ違う人多数。

面倒くさがり屋のジィ~ジ、傘は勿論持参していないし、雨具も羽織らず・・・
風が強くないので寒さは感じず寧ろ汗が吹き出し、5合目で長袖シャツ脱いで
何時ものように半袖シャツ1枚で山頂を目指します。

幸い雨はほぼ降り止んだ様子。

Dscn9033_2              水平線の先には佐渡島

8合目からは越佐海峡の彼方に佐渡島が望まれます。
9合目(向陽観音)までの狭い急な階段登山道を登り切れば緩登に・・・

Pm 00:36-02:02 山頂小屋(健養亭)

Dscn9035              中?高年の社交場?

達磨ストーブ囲んで語り合う常連さん達。
お昼時、小屋は常連さん始めお昼を採る登山者で満員状態。
幸いお昼を終えてお帰りの方が居られ、入れ替わりに入れます。

常連さん方の話を聞くとは無しに聞きながら簡単お昼を採るジィ~ジです。
持参の珈琲を飲んで 扨て下山しようか! と思った矢先、アラッ!!
所属する山の会の先輩M夫妻到着です。
「あら~ッ 久しぶり」と奥方。折角の機会なので下山は少し先延ばしに。

お二人はお昼を採りながら昔話を次から次 とめどなく。
何しろお互い20数年来の知り合い。奥方の話は際限無し。
ジィ~ジは一方的に聞き役です。
お二人は1時間以上ジィ~ジに話をしながらお昼を楽しんでいます。

お二人はお昼を終えて帰り支度。下山は“山の神”コースの由。

一緒に小屋をでて、直ぐにお別れです。

Dscn9036                 ジィ~ジも下山開始

朝の内は少々積雪があったようですが、既に融けて跡形も見られません。

Dscn9038                階段が多い

下山時も山頂を目指すハイカーと何人もすれ違います。
スニーカー履きで2往復している若者も・・

年寄りジィ~ジは階段でつまづかないよう気を配りながら下山します。

Pm 02:37 稲島登山口Ⓟ

Dscn9039              稲島登山口Ⓟ

登山口へ着くと前方には大きな大きな虹が!!

Dscn9041           天空に架かる虹

M夫妻の奥方の話の聞き役で要した時間は、結局 “稲島”コースを
往復するより遥かに長かった。(笑) まぁ 閑人ジィ~ジ 偶には良いか!

年内にどこかもう一座行けるかな!?

                      ジィ~ジ【角田山 33-28

                                         108(111)

|

« プチ忘年会【大峰山】そして【角田山】 | トップページ | 28年〆は定番?【角田山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

らるご さま
お立ち寄りcommentありがとうございます。
我が齢も顧みず今年もおかげさまで元気に沢山の山を
楽しませて貰いました。
本当に良き仲間にも恵まれ有り難く思っています。

長岡の東丘陵は関東からも簡単に日帰りできますので
雪遊びを兼て是非お越しください。
此処程度であればご案内出来ますよ。

新年も是非よろしくお付き合いくださいませ、。
そして皆様お揃いで良き年をお迎えください。(感謝)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年12月31日 (土) 09:57

おはようございます✿

輝ジィ~ジさま、本当に角田山はじめよい里山そして越後の名山に囲まれ、よいお仲間に恵まれ、そして山を登る体力も十分で羨ましい限りです(◎´∀`)ノ

今回も友遊小屋で楽しいひとときnote拝見している自分も幸せな気持ちになれます。
長岡市を見渡せるロケーションいいですねgood
雪は積もってないけれど冬枯れの里山の風景も好きです。

今年もたくさんの山へ、そして単独、奥様とそしてお仲間との山行fuji
どれも素晴らしいです!
来年もレポ楽しみに待ってますヽ(´▽`)/
どうぞよいお年をお迎え下さい✿

投稿: らるご | 2016年12月31日 (土) 09:10

もうぞうさま
こんばんは~ いつもお世話様。
気の置けない仲間との恒例の忘年会楽しいですよ。
年季の入った5人の手作り料理食べきれない品数と
どれも美味。下手なレストランより遥かに良いです。
良き仲間に恵まれ有り難いことです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年12月29日 (木) 20:44

山小屋でクリスマスパーティですか?
ご馳走は少なめでも、何物にも代えがたいなんと言いますか?風情がありますね。
グラッツエ!!

投稿: もうぞう | 2016年12月29日 (木) 19:16

みいさま
いつもありがとうございます。
今年も愈々押し迫りましたね。
一年元気に過ごせたことに感謝です。
そして良き仲間に恵まれたことに感謝です。
今年も暖かいcommentの数々多謝です。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様お揃いで良き年をお迎えくださいますよう
祈念いたします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年12月29日 (木) 14:36

しゃくなげいろさま
この小屋には今年も何回も世話になりました。
長岡西山丘陵と長岡市街地そして信濃川を一望できる
お気に入りのSpotです。
仲間との楽しいひと時はストーブの火とは別の
温かみが感じられます。
良き仲間に恵まれ有り難く思っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年12月29日 (木) 14:32

おはようございます

 いっぱい笑っていっぱい食べて楽しそうですね^^。
見てるわたしも楽しくなりました。
よいお仲間がいて幸せですね。
きれいな虹が出て今年の充実とくる年への希望ですね。
来年もお元気で山歩き楽しんでくださいませ。

ご家族皆さまでよいお年をお迎えくださいませ。

投稿: みい | 2016年12月29日 (木) 11:14

山上のクリスマス会楽しそうですね。街の灯を眼下に祝杯とは素敵な夜でしたね。26日は小屋のストーブが大賑わいでした。

投稿: しゃくなげいろ | 2016年12月29日 (木) 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/64681330

この記事へのトラックバック一覧です: 小屋で年忘れ【三ノ峠山】&一人で【角田山】:

« プチ忘年会【大峰山】そして【角田山】 | トップページ | 28年〆は定番?【角田山】 »