« 備忘録【角田山】 | トップページ | 年の瀬なれど【多宝山】&【角田山】 »

2015年12月26日 (土)

備忘録二題 【山小屋忘年会】+【五頭山】

今年も何回もあちこちの山を登った気心知れた山仲間との時節柄 忘年会
会場は長岡の岳友Tさんが中心になって造り上げた手作りの山小屋 “友遊小屋”

12月16日(水) 

同行 長岡T中夫妻 美女2名 相方 ジィ~ジ  計6名

小雨降る中、待ち合わせの長岡のスーパーへ car dash
Maineの食材(焼肉)始め関連食品共同購入。
買い出し終えて、登山口parkingに着くと幸い雨も止んで・・・

Pm 02:30 萱峠 赤道登山口

Dscn9043  幸い雨も降り止んで

大きな荷を背負ったTさん先頭で歩き出す仲間たち。

Dscn9048  小屋前から南蛮山

ジィ~ジと全く違い、すべてに器用で働き者のTさん、早速 達磨ストーブに火を点け、
床に断熱マットを一面に敷いて、次はテーブル並べ会場設営。
終わったと思った途端、外で即席燻製造りの段取り ジィ~ジはボケ~ッ お任せ。

Pm 04:00-09:30 忘年会(食事&飲み会) at 友遊小屋

まずは駆けつけ一杯 乾~杯 beer beer beer 

Dscn9052  年季の入った自慢の手料理の数々

銘々 手作り持参の一品持ち寄って  飲めや 話せや ・・・・・

Dscn9053  チーズ・ハム・ベーコン 桜チップで即席燻製 

これが頗る旨し!! T中さんお手製。

Dscn9049  自家製 

今年も1年一緒に彼方此方、泊りも2回 3回 気の置けない仲間たち。
次から次と思い出話が・・ エンドレス 都度シーンが思い起こされます。

Dscn9054_3暮れ泥む眼下の長岡市内の家々にも灯りがチラホラ 、楽しい団欒 夕餉時も間近?

我々もMaineの焼肉の始まりです。
(我々高齢者には身体的にfishが良いのでしょうが、pig (牛も) 好きばかり。。。。

Dscn9066   焼肉と自家製有機野菜 

食べても食べtも、そこそこ飲んでも飲んでもwine wine wine wine bottle bottle bottle
ヤッパリ 際限なし 底なし? 年の割には皆よく食べるわ ~(ジィ~ジ 一番)

Dscn9069

手作りcakeも・・・・

ヤッパリ 別腹有るんだねェ~ 
酔い覚ましにcafe japanesetea も 至れり尽くせり (ジィ~ジはなまくらし放題)

身も心もは満腹 満足 満たされれば自然に眠さも少しづつup 

Pm 10:00 消灯

T中さん発電機を切りに屋外へ ストーブの優しい火が・・・sleepy sleepy 
夜中 時折 強い雨音が屋根を叩きます

11月17日(木) 

夜来の雨も、音がしなくなり、思った通りしんしんと雪に  情緒ある~っ

この時期は雪が当たり前、雨より雪が魅力的! 新雪は美しい!! 気高い!

Dscn9070  一面の雪化粧

数年間、今の時期積雪データーを取っているT中さん。
 「去年の16日、小屋周辺には雪が1m60有って雪掘ったんだんが」

折角の穢れ無き新雪、急いで帰る用も無し、「登ろう」

まずは【三ノ峠山(468.6m)】 山頂に向かいます。

Am 10:10 三ノ峠山山頂

Dscn9073   山頂積雪ゲージ 22センチ

積雪量観察ゲージ設置したのはT氏です。

“赤道コース”を【萱峠(670m)】方向へすすs身ます。

新雪 フカフカ 気持ち良~い 年を顧みず心躍ります。(笑)

Pm 10:30- 通称 “観鋸台”

Dscn9075Dscn9077  通称 観鋸台

“観鋸台”(通称)ネーミングはT中さんグループ。言い得て妙 VIEWPOINT。
長岡市の最高峰 【鋸山(765m)】 谷の向こうには本当はド ドカーン と見える筈。
モノトーンの世界で想像するも又 得難い思い出になるかも・・・

舞い散る雪 ひらひらひらひら いと麗し。

(※ 周辺の休憩ベンチは倒木利用でT中さんグループ作成)

雪山ムード味わって、一旦 “友遊小屋”へ戻ります。

あまりの居心地良さに嵌り、帰り辛く またまたお昼も忘れお茶して時を過ごします。

Pm 00:25 友遊小屋

Dscn9080   友遊小屋 又ね!!

ゆっくりと 雪道味わいながら下り始める我らです。
(小屋まで誰か一人?往復トレース有り)

付) 山のお恵み

Dscn9078 前日(16日)の収穫 なめこ&ヒラタケ  

長岡市営ファミリー牧場 萱峠 三ノ峠登山口parking で、T中夫妻とお別れです。
今年も一杯沢山お世話になりました。来年もよろしく~ (感謝 感謝)

長岡バイパスから北陸道中之島・見附IC周辺まではシャーベット状。
三条辺りからは無雪 (山だけでも少しは雪が降って欲しい)

                              106(111)

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

12月20日(日) 

連日の暫く愚図ついた天気も、久しぶりに予報では悪くない。 
然らば“飯豊”が見れれば・・ 言う事無し。 向かう先は【五頭山】 
同行 会友美女1名 相方 ジィ~ジ 3名

Am 07:00 阿賀野市水原 瓢湖Dscn9084   出勤前の白鳥集団

瓢湖の白鳥、この日は 7千数百羽 この狭い湖に 餌を求める鳴き声 大きな羽音。
(新潟近郊 他にも新潟市 佐潟 福島潟 鳥屋野潟 などにそれぞれ数千羽飛来
遠くシベリアから数万羽のオオハクチョウ コハクチョウが越冬します)

Am 07:35 三ノ峰コース どんぐりの森登山口

Dscn9085   登山口から新雪疎ら

先回、雪は6合目付近からだったのですが、この日は登山口周辺からも少々有り。

Am 08:20ー08:27  七合目 長助清水

Dscn9087  7合目 長助清水

水分補給 apple ビタミン補給。

Am 08:55-09:00 三ノ峰避難小屋

Dscn9091  三ノ峰 避難小屋

小屋には男性2人 オヤッ? 何年ぶりに山の大先輩Iさんです。
「お久しぶりです お元気そうで・・・」 先輩に挨拶するジィ~ジです。
聞けば御年82歳になられたとか・・・
大昔の所謂 山ヤ さんです。春夏秋冬 あの山此の山 猛者です。

挨拶終えて、ジィ~ジ達は 二ノ峰 一ノ峰 前一ノ峰に向かいます。
先回は新雪の稜線から白銀の“飯豊連峰”見られたのですが、この日は予報に反し?
生憎とその願いは叶いません。それでも有難いことに殆ど無風。寒さ覚えず!

重たそうに厚い雲が覆い被さっているのです。

Dscn9097    零峰(前一ノ峰)

五頭山三角点(小倉)はこの先、約10数分。

例年と異なり積雪少なく、小倉(五頭山三角点)は灌木に囲まれ展望望めないので
前一ノ峰をこの日の山頂とします。

Dscn9098   五頭山小倉(中央)と左後方肩に松平山

本格的に降ったら五頭山小倉を目指しますが、この日はここでUターン。

Dscn9100  一ノ峰から二ノ峰ヘ向かって急坂を下る

滅多に利用しない三ノ峰避難小屋、覗いてみれば3人のイケメンだけなので我らも
お邪魔させてもらい、持参の調理パンで小腹を満たし、熱いコーヒーを飲み干します。

Pm 10:05 三ノ峰避難小屋

狭い避難小屋、そうそう長居も出来ません。往路を下山です。
まだまだお昼前、続々登ってくる大勢の老若男女の皆さんとスライド。
近所のK女史もソロで、他に会のN夫妻 他 他 顔見知りの方、何人も。

Dscn9101  9合目へ向かって下る

Am 11:00 どんぐりの森登山口

Dscn9102       朝より融けてきたような感じ 暖気?

parkingは旧スキー場周辺は勿論、下の内ノ沢登山口Ⓟまで満車。
優に百台以上?

【五頭山】 帰路は途中立寄り、村杉温泉K豆腐(定番?) 
朧豆腐と厚揚げ購入、試食品頂戴して・・・・

更にお次は通りの‹JA笹神ゆうきセンター›で地場野菜を買い求めます。

山を歩き、食材を買い求め、白鳥の大集団 良き半日過ごせ、満足のジィ~ジ。

                                       107(112) 

|

« 備忘録【角田山】 | トップページ | 年の瀬なれど【多宝山】&【角田山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
こんばんは~
この日は手作り山小屋でこじんまりした忘年会でした。
1年瞬く間に過ぎ去り一抹の寂しさを感ずるのも
歳の所為でしょうか?
愈々押し迫りましたねぇ~
それにしても雪が降りませんね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月28日 (月) 18:33

1泊でしたね。
こんな山小屋での食事は、格別ですからね。
今年も多くの情報をありがとうございました。
なかなか実践できませんけど。

投稿: もうぞう | 2015年12月28日 (月) 18:23

マイン さま
こんばんは~
気心知れた仲間たちとの忘年会、誰に遠慮が要るでもなく
飲んで食べて喋って温まって・・翌日は新雪。
良き日を過ごすことができ満足でした。
年が明け山に本格的な雪が積もったら、一緒に雪山
歩きましょう。
折角のサンタさんのPRESENT、利用せねばね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月27日 (日) 22:44

手作りのご馳走、気心の知れた仲間の
忘年会、至福の時間ですね~!
おまけに一面の銀世界の朝。

来年は、私でも登れる雪山、
案内して下さいませ。
ピン長、サンタが持って来てくれましたscissors

投稿: マイン | 2015年12月27日 (日) 21:40

FUJIKAZE さま
いつもありがとうございます。(感謝)
北岳登られたことあるんですね。
私は酒の酔いが回るのも早いですが、比較的醒めるのも
早く、一旦醒めてしまうとそこそこ飲めるんですよ。
二日酔いも今までの人生で精々2,3回程度。
体質なんでしょうね。

新潟近郊の湖沼 河川の一部には数万羽のコハクチョウ
オオハクチョウが越冬飛来します。
日中は集団で田圃の落穂ひろいをしています。
そうそう福島潟と言う池では1万羽以上のオオヒシクイが
見られますよ。
私の故郷 富山市では小さな池に毎年一家族数羽?の
白鳥が飛来し、毎度新聞種になります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月27日 (日) 16:24

しゃくなげいろ さま
毎度お世話さま。
友遊小屋から長岡西山をバックにした信濃川沿いの
長岡市内の灯りが見れるLocationはお気に入りです。
朝、起きて見やれば一面の銀世界。
やっぱりこの時期は雪が無いと落ち着かない。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月27日 (日) 16:13

こんにちは!
なんとも、体力ありますねぇ。
私、若い頃、山登りの前日が飲み会で、ビールをしこたま飲んだ翌日に山に挑んで死ぬ思いをしました。
あの時の山は北岳だったかなぁ・・・。
以来、山登りやダイビングの前日の酒はひかえるようにしていますよ。
でも、山小屋での焼き肉パーティーは、店で食べるよりもはるかに美味いんでしょうねぇ。

白鳥、凄いですねぇ。
まったく居るところには居るものだ。
今、静岡では、磐田市の小さな沼に、コハクチョウのペアひとつがい飛来して話題になっています。
新聞やテレビニュースで放映され、これを撮ろうと、沼の淵にはアマチュアカメラマンの大砲が並んでますよ。
同じ日本でも、所変わればこんなものですね。

投稿: FUJIKAZE | 2015年12月27日 (日) 14:41

小屋から長岡の街の灯を眺められるなんてステキですね。
この時季の雪もすてきです。

投稿: しゃくなげいろ | 2015年12月27日 (日) 12:43

みいさま
いつもありがとうございます。
今年も押し迫りましたねぇ~
雪の越後も異常気象?サッパリ雪が降らないので些か
此の先が心配です。出来れば山だけに降って欲しいものですが・・
白鳥 この付近だけで数万羽も飛来・越冬するんですよ。

今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしく。
良い年をお迎え下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月27日 (日) 12:12

おはようございます

 やはり雪景色はきれいですね~
新雪は格別かな^^。
白鳥の群れ、なんか幻想的。
今年もいっぱい食べて飲んで楽しい山行きでしたね。
来年も又ブログで楽しませてくださいね。

どうぞよいお年を!

投稿: みい | 2015年12月27日 (日) 10:08

赤鬼さま
雪が本格的に積もらないねぇ~
久し振りに病?再発したそうだけど大丈夫?大事ね!
大峰は年が明けてから天気の良い日に行ってみようかな。
年内もう一回レポをupせねばなりません。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月27日 (日) 08:47

ローリングウエストさま
ご丁寧な挨拶痛み入ります。
来年は是非、新潟近郊の山へ気軽にお出で下さい。
それにはお互い健康維持・体力維持が一番ですね。
来年もどうぞよろしく。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月27日 (日) 08:44

楽しそうだねぇ。雪景色最高! 昨日は新発田の大峰山に行ってきた。予報に反して雨も雪も降らない。積雪も殆ど無し。ただ体調が不良でやっと小屋に辿り着いた。最近は
無かったんだけどなあ。良い年をお迎えください。

投稿: 赤鬼 | 2015年12月27日 (日) 07:54

年末まで活動的ですね~!
今年も楽しくブログ交流させて頂きありがとうございました。色々あった年ですがやはり健康無事のありがたさが一番、お互いに来年もよき年でありますように!いいお正月をお迎え下さい。

投稿: ローリングウエスト | 2015年12月27日 (日) 07:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/62937166

この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録二題 【山小屋忘年会】+【五頭山】:

« 備忘録【角田山】 | トップページ | 年の瀬なれど【多宝山】&【角田山】 »