« 楽しみは、てんこ盛り【三ノ峠山】 | トップページ | 花探訪 【角田山】 【二王子岳】 »

2016年6月29日 (水)

花観賞と残雪 恒例【月山】

その時期には決まって出かける事が恒例化している“山”が幾座か!!
例えば 
4月下旬 残雪の二王子岳 6月中旬 ヒメサユリ観賞粟ヶ岳 等々(共に10年以上)
3年前まで10年間程継続、1月上旬 赤岳始め南八ヶ岳の厳冬期登山。
( 寄る年波で徐々に止む無き状況に・・・)

そして今回の高山植物観賞 月山も (※ 5,6年継続中)

6月19日(日) 

同行 11名
長岡G(T中夫妻 T橋夫妻 mimiさん K氏 S氏) 新潟G(美女2名 相方 ジィ~ジ)

登山口姥ヶ沢parkingまで新潟市からcar rvcar で約3時間

行程
月山ペアリフト~姥ヶ岳~~金姥~柴灯森~牛首~山頂~牛首~月山ペアリフト

Am 09:10 ペアリフト上駅 ≒1,500m

Dscn2080               月山ペアリフト上駅

昨年同様 今年も雪不足で月山スキー場も7月3日で営業終了とか・・・

ペアリフト上駅(≒1,500m)から先ずはスノートレック【姥ヶ岳(1,670m)】shoe

Dscn2088       休日 トレッカー大勢  若人から年配者まで

Dscn2090       姥ヶ岳山頂周辺は無雪 木道むき出し 同行の皆さん

ペアリフト上駅、姥ヶ岳山頂~金姥 付近の間で見られた花の一部です。

【姥ヶ岳(1670m)】からはFlowertrekkingの始まりです。

 Dscn2083 Dscn2086
( 写真 左 ミネザクラ   写真 右 コシジオウレン ) ※ 拡大

 Dscn2092 Dscn2096
( 写真 左 イワイチョウ   写真 右 イワカガミ ) ※ 拡大

Dscn2093              ミヤマウスユキソウ  ※ 拡大

日本版エーデルワイス、飯豊山から秋田駒ヶ岳までの七座だけ。

Dscn2102            ヒナザクラ

日本特産 東北地方に分布 多雪地の亜高山帯湿原 、雪田草原、湿った草地に生育。

 Dscn2103 Dscn2106
( 写真 左 ミヤマキンバイ   写真 右 ゴゼンタチバナ ) ※ 拡大

 Dscn2104 Dscn2116
( 写真 左 ヤマカラシ   写真 右 ウズラバハクサンチドリ ) ※ 拡大

ハクサンチドリが其処彼処に見られるも斑入り葉が多い。
( ペアリフト上駅周辺は一般的なハクサンチドリが多い)

 Dscn2125 Dscn2105
( 写真 左 シラネアオイ   写真 右 キバナノコマノツメ ) ※ 拡大

他にも色々目に飛び込んできます、
ガクウラジロヨウラク スノキ マイズルソウ ハクサンイチゲ チングルマ・・・

Dscn2121          牛首周辺の雪渓 山頂が近づく

 Dscn2128 Dscn2130
( 写真 左 ヒメイチゲ   写真 右 ミネズオウ ) ※ 拡大

 Dscn2135 Dscn2138
( 写真 左 イワウメ   写真 右 アオノツガザクラ ) ※ 拡大

高度が上がるにつれ、夏の代表花チングルマ ハクサンイチゲの群生が拡がります。

 Dscn2133 Dscn2142
( 写真 左 チングルマ   写真 右 ハクサンコザクラ ) ※ 拡大

Dscn2141              来し方とミヤマキンバイ

P1030540        ハクサンイチゲと姥ヶ岳稜線

 Dscn2132 Dscn2163
( 写真 左 エゾツガザクラ 亜種   写真 右 ホソバイワベンケイ ) ※ 拡大

牛首から先は、岩場のガレ場、鍛冶稲荷を越えれば山頂までザレ ガレ登山道。

 Dscn2166 Dscn2157
( 写真 左 クロユリ   写真 右 ハクサンハタザオ ) ※ 拡大

クロユリは鼠の食害?で年々減少化傾向にあるような感じ。

Dscn2148           芭蕉句碑

羽黒山 湯殿山 月山 、出羽三山を行脚した俳聖 芭蕉が月読命を祀る東北地唯一の
官幣大社 月山神社を登拝した際に詠んだ句
‘雲の峰幾つ崩れて月の山‘ 

Dscn2152           山座同定盤  展望靄ーッ イマイチ

鳥海も朝日連峰も蔵王も・・・見る事叶いません。

 P1030537 P1030541
( 写真 左 ミヤマリンドウ   写真 右 コケモモ ) ※ 拡大

Dscn2153        お花畑散策 同行の皆さん

P1030484                 クロユリ

Am 11:45-Pm 01:30 月山山頂 (1,984m)

山頂脇の空き地でシートを広げランチタイムとします。 「乾杯~ 」
銘々持参の手料理がグルグルと廻ってきます。
ゆったり、ノンビリ 至福のひと時を過ごす我らです。

Dscn2154          月山山頂

山頂月山神社の先に在る三角点にタッチ。

Dscn2160           山頂△点

Dscn2161         山頂脇 ハクサンイチゲのお花畑散策する相方

Dscn2162        ハクサンイチゲ

Dscn2168          ハクサンイチゲと池塘

山頂周辺の何処までも拡がるお花畑に見とれながら、下山の開始です。

P1030519          ハクサンイチゲ群生

正一位稲荷大明神を祀る鍛冶稲荷から牛首を下り、大雪原をリフト上駅を目指します。
若干天気下り坂、暖気も合わせ瞬く間にガスが発生。

Dscn2171        ガス湧く大雪原を下る同行仲間たち

 Dscn2172 Dscn2174
( 写真 左 ベニバナイチゴ   写真 右 ニッコウキスゲ ) ※ 拡大

Dscn2175               ノビネチドリ 花終盤

Dscn2173          月山スキー場ペアリフト

Pm 03:15 ペアリフト下駅

Pm 03:20-03:30 姥ヶ沢parking

今年も姿・形・色 様々な手段で自己主張し咲き乱れ 咲き誇る花々を心行くまで
味わうことが出来たジィ~ジ、雪渓の上を吹き抜ける涼風を受けながら、又 来年も
健康第一で継続したいなぁ・・・と。

                            063(64)-28

 

|

« 楽しみは、てんこ盛り【三ノ峠山】 | トップページ | 花探訪 【角田山】 【二王子岳】 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

しゃくなげいろ さま
ここ数年の恒例 初夏・月山楽しんできました。
高山植物の大群生、残雪雪渓歩き 夏山満喫です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年7月 2日 (土) 13:50

姥ヶ岳のシャチ模様とハクサンイチゲ風景はきまってますね。
雪渓にガスが巻く風情が夏山らしくて素敵です。

投稿: しゃくなげいろ | 2016年7月 2日 (土) 10:29

らるご さま
今晩は~
お立ちよりcommentありがとうございます。
確かに8月の月山は花の端境期かもしれませんね。
8月も少し遅くなれば秋の花が見られるでしょうが・・・
唐松岳 八方?でクロユリ見れましたか!
所謂 ユリ根ですから動物(特に鼠)の食糧になるようです。
花に詳しくは有りませんが、年を取るとガンガン登る力も
衰え、ゆっくりと足元や目の前の花を見る機会が多くなりました(笑)
まだまだ花が楽しめる時期ですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年7月 1日 (金) 21:36

こんにちは✿
この時期の月山は残雪とお花畑ですばらしいですねヽ(´▽`)/
私はこのコース、8月に行きましたがこんなにお花は咲いてなかったです。
でも緑と花と、、なだらかで雄大な山でまた行きたいと思ってます!
以前、ジィ~ジさまの月山レポでクロユリをひと目見てからクロユリの大ファンになりましたsign03
今回も咲いてましたねo(*^▽^*)o
私は月山では見ることができませんでしたが、唐松岳途中で見ることができました^^
鼠、食べないでほしいですねweep
花の山、月山レポありがとうございますconfident

投稿: らるご | 2016年7月 1日 (金) 17:00

もうぞうさま
こんばんは
夏至も過ぎ去り山は初夏から夏山に移っています。
月山お勧めです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年6月30日 (木) 19:47

さすが月山、花が咲き乱れてますね。
夏山シーズンには、まだ早いかと思ったんですが、もうすっかり満開の様子?

投稿: もうぞう | 2016年6月30日 (木) 19:24

冬男さま
お立ち寄りcommentありがとうございます。
月山スキー場、昨年に引き続き今年は更に少雪で
営業にも響いたことでしょう。
それでも降雪のお蔭で毎年沢山の花が見られます。
花を眺めるたびに立ち止まるので時間が掛ります。(笑)
歳を重ねても歩ける幸せに感謝です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年6月30日 (木) 10:27

恒例の山行きに此処はいい あそこはいいと いいとこだらけでしょう。
ここ月山は春スキーのメッカだけに名も知れ興味いっぱいです。
季節 花の種類 咲頃も最適だろうと拝見しました。
素敵スギです!!

投稿:  冬男 | 2016年6月30日 (木) 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/63840804

この記事へのトラックバック一覧です: 花観賞と残雪 恒例【月山】:

« 楽しみは、てんこ盛り【三ノ峠山】 | トップページ | 花探訪 【角田山】 【二王子岳】 »