« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月28日 (水)

偶にはお出かけ・・

現役を離れて幾星霜のジィ~ジ。めっきり中心市街地へ機会も少なくなって・・
それでも5月から認知症遅延対策?として某高齢者の集いに参加。
社規・生活 健康 福祉 地域活動 etcの講座を受講 (2~3回/月)。
そんな中、この日はその集団の課外活動です。所謂 親睦懇親会です。。
(先月は飲み会) 久しぶりに新潟市の中心街へお出かけです。

9月21日(水) 
相方に会場までcarで送って貰う我が儘ジィ~ジです。

会場は ネルソンの庭。    ランチ会 参加者20数名。(7割女性)
大正年間に作られた県 副知事公舎を改修 3度目のジl~ジ

参加者の皆さんとは顔見知りになって約4か月。
料理(イタリアン)の出てくる間に話も弾みだします。

Dscn0002             前菜 (生ハム フルーツ 鮮魚のカルパッチョ)

ジィ~ジのmaineは肉としたので別途でグラス赤ワインをオーダー。

2品目 ズッキーニ入りフリッタータのチーズ焼き ウニ添え
(写真 省略)

3品目 スモークサーモンとアーリーレッドのトマトクリームソース スパゲッティいくら添え
(写真 省略)

そしてmaine
Dscn0003               鰆のソテー いろいろ野菜のヴァポーレ 香草ソース  
            (お向さんのオーダー)

Dscn0005            ジィ~ジのmaine 越の鶏の香草パン粉焼き トマトのロースト添え

Dscn0006_3                DESERT   ティラミスタルト

最後にセット飲み物はエスプレッソを頂くジィ~ジです。

今回のランチは途中で焼きたてのパンも数個腹に収めたので満腹状態。

参加者の皆さんと2時間程かけてのゆっくりランチ楽しんだジィ~ジです。

ランチ会を終えて折角久しぶりに出た中心街の様子が気になり
古町 万代島 東大通り 新潟駅まで歩いて見る事にしたジィ~ジ。

Dscn0007            古町通 人通り無し 閑散

日本海側唯一の政令指定都市 新潟市に人通り全くありません。
繁華街が駅周辺に移った感あるものの、それにしてもあまりの閑散さに落胆。

万代橋を渡り万代CITY周辺は古町より少し人出も多い。

それにしてもこれからの新潟市はどうなってくんだろう?

久し振りに中心市街地を訪れて新潟市の将来が少々気になるジィ~ジです。
地方都市の活性化対策を充実しないと若年世代層がますます離れて行くでしょう。

                         この項 (完)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

便利で有難き【角田山】

空模様もイマイチ 遠出も出来ない感じ! 時間も中途半端。
そんな時でもチョコッと出かけられる有難い山【角田山】 car で30分弱。

9月17日(土) 

同行 相方 ジィ~ジ 計2名

【角田山】 今回選択したのは久しぶりに『稲島コース』

Am 09:58 登山口parking

階段が多いこのコース、蒸し暑い所為も有りピッチサッパリ上がらず。
ヘロヘロ気味のジィ~ジ (息が上がれど足は上がらず) 自信喪失!

道端のツリフネソウ キツリフネソウ、アキギリ ・・etc に励まされ。

どうにかこうにか山頂到着。
Dscn9988           ファミリー グループ 長閑な様子 

Dscn9985 Dscn9995
( 写真 左 ツリフネソウ  写真 右 キツリフネ )  ※ 拡大

ツリフネソウが今の時期、このコースの主役かな? キツリフネは稀。
 Dscn9987            山頂標識

山頂で簡単にお昼を兼ねて小腹を満たす二人です。

「輝さ~ん」と向こう側から声を掛けられます。
旧知の岳友T夫妻です。
久し振りに逢ったのでお互いの近況語り合う我らです。
(北アのあちこちで夏山楽しんだ由) 羨ましい!
やがてT夫妻は『宮前コース』から下山でお別れです。

我らは往路を下り始めます。
擬木のステップが滑りそうで少々嫌な感じも・・・ 花を眺めながら下山です。

 Dscn9991 Dscn9994
( 写真 左 タマバシロヨメナ?  写真 右 フジテンニンソウ )  ※ 拡大

 Dscn9993 Dscn9999
( 写真 左 キバナアキギリ   写真 右 ミゾソバ )  ※ 拡大

Pm 00:35 登山口parking

脚力・体力は衰える一方で一抹の寂しさを覚えるものの、それでも
曲がりなりにも歩き通せた事。更に岳友との久しぶりの邂逅・・・

【角田山】 年寄りジィ~ジにも登れる有難い便利な山と感謝。

  ジィ~ジ【角田山】  26-28

                              084(086)-28

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

【二王子岳】花探訪+森の音楽会“友遊小屋”

9月10日(土)

Am 06:50 二王子神社登山口

同行 美女岳友1名 相方 ジィ~ジ  計3名

Dscn9889            神子岩

 Dscn9892 Dscn9895
 ( 写真 左 カメバヒキオコシ   写真 右 ダイモンジソウ )  ※ 拡大

 Dscn9897 Dscn9900
 ( 写真 左 オニシオガマ   写真 右 コゴメクサ属 )  ※ 拡大

Dscn9903            難所の油コボシ

 Dscn9908 Dscn9909
( 写真 左 ●●アザミ SOS   写真 右 シラネセンキュウ )  ※ 拡大

アザミは種類も多く、しかとは判断できません。

Dscn9911           山頂避難小屋も間近に迫る

 Dscn9912 Dscn9913
( 写真 左 アキノキリンソウ   写真 右 イワイチョウ )  ※ 拡大

花を眺める毎、立ち止まり立ち止まりしながら・・・

Am 10:05-10:50 二王子岳山頂

Dscn9919            山頂ガス充満

Dscn9920            隣の二本木山

予報では徐々に天気は好天予想だったんだけど・・・
どう見て恵もガスが晴れる様子は見られません。
ノンビリと花々眺めながら下山することにします。

 Dscn9901 Dscn9924
( 写真 左 ツルリンドウ   写真 右 マイズルソウ実 )  ※ 拡大

 Dscn9925 Dscn9927
( 写真 左 ヒメサユリ 実   写真 右 ママコナ )  ※ 拡大

Dscn9929               アケボノシュスラン ※ 拡大

アケボノシュスラン 油コボシのトップ付近で確認。
二王子岳では初めてのジィ~ジ。
丁度 通りかかった【二王子岳の主的存在須藤さんも初見とか・・
(毎日 登山道整備が主だからご存じなくても当たり前)

Dscn9931             真っ赤な実をたわわに着けるオオカメノキ

吃驚するほどの数多い実。

Dscn9935          ブナ林 四合目

ブナの林は安らぎを与えて呉れるような気がします。

アソコで止まりここでも立ち止まり、時間を掛けて時間を掛けて・・・
(帰りを急ぐ必要が無い我らです。山頂で見かけた人のすべてに追い越され)

 Dscn9937 Dscn9940
( 写真 左 ツリフネソウ   写真 右 ジャコウソウ )  ※ 拡大

Pm 02:10 二王子神社登山口

【二王子岳】山頂からの展望はNo goodではあったものの 数々の花・実を
見る事が出来、歩き甲斐も有り充分に心満たされたジィ~ジです。
(人気の«飯豊連峰»も今の時期は雪も無く一寸迫力不足?)

目を惹くオニシオガマ、更に】【二王子岳】では初めてのアケボノシュスランを
確認できたことは望外の喜びとなったジィ~ジです。

【二王子岳】 何と言ってもお気に入りの一座に揺るぎは有りません。

                      082(084)-28

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

【二王子岳】 余韻が残る翌日。

9月11日(日) 

同行 美女岳友1名 相方 ジィ~ジ 計3名

長岡市営東山ファミリー牧場 【萱峠】登山口です。

Am 07:55 登山口

Dscn9945           角田・弥彦をバックのコスモス畑

優しく揺れるコスモスは初秋の代表花?

この日は【三ノ峠山】 の≪友遊小屋≫で恒例の第5回 <森の音楽会>

Dscn9949            【萱峠】へのプロムナード

登山道の脇には相変わらず珍しい花々が散見されます。

 Dscn9953 Dscn9955
( 写真 左 ツルニンジン   写真 右 キツリフネ )  ※ 拡大

ツルニンジンはちょっと珍しいかも!!

時間はまだ早いので取り敢えず【三ノ峠山】山頂を目指します。

Am 09:08-09:30 【三ノ峠山】 山頂

Dscn9962           三ノ峠山山頂

≪友遊小屋≫へ戻り会場設営のお手伝いを少々。

Am 10:00-11:50 森の音楽会

Dscn9963           代表のT中氏の挨拶

Dscn9966            オカリナ コカリナ演奏

故郷 隣のトトロ 歩くの大好き エーデルワイス ・・・etc

Dscn9967           ハーモニカ演奏

5,6丁のハーモニカ駆使して、唱歌から美空ひばりメドレー、そして極め付けは
ボレロまで! 器具により音色も異なります。

Dscn9964           観客大凡70名

Dscn9968            小さなお客様も

Dscn9969           交流会

お昼からは交流会。和気藹々と宴が繰り広げられます。

ブルーシートやてーぶを片付けて2時過ぎからは小屋内で二次会。
進められるまま意地汚く飲むジィ~ジは少々空きっ腹の所為も有り
珍しく?大酩酊でフラフラ 歩くのもままならない程。

PM 03:50 お開き

フラフラしながら(腰も痛い) ストックに頼りながらゆっくりと下るジィ~ジです。

 Dscn9973 Dscn9977
( 写真 左 クルマバハグマ   写真 右 ツリバナ )  ※ 拡大

 Dscn9979 Dscn9980
( 写真 左 ???   写真 右 ジャコウソウ )  ※ 拡大

 ※ 上記写真4枚は相方撮影

Pm 04:50 登山口parking

Dscn9982                 漸く到着

「腰が痛い 腰が痛~い」  年は取りたくないもの!
飲んだせいもあるものの腰や膝がガタガタ 困ったもんです。
一緒だった仲間の皆さん 本当に本当にお世話様。

alcohol我慢をした相方の運転で一路、我が家へ向かう我らです。

                    083(085)-28   

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

変わり映えしませんが【角田山】

予報ではまたまた暑くなりそうなので、朝のうちに【角田山】へ行こうかと・・
今頃はどんな花が見られるかな?

9月7日 (水) 

同行 美女岳友2名 相方 ジィ~ジ 計4名

Am 07:28 宮前コース登山口

夏草がはびこりいつもより少し狭くなった道を進みます。
周りにはオトコエシの花株が其処彼処で見られます。

途中 イチヤクソウの花後を確認したり立ち止まり立ち止まり・・

Am 08:17ー08:22 宮の平

小休止、水分補給timeとします。

6合目宮ノ平から少し下って7合目から少しきつい登り返し。
7合目付近で今年最初のツリフネソウが眼前に現れます。

Dscn9876                       今年は初見のツリフネソウ (ピンボケ)

例年より花株が少々少ない感じ?

8合目、9合目 急登の痩せ尾根をクリアーすれば目の前に熟したナツハゼ。

Dscn9878                           たわわに実を点けるナツハゼ

Am 08:58-09:50 角田山山頂

Dscn9881              山頂広場 遊び心?

ノンビリとひと時過ごし往路を下山です。
帰り道も勿論?ゆっくりと花々楽しみながら下山です。

Dscn9885             夏草蔓延る登山道

何時もながらの【角田山】 朝のうちに楽しんだ我らです。

   ※花の写真ピンボケばかりテンションdown

   ジィ~ジ 【角田山】  25-28   

                      081(083)ー28          


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

22年ぶり【根子岳~四阿山】

過ぎゆく夏を惜しみ、予定では一泊して久しぶりに【五竜岳】へ行こうかと・・
ところが前日になって予報が変わり長野白馬地方の日曜日はcloud
折角行くなら天気が良い時に限る (どうせ暇人のジィ~ジ)

急遽 土曜日日帰りでも出かけられる涼味感じられる山 あれこれ思い巡らし、
最終的に【根子岳~四阿山】   実に22年ぶり

9月3日(土) 

同行 相方 計 2名

登山口の菅平牧場まで北陸道・上信越道経由で約3時間。

Dscn9787           全国区ナンバー car rvcar

菅平牧場登山口parkingは不要なれど入山料¥200/1人必要 計¥400支払います。

Am 08:40 根子岳登山口

Dscn9790              根子岳案内板  ※拡大

少々歩幅の合わない階段状の緩い傾斜の道が続きます。

道端には何種類かの花に目を惹かれます。花々愛でながらユックリ。

Dscn9791 Dscn9793
 Dscn9794 Dscn9800
( 写真 上段 左 アキノキリンソウ   右 ワレモコウ )  ※ 拡大
( 写真 下段 左 タチフウロ   右 マツムシソウ )  ※ 拡大

晩夏から初秋に咲くマツムシソウはジィ~ジの好きな花の一種。

 

Dscn9797 Dscn9796
( 写真 左 ヤナギラン  右 ヤナギラン 花後  ) ※ 拡大

 標高1757m 東屋 牧場 菅平高原 そして北アの大展望台。
Dscn9804         雲の棚引く上には白馬三山 五竜岳 鹿島槍・・望遠

草原拡がる高原から白樺樹林帯に変わり、そよ吹く風が心地良い!

Dscn9809            白樺林の樹林帯

Dscn9811 Dscn9812
( 写真 左 ヤマハハコ  右 コウメバチソウ  ) ※ 拡大 

Am 10:14-10:30 根子岳山頂

賑やかな話声 子供たちの嬌声 【根子岳(2,207m)】 到着。

Dscn9814          【根子岳】山頂
下の方から雲が湧きあがり、肝心の展望はイマイチ ちょっぴりテンションdown

【根子岳(2,207m)】から【四阿山(2,354m)】へ向かいます。

Dscn9817                                     
Dscn9818  
Dscn9819_2   
Dscn9824
Dscn9825

笹林床の最低鞍部まで下り【四阿山(2,354m)】へ登り返し。

Dscn9828          露出した根が張り出した急登の道

       
Dscn9830         鳥居峠コース合流点。

鳥居峠の合流点からは階段が施されています。
階段を登り切れば【四阿山(2,354m)】山頂です。

Pm 00:00ー00:40 四阿山山頂

Dscn9831                       信州祠

Dscn9832           山頂に祀られた石祠 石室 

Dscn9835               久しぶり記念に一枚 上州祠

丁度、お昼時山頂は腰を下ろす場所も無いほど大賑わい。
されど周囲にはガスが立ち込め展望全く叶わず。(内心 富士山見れるかな?)
22年前、初めて来た時も・・・今回と同じ。 

上州祠の先で簡単なお昼を採り終え、下山の開始。
鳥居峠合流点から少し下った先から左折して中四阿 小四阿 経由。

Dscn9838             分岐  ガス充満

 Dscn9841 Dscn9843_2
 Dscn9829 Dscn9848
( 写真 上段 左 ガンコウランとアカモノ   右 オヤマリンドウ )  ※ 拡大
( 写真 下段 左 シラタマノキ   右 クロマメノキ )  ※ 拡大

クロマメノキ熟した実を二つ三つ、口に含めば甘酸っぱい味がジュワーっと。

Dscn9851           中四阿

Dscn9853           根子岳

Dscn9854            小四阿へ向かって

Rscn9869              密を吸うアサギマダラ?

Dscn9860              牧場まであと僅か

Dscn9863             渡渉POINT

そして草をはむ牛の群

Dscn9867            牧歌

Dscn9868               ヤマホタルブクロ

Pm 03:00 牧場管理棟

【根子岳(2,207m)】から【四阿山(2,354m)】 周遊の終了です。

売店でソフトクリームと新鮮な牛乳をオーダー一休み。
急ぐ旅でも無し暫しのんびり山を想いながら休みます。

帰路は菅平高原の温泉で汗を流し、急カーブ連続の山道を一気に下り
須坂ICから上信越道・北陸道で我が家へ向かう我らです。
(ETC料金節約するべく西山ICで下りてR116経由)

我が家へ着くや否や、近所の割烹仕出し屋へGOー
打ち上げ?beer 乾杯~ 

期待した展望は得ることが出来なかったものの爽やかな山歩きができて
気持の良い一日過ごせたことに感謝です。

                           080(082)-28

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

展望?花?【菱ヶ岳~五頭山】

週末 3日 4日 天気が良ければ夏山最後として何処かへ行こう!
その前にちょっぴり足慣らししようかと・・・
向かう先は【菱ヶ岳~五頭山】 
目的はもう一つ その後 アケボノシュスラン色付いたかな?

9月1日(木) 

同行 相方 計2人

Am 06:43 内ノ沢Ⓟ (登山口)

Dscn9752             登山口

Dscn9755            気持の良いブナ林

Am 07:57 北山

Dscn9756             杉端(杉鼻)

眼前に立ちはだかる急峻な‘杉端’
我らは(冬道)を選択します。

Dscn9758            急登の杉端冬道

(冬道) 張られたロープやしっかりした木の根を利用しながら
3点支持で一歩一歩前進 (積雪期に何度も利用した道)

(杉端)をクリアーすれば遭難碑 (合掌)

Dscn9759              知り合い女性の遭難碑

(夏道)との合流点から美しいブナ林が拡がる尾根道を進みます。
小さなピークが3か所、そして最後の少し急登を頑張れば・・・

Am 08:55ー09:02 菱ヶ岳山頂

Dscn9763              菱ヶ岳山頂標識

此の先は【五頭山】への縦走路。
小さなアップダウンが連続します。

Am 09:30 与平の頭

Dscn9764            菱ヶ岳まで30分 五頭山山頂まで100分

所々諸に陽射しを浴びます。 暑い!暑い!

それでも周りでは飛び交うアキアカネが数多く見られるように・・・

Dscn9766            雲が被さる飯豊連峰とアキアカネ

登山者に人気の高い“飯豊連峰”も少し靄~ッと迫力不足。
期待した展望はイマイチ?

そして目的のアケボノシュスラン(曙繻子蘭)の開花状況確認。

Dscn9767
Dscn9778                アケボノシュスラン(曙繻子蘭)

先回より色付き、色合いもアケボノに少々近づいたような気が。
勿論、他にも花が見られます。 

Dscn9771 Dscn9773
( 写真 左 カメバヒキオコシ   写真 右 トチバニンジン ) ※ 拡大

他にもカニコウモリ ツクバネソウなども見られます。

Am 10:47 三叉路

Am 10:58 五頭山前一ノ峰
Dscn9782             来し方 菱ヶ岳からの稜線

“飯豊連峰”の展望は迫力不足?直射日光もきつく成ってきたので前進。

Am 11:15-11:40 五頭山三ノ峰 避難小屋脇

陽射しを避けて小屋脇に腰を下ろし、空腹を満たします。

時折、山頂を目指して登ってくる登山者の話声が聞こえてきます。
小腹も満たされ、ゆっくりと下山開始する我らです。

Dscn9785            下山する相方

樹林帯の中に切られた道、暑さも若干凌げます。

Pm 00:33 五頭山3ノ峰コース どんぐりの森登山口

Dscn9786_2         どんぐりの森登山口

どんぐりの森登山口から炎天下の下、10数分ダラダラ下りⓅへ。

Pm 00:55 内の沢登山口parking

parkingには数台のcar rvcar 朝は我が家の他に1台のみでした。

時期柄、更に天気の具合で“飯豊連峰”の展望は少々迫力に欠けた感あるも
そこそこの道を歩き通せ、なんとなく満足感に浸るジィ~ジです。
目的の“花” アケボノシュスラン の様子も見る事が出来、総じて◯。

                          079(081)-28

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

秋の装い【角田山】

少々不遜?かもしれないけれど、天気もイマイチ 何処へ行くあても無し。
暑さにかまけぐうたらの毎日、加齢に依る体力低下が気にかかる。
そんな時の救い? 【角田山】です。

8月27日(土) 

ダラダラとしていたらあっという間にお昼近くに・・・
お昼は簡単にコンビニで調達することにして急遽 出かけます。

Am 1152 宮前登山口

Dscn9724_2             テッポウユリ    タカサゴユリ

登山口から暫く道の脇には大柄な白いタカサゴユリが幾株も。

Pm 00:28-00:33 宮ノ平 6合目

Dscn9727             宮前平

いつの間にか?小さな腰掛けが・・・

前方から賑やかな声、知り合いの女性岳友3人。更に会員のO氏とKさん。

8合目 9合目 痩せ尾根急登気を付けながらクリアー。

Pm 13:00-13:42 向陽観音平広場

Dscn9729           穀倉地帯 蒲原平野も色づいて

【角田山】 山頂から‘稲島コース’9合目 向陽観音前広場に向かいます。

米どころ 越後新潟平野は順調に収穫期を迎えつつある感じ。

コンビニ調達のお握りと調理パン 持参のお湯で珈琲 簡単ランチと。

 

 Dscn9730 Dscn9734
( 写真 左 タムラソウ  写真 右 センニンソウ ) ※ 拡大

ツリガネニンジン オトコエシ 等も見られるも愛の花々が主役の座を占めつつ。

 Dscn9736 Dscn9741
( 写真 左 シラヤマギク  写真 右 アクシバ ) ※ 拡大

ノンビリ まったり  昼過ぎのひと時を過ごす我らです。

下山は<山頂>から‘宮前コース’を下ります。初秋を感じながら・・・

 

Dscn9744 Dscn9748
( 写真 左 オヤマボクチ   写真 右 シモツケ ) ※ 拡大

Pm 03:00 宮前登山口

Dscn9749              宮前登山口

気持の良い汗を掻き、運動不足も心もち何となく解消された感じ。
少しでも歩けば何となく満足感も得られるような・・・(ホントは然程の効果?)
それでも毎度ながら家からも近く本当にありがたき山 【角田山】。(感謝)

  ジィ~ジ 【角田山】  24-28          078(80)-28

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »