« お誘い受けて長岡東山【枡形山】 | トップページ | 富士山展望【毛無山】とお江戸見物(ムサシ・他) »

2016年3月 8日 (火)

2月は逃げる 

2016年は閏年 4年に1度 そしてオリンピック開催の年。 
普通の年より一日長いのに・・・・あっと言う間に2月も逃げるように去って

そんな中、寸暇を惜しんで?(嘘) 

2月27日(土) 

向かう先は定番【角田山】 

同行 美女2名 相方 ジィ~ジ 計 4名
行程 五倫石⇒山頂⇒山の神

Am 09:06 五倫石コース登山口

朝まだ早いのに、狭いparkingcar rvcar 5,6台  (皆さん早いなぁ~)

Dscn9702        五輪石コース

登山口から暫くは粉を塗したような雪も尾根へ取付く急登の手前付近からは
新雪モードの雰囲気醸し出してくれます。

Dscn9705        新雪が眩しい

ホタルの里コース合流点から山頂まで、再び息は上がれど足が上がらぬ急登が・・・・

Am 09:52 角田山山頂

山頂到着、小屋へ入りゆっくりしようかと思ったジィ~ジの思いとは裏腹に・・・
「歩き足りないので三望小屋辺りまで行くわよ!」 と美女軍団。

ジィ~ジを尻目にスタスタとshoe shoe shoe

Dscn9708        三望平

柔らかな陽射しを受けて樹木のシルエットが雪の上に伸びています。

Am 10:10 五ヵ峠 灯台 合流POINT

Dscn9710         灯台コース 五ヵ峠コース 合流点

Dscn9713        山頂へ向かう

Am 10:25-11:05 山頂小屋(健養亭)

珈琲飲んだり菓子パンで小腹を満たしストーブで暖を取りながら上がり框に腰掛け
休憩していたところ知り合いの女性会員1名到着。再び近況雑談に花が咲きます。

30分の休憩で当然下山と思っていたところ、同行の美女たちまだ歩き足りないらしく
「向陽観音まで行こう」無論、逆らう術なぞ持ち合わせぬジィ~ジは従うのみです。

Am 11:12-11:20 向陽観音堂前

Dscn9717        観音平

ここでも又、また二人ずれの女性会員に遭遇。 お互いに近況報告・・・・

観音堂から丁度、管理人のH氏が出てきたのでジィ~ジは一寸 頼みごとをします。

向陽観音から再び山頂に戻り、今度こそホタルの里に向かいます。

山頂小屋の近くまで戻った処で、また又 超お元気な女性会員に遭遇。
「あ~ら お久しぶり」 「相変わらずお元気で・・・」 

Dscn9718         山頂から往路を下山

Dscn9720        激下り(急登)

お日様もあがってきた所為か?朝とは異なり雪解けが進んでいます。
Dscn9719
        急登の登山道もところどころ土や岩が露出し始めて

(ホタルの里)コースを辿り、途中で左折(山の神)コースへ。

Pm 00:07 山の神

Dscn97221             山の神 榊の幹にはETが

小さな石社に頭を垂れ、参拝する我らです。

Dscn9724         山の神 登山口 注連縄かかる鳥居

Pm 00:12 五倫石登山口Ⓟ

結構歩いたような気もするが歩行時間は合計3時間にも届きません。
それでも好きな山歩きは精神的に満たされるもの大!!

   ジィ~ジ【角田山】    7-28

                                019-28

                                 ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

前日に引き続き連荘。(と言っても前日は定番 角田山)

2月28日(日) 

同行 相方 ジィ~ジ 計 2人

目的の山 新潟市最高峰 【多宝山(633.8m)】

Am 08:55 岩室丸小山公園 天神山城登山口

Dscn9726        丸小山公園から朝日を浴びてスタート

歩き辛いダラダラした広い道をゆっくりと歩き出すジィ~ジです。
ひと山越えて少し下れば舗装された林道に・・・

改めて天神山城址登山口 ここまで10数分要します。

Dscn9727        天神山城址登山口

天・地・人 往時を彷彿させてくれる石塁 土塁残骸、深く抉られた空堀など遺構多々。

Am 09:28 天神山城本丸跡 

Dscn9728        飯豊は無論 展望イマイチ叶わず

オヤッ 独り佇むは会友のJ氏ではありませんか。
「」ヤァ ヤァ」 挨拶交わします。

Am 09:36 石瀬峠

Dscn9729         石瀬峠    ※拡大

標識観れば 多宝山まで2023m 弥彦山まで4233m  角田山まで8612m  etc
(毎度 どのようにして計測したのか興味あり)

石瀬峠からは多宝山へ向かっての尾根歩きが続きます。
登山道はやがてフカフカした新雪の道に変わっています。
ほぼ登り一本調子の道を進みます。周りにはブナの樹林帯が拡がります。

山頂手前、丁度滑り按排の良い傾斜で二人の若人がヒップそりを楽しんでいます。

Dscn9731         山頂手前 ヒップそりに興ずる若人二人

Am 10:35-11:00 多宝山山頂

Dscn9732        多宝山山頂目前

山頂手前で聞き覚えのある女性の声!! 観れば会友F夫妻と見知ったる美女2名。
丁度、豚汁作成中。
「一口どうぞ どうぞ」と勧められるジィ~ジと相方です。

Dscn9735         一等三角点と天測点

ジィ~ジと異なり、夕方に用がある忙しい相方。
長居は出来ず、暫し歓談して往路を下ります。

日曜日のお昼前、何人もの登山者とスライドします。
未明に降った新雪、登山者と暖気で既に解け始め、道は田圃状態の所も・・・

Dscn9737         ドロドロぐちゃぐちゃ泥濘状態の急坂

Am 11:45 石瀬峠

Dscn9738       石瀬峠

天神山城址を迂回して松岳山経由で戻ります。

Dscn9739         松岳山への指導票

Pm 00:18 松ヶ岳城跡

山頂 本丸跡には大きな石碑 松岳山懐古誌碑が建てられています。

Dscn9743        角田山

この時期、葉っぱを落とした樹間からは【角田山】が望まれます。

Pm 00:30 岩室神社

Dscn9745         岩室村神明宮

スタートの岩室丸小山公園は岩室神明社の石段から所要時間数分。

Pm 00:37 岩室丸小山公園

かくして新潟市の最高峰多宝山への山歩き終了です。
新雪も有り、歩行距離もそれなり 歴史を偲ぶことも この時期の多宝山は魅力的。

                                       020-28

|

« お誘い受けて長岡東山【枡形山】 | トップページ | 富士山展望【毛無山】とお江戸見物(ムサシ・他) »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

しゃくなげいろ さま
山の神の祭りにtour?
写真に写っていたんはSさん、commentは中山さん
江南区のいつものお仲間でしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年3月10日 (木) 10:34

逃げる2月に去る3月、時の移ろいの速さにオイラもついていけない感じです。(笑)今朝の日報に山の神の小鳥居をくぐる写真が載っていました。写っていたのは会のS女史のような?

投稿: しゃくなげいろ | 2016年3月10日 (木) 10:12

もうぞうさま
こんばんは
家に居ても外へ出ても女性には到底敵いません。
大人しく従うことにしています。

石瀬峠の写真 興味を持っていただき光栄です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年3月 9日 (水) 20:11

みいさま
こんばんは
温かくなったので今日は晴れれば雪割草と思っていたのですが
寒さが戻ったので取り止めました。
緩やかな三寒四温が良いですよねぇ~
過剰な寒暖差は身体にも堪えます。
農作物 果実に悪影響無ければいいのですが・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年3月 9日 (水) 20:08

マイン さま
こんばんは~
>お顔の広い事、知合いばかりですね。
所属している山の会、何しろ500人近く(以前は600人超)
会員がいますから必然的に結構多いと思います。
ハーレム登山! 嫌われ者のジィ~ジは男友達少ないかも(笑)
岩室 松岳山の付近はカタクリの群落見れますよ。是非

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年3月 9日 (水) 20:04

おおおお~~~お元気お元気!!
特に女性陣は。
石瀬峠の写真は急斜面の様子が良く撮れてますね~
じっくりながめて参考にさせていただきます。

投稿: もうぞう | 2016年3月 9日 (水) 19:57

こんばんは

 二月は逃げてしまいましたね~
三月ももうすぐ去ってしまうのね。
ジィ~ジさま、山歩き楽しまれてますね。
わたしもお写真見ながら、歩いたつもり(笑

こちら今日は雨で寒かったです。
明日も寒いようです。

投稿: みい | 2016年3月 9日 (水) 19:12

お顔の広い事、知合いばかりですね。
ハーレム登山、美女様お大事にshine

松岳山の方へ行くと、あの神社にでるんですね。
どこまで行くのかわからず、天神山で下山してました。
今度(いつかわかりませんが)行ってみます。

投稿: マイン | 2016年3月 9日 (水) 17:52

赤鬼 さま
猿毛小屋土曜日なのに貸切?
今年の残雪山歩き急がないと雪が無くなるね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年3月 9日 (水) 08:19

soko2さま
お早うございます。commentありがとうございます。
おかげさまで元気で閑に任せて遊び廻っています。(笑)
山へ行けば美女軍団に尻を叩かれたり、新発見が有ったり
今の状態のまま時が流れて行ってほしいと願っています。
角田山・弥彦山界隈はこれから花の季節を迎えます。
出来たら実物見て欲しいものです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年3月 9日 (水) 08:16

相変わらず登ってるね。おいらは5日に猿毛に行ってきたよ。小屋貸切で昼食を頂いてきた。雪は少なく、今週末には無くなるかもね。

投稿: 赤鬼 | 2016年3月 9日 (水) 08:11

おはようございます。
いつもの角田山と言っても、毎回いろんなものに出会えるし…
ET、見つけたし^^
楽しんでいそうに感じますよ。
美女軍団に負けずにscissors

投稿: soko2 | 2016年3月 9日 (水) 07:43

RWさま
お早うございます。comment多謝です。
歳を重ねると、殊更 時の流れが速く感じられるような気が(笑)
このところ外気温の変化が少々極端に思え、大きな自然災害が
心配です。
枕草子の様な春を望みます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年3月 9日 (水) 07:16

3月は去る。冬も去る。いよいよ花鳥が華やかになる季節がやって参りました!昨日は暖かったですね~!今日からまた厳しい寒さが戻るとか・・。

投稿: RW | 2016年3月 9日 (水) 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/63299274

この記事へのトラックバック一覧です: 2月は逃げる :

« お誘い受けて長岡東山【枡形山】 | トップページ | 富士山展望【毛無山】とお江戸見物(ムサシ・他) »