« 備忘録二題 【山小屋忘年会】+【五頭山】 | トップページ | 登り初め【角田山】+初春 新潟市寸描 »

2015年12月30日 (水)

年の瀬なれど【多宝山】&【角田山】

年の瀬、干支の未も残すところホント僅かに。
時節がら、ジィ~ジと異なり、何かと忙しい相方。
それでも空き時間を見つけてでもなんとか“山”に行きたい様子。
でも流石に遠出は無理なので近場で・・・
近場その1 新潟市の最高峰【多宝山(633.8m)】

12月23日(水)・祝  

コース 岩室丸小山公園ー天神山城址ー石瀬峠ー多宝山(十宝山)  往復

同  行 美女会友2名 相方 ジィ~ジ 計 4名

記事)

Am 08:50 岩室丸小山公園 

足場の無い広く緩い砂利混じりの道は思いのほか疲れます。

Am 09:00 天神山城址登山口 

Dscn9106  天神山城址に向かって

天・地・人 直江兼続公の弟 大国実頼が天神山城主小国重頼の養子となり
家督相続した縁の城跡。
其処にもここにも土塁 石塁 切通など往時を偲ばせる遺構が見られます。
(NHK 大河ドラマでは小泉孝太郎が演じた 2009年)

Dscn9108   天神山城 本丸跡

越後蒲原の平野が俯瞰される場所。

天神山城址から空堀などを下って石瀬峠を目指します。
石瀬峠からは再び登り返し、幾つものアップダウンを繰り返し山頂を目指します。

山頂手前、間瀬コースからの出合付近で数人の仲間を引率されている新津の
T夫妻と遭遇。
何時もながら大きな声で「やぁ~やぁ Hさん」と我らに挨拶。
 ※石瀬峠からのスタートだった由。

Dscn9109   多宝山山頂は目前

珍しく全く雪の無い今年の年末。それでも当たり前ながらブナは葉を落とし丸裸。

Am 10:43-11:30 多宝山山頂

山頂では 知り合いの美女会友TさんAさんMさんと遭遇。「あら~ッ お久しぶり」 
これから【弥彦山(634m)】へ向かう予定の事。 ※元気だなぁ~
更に【弥彦山】方向から数人の男性パーティが到着。
「Hさん? Oです。お久しぶりです。」
十数年ぶりの再会、元会友 見附市在のO氏です。
朝、5時過ぎから【国上山】
スタートして【角田山】まで三山縦走の予定とか!
花も無い、今の時期に三山縦走する発想が凄い!

(※ O氏とは2004年ヨーロッパアルプス トレッキング仲間)

軟弱ジィ~ジ達は【多宝山】がこの日の目的。

敷物を尻に当て、ゆっくり・のんびり早めのランチとします。

Dscn9110   一等三角点

新潟県内29カ所の一等三角点。そのうちの一つ。新潟市最高峰 633.8m。

幸い風も無く暫く寛ぎの時間です。

身体を冷やすと按排が悪いので、ソロ~ッと往路を下山。

下山早々、ソロで登ってくる会のW女史。に遭遇 (御年●●才)

Dscn9115   蛇の髭の実 or 龍の髭の実

祝日で、まだお昼前、このコースにしては珍しく多くのハイカーとすれ違います。

アップ ダウンの繰り返し、「こんな急な所あったっけ?」いつも思うジィ~ジです。

Dscn9116   急な下り

Pm 00:25 石瀬峠

Dscn9117    石瀬峠

1m刻みの表示、どのように計測したのかなぁ? 巻尺利用?

石瀬峠から天神山城址へは一寸した登り返しとなります。

ここでまたまた元会友の美女Sさんと遭遇。
暫し休憩して一緒に下ります。

Pm 00:38-00:55 天神山城址

Dscn9118   天神山城本丸跡から遥かに飯豊連峰

新潟蒲原平野のはるか先には白く雪を頂く“飯豊連峰”が目視されます。

天神山城址登山口から一旦林道にでて登り返して下れば岩室丸小山公園parking

Pm 01:05 岩室丸小山公園登山口parking

帰路 岩室温泉の和菓子屋さん立寄り、お茶受菓子購入、更に旧 北國街道で
地場野菜を買い求めて帰る我らです。

新潟市最高峰 【多宝山(633.8m)】 それにしても多くの知り合いに逢ったなぁ~

                               108(113)

        ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

朝、目覚めれば我が家の庭にも所々 ほんの少し白いものが見られます。

12月28日(月) 

天気予報に依れば昼過ぎまで大丈夫そう。

予報を頼りに、サッサと行って来れる“山” 【角田山】 コースは“五倫石コース”

同行 何時ものメンバー ? 美女2名 相方 ジィ~ジ 計 4名

Am 08:46 五倫石コース登山口parking

登山口の周辺には1,2センチの雪、越王(こしわ)おけさ柿、実を捥いだ幹にも雪が・・

Dscn9119     薄っすらと塗したような

“ホタルの里コース”合流手前は、一寸した急登を頑張らねばなりません。

Pm 09:15 “ホタルの里(福井)コース”合流点

Dscn9121    ほたるの里コース合流点

ここから先、【角田山】山頂手前までは苦しく辛い急登の道が待っています。

Am 09:30ー09:44 角田山山頂 健養亭

Dscn9122   静かに佇む山頂小屋(健養亭)

時間は早いし少し歩き足りない? 一休みして“灯台コース” “五ヵコース”合流点まで
足を伸ばしてみることに・・・

Am 09:58 灯台コース 五ヵ峠コース 合流点

合流点からUターン 再び山頂を目指す我らです。

Dscn9128   三望平園地

木々の枝越に日本海の青い海原、更に佐渡島の入り江までクッキリと眺められます。

Am 10:12-10:58 山頂小屋

薪がくべられた達磨ストーブで暖められ、温い小屋の中で暫し空腹を満たし休みます。

下山は往路を辿り途中から“ホタルの里コース”を下ります。

Dscn9129  ほたるの里コース 下山開始

この先はこのコース最大の急な下りが待ってます。

“ホタルの里コース” 途中から“山の神”に向かって左折。
時折、バサバサと霰みたいな雪! 「良いぞ~ もっと降れ~っ」

Am 11:35-11:40 山の神 (虚空蔵菩薩)

Dscn9131   山の神

1年無事故で無事過ごせたことに感謝し神様に最敬礼する同行美女

Dscn9133    ETに似たり 

『山の神』周辺は太い榊の木が何十本も見られ、当たりを席巻しています。

Am 11:48 山の神 登山口

五倫石コースⓅまでは山の神コース登山口鳥居から僅か数十m。

Am 11:50 五倫石コース登山口parking

帰路、地場野菜・正月用生花購入。

ジィ~ジ 【角田山】  28-27              109(114)

大晦日の前日30日に、或る若い世代のグループの企画山行が六日町【坂戸山】で
行われるので場合に依れば参加したいなと思っていたものの、丁度、その日に
お江戸から娘一家が帰省することになり、参加断念。

ジィ~ジ今年の登り納めが【角田山】に! 

Have a good New Year  今年もお世話になりました。(感謝)

|

« 備忘録二題 【山小屋忘年会】+【五頭山】 | トップページ | 登り初め【角田山】+初春 新潟市寸描 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

しゅうちゃんさま
こんばんは 今年も残すところ1時間になりました。
本年も大変お世話になりました。
来年も老骨に鞭打って自分なりに頑張る所存ですので
どうぞよろしく 良き年をお迎えくださいますよう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月31日 (木) 23:08

自分では絶対に見れない(登れない)風景を楽しませてもらっています。
新潟も雪が少ないようで、降る時にsnowは降らないと困る人達が居ますから。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: しゅうちゃん | 2015年12月31日 (木) 20:42

おっぺらさま
こんばんは~
来年はゆっくりと出来れば新湊の街を楽しみたいと
思っています。
おっぺらさんは逆に新潟へ遊びに来てください。
来年も是非ヨロシク
良き年をお迎えくださいね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月31日 (木) 19:21

しゃくなげいろさま
こんばんは
今年も1年お世話になりました。
ますますのご活躍を来年もご期待申し上げます。
良き年をお迎えください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月31日 (木) 19:18

今年も一年たくさんの山の記事と素晴らしい写真の数々に癒やされてきました。
今年も一年ありがとうございました。
良い年をお迎えください。

投稿: おっぺら | 2015年12月31日 (木) 17:37

こんにちは。今年一年ブログ楽しませてもらいありがとうございました。来年も楽しみにしています。よいお年をお迎え下さい。

投稿: しゃくなげいろ | 2015年12月31日 (木) 14:44

赤鬼さま
角田で登り納めだったんだ!
坂戸山で若い衆からenergy貰おうかなと思っていたんだけど(笑)
今年はまさか熊ちゃんの訃報を聞くとは夢にもねぇ~(合掌)
年が明けたら偶に一杯飲りたいね。来年もよろしく。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月31日 (木) 09:04

坂戸山残念でした。年が明けたらラッセルに行くかい。
昨日は角田に行ってきた。夫婦会員のK女史に逢った。
小屋でしばし休憩。気持ちよく下ってきた。今年の
登り納めさ。今年は熊さんの訃報を聞くことになろうとわ。来年もよろしく。

投稿: 赤鬼 | 2015年12月31日 (木) 08:30

こころぐ郁美さま
こんばんは~
お気持ち溢れるcommentありがとう存じます。
未だ 完全に元の体には戻っておられないかもしれませんが
過信は禁物ですから・・・今のお気持ちが良いのかも。
それにしても二人の御子息揃っておめでたいですね。
毎年毎年 歳を重ねる爺ですが(皆 同じ?)無理しない程度に
現状維持したく願っています。
来る年は出来る限り安穏な年に成れよかし・・・と。

投稿: 輝ジィ~ジ@いい気分 酩酊寸前  | 2015年12月30日 (水) 21:41

o(*^▽^*)oこんばんは!!
じぃじさまの雪景色をすっ飛ばして見せてもらってます。
コメントもかけず、ひたすら頑張っておりました。
今、この時にこうしていられるだけで感謝です。
元の体は戻って来ませんが、今を大事に以前のように過ごしていますよ(^O^)
二人の息子達もそれぞれいいお相手さんに恵まれ、長男は11月・次男は来年3月に・・♡♡
色々あっても、こうして幸せも神様は送ってくれてます。
これからも頑張って行きますね。
*じぃじさまも、風邪引かぬように良きお年をお迎えくださいな。来年もよろしくお願いします(^_-)-☆

投稿: こころぐ郁美です | 2015年12月30日 (水) 21:11

マインさま
こんばんは~ 
今年もホントに1年何かとお気遣い頂きありがとうございました。
(感謝 多謝 )
新年は嫌でも雪山お誘いしますので是非お付き合い願います。
拒否してはいけませんよ!
雪が待ち遠しいですね。

投稿: 輝ジィ~ジ@いい気分 酩酊寸前  | 2015年12月30日 (水) 19:50

今年も楽しい山行の日々でしたね。
来年は、そこにちょこっとおじゃまして
登れるのかな~shoe
ワクワクannoy
宜しくお願い致します<(_ _)>

投稿: マイン | 2015年12月30日 (水) 19:21

もうぞうさま
こんばんは
相変わらず今年もお付き合い頂き感謝です。
角田山は結局28回。
今年歩いた山は、延数(勿論 角田y・弥彦 五頭含む)
泊まりを含めて要して遊んだ日にちです。
目標は1/3 延120座だったのですが、結果達成できず!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月30日 (水) 19:17

角田もう28回目ですか?
相変わらずのペースですね~
その後の109 114の数字は、今年登った回数でしょうか?

投稿: もうぞう | 2015年12月30日 (水) 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/62965645

この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬なれど【多宝山】&【角田山】:

« 備忘録二題 【山小屋忘年会】+【五頭山】 | トップページ | 登り初め【角田山】+初春 新潟市寸描 »