« 近頃、近場ばかり【弥彦山】【角田山】 | トップページ | 身近すぎて意外と?新潟白山神社界隈 »

2016年11月 8日 (火)

秋色【国上山】

日頃 暇人を自称するジィ~ジなれど、偶には予定が入ることもあるのです。

10月29日(土)~30日(日) ここ10年近く恒例としている高校時代の親友
6人の仲間と 富山 小川温泉元湯一泊旅行。
教師 医者 実業家 サラ―リマン 其々卒業後の進路は別々の道へ。
それでも気が合う仲間は又 事あるたびに距離を問わず集まるもの。

そして、ジィ~ジ久しぶりの山歩きです。(≠登山)

10月31日(月) 

行き先  【国上山(くがみやま)】
同 行  相方 ジィ~ジ  計2人

Am 10:15 道の駅 国上 ふれあいパークてまりの湯 

Dscn0330             酒呑童子神社からスタート

【国上山(くがみやま)】 ⇒良寛様のイメージ
良寛こもれびの道からゆっくりと歩き出します。
途中からこもれび広場方向へ右折、更に幸八山展望処立寄ります。

Dscn0333            幸八山展望処に祀られた大師様

幸八山展望処からUターンして“ちご道出合い”から“ちご道”を利用。

Dscn0335              膝に優しい“ちご道”

Dscn0337            モミジ樹林帯

標高が低い為?或いは時期的に?一帯に広がるモミジの紅葉は
未だ部分的。(時期到来すれば真っ赤に燃える?)

朱塗りのお堂に祀られたお地蔵様の左側から“ちご道分岐”へ向かいます。

Dscn0341             ちご道分岐

此処から“蛇崩”“国上山山頂”を目指します。
道は登り道と変わります。

Dscn0344

Dscn0345
一寸した上りを登り切れば“蛇崩”

Am 11:30 蛇崩

大蛇と天狗様の伝説が残り、大山祇神社と古峯神社、二つの石祠あり。

Dscn0349            蛇崩から眺める弥彦山・多宝山・角田山

なだらかな優しい山 【国上山(くがみやま)】 ここ“蛇崩”だけは
凝灰岩が露出する断崖絶壁となっています。

Dscn0351                剣ヶ峰分岐

此処は弥彦山・多宝山更に角田山に繋がる縦走路の分岐です。

Am 11:45-Pm 00:20 国上山山頂

Dscn0352                 国上山山頂標識

【国上山(312.8m)】 山頂ベンチに腰かけてお手軽お昼を採ります。
隣のベンチで寛ぐ人、前を行き交う人たち・・・

お昼を終えて、此処からは名刹『国上寺』へ下ります。

Dscn0354              秋の装い楽しみながら下山

Pm 00:45 国上寺

Dscn0356                  国上寺

越後最古の古刹『国上寺』 往時の一端凌慣れます。

最後は、“ちご道登山口”から良寛こもれびの道を辿り元来た道へ。

 Dscn0336 Dscn0342
( 写真 左 ノコンギク   写真 右 アキノキリンソウ ) ※ 拡大

 Dscn0346 Dscn0359
( 写真 左 クルマバハグマ   写真 右 キッコウハグマ ) ※ 拡大

Dscn0360               秋を楽しみながら歩く

Pm 01:22 酒呑童子神社登山口

残り少ない秋の好日
舞い落ちる落ち葉を踏みしめながらの優しい山歩き。
我々高齢者にとって運動不足解消と精神的欲求解消効果を感ずる
適当な山?と改めて「来て良かったなぁ」と思うジィ~ジです。

自宅からcarで30分強?近くて便利な山で有りがい!!

                  094(096)-28

|

« 近頃、近場ばかり【弥彦山】【角田山】 | トップページ | 身近すぎて意外と?新潟白山神社界隈 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

玉井人ひろたさま
お立ち寄りcommentありがとうございます。
ご質問の件ですが、空海 弘法大師の様です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年11月10日 (木) 21:12

そこに在る大師堂の大師は誰なんでしょう?
一般的に大師堂は「円珍」、「良源」、「空海」なんですが、やはり空海なんですかね?

投稿: 玉井人ひろた | 2016年11月10日 (木) 17:12

しゃくなげいろ さま
いつもお世話様
このコースは常連さんと偶に擦れ違う程度で
静かに歩ける意外と良いコースですよね。
次回は雪が積もってからかな?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年11月 9日 (水) 09:08

FUJIKAZEさま
commentありがとうございます。
今頃はモミジ樹林帯も燃えていると思いますが
標高が低いのでこの時はまだ部分的状態でした。
良寛さまの国上山は弥彦山から連なる最後の峰なので
しっかりと見られたはずです。
その背後には日本一の長江 信濃川も見られます。
近年 暖冬化で積雪量が減ってきていますが、
白銀を踏みしめてのトレッキングは良い日に当たれば
病み付きになります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年11月 9日 (水) 09:06

ひっそり静かな晩秋の国上山を歩くなんてステキですこと。

投稿: しゃくなげいろ | 2016年11月 9日 (水) 08:01

こんばんは!
写真を拝見したかぎり、もみじ樹林帯が紅葉していないところを見ると、越後の山もまだ紅葉の走りのようですね。
国上山は弥彦山のすぐ南にある山だとか。
では、私も弥彦山山頂から南方向を遠望しているので、その時に見ているかも知れません。
昨年拝見した写真の様に、もう少しで本格的な紅葉になるのでしょうねぇ・・・。
そうしてすぐに白銀に覆われる・・・。
その中をトレッキングするのも、楽しいでしょうねぇ。

投稿: FUJIKAZE | 2016年11月 8日 (火) 22:43

もうぞうさま
こんばんは
このコースは手頃でお勧めですよ。
意外と穴場かもしれません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年11月 8日 (火) 18:35

ここも手軽な山ですが、もうずっと行ってないな~

投稿: もうぞう | 2016年11月 8日 (火) 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/64453277

この記事へのトラックバック一覧です: 秋色【国上山】:

« 近頃、近場ばかり【弥彦山】【角田山】 | トップページ | 身近すぎて意外と?新潟白山神社界隈 »