« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月28日 (木)

冬化粧 【角田山】&【国上山】

朝方 時折thunder 更に水っぽい霙状の雪!
観天望気で天気回復?これ以上悪くなることはないだろう・・・と。

このところ多忙で山歩きが出来なかった相方の足慣らし。
目的は毎度手近な【角田山】 

同行は美女+相方 ジィ~ジ = 3名  選択コース 〔ほたるの里コース〕

1月20日(水)  

Am 10:35 ほたるの里コース登山口

Dscn9228

  雪が小止みになってスタート

登山口に到着時は雨っぽい霙状の雪がバサバサと降り続け濡れるのはお断り、
暫し車内で待機。10数分後予想通り小止みとなり出発準備。

積雪期 トラブルなく駐車が出来るのは 〔ほたるの里〕又は〔宮前〕 コース。

Dscn9229 遠藤実(作曲家)寄進 福壽山平成院

勿論 冬期間は閉鎖中。

歩きはじめは少々うす暗い針葉樹林帯、右手の眼下には新潟CC 更に暫く進めば
鉄骨の柱と梁だけが残る裸状態で残る廃墟の東屋。

小さなアップダウンを繰り返しながら、通称 福井△点。
新雪が積もり30㎝程度? トレース見られるもひとりだけ?

観天望気 強ち大きな狂いが無く偶~に陽射しまで・・・

Dscn9230  登ったり下ったりしながら山頂目指す

積雪は少しづつ増しているように思えます。

Dscn9232  山の神コース分岐 

山の神コース全く足跡見当たりません。

ホタルの里コース、前方に先行の単独行氏の姿が目に入ります。
ツボ足で一人で新雪のなか、道造りをして些かお疲れの様子。
我ら一言感謝の挨拶をして単独行氏と交代します。
〔五倫石コース〕合流点から山頂にかけての急登。
長靴が丁度埋もれるくらいの新雪、ジィ~ジ久しぶりに少々頑張り道着け開始。

Dscn9235  僕の前に道は無い 僕の後ろに道は出来る ツボ足ラッセル

ノートレース  高村光太郎 道程の一節を口にしながら一歩一歩頑張るジィ~ジ。

Dscn9236    山頂目前、あとは二人に任せ

急登をクリアーしてあとは二人に花を持たせ わっせ!わっせ !

Pm 00:10-01:10 山頂避難小屋 (健養亭)

越後新潟=豪雪イメージ? 
新潟市は意外に例年積雪量は少ないものの、それでも余りにも少ないと気になり、
降れば降り過ぎ・・と気になり。 (人間勝手なもの)

この日の朝、目覚めればそこそこの雪の量に\(◎o◎)/!(@_@;) thunderも。
道理で?珍しく極端に人影寂しかったのか? (納得)

山頂小屋(健養亭)は珍しく無人。ストーブも点けられた形跡なし。
達磨ストーブに着火するジィ~ジです。

Dscn9238   達磨ストーブ点火

ストーブの薪が燃え始めた頃。ホタルの里コースを先行の単独行氏、さらに
〔稲島コース〕からの常連のお二人が到着。

達磨ストーブのお蔭で小屋内も少しづつ温められ、我らも簡単ランチとします。
常連さんは大きなザックから玉ねぎ取り出し、ナイフで器用に刻んで こてっちゃん を
調理、食欲そそる匂い。件の常連男性 見かねて? こてっちゃん 御裾分け!
(※ 同時にALCOHOLも) 下山すれば要 運転 折角のお薦めも 忍の一字

ゆっくり小屋で身体を温めるもその後はやはり〔稲島コース〕からのソロ男性のみ。

我がままジィ~ジ 煩い小屋でのお喋りは嫌でも、極端な静かさも ‘苦手’!

常連氏と会話しながら昼食し終えた我らもにも下山開始の時刻が迫ります。

Dscn9241   下山開始(ピストン)

小屋を出てみれば、静かさのもと!?降りしきる雪 雪 snow  山頂周辺50㎝強?

Dscn9243   五倫石コース分岐  ノートレース

荒れ模様のこの日、この後は下山時にスライドしたのはカップル一組のみ。、

Dscn9245  登山口は目前

Pm 02:15 ほたるの里コース登山口

carに乗り込むや、降りしきる雪は、高度が下がった所為か?雨っぽくなります。
なまくらで、雨具羽織ること嫌いなジィ~ジ 終始雨具着用に及ばず ホッ!!

  ジィ~ジ【角田山】  03-28

                                 005-28

  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:* ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

頼まれ仕事で1月は結構多忙な相方。この日も長岡市へ出かけて仕事です。
「あなたは閑でしょう。山でも行って来たら お誘いして・・」
何時もの美女二人誘って出かけることに・・・

行き先は 角田 弥彦 国上 猿毛・・・近くならどこでもいいですよ。

二人の美女のリクエストで結局 【国上山】に決定。

1月23日(土) 

同行 会友美女2名 ジィ~ジ = 3名。

コースは 道の駅 国上  裏手の酒呑童子神社登山口から 幸八山展望処経由
【国上山】稚児道周回コース。

Am 09:55 登山口

Dscn9246   酒呑童子神社登山口

登山路は神社の裏手からなだらかな道で始まります。
途中の標識から幸八山展望処に向かって右折。

Dscn9248  幸八山展望処 大師堂

優しい面影の木彫り大師様が祀られています。 合掌礼拝する我らです。

幸八山展望処から登山路に戻り、稚児道へと出ます。

Dscn9249  稚児道を上り下りしながら 蛇崩れ・山頂 に向かって

トレースはしっかりついているものの、新雪で時折足も取られそうになったり・・
トラバース気味に長い下りと登り返し、(意外と疲れを覚えるジィ~ジ)

大山祇神社の石祠を過ぎればやがて直ぐに 雪が被った蛇崩(露岩)

Dscn9253  蛇崩から 弥彦 多宝山 角田

蛇崩はVIEWPOINT 弥彦山 多宝山 角田山 が凛々しく眺められます。
暫し展望を楽しむ我らです。

蛇崩から【国上山】山頂を目指します。

Dscn9254 三山縦走路 国上山分岐点

Am 11:25 国上山山頂

Dscn9255  国上山山頂

眼下の先に拡がる日本海も思いのほか波静か。
海岸線沿い彼方には名峰【米山】、さらに薄っすらと【妙高山】 も目視できます。

山頂周辺の積雪 50㎝弱?

それほど寒さは感じないものの、ベンチにも雪は被さり座る場所も無いので休憩は
ビジターセンター脇でとる事にし、国上寺に向かって下山です。

Dscn9259  国上寺登山口に向かって

Dscn9263  国上寺本堂と六角堂

国上寺は越後最古の名刹 HP⇒コチラ

Dscn9264  良寛さま座像

国上寺は併せて良寛 五合庵始めゆかりの寺でもあります。

我ら3人ビジターセンター脇の建屋で風を避けながら簡単なお昼を取ります。
ビジターセンターまでは完全に除雪されているので観光客含めcar rvcar が何台も!

Pm 00:25 下山開始

Dscn9265  稚児道経由で下山

Dscn9266   シャラ(ナツツバキ)の木肌

同行の美女、そして相方も縞模様のシャラの木肌がお気に入りなのです。

Pm 00:52 登山口parking

Dscn9267   登山口parking

ランチタイム含み約3時間の山歩き、帰宅時間も早く足慣らしには手頃感あり。
新雪歩行でそれなの爽快感を味わったジィ~ジです。

美女二人 家まで送り帰宅。

                              006-28

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

新津丘陵【菩提寺山~高立山】

\(◎o◎)/!ポン !? 

年寄りジィ~ジでも、我が子とほぼ同年齢の女性の知り合いが何人か居るのです。
そして この日は 何と! ジィ~ジと一人の美女と二人連れ!!

新潟市近郊も少し雪は降ったものの、フカフカ モフモフの雪を味わえる程でも無し。
rainはお断り。だとすれば小屋が有るところが良い。
ジィ~ジが選択したのは近場の新津丘陵 【菩提寺山】

1月18日(月) 

Dscn9212  スタートは新津 石油の世界館 前parking

新津油田は明治から大正にかけて日本一の産油量を誇り、日本の産業・経済に
多大な貢献し、またその文化的遺産も多々現存され、一見の価値あり。

機械掘り井戸やぐらを眺めながらジグザグに歩を進めます。

Dscn9214 チェンソー  彫りBAREのお出迎え

新津丘陵 丘陵ゆえにそれなりのアップダウンが繰り返されます。

Dscn9215 角田の右に佐渡の山並みまで

蒲原平野の先、弥彦・角田のみならず、珍しく佐渡の山並みまで望遠できます。

木々の幹に朝方から吹き付けた雪が白い線のように付着しています。

下って、登り返せば【菩提寺山(248.8m)】

Dscn9217  菩提寺山山頂

山頂避難小屋で小休止。
小屋には常連の男性お一人。ストーブも炊かれているので一寸休ませて貰います。
ユックリと休んでお昼にするにも時間的には早すぎる。
やがて常連さん(男女3人)到着。
時間的には余裕が有りすぎる、【高立山】まで行ってみよう・・・。小屋を出ます。

Dscn9219   仏路峠 石仏が雪の埋もれ

(仏路峠)から(大沢公園)経由で歩いてみようかな・・・

【菩提寺山】を目指して(大沢公園)から登ってくる二人連れ、2組とスライド。

(大沢公園)から【高立山】までは低山の割にはところどころ一寸した急登も・・・
雪も時折、バサバサと降り出し、雨具の上着を羽織り前進。

【ろう火峰】を越えれば目的の【高立山】は間近となります。

(※ ジィ~ジ大沢公園からの【高立山】は10年ぶり位、随分昔です)

Pm 00:48-01:42 【高立山(275.8m)】山頂避難小屋

ストーブが炊かれぽかぽかの避難小屋には常連の男性お二人、女性お一人。
親切に我らを迎えて呉れます。

Dscn9220   美女よりキムチ饂飩頂くジィ~ジ

暫し、常連さんと山談義に耽るジィ~ジです。

三人の常連さんが下山支度、我々も後を追って下山御準備です。
ストーブの火の始末と小屋の戸締りをして下山の開始です。

舞い散る雪で煙り展望は叶いません。

Dscn9222  高立山山頂

二王子岳から菅名山塊 川内山塊 粟が岳まで全く見る事叶いません。

Dscn9223     急登登山道下山

下山は表登山道を歩きます。 
(高立山登山口)から林道経由で(仏路峠)~【菩提寺山】。

【菩提寺山】 山頂避難小屋、時間も遅いので覗いてみれば案の定 誰一人も!

Pm 03:30 石油の里 Ⓟ

Dscn9226   ポンピングパワー

平日(月曜日)、空模様もイマイチの所為か?この日の登山者は極僅か。
広いⓅには我が家のcar1台のみ。

歩行中、時折の降雪も有り少しばかり冬山の感じも味わえ満足。
(予報ではrain 雨の日の山登りは出来れば遠慮したいジィ~ジです)
同行の美女 少しでも喜んで貰えたかな? 

あまり雪山経験ない美女はフカフカ・モフモフの新雪トレックを味わうことが
出来なかったものの、ジィ~ジと異なり、この先、チャンスは無尽蔵!

Generationの異なる異性と会話をすることも老化した頭には刺激に!?

                                                                             004-28

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

プラプラ逍遥[新潟市]

ここ2,3日、新潟市周辺は漸く降雪が少々。
それまでは若干暖気?雨混ざりの愚図ついたお天気の連続。
雪ならともかく雨では山へ向かう気力なぞ到底持ち合わせていないジィ~ジです。

・・・と言う事で、閑人ジィ~ジは近所をフラフラ。

新潟市は日本海側唯一の政令指定都市(全国20カ所)
我が家は“西区” (既に42年)

1月13日(水) 

Pm 02:00~03:30  西新潟市民会館

「西区1日区長事業」でスポーツライター、キャスターの青島健太氏のトークショー

(以下 写真は開始前)

Dscn9202

Dscn9203

会場開始時刻には300人 満員。 顔見知りの方も何人も見受けられます。

青島健太氏は5歳まで会場近くの地(小針)に住んでいたのです。

地域活性化モデル・新潟市SWC健幸大使 今井美穂さんの司会です。
ゲストには卒寿(90歳)で未だ現役のホワイトヘアーズと言う野球チームの
オーナー兼プレーヤーの藤沢了さん(作家 藤沢周の伯父さん)。
藤沢さんは予科練時代のモットー スマートで、目先が利いて几帳面を今でも実践、
少々具合が悪くとも、酒を飲んでいようとも、戦後~現在まで一日欠かさず日記を
書いていること、更に毎日バットで数十回の素振りを実践していること。
改めて 氏から「継続は力なり」と聞かされると説得力を感じます。

トークショーが終わり、アトラクションとして日本文理高校チアリーディング部の
パフォーマンスが舞台狭しと華やかに行われ、孫娘に近い年代の集団。
年寄り爺には少々眩しさ?覚えます。

今井美穂さんの記事⇒コチラ

      ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

3,4日とんで・・・

1月17日(日) 

第23回アークベル県民アマチュア絵画展。

会場 ブライダルステージデュオ

勿論 画才持ち合わせていないジィ~ジは観るだけですが、ここ10年近く恒例?

Dscn9207

展示作品と会場の様子。

 

Dscn9206  洋画 大賞 光の彩り   ※ 水彩での赤いリンゴの色合い見事 拡大

Dscn9208日本画 大賞 暮らし ※ チベットのヒンズー教の村の様子 異国情緒有り 拡大

Dscn9210   会場1F 無鑑査&審査員作品展示スペース

洋画・日本画作品 趣味のクラスから玄人はだしの作品 力作の数々
抽象 具象 静物 風景・・・内容も様々 目の保養になったジィ~ジです。

別に頼まれた訳では無いけれど、1月23日(土)24日(日)
長岡ベルナーレに会場移して巡回展示されます。

    ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;

偶のお出かけ、世間の風に触れる これまた認知症罹患対策には効果有り?・・・と。

勝手に解釈するジィ~ジです。    (完)

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

新年三座目は、またまた【角田山】

例年と比し、異常とも思える降雪の少なさ! この先の気象少々懸念されます。
それでも漸くここ2,3日、予報ではsnowマークが並ぶようになってきた新潟です。

新潟市も市内でTVニュースでは6センチと報道されています。

そんな中、空はスッキリしないまでも雨では無く、降っても雪だろうと・・・
(※ 運動不足のジィ~ジは足が萎えそう) 足慣らしをしなくては!

展望が期待できないので必然的?に足を向けるのは定番?【角田山】

1月11日(月・祝) 

◍ 選択コース=“稲島コース”  (※ 登山道全体の40%程度階段)
◍ 同行 相方   計 2人

Am 10:35 稲島登山口

parkingは下山してくる方、登り始めるハイカー ほぼ満車状態。

Dscn9191    階段整備化

雪は4合目椿谷周辺から粉を塗したような状態で薄っすらと化粧が始まったような・・

Am 11:20 角田山山頂 (481.7m)

Dscn9193    記帳所内の寒暖計 -3℃

風は微風でそれほど寒さ覚えないものの、ベンチには雪が被っているので、
腰を下ろす訳にも行かず、小屋を利用することに・・・

Am 11:23-11:35 山頂小屋(健養亭)

小屋内は常連さんと中・高年女性パーティが歓談中。(7,8名?)
勿論 達磨ストーブは巻きがくべられ小屋内はポカポカ
ジィ~ジと相方は上がり框に腰を下ろし、持参の珈琲と出来合調理パンで小腹を満たし
早々に小屋を出ます。

Dscn9194   山頂から長者塚周辺 積雪 10㎝強?

一旦消えた山頂の雪、久しぶりに再び少々積もってこの時期、何となくホッ!

Dscn9195  向陽道林まえ広場

展望は利かないまでも蒲原平野を俯瞰は気持ちが良い?

7合目を少し下った処で、会友のO夫妻とスライド。奥方とは久しぶり。
立ち止まって挨拶交わす相方です。

Dscn9199    階段下る相方

Dscn9201    苔むした大欅

4合目椿谷付近はヤブツバキと同時に数本の巨木の欅が見られます。
苔生した太い幹、緑色のコケや寄生植物も付き、その歴史を感じます。

更に少し下った処で、端正なお顔の紳士から「・・・さん?」と声を掛けられます。
何年前か1度すれ違ったことは記憶は有るものの、近年加齢で些か呆けーっ

「もうぞう」です。と挨拶を受けるジィ~ジです。
ジィ~ジの駄ブログに7,8年に亘って毎回コメントを貰っている大事な方です。

突然だったので、旨く挨拶の言葉が出てこず、ちょっと失礼したかも、
又の機会にゆっくりとお会いしたいものです。

「もうぞう」さんとお別れして、登山口近くの“稲j島薬師”に新年とてお賽銭を捧げ
1年の無事息災を願い合掌する二人です。

Pm 00:18 稲島登山口parking

久しぶりの足慣らし、予期せぬ出会い ヤッパリ山歩きは後味が良い!!

ジィ~ジ 【角田山】 2-28                  003-28

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

松の内二題 『餅つき』+【弥彦山】

越後新潟 正月頃は当然の如く雪がイメージされると思われますが、今年は異常?
近郊の山にも殆ど積雪が無く、未だオープン出来ないスキー場も何カ所か!

暇(閑)人ジィ~ジ、28年松の内 或る日の覚書です。

1月5日(火) 

新聞折り込みチラシを見て、昨年オープンした いっぺこ~と へ car dash

いっぺこ~と = JA新潟みらい 農畜産物販売のファーマーズ・マーケット
因みに HP⇒コチラ  いっぺこと=新潟弁で沢山 多く こと=コート 掛合わせ 

餅好きジィ~ジは殊更、搗きたて餅に目がありません。

Dscn9165    昔取った杵柄?
Dscn9169    姉弟?餅つき初体験

ダイコン ニンジン 細切れ肉 薄揚げ 具沢山の地元雑煮、また餡子 黄粉餅が
振舞われ、舌鼓を打つジィ~ジです。 

丁度 お昼前につき、以て昼食とします。

大根 キャベツ 出汁昆布 他、食材あれこれ購入する相方です。

1月6日(水)   / 

今年最初の【弥彦山(634m)】
同行 美女2名 相方 計 4名

山に登らせて貰う前に、先ずは“初詣”  弥彦神社は越後一宮です。

Dscn9172    隋神門から拝殿に向かう参拝者

時間が早い所為か?参拝者はまだ疎ら状態。
お賽銭投入し、1年の無事 安穏を祈願します。

Am 09:20 表参道登山口鳥居

Dscn9173      表参道登山口

天突く杉の樹林帯の中の参道登山路。

ZIGZAGに高度を上げて・・・

Dscn9174   五合目 奥の院遥拝所

本来 冬の真っ最中なのに雪は見られません。

Dscn9176   六合目手前付近露岩帯

Dscn9177    里見の松

数年前まで大きな松の木があったのです。(現在は有りません)

Am 10:10 七合目 水場

Dscn9179  七合目 水場 御神水

当たり前の如く、備え付けのカップで喉を潤すジィ~ジです。
Dscn9180    未明に降った雪が葉っぱの上だけに残って

登山道に雪は全く見当たらず、些か拍子抜けの感も拭えません。
雪は未明に少々降ったらしく木々の葉の上にほんのちょっぴり。

Dscn9182  九合目 佐渡島もコンデジでは無理なれど目視できます

Am 10:30-10:45 山頂 奥の院(御神廟)
Dscn9184    弥彦神社 奥の院(御神廟)

越後一宮 お弥彦さま 参拝作法は出雲大社と同じ 二拝(礼)四拍一拝(礼)

Dscn9186    間違い説明板   ※拡大

※ 神武天皇 天香山命は神代の時代 和銅4年は古事記編纂が始まった年で
奈良時代元明天皇の時代  全く辻褄合いません。

Am 10:55-11:45 九合目レストハウス前

レストハウス前のベンチ・テーブルに腰を下ろしランチタイムです。

ロープウェイを利用して山頂目指す、ファミリー カップルの皆さん すれ違います。

下山はピストン 往路を下ります。

Dscn9188   六合目

Dscn9189無人閉店中の弥彦茶屋

山頂でたまたま茶屋の主に逢い、話に依れば営業開始は3月の予定とか。

Pm 00:42 登山口

登りはじめと異なり、初詣参拝者でparkingも満車、茶店・土産物屋も大賑わい。

競輪開催か?場外売り場parkingも満車状態。

雪こそ見られないものの例年と変わらぬ新年の雰囲気覚えたジィ~ジです。

帰路 途中から雨、それもますます激しく  良い時間に下山して ホッ   

                                        2-2016

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

登り初め【角田山】+初春 新潟市寸描

謹賀新年 

閑人ジィ~ジ、ヘタレなれど老骨に鞭打って今年も自分なりに頑張る所存です。

1月1日(金) 

そして新年の第一弾は 【角田山】

越後新潟で初日の出が見られることは期待薄down 2度寝して目覚めれば7時過ぎ。
『アレッ! お日様出ている』  \(◎o◎)/! でも今更遅し。(´;ω;`)ウウ・・・

三箇日、朝食はお雑煮(餅好きジィ~ジは我慢して4個) 昼食は無し!

曇り空なれど雨の心配は無さそう。

「角田へ行こうか」 11時過ぎに自宅を出発 car dash 同行は相方のみ。

選択コースは、R402 我が家から一番近い“宮前コース”

Am 11:40 宮前登山口parking 

雪は無いだろうと長靴は止めて登山靴で・・・shoe shoe

踏み固められた雪は7合目付近から中途半端に見られます。
7合目から9合目まではロープが張られた痩せ尾根の急登 (要・注意)

Dscn9136   急登

これから先は、両側が切れ落ちた痩せ尾根の急登が暫く続きます。
(長靴にすれば良かった)

Pm-00:45ー01:20 角田山山頂

Dscn9138    角田山山頂

山頂で所属する山の会のY氏、更に年末にも逢ったWさん、近所のKさん、
達磨ストーブで炊かれぽかぽかの小屋にはN夫妻・・・と。顔見知りの方が何人も。

小屋の中は「暑くて嫌っ」と言う相方の意向でベンチに腰掛け、teatime とします。

風も無く、思いのほか穏やか とても1月とは思えぬ雰囲気。

Dscn9140    お爺ちゃんと一緒

可愛い幼い孫娘とお爺ちゃんの二人連れ。ほのぼの感溢れます。
近くでは子供が二人で少ない雪でも雪だるま造りに精を出しています。

暖かい珈琲を飲みながら、穏やかな年となって欲しい と願うジィ~ジです。

凍結はしていないものの、注意箇所には雪が付着している登山道。
正月早々事故を起こすわけにもいきません。慎重に一歩一歩下るジィ~ジです。

Dscn9145   前方には日本海

晩秋から春先までは広葉樹のほとんどが葉を落としているので日本海も視野に。

Pm 02:10 宮前登山口Ⓟ

Dscn9147   登山口parking 我が家の車含めこの時点で7台

冬とは思えないような情景 

今年も元気で趣味の山歩き数多くできればいいなぁ~ ハンドル握りながら願います。

ジィ~ジ  【角田山】   1-28                    1

付) 
帰路 R402 新潟市新川漁港付近から

Dscn9148   海は荒海~向こうは佐渡よ~ note note 

1月2日(土)  

大晦日、元日 旦那の里で年越しをした娘一家が昼前に我が家へ。
娘婿さんのrvcarに乗り込み6人で新潟総鎮守<白山神社>へ初詣。

 

parkingrvcarを停めるや否や急に叩きつけるような雨が降ってきてrain rain

Dscn9151

Dscn9153     白山神社拝殿

参拝し終えるころには雨も止み、時折薄日まで差し込む変わりよう 

Dscn9162   新潟は ポッポ焼 

折角なので久しぶりに古町まで散策することに。

Dscn9156   古町6番町 アーケード 書初め

Dscn9158Dscn9159     古町5番町の旦那衆 振る舞い酒 甘酒も

樽酒の桝酒 ジィ~ジ2杯頂戴 まいう~ (運転は娘婿氏)

Dscn9160     美豆技庵(金巻屋) 新春和菓子開運詰合せ

上古の昔懐かしい洋食屋さんでランチ。

我が家へ戻り、中2 小6二人の孫娘にお年玉プレゼントのジィ~ジとばぁ~ば。

正月 我が家の様子の一コマ (終わり)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »