« ここも好きな一座【浅草岳】 | トップページ | ヒメサユリの【袴腰山・高城城址】、定番【角田山】 »

2016年5月22日 (日)

目的の花は?【高尾山】

閑人ジィ~ジ、久し振りに遠征です。
目的は未だ目にしたことの無い花 石斛(セッコク)を見たいもの・・・・と。
Webでシバシバ見られる場所は東京八王子【高尾山(599m)】

早朝5時30分 北陸道新潟西IC通過、北陸道から関越道、鶴ヶ島JCTから圏央道、
高尾山ICへ向かいます。 (途中、赤城SA で朝食休憩採って)

5月18日(水) 

同行 岳友美女3名 相方 ジィ~ジ 計5名

Am 09:20 6号路登山口

Dscn1488         スタートは6号路から

ケーブル横目に見ながら緩い登山道を前進。

Dscn1492            岩屋大神 

【高尾山】は修験の山、現代まで受け繋がれています。その歴史が其処彼処に。

Dscn1491 Dscn1495
( 写真左 フタリシズカ   写真右 イワタバコ(葉) ) ※ 拡大

フタリシズカなのにサンニンシズカ ヨニンシズカ?も (ヒトリシズカの方が好き)

この日は花観賞が目的 立ち止まり立ち止まり、後続の皆さんに道を譲り譲り・・。

   ※ イワタバコの花今まで見た記憶なし 是非見たい

 Dscn1496 Dscn1503
( 写真左 ガクウツギ   写真右 マルバウツギ ) ※ 拡大 

越後新潟で見られるウツギの種類とは少々異なるようです。

セッコクマップを片手に杉木立を見上げても発見できません。
立ち止まって見上げているハイカーも見られません。

常連さん風の登山者の方、2,3人に情況を聴いてみます。そのうちのお一人。
「毎年 この先で見られるんだけど、もう少し遅い時期です。この先の橋付近で
1か所見つけましたが・・・」

情報を元にその場所付近をチェック、、それらしきもの見つけるも定かならず。
(高い枝の上と陽射しの関係で光って特定できません)

時期尚早?  ガ・ガ・ン  

 P1030280 P1030286
( 写真左 ハンショウヅル  写真右 キンラン ) ※ 拡大

それでもあまり見られない花々に見とれ、気を取り直して前進。
5号路周回のベンチで一服、水分補給をして山頂へshoe shoe shoe

Am 11:24-11:42 高尾山山頂

Dscn1510           高尾山山頂にて

Dscn1513           山頂は小学校の遠足

Dscn1518        山頂展望台からのMt FUJI

P1030294                 ズームアップ Mt 富士

山頂は何時もの通り大賑わいで腰を下ろす場所も無いので一丁平へ向かいます。
歩幅が合わない階段登山道を下って、下って、(これが長いこと長いこと)

Pm 00:12-Pm 01:12 一丁平展望台 四阿

Dscn1524        一丁平展望台からの富士山

越後新潟では簡単に見られない富士山心行くまで眺めながらお昼を楽しみます。
目の前の登山道を行き来するハイカー、後を絶ちません。

Dscn1525          一丁平

復路は階段登山道を避け、巻道を選択して山頂方向へ戻ります。
山頂分岐からは4号路を下ります。通称 吊橋コース。

Dscn1529         4号路吊橋

4号路はやがて2号路に合流します。

Dscn1530        薬王院山門  霊気満山 霊気山に満つ

此の山門から山頂に向かって登り返せば高尾山薬王院有喜寺。
薬師如来と山の神 飯縄大権現をご本尊として祀る真言宗智山派本山です。
過去何回も参拝しているので、今回は山門から両手を合せるだけでパスします。

薬王院公式HP⇒コチラ

Dscn1531            1号路名物 蛸杉

登山者・観光客下山する人、登る人、老若男女 異国人・・とても山とは思えない程。

ケーブル駅山上駅脇から上級者?コースを九十九折に下り琵琶滝へ下ります。

時折 ボ~~法螺の音が聞こえます。(以前 山伏姿のご一行とスライドしたことも)

Dscn1533         琵琶滝で滝行

 P1030302_2 P1030314
( 写真左 ケマルバスミレ  コミヤマスミレ 写真右 コバノタツナミ ) ※ 拡大
 ※ スミレは種類も多く、老化した頭ではサッパリ判断できません。

Pm 03:15 清滝駅

琵琶滝の先からは6号路に合流し、暫くすれば清滝駅(ケーブル・リフト駅)。

お天気に恵まれ、越後新潟から見る事が難しい世界自然遺産 富士山の全貌が
余すところなくなく見られ、同行の皆さんから 「良かったわ~」と。

肝心の最大目的 石斛(セッコク)は登山道では見つけることが出来なかったものの
ケーブル リフト乗り場 清滝駅構内で見る事が出来るのです。(事前に調査済み)

P1030318                    ズームアップ   ※ 拡大

Dscn1538                 こんな感じで着生

P1030272

セッコク(石斛)はラン科   岩や大木に着生する着生植物(寄生植物)  。
水分は空気中から摂取。絶滅危惧IB類(EN)環境省レッドリスト)。
現在野生のものは極めて少ない。

老大木の杉に着生している石斛(セッコク)は残念ながら時期尚早で見る事は
叶わなかったものの、日頃、縁のない富士山、そして地元・新潟の山とは少々
様子が異なる山歩きをenjoy これはこれで良かったかも満足 

Pm 07:15 新潟西IC

夕闇迫りくる頃、無事 新潟到着の我らです。

                           052-28 

|

« ここも好きな一座【浅草岳】 | トップページ | ヒメサユリの【袴腰山・高城城址】、定番【角田山】 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

yoshihisa koishiさま
お立ち寄りcomment多謝です。
この石斛、ケーブル乗り場清滝駅構内なので、特別手入れが
行き届いているんですよ。
6合路途中の石斛は時期尚早で見る事は叶いませんでした。
観れても双眼鏡とか、高級望遠レンズが必要なくらい
高い場所だそうです。(写真に収めるには)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年5月27日 (金) 07:08

これほどの石斛がみられるのにびっくり。自然保護が行き届いているのですね。感動!

投稿: yoshihisa koishi | 2016年5月27日 (金) 02:46

しゃくなげいろ さま
いつもお世話様
博覧強記の貴殿でも知らないことが有ったとは\(◎o◎)/!
高尾山、御岳山などは日帰りで丁度良い距離ですよ。
試してみて下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年5月24日 (火) 09:49

せっこくとはきれいな花ですね。初めて知りました。それにしても遠距離日帰り山行とは素晴らしい!

投稿: しゃくなげいろ | 2016年5月24日 (火) 09:36

みどりみどりさま
こんばんは commentありがとうございます。
マップだけでは矢張り見つけるのが面倒ですよね。
熟知されている方と一緒、更に、双眼鏡とか高級望遠レンズが
無いと簡単には見れませんよね。
イワタバコ、多分今まで見た記憶が無いのでジックリと
観賞できれば・・・と。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年5月23日 (月) 21:08

みいさま
こんばんは 
いつもありがとうございます。
セッコクは栽培しやすいようで、江戸時代から観賞用に
されていたようです。
その分、自然のものが採り尽くされたようで希少価値が有ります。
高尾山は日本で一番登山者が多い山、年間240万人以上
登ると言われている山です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年5月23日 (月) 21:02

こんばんは^-^
富士山! 最近、薄っすらと雲がかかってしまい、見ていません。
6号路のセッコクは、一度見かけたことはあるのですが、
10倍ズームでも花が分るように撮れませんでした。
もちろん、肉眼では全然。白い花と分かる程度でした。
ケーブル駅でまじかに見られた方が良く見えて、良かったのかもしれませんよ。
イワタバコは6月ですね。

 

投稿: みどりみどり | 2016年5月23日 (月) 20:43

こんばんは~

 セッコク、初めて見ました!
きれいですね!
岩や大木に着生するんですね。

高尾山は、人が多いですね。人気なのですね^^。
富士山きれいですfuji

投稿: みい | 2016年5月23日 (月) 19:51

cyu2さま
こんばんは 
お立ち寄りcommentありがとうございます。
セッコクマップ片手に探したり、常連さんに聞いたりしたのですが
双眼鏡やデジイチ望遠レンズも無いので、探すの無理だったようです。
(時期的にも少々早かったようですが・・・)
新潟の山は端が豊富ですが、高尾山固有種とか、
日ごろ見れない花も沢山ありますからたまに遠征しないと(笑)
コミヤマスミレ(ご指摘感謝)
新潟の山へ是非またお出で下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年5月23日 (月) 19:45

ジィ~ジさま、高尾にいらしていたんですね♪
ケーブル駅のセッコク見れてよかったです。
セッコクは6号路の谷のほう、登山道からは遠く離れた高い位置にも咲いています。
肉眼では白い花は確認できても望遠じゃないと無理な位置ですね~

スミレは多分高尾では最後に咲くコミヤマスミレだと思います。
城山の方まで足を延ばせばキンランやエビネも見れますが、
新潟のほうがお花は豊富で量も多い気がします。
でも地域によって見れる見れないがありますからね~
だから行きたい山が増えて困ります(笑)


投稿: cyu2 | 2016年5月23日 (月) 17:50

もうぞうさま
観賞用として自分で育てている人、結構多いようです。
登山道の周辺で自然のままの姿を鑑賞するのは
大変な様です。今回は時期尚早だったようです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年5月23日 (月) 17:41

セッコクの群落、見事ですね~
時期と場所、私だったら見つけることが出来ないかもです。

投稿: もうぞう | 2016年5月23日 (月) 16:40

赤鬼さま
セッコクは寄生植物ではなく着生植物なので、本体が
養分を吸われることはないようです。
ミズゴケを利用して栽培できるようなので、採りつくされ
自然界では中々見れないようです。
会山行で何回か実施したこともあるけど、新潟から日帰り
丁度良いよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年5月23日 (月) 08:20

セッコクなんか知らなかったなあ。珍しい花なんだね。日帰りとは強行軍だな。

投稿: 赤鬼 | 2016年5月23日 (月) 07:25

ハルさま
お立ち寄りcommentありがとうございます。
高尾山はシモバシラの花を見に行ったり今まで何度も
日帰りしていますが、冬場以外で今回のようにくっきりとした
富士山はあまり経験が有りません。
自然のセッコクが見れなかったものの遠征の価値はありました。
景信山からの高尾山も数度経験有りますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年5月23日 (月) 07:06

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

新潟発、高尾山日帰りですか?
新潟~高尾山って4hぐらいなんですね。驚きでした。
私は下山は4号路が多いです。何となく吊り橋を渡りたくて。
日帰りとは言え遥々いらっしゃったのに、お目当ての花が咲いていなくて残念でした。
それでもなかな富士山がこれだけ見えるのは稀なので、良い山行だったのではないでしょうか。
東京~新潟間を日帰りにただただ驚かされました。

投稿: ハル | 2016年5月23日 (月) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/63663810

この記事へのトラックバック一覧です: 目的の花は?【高尾山】:

« ここも好きな一座【浅草岳】 | トップページ | ヒメサユリの【袴腰山・高城城址】、定番【角田山】 »