« 花探索【弥彦山】&灼熱【角田山】 | トップページ | 夏山シーズン【燧ケ岳】 »

2016年7月28日 (木)

満腹 花堪能【笙ヶ岳】

年を重ねても時期が来れば、歩けるうちは歩きたい“山”が幾座か有るのです。
昨年に引続き、今年もその時期が・・・ もう10年近く恒例化

7月21日(木) 

目的の“山”は鳥海山山系【笙ヶ岳(1635m)】

同行 10名 
長岡T中G(T中夫妻 T橋夫妻 Yさん Mさん) 新潟G(Mさん Tさん 相方 ジィ~ジ)

村上 道の駅 朝日 みどりの里 (まほろば温泉)で待合せ rvcar car dash dash

日本海東北道酒田みなとICから遊佐町、鳥海ブルーライン大平山荘目指します。

Am 08:45 登山口前Ⓟ 

Dscn9217         身支度終えて登山口に向かってスタート

古の【鳥海山】へのmaineroute 吹浦口(大平)登山口。 登山届をポストイン。

所々粗打ちされたコンクリート階段 苔が付着し滑り易そうな大小の石 そして急登、
その名も 伝石坂(つたいいしさか) からスタートです。

登山道の両側には早速何種類かの花々が見られます。

(以下 この日に見られた花々の一部羅列) 

Dscn9218 Dscn9221
( 写真 左 ヨツバヒヨドリ   写真 右 シラネニンジン )

他にもクロヅル ヨツバシオガマ ハクサンシャジン シロバナニガナ ・・・etc

Am 09:30-09:37 見晴台

スタートから45分 展望台で休憩を取ります。

Dscn9223                見晴台

モクモクと下から雲が湧きだし大平山荘を包み込みます。
(晴れていれば眼下に、にかほ市と日本海が望めるVIEWPOINTなのです。)

此処から先は勾配も緩くなり、湿原の清水大神を過ぎたあたりから高山植物が
次から次と見られます。

 Dscn9226 Dscn9232_2
 Dscn9233_2 Dscn9234
( 写真 上段 左 ハハコクサ   上段 右 ニッコウキスゲ ) ※ 拡大
( 写真 下段 左 イワイチョウ   下段 右 ハクサンチドリ )

    Dscn9227_2 Dscn9238
( 写真 左 ホソバキソチドリ   写真 右 タカネアオヤギソウ ) ※ 拡大

 Dscn9240 Dscn9242_2
( 写真 左 ネバリノギラン   写真 右 ツマトリソウ ) ※ 拡大

Dscn9243       チングルマ咲き乱れる高原

 Dscn9245 Dscn9246
( 写真 左 ベニバナイチゴ   写真 右 アキノキリンソウ ) ※ 拡大

Dscn9250         例年この周辺は雪渓になっているのに

‘とよ’‘河原宿’此処からは今年の降雪量 異常?に少なく例年スプーンカットになってる
雪渓なのに既に全くその跡かたも見られません。

Dscn9244               チングルマ

 Dscn9254 Dscn9256
 Dscn9257_2 Dscn9258
( 写真 上段 左 チョウカイアザミ   上段 右 ミヤマキンバイ ) ※ 拡大
( 写真 下段 左 ウサギギク   下段 右 アオノツガザクラ )

雪渓の代わり?夏の‘花’が一斉に咲き出して見られます。

Dscn9263         キスゲjustmeet

‘御浜’への道‘愛宕坂’を分け、我らは【笙ヶ岳(1635m)】を目指します。

 Dscn9288 Dscn9265
 Dscn9277 Dscn9283
( 写真 上段 左 トウゲブキ   上段 右 エゾオヤマリンドウ ) ※ 拡大
( 写真 下段 左 ハクサンフウロ   下段 右 シロバナトウチソウ )

【笙ヶ岳(1635m)】へはⅠ峰 Ⅱ峰 Ⅲ峰 なだらかな小さなピークが続きます。
其々の山裾は お花畑 の如し。

Dscn9268        ニッコウキスゲ

Dscn9269        ハクサンイチゲ

 Dscn9294 Dscn9280
( 写真 左 ヨツバシオガマ   写真 右 ハクサンイチゲ ) ※ 拡大

Am 11:50-Pm 00:50 笙ヶ岳山頂

目的地 【笙ヶ岳(1635m)】山頂到着。
その道何十年VETERAN主婦?の手作り自慢料理が所狭しと並べられ順繰りに
目の前に回ってきます。(食べるに忙しく写真撮影失念)
ガスで眺望は得られないものの爽やかな心地良い風が時折あたり快適。

瞬く間に1時間経過、下山もゆっくりと“花”観賞しながら下山です。

 Dscn9292          Ⅱ峰へ登り返し

 Dscn9299 Dscn9304
( 写真 左 ヒナザクラ   写真 右 ハクサンシャジン ) ※ 拡大

白く小さい可憐なヒナザクラは東北地方限定。 鳥海山が標本地。

Dscn9303            ハクサンイチゲ大群生

Dscn9308        吹浦口 御浜 分岐 

 Dscn9309 Dscn9271
( 写真 左 オオバギボウシ   写真 右 ミヤマキンポウゲ ) ※ 拡大

【鳥海山 (新山 七高山)】 ガスが切れそうで切れず、その姿見る事叶わず。
それでもせっかくの機会、<鳥海湖>まで少し足を伸ばし登って見る事に・・・・

Dscn9312            鳥海湖

鳥海湖は長手方向200m 水深4mのカルデラ湖。

ガスが一瞬少し切れ、“御浜小屋”がすぐ先で見られますが、山頂方向は×。

Dscn9316          休憩場所へ戻る仲間たち

Dscn9319           珍しい 上向くハクサンシャジン

Dscn9320          又来いよ! チングルマに見送られて

大群生の花々 多種類の花々を腹いっぱい観賞しながらゆっくりと下る我らです。
少々足場の悪い伝石坂(つたいいしさか) つまづかないよう気を付けながら・・・

Pm 04:00 登山口前Ⓟ 

 花 花 花に埋もれそうになるほどの花三昧。
 同行の仲間たちの顔を見れば全員満足感溢れるが如く様子。

毎年来ても何度来ても 「良い山は良い」 
来年も元気で【笙ヶ岳(1635m)】 再訪したいものと願うジィ~ジです。

新潟までcar dash 約3時間半。安全運転で帰ります。

                                071(072)-28 
 

|

« 花探索【弥彦山】&灼熱【角田山】 | トップページ | 夏山シーズン【燧ケ岳】 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

らるごさま
こんにちは いつもありがとうございます。
鳥海山で花を堪能された由。
遠路お出かけの甲斐がありましたね。
来年は是非笙ヶ岳も歩いてみて下さい。全然楽ですから(笑)
数年前までは新潟から鳥海山新山~外輪山日帰りできたのですが
歳重ね、もう脚力落ちまくりです。もう少し頑張りたいのですが・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年8月 1日 (月) 21:28

しゃくなげいろさま
いつもお世話さまです。
膝・腰ガタガタで歩ける山は精々この程度です。(笑)
それでも花は沢山見られます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年8月 1日 (月) 21:19

こんにちは✿

鳥海山へ7月31日登る計画を立てていたら、なんとジィ~ジさまの鳥海山レポにびっくりヽ(´▽`)/
ますます花の山、鳥海山への憧れがマックスになり、おかげさまで無事行くことが出来ました<(_ _)>
私どもは初めての鳥海山でしたので鉾立から登ってみました。
弾丸で私の体力では新山~外輪山は無理なので、私の山頂は文珠岳と決めて鳥海山をゆっくり登り、ものすごいお花畑を観賞して、至福のひとときを過ごすことが出来ました(o^-^o)
それにしても、外輪山一峰でも夕方駐車場に戻ったときはふらふらで、ジィ~ジさまの体力にはびっくりです!
日ごろの鍛錬は大切ですね^^;
茨城から6時間かかりましたが、笙ヶ岳もぜひ登りたいと思います✿

投稿: らるご | 2016年8月 1日 (月) 14:13

おはようございます。花図鑑を眺めるようにうっとり見入ってしまいました。ステキな山ですね。

投稿: しゃくなげいろ | 2016年7月30日 (土) 06:44

みいさま
いつもありがとうございます。
本当は花の他に残雪の様子をお知らせして涼味を
味わってほしかったんですが・ことしは異常に雪が少なくて・・・
暑さきびしき折、お大事になさってくださいね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年7月30日 (土) 04:53

こんばんは

 花花花ですね。
かわいいですね。
こんなにいっぱいの花が迎えてくれるとうれしいですね^^。
こちらは、暑い暑い毎日ですが、涼しさをいただきました。

投稿: みい | 2016年7月29日 (金) 21:42

もうぞうさま
こんばんは~
花の山ですが残雪が異常に少なく吃驚でした。
極端な変化は心配になります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年7月29日 (金) 20:01

いや~見事ですね。
最近おじけづいたのか、どうも出かける気力が???

投稿: もうぞう | 2016年7月29日 (金) 19:14

usamimi さま
拙 駄ブログにお立ち寄りcommentありがとうございます。
老骨に鞭打ち遊び歩いている毎日です。
山で昆虫を観たり鳥の鳴き声を聴いたりしますが
難しくてサッパリ解らないのであります。
変わった虫や鳥見つけるとワクワクするでしょうね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年7月29日 (金) 14:11

こんにちは。
いつも美しい写真を有難うございます。
お元気なのにびっくりです。

私は花も好きですが、山や高原で鳥や虫を探したいです。clover

投稿: usamimi | 2016年7月29日 (金) 12:37

noriko さま
お立ち寄りcommentありがとうございます。
会山行を含め、この時期10年程通っていますが、今年は
残雪が殆ど見られませんでした。
それでもニッコウキスゲ始めハクサンイチゲ ヒナザクラなど
沢山の花を楽しむことが出来ます。
非力で鳥海山は歩けませんが、来年もこの時期に訪ねてみたく
思っています。
noriko さんも是非歩いてみて下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年7月29日 (金) 07:11

FUJIKAZE さま
お早うございます。
いつもありがとうございます。
積雪量今年は北海道を除いて各地とも極端に少ないのです。
例年であれば今の時期でもべったりと雪渓が残っているんですが・・
高山植物の写真 撮影技術もカメラも笑いので見た通り、
思いを表現できません。
同行の仲間たち「極楽ってこんな感じかしら?」と。(笑)


投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年7月29日 (金) 07:04

突然の訪問すみません。
いつもお花の記事拝見致しております。

鳥海山は何度も行っているのに、笙ケ岳は一回も行っていません。
来年こそ、是非訪れたいと思います。

投稿: noriko | 2016年7月29日 (金) 03:02

こんばんは!
今年は雪渓が少ないのですか?
でも、7月も下旬ですよ。
けっこう残っているように見えますが・・・。
涼しそうで気持ちよさそうです。
花も沢山で、天国の様ですね。

投稿: FUJIKAZE | 2016年7月28日 (木) 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/63970671

この記事へのトラックバック一覧です: 満腹 花堪能【笙ヶ岳】:

« 花探索【弥彦山】&灼熱【角田山】 | トップページ | 夏山シーズン【燧ケ岳】 »