« とどのつまり【巻機山】 | トップページ | 長月最後の日は【角田山】 »

2015年10月 3日 (土)

連日お楽しみ【三ノ峠山】&【刈羽黒姫山】

毎日が日曜日の有難い身分のジィ~ジ。
成れど残された人生の限られた時間、しっかりと楽しまねば・・・

9月27日(日) 

今回は長岡の岳友Tさんが中心になって作り上げた【三ノ峠山】(友遊小屋)
開催される〔第4回森のコンサート〕を聴きにお出かけです。car dash
 ※ 昨年に引き続き2度目

同行は、相方と会友美女2名 計 5名

通称 “赤道【萱峠】に向かって、ゆっくり道端の花々を愛でながら歩き出します。

Dscn1805 Dscn1808
( 写真 左 キツリフネ  右 ツルニンジン ) ※ 拡大
キバナアキギリ オヤマノボクチ オトコエシ 等、秋の花や毒菌も数々。

開演前には聴衆の皆さんが座る場所づくりブルーシートを敷いたり一寸お手伝い。

AM 10:00-12:00 森のコンサート

Tさんの開演挨拶に続き、早速コンサートが始まります。

Dscn1835     オカリナ コカリナ ケーナ

勿論 コンドルは飛んで行く、も曲目に!

Dscn1833   ハーモニカ 3丁同時に奏で    クラシックから美空ひばり
Dscn1824   サックス 心地よい音色

聴衆の皆さんも一緒に歌ったり、手を取り合ったり 全員参加型コンサート。
ボケない小唄 ボケます小唄 文部省唱歌 ポップス 幅広いレパートリー

Dscn1826    観客 40人弱 

観客の皆さん、おのおの笑みがこぼれて楽しそう。
予定の2時間が瞬く間に過ぎ去っていきます。 
最後は、大きな拍手で演奏の皆さんを労います。

Tさんよりコンサート終了の挨拶と、併せて奇しくも丁度1年前のこの日・この時刻
死亡者行方不明者63名の犠牲者を出した御嶽山が噴火。
全員起立で一分間の黙祷を以て追悼します。

PM 00::00- 懇親会
Dscn1838   持寄りの手料理を肴に、差し入れの酒類も
注がれるままに飲み干すジィ~ジ、ビール 日本酒 WINE… 次第に酔いも廻り

観客の皆さんはお昼を終えて銘々思いのまま。

Tさんのグループとジィ~ジ達は延々と4時間近くも飲んで食べて喋って・・・
それでも最後は珈琲を飲んで酔いを少し醒まし、後始末をして下山です。

日本酒 ビール WINE ちゃんぽんのジィ~ジ、未だ足下がおぼつかず、ゆっくりゆっくり
一歩 一歩 下ります。

Dscn1856  長岡市営ファミリー牧場 

そよ吹く風になびくコスモスと長岡市街地、対峙する長岡西山丘陵。
夕陽を浴びるコスモス畑ではヤングファミリーが何組も見受けられます。
少しづつ酔いが醒めてきたとは言うものの帰りの運転はノンアルコール飲料で
我慢をしてくれた相方が務めます。(ジィ~ジより運転上手)

肩の凝らない手作り音楽会、(ALCOHOL付き)楽しい半日過ごせ幸せ 満足。

                               85(88)
    .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「あんたも好きねェ~」と言われそう。連荘です。

長岡Tさん夫妻 同Tさん夫妻 ジィ~ジ 相方 会友美女1名 同行 計7名

目的の山 【刈羽黒姫山(889.5m】 10年ぶりくらい?ジィ~ジ3度目?4度目?

9月28日(月) 

旧 高柳町標識に基づいて舗装された山道をズンズン登り、車が高度を稼ぎます。

AM 09:50 磯之辺コース登山口

Dscn1859   Ⓟ前からスタート

清水谷コース 白倉コース 折居コース 磯之辺コース 四コースで一番急登なれど
最短コースと言われる 磯之辺コース から登ります。

歩き始め数分で長岡グループ ムカゴ発見 早速 落とさないように注意しながら
採収する我らです。

危険個所は無いものの、階段状の登山道は思いのほか急登。
登山道の周りは見事なブナの林が拡がっています。

【刈羽黒姫山】過っては雨乞いの山、更に信仰と修験の場として崇められてきた山。

登山道の傍らにはひっそりと古び、苔むした石仏が何体か見られ往時を偲ばせます。

Dscn1862    石仏
Dscn1863  稲刈り前の棚田

山裾には刈り入れが始まった美しい棚田も見られます。

ムカゴばかりではなく熟して甘い香りも匂うサルナシ(コクワ)も沢山。

Dscn1864   たわわに実をつけるサルナシ(コクワ)

秋の実に目を奪われていたものの、Tさんいつの間にか少し藪の中へ・・・

Tさん「イッパイ出ているよ~」声のする方へ行けば其処彼処 アマンダレ(ナラダケ)

Dscn1868    アマンダレ(ナラタケ)
Dscn1867   アマンダレ

丁度 タイミングが良かったのか?その後の登山道脇の彼方此方でもアマンダレが・・・

結局 一人当たりスーパーの大型レジ袋が満杯になるほど (7名全員)
山頂までまだ暫く掛ります。重いので見えない場所にデポする我らです。

山登りより山の幸収穫が目的と変わったような・・・

山頂手前の広場には鵜川神社の御堂(堂内には彫像が何体も安置)
山裾には三十三体の石仏が祀られ歴史を感じます。

Dscn1872   三十三観世音菩薩

鵜川神社の御堂から数分で山頂到着です。

山頂には一体の石仏、小さな石祠 そして2等?△点

Dscn1873   山頂標識

気持の良い 秋の優しい日差しを受け、ゆっくりと時間を掛けてランチタイム。

Tさんはもう一つの目的 ヤマブドウ収穫に夢中。色づいた山葡萄何房も!!

帰路も道々、アマンダレGetしながら下山です。
デポしておいた大きなレジ袋一杯のアマンダレ ザックに入れればズシリと肩に!!

この日 山歩きもさることながら山からのお恵み満載となった我らです。

追)
暖かい日差しを受けて冬眠前のニョロ  青大将 マムシ ヤマカカシ 遭遇。

                            86(89) 

|

« とどのつまり【巻機山】 | トップページ | 長月最後の日は【角田山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

soko2 さま
こんにちは~
いつもありがとうございます。
山小屋のテラスで心地よい風を受けながらの演奏会。
森の中で音色が冴えるようで瞬く間に2時間。
終われば、それぞれ年季の入った手料理の数々が肴の
アルコール付お楽しみ会。
毎日毎日残された時間楽しまなくっちゃ(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年10月 8日 (木) 19:35

森のコンサート、山にいい音色が響き渡って、
山の動物達が浮かれて出てきそうですね。
持ち寄った手料理やら、
皆さん、いろんな趣味を持っているんですね。

投稿: soko2 | 2015年10月 8日 (木) 16:55

マインさま
いつもありがとうございます。
森のコンサート楽しかったですよ。
飲んで食べて唄って喋って。
翌日は山を歩きながらキノコ狩り、
実益兼て(笑) 近頃、山は楽しむために歩いています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年10月 6日 (火) 08:42

森のコンサート、チラッとあったのですが、
ガスガスに行ってました。
アマンダレ収穫、またまた山の恵み沢山、
いつも楽しい山行ですねshine

投稿: マイン | 2015年10月 5日 (月) 21:16

しゃくなげいろさま
山小屋で爽やかな風を受けながらの音楽会。
アルコール付きでいい気分に成れましたよ。
翌日は改めて山の幸を求めての山登り、
毎日好き勝手に時間を遣え有り難い事です。

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2015年10月 4日 (日) 18:08

アルコール付き音楽会ステキですね。アマンダレにコクワに山ぶどう山の恵みいっぱいの山歩き楽しそう。happy01

投稿: しゃくなげいろ | 2015年10月 4日 (日) 10:06

赤鬼さま
萱峠で収穫あったようで… サルナシ アケビ
アマンダレ取ったのは刈羽黒姫だよ。
一人何キロも取ったので冷凍したよ。
これからヒラタケ ナメコだね。

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2015年10月 4日 (日) 10:02

もうぞうさま
今回は4回目で昨年に引き続き聴きに行ってきました。
爽やかな風を受けながら生演奏、時には一緒に唄ったり、
とても楽しいひと時を持つことが出来ました。
私も楽器演奏出来れば…と。

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2015年10月 4日 (日) 09:58

昨日はアマンダレ無かった。Tさんに採られてしまったかな。良い季節になったね。

投稿: 赤鬼 | 2015年10月 4日 (日) 07:56

なんと生演奏付きの山旅とは、素晴らしいですね~

投稿: もうぞう | 2015年10月 3日 (土) 19:51

みいさま
こんにちは~ 何時もありがとうございます。
世間の面倒な事は忘れ、森のコンサートはとても楽しいですよ。
今の時期の山は、紅葉と同時に茸や木の実もイッパイ。
楽しみ倍増です〜。
でもジィ~ジもニョロは苦手ですよ。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2015年10月 3日 (土) 18:05

こんにちは~

 森のコンサートいいですねnote
きれいな音色が聞こえてきそうnotes
みなさんの笑顔も素敵です^^。
山の恵みもたっぷりですか~
いい山歩きでしたねhappy01

ニョロさんは、ちょっと苦手(笑)

投稿: みい | 2015年10月 3日 (土) 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/62396440

この記事へのトラックバック一覧です: 連日お楽しみ【三ノ峠山】&【刈羽黒姫山】:

« とどのつまり【巻機山】 | トップページ | 長月最後の日は【角田山】 »